Home / IT / すぐ使える!LINEのQRコード表示からグループトークの作成の流れを注意点と共にご説明

すぐ使える!LINEのQRコード表示からグループトークの作成の流れを注意点と共にご説明

最近ではメールではなくてLINEでやり取りを行うことが増えてきましたね。

よく使うツールだからこそ、集団などでLINEを交換するときはスムーズに行いたいものです。

そこで今回はLINEでQRコードを用いて友達登録を行う方法と、そのあとグループを作成する方法についてご説明いたします。

スポンサードリンク

QRコード

LINEはアドレス帳の同期を行うことで、友達の自動追加が可能です。電話番号を知らない相手と新たにLINEをしたい際には電話番号を聞き同期させる方法と、ID交換を行う方法の他にふるふる、QRコードを教える方法があります。

QRコードの表示方法

自分のQRは設定の個人情報欄にあるプロフィールをタップすると項目の中にあり、画面に表示させることが可能で、メールの送信を行ったり端末に画像の保存が可能です。
LINEをしたい相手にQRを表示させて、QRコードリーダーで読み込んでもらうと簡単に友達の追加ができます。手軽で便利な方法であり、ID登録していない人にオススメです。

近年では格安スマートフォンの増えており、キャリアで契約を行っていない場合は年齢確認ができずIDでは検索ができない仕様になっています。そんな時でも年齢確認を不要のままLINEで連絡先交換を可能にしてくれるのがQRコードの魅力の一つです。

登録をする際には片方が表示させて、片方が読み取る側になります。読み取った側は相手を友達追加をすることで、表示させた側に「知り合いかも?」と表示されるので、追加ボタンを押すことで漸く双方が友達追加ができたことになります。
片方だけが追加しても完全に友達追加を行えていないので、LINE初心者の場合はその点に気を付けましょう。

特に外出時に二人が近くに居る際に利用できる連絡先交換の一つですが、遠方の相手に知らせる方法もあります。
それがメールであり、利用する際には相手のメールアドレスを知っていなければならないので、知らない場合には事前に聞いておく必要があります。

メールで送信するとQRコードを保存した画像も一緒に添付されて届く仕組みになっています。届いた側はURLをクリックして友達登録を行うか、スキャンをしてライブラリから開くかの二つの方法に絞られます。

QRコードの注意点

ただしインターネットを利用して知り合う人に、自分のQRを教えるのには注意しましょう。
便利なSNSやメールでQRコードを相手に送って無事に連絡先交換が終了すれば、問題はありませんが、ネット上で拡散されてしまうケースも充分にあります。そうなれば不特定多数の人が友達の追加をして大量に迷惑なメッセージが届いてしまいます。

現状で友達を自動追加する設定を可能にしている場合は、すぐに許可のチェックを外しましょう。qrコードはアカウントを取得すると同時に変わらないと思っている人が居るかもしれませんが、自分で更新をすることができます。

誰かに教えた後や万が一、SNSで使用してしまった後に不安を感じるのであれば、更新を行い以前のものが使えないようにしておくのが一番です。更に対策としては友達からのメッセージ以外は受信を拒否する設定を行えます。

使い方を間違えなければとても便利であり、最近では合コンや婚活で連絡先交換をする際にも活用されている方法の一つです。利点としては電話番号を教えるのは個人情報を交換するようなもので、一度番号を教えてしまうと電話番号の変更は困難ですがlineにはブロック機能とQRの変更が行えます。
合コンや婚活の会場でqrを読み取りを行っても、友達登録はその場で行わないように注意すれば回避できます。

また、従来のようなアドレス交換の際には赤外線の利用や互いにメモ帳にアドレスを書く手段がありましたが、それらと比べてもlineアプリのQRで連絡先交換は数秒で終わる素早さです。
事前に何か設定を行う必要もなく、双方がスムーズに連絡先を教え合える手段でしょう。

QRコードの使用場面

合コンや婚活で近くに居るならふるふるの機能でも良いのではと考える人も少なくないでしょう。スマートフォンの端末を手に互いが振るだけで追加できますが、位置情報をオンにしていなければエラーが発生したり、中々読み込めずに時間が経ってしまう場合があります。
特に婚活の場であれば限られた時間で相手とコミュニケーションを取る必要があるため多少の時間でも惜しみたくないのが本音です。

婚活では全員が連絡先を交換できるように、交換する時間を設けている業者もあります。
QRを自分から口に出して交換しようと伝えられなくても安心です。特に女性は恥ずかしくて言い出せない場合があるため、男性側がリードして聞き出すのがオススメです。

スマートフォンではなくタブレット端末でLINEをしていてSIMを挿入していない際には、端末に保存した画像を相手に読み取ってもらう方法とスクリーンショットを読み取ってもらう方法の他に、名刺に印刷をする方法があります。

自分で連絡先を聞く勇気がない方に向いている方法であり、名刺に印刷されているQRを手渡せば、連絡を取り合いたいと思ったなら必ず読み取りを行い友達追加をしてくれるでしょう。
連絡が来なければ脈無しであると分かるのでダメージが少なくて済みます。名刺に印刷する方法は恋愛面以外にも、仕事関係や出先で意気投合した人と連絡先を交換する手段としても便利です。

LINEグループトーク

特徴

lineのグループトークでは、複数人で同時に、簡単にメッセージをやり取りできます。
仲の良い友人同士で、仕事の連絡網に、家族の連絡用、など、用途は様々です。
同じ内容を複数人に送りたい場合、一人一人に送る必要がなくなるため、とても便利です。

「友達追加」→「グループ作成」で簡単に作ることができます。
招待制で、招待された側が承認すると、同じグループでやりとりできます。
参加する場合は、招待されたら、「参加」「拒否」を選ぶことができるので、知らない間に参加させられている、ということはありません。

自分で退会することも自由にいつでもできますし、他のメンバーが退会させる場合、「メンバー」→「編集」から、誰でも退会させることができます。
参加、退会する場合には、「○○が参加しました」「○○が退会しました」などのように、トーク画面に表示されます。

名前やアイコンも自由に設定でき、最大200人が参加できます。

また、一度作ってからも、メンバーを招待して追加していくことができます。
招待は一度に複数人、まとめて行うことができます。
新しく招待された人は、自分が参加する以前のトーク内容を見ることはできません。

メンバー一覧画面は、「参加中」「招待中」に分かれており、誰が参加していて、誰が参加していないかを、いつでも確認することができます。
もし、自分が参加してることを知られたくない場合には、グループ画面から、「編集」→「リストに表示のチェックボックスを外す」ことによって非表示にすることができます。

通知のオンオフも「メニューボタン」→「通知音ボタン」で簡単に設定することができ、通知が着すぎて困っている場合などには、活用することができます。
通知が来ないだけでメッセージは受信しているので、自分の時間を邪魔されたりせず、自分のタイミングでメッセージを確認できます。

機能

個人同士のラインと変わらず、メッセージやスタンプを送ったり、誰かが発信すると通知が来たりします。
また、自分のメッセージの横には「既読2」などど表示されるため、発信者は、自分のメッセージを何人が既読したかを知ることができます。

グループトークでは、他に、主な機能として「ノート」「アルバム」の機能が使用できます。
ノートでは、そのグループのルールや、トーク履歴の中で流れてほしくない情報などを、載せておくことができ、参加している人なら、いつでもだれでも確認できます。

投稿に対してコメントがつけられたりするため、1つの話題に対してほかの人がどう思っているかコメントしてもらったりなどをすることができます。
ノートに書かれたことは、後から参加した人も確認することができます。全員に読んでほしいことを書いておけます。

アルバムは、写真を保管しておくフォルダで、写真をジャンルや日付ごとにまとめておくことができます。作成した人とは別の人が写真を追加することもできるため、複数の人が撮った写真を、簡単に集めることができます。

音声通話やビデオ通話を複数人で行うことができます。画面上部の「電話マーク」→「音声通話orビデオ通話」を選ぶだけです。個人間の通話と同様に、ハンズフリーでも通話できるため、他の人の参加状況を常に把握することができます。
通話中にほかのメンバーを参加させることもできます。通話に招待すると通知が来るので、参加するかどうかを選びます。

ほかにも、メンバーでスケジュールの管理ができ、イベントなどの際には、複数の日程候補から、メンバーに参加できる日を回答してもらうなどの機能も備わっています。そこでは、全員の都合がつく日を一目で確認できるため、何度もやりとりする必要がなくなります。

位置情報を共有する機能もあり、待ち合わせをしたりするときに使えます。

注意点

複数人で参加しているため、その分トラブルも起きやすいです。
たとえば、参加している人の生活リズムが違っていたりすると、深夜に発信して、他の人の睡眠を妨げることがあります。「メッセージを送っていいのは〇時から〇時まで」など、メンバーによってはルールを作っておくことが必要だったりします。

LINEの乗っ取りという言葉もありますが、参加者が乗っ取られた場合、乗っ取った人に、会話の履歴を見られてしまいます。仕事上のことでも、プライベートなことでも、発信したことはすべて見られてしまう可能性がありますし、最悪の場合、ネット上に拡散されてしまったりもします。

LINEの友達検索では、LINEIDのほかに、電話番号で検索することができます。便利な一面危険な面もあり、悪用されるリスクが高まります。公式と名乗って悪用したりなど、リスクも把握し、注意しておく必要があります。

誤ってメッセージを送信してしまった場合、取り消すことができません。自分の端末の方では削除しても、ほかのメンバーのトーク画面には残ってしまいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

LINEをうまく使いこなしてスムーズに連絡を取りましょう。


スポンサーリンク

Check Also

iot家電って何?おすすめiot家電9選!

iot家電をみなさんはご存知で …