Home / LINE / PC版lineのログイン方法と使い方・ログインできない時の対処方法

PC版lineのログイン方法と使い方・ログインできない時の対処方法

スマホによる手軽なメッセージングツールとして既に定着しているlineですが、実はPC版のlineも存在している事をご存じでしょうか。

機能的にはスマホ版と同じとなりますので、トーク(チャット)は勿論ですがline間での無料通話も問題なく利用できます。

スマホ版のlineは使ってはいるが画面でのキー操作がやや苦手という方でも、PCであれば使い慣れているキーボードを利用できますので、より早く正確なメッセージを送る事ができます。

lineの利用用途は圧倒的にプライベートの利用が多いとは思いますが、使い方次第では業務(シビアな利用要件の業務を除く)でも、情報共有や個人間の連絡等では充分に利用可能ではないかと考えられます。

今回はPC版LINEにログインするに当たって、設定及び利用方法ご紹介します。

スポンサードリンク

PC版lineにログインする方法

PC版のlineにログインするには3つの方法があります。

メールアドレスとパスワードを利用する方法、スマホを利用してQRコードでログインする方法、もう1つは電話番号を利用する方法です。

それぞれのログイン方法で利用する情報がスマホ側で設定されている必要がありますので、以下にその内容をご説明させていただきます。

まずPC版のlineをインストールする為には「https://line.me/ja/download」から、ご利用のPCが搭載するOSに適した「LineInst.exe」というファイルをダウンロードし、実行しなければなりません。

インターネット上から実行形式のファイルをダウンロードしますので、必要に応じてウィルススキャンを行って下さい。

なおPC版のlineにてメールアドレスでログインする為には、予めスマホ版lineにてメールアドレスとパスワードの登録しておく必要があります。

スマホ版lineのポータル画面右下の「・・・」アイコンをタップし、次に画面の右上「歯車」アイコンをタップすると設定画面に移動します。その画面の「アカウント」をタップすればメールアドレスとパスワードの設定が表示されますので、未設定の方は登録をしておきましょう。

メールアドレスでログインする方法

一般的に良く利用される、メールアドレスを利用したPC版lineへのログイン手順を以下にご説明致しますのでご参照下さい。

なおパスワードに特段の制限はありませんが、後述するような悪意のある第3者によるアカウントの乗っ取りを避ける為にも大小英字と数字、記号をランダムに用いてある程度の暗号強度を持った文字の組み合わせをパスワードとしてご利用下さい。

1.PC版lineを起動

PCへのlineアプリケーションのインストールを正常に終了すると、lineが自動起動してログイン画面が表示されます。

インストール作業後に別作業を行ってlineのログイン画面が表示されていない場合は、lineのアイコンがデスクトップに生成されているはずですので、そのアイコンをクリックしてログイン画面を表示させて下さい。

2.スマホ版lineのメールアドレス・パスワードを入力

PC版lineのログイン画面が表示されましたら、先にスマホ版lineで登録したメールアドレスとパスワードを入力して下さい。

スマホ版で登録されている情報と、ログイン時に入力された情報が一致して他に問題が無ければ、次の認証手順に進みます。

3.送られてくる認証番号を打ち込み、「本人確認」を選択

PC版lineでのメールアドレスとパスワードの入力が登録した本人により行われた事を確認する為、認証番号による再確認が行われます。

lineからログインが正しく行われた事を、登録メールアドレスに認証番号という形で通知が送付されます。

この認証番号は4桁の数字となっており、この認証番号をPC版lineの認証番号欄に入力する事で問題がないと認証され、ログイン手続きが完了します。

QRコードでログインする方法

便利な機能として、ログインしているスマホ版lineがあれば、そのスマホ上のlineからQRコードを読み取る事でPC版のlineにログインする事も可能なので、以下にその手順をご説明致します。

1.PC版lineを起動し、「QRコードログイン」を選択

PC版lineを起動するとログイン画面が表示されますが、その画面にはタブが2つある筈です。

1つは「メールアドレス」ともう1つは「QRコードログイン」となっていますので、今回は「QRコードログイン」のタブを選択していただき、PC版lineのログイン画面は一時的にそのままの表示状態を維持して下さい。

2.表示されるQRコードをスマホ版lineから友達追加

スマホ版lineのポータル画面右下の「・・・」アイコンをタップし、次画面の左上「友だち追加」アイコンをタップします。すると次画面の友だち追加で「QRコード」アイコンが上部にありますので、それをタップしてQRコード読み取り用のカメラが起動する事を確認して下さい。

3.「ログイン」を押す

スマホ版lineで起動している友だち追加のQRコード読み取りカメラにてPC版lineで表示されているQRコードを読み取れば、PC版lineヘログイン可能状態となりますので、「ログイン」をタップすればログインする事が出来ます。

電話番号でログインする方法

PC版lineでは電話番号を利用したログインも可能となっていますが注意する点があります。

まずPC版lineで電話番号ログインを行う場合はPC版lineで新しくアカウントを作成する必要があり、既存アカウントでは利用する事ができません。

新規アカウントの登録時に電話番号の登録を行いますが、この電話番号もスマホ版lineの既存アカウントと同じものは利用できない仕様となっています。

これは異なる端末にて同じ電話番号でアカウントが登録されてしまうと、悪意のある第3者によるアカウントの乗っ取りの可能性がある為、その防止策としてスマホ版lineと同じ電話番号では登録不可となっているようです。

スマホ版lineとの連携については、スマホ版lineと同じメールアドレスを登録する事で連携される仕様となっています。

1.PC版lineを起動後、「新規登録」を選択

PC版lineが起動すると初期(ログイン)画面が表示されますので、その下側にある「新規登録」をクリックして下さい。

2.電話番号を入力後、「次へ」を選択

次に電話番号での認証を行う為に電話番号を登録します。

先にご説明しました通りにスマホ版lineにて登録されている電話番号は利用できませんので、SMS受信もしくは通話のできるガラホ(ガラケー)や一般固定電話で未登録の電話番号を新規登録して下さい。

電話番号を登録すると認証用の数値(4桁の数字)を送付するか、登録された電話番号への着信と音声で認証番号を聞くか選択できます。

SMSが利用できれば認証番号をSMSに送付する事で簡単に対応できますが、固定電話等でSMSが利用できない場合は「通話による認証」をクリックしていただき、lineから登録した電話番号に電話が着信しますので応答していただければ音声での認証番号の通知が行われます。

3.送られてくる認証番号を打ち込む

SMSにて送付されてくる認証番号もしくは電話にて音声通知された認証番号をPC版lineの認証画面に入力して「次へ」をクリックすると、入力された認証番号に問題なければ次画面へ移動します。

4.パスワードを設定

認証番号の入力による確認作業が正常終了すると、PC版lineで使用するアカウントのパスワード設定画面に移ります。

任意の文字列にてパスワードを生成していただいて設定していただくのですが、パスワードは辞書攻撃などで突破されないように意味のない文字列と記号と数字を含めた意味のない文字列を作成して利用する事である程度のセキュリティ強度が保たれますのでご対応下さい。

5.プロフィールを設定後、「完了」

パスワード設定が終了すると最後の手順となるプロフィール設定画面に遷移しますので、PC版lineアカウントで利用する名前とプロフィール写真を登録して登録手順は終了です。

この時に「友だちへの追加を許可」のチェックボックスをオンにしておくと、PC版lineのアカウント作成時に登録した電話番号を電話帳に記録しているlineユーザに対して自動的に友だちとして追加登録されてしまいます。

そういった事態を避けたいという方は、アカウント登録作業時この設定はオフにしておいた方が良いでしょう。

入力した情報とチェックボックスのオフを確認し、「完了」をクリックすれば登録は終了です。

PC版lineの使用方法

PC版lineでも基本的な操作はスマホ版とあまり変わりませんが、いくつか操作がスマホ版とは異なるものがあります。

また以前のバージョンでは複数台のPCから同時ログインが可能でしたが、現行バージョンのPC版lineではアカウントの不正乗っ取りを防止する意味で不可となる仕様に変更されました。

トーク方法

スマホ版lineと操作は同じですので、利用経験の有る方であれば特に問題無くご利用いただけます。スマホ版と同様にメイン画面には友だちリストが表示され、対象の相手をダブルクリックしてトーク画面を開きやり取りする事ができます。

トーク画面下部には各種アイコンが配置されおり、クリップは画像ファイルなどの添付に利用、スタンプはlineスタンプや絵文字、受話器は無料音声通話、ビデオはビデオ通話の際にご利用いただく事になります。

メッセージ改行方法

PC版lineではトーク画面でのメッセージ入力で改行[Enter]キーを押下するとメッセージが送信される設定になっています。

トークでのメッセージ途中の改行を行うには、[Shift+Enter]にて改行を行う事が出来ますのでご利用下さい。

また、設定からもEnterキーでの送信設定の変更も可能です。

操作手順は「歯車」(設定)アイコンから「トーク」をクリックすると送信方法という設定がありますので、その設定を[Enter]から[Alt+Enter]に変更すれば、メッセージ送信の設定キーを変更する事ができます。

通話方法

PC版lineでの通話もスマホ版との差はありませんので操作で迷う事は無いはずです。

着信時はPCとスマホどちらにも着信表示されますので、使いたい端末で利用可能です。

PC版lineであれば会話と画面確認、キーボード操作という行為を同時進行できるというスマホには無い利点があります。マイクとスピーカー(ヘッドセット等)を利用して通話をすれば、会話しつつ画像やテキストメッセージ等を送信できるなど、リアルタイムコミュニケーションという面で利便性はさらに上がるのでないでしょうか。

もし相手から無料通話が出来ないと言われた場合には「通話の着信許可」がオンになっていない可能性がありますので、PC版lineの「歯車」(設定)アイコンから「通話」アイコンをクリックして「通話の着信許可」の設定状態をご確認下さい。

他にもビデオ通話の場合はカメラやマイク、スピーカーの設定状態も併せてご確認下さい。

アルバム、ノート作成方法

PC版line でアルバムやノートの作成したい時は、トーク画面の上部にあるメモのアイコンをクリックします。すると2つのタブ「ノート」と「アルバム」が表示されます。

こちらの画面でスマホ版lineと同じ写真等を閲覧する事が可能です。

+マークをクリックする事で新規にアルバムを作成してそのアルバムに写真を追加(投稿)する事も可能です。

画面キャプチャの共有方法

lineでのトーク中に場所の情報を説明したいと感じた方も多いかと存じます、例えばPC版lineでトークしながら待ち合わせ場所の店舗の画像や地図等を見せたいといった場合に利用できるのが画面キャプチャ機能となります。

※この機能はlineバージョン4.0以降で実装されています。

トーク画面のキャプチャマーク(不完全な四角形の様なもの)をクリックするとキャプチャモードになりますので、キャプチャしたい範囲を設定して決定マークをクリックするとその取得イメージが入力部分にペーストされますので、Enterキーを押下すれば送信する事ができます。

「PCでLINEにログインできませんでした」と通知が来た場合

もし、「PCでlineにログインできませんでした」という通知を受け取った場合は、2つの可能性が考えられます。

1つはご自身でのログイン手順のミスによるものでこれは特に問題はありません。

もう1つの可能性は大きな問題です、自分で意図していないlineアカウントヘのアクセスすなわち不正アクセスが行われた可能性を示唆する通知となるからです。

この通知ではどこから誰がという情報は分かりませんが、悪意のある第3者による不正アクセスが試行された可能性が非常に高いので、至急対策を行う必要があります。

PC版lineを未利用なら、第3者が乗っ取りを試みた可能性が

前述の内容と重なりますが、自身で意図していないlineへのアクセスは不正アクセスである可能性があります。

悪意を持つ第3者が他人のlineアカウントを不正に利用し、他の人へ不利益な行為を実行する場合やアカウント本人を貶める言動をする場合もあります。またその他の犯罪行為に巻き込まれてしまう事も有り得ますので、出来る限り早くPC版lineのアカウント設定でのパスワードを変更してください。

乗っ取り防止のための対策

基本的にパスワード管理を徹底していれば悪意のある第3者によるアカウント乗っ取りは起こりにくいのですが、やはり企業からの顧客情報の流出などは散発的に発生しているのが実情です。

そういった顧客リストにユーザIDやパスワード等の個人情報が含まれていると、犯罪者はそういった情報を用いてlineアカウントの乗っ取りを画策する可能性も否定できません。

そこでアカウントが乗っ取られない様にする為にどういった対応策があるのかをご紹介します。

1.「ログイン許可」をオフにする

最も効果的な方法としては、スマホ版lineでの設定で、自身のlineアカウントのログインを許可しない事です。

スマホ版line以外のデバイスでは自身のlineアカウントにログイン出来ないようにすれば、乗っ取り以前にログイン自体が行えませんので最も確実な対処方法と言えます。

設定手順はスマホ版lineポータル画面下部の「・・・」アイコンをタップし、次画面上部の「歯車」(設定)アイコンをタップするとアカウント設定画面に移ります。そこのログイン許可をオフにすれば完了です。

但し、これは自身がスマホ以外のデバイスでのlineログインも出来ない事になりますので、スマホとPCを併用してlineをお使いの方にとっては利便性がかなり低下してしまいます。

セキュリティと利便性は背反する要件となりますので、頻繁に第3者からのログイン試行通知が有る場合には設定を見直す必要があるのではないでしょうか。

2.パスワードを複雑なものに変える

前述と重なりますが、パスワードのセキュリティ強度を向上させる事も効果的な対応手順の一つです。

lineではアカウントに設定するパスワード強度については特に指定されていませんが、一般的には10桁以上の英大小文字・数字・利用可能な記号を組み合わせて、意味が無い文字列として利用すればある程度のセキュリティ強度を保てると考えられます。

また同じ文字列を継続して利用し続ける事も攻撃のリスクを上げる要因となりますので、可能であれば1ヵ月前後でパスワードを変更する様に心掛けていただく事を推奨致します。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はPC版lineをご利用いただく際の新規登録から各種機能の使い方と注意点、スマホ版lineとの違い等をご説明させていただきました。

また異なるデバイスで利用する事で悪意のある第3者からの攻撃を受けるリスクも増える事から、不正アクセスへの対処法も併せてご紹介したので、もし乗っ取られた経験がある方やそのリスクを感じた方は至急対応することをお勧めします。スマホ版lineのみのご利用であっても乗っ取りは存在するので、セキュリティ意識は高めておきましょう。

ただ、機能としてはいろいろな使い方が出来るのがlineの魅力ですので、有効なコミュニケーションツールの一つとしてさらなる機能拡張を期待したいですね。

 

 


スポンサーリンク