Home / ビットコイン / 仮想通貨を始める前に!知っておきたい3つのランキングを徹底紹介

仮想通貨を始める前に!知っておきたい3つのランキングを徹底紹介

仮想通貨と言われてまずイメージされるのが昨年起きたCoinCheck社の仮想通貨ネム(NEM)盗難事件です。これはCoinCheck社のセキュリティ実装が他の仮想通貨交換業者に比較して低いレベル(マルチシグの未実装やホットウォレットでの保管等)であった事が原因の1つではないかとの指摘もあります。

こういった犯罪が発生した事は仮想通貨の信頼性を下げてしまう悲しい事ですが、これで仮想通貨全体が怪しい投資ではないか安全ではないのではと感じられる事は早計です。

仮想通貨には前述のNEM以外にも多くの種類があり、その価値(時価総額、流通量等)を考えるとまだ充分あると考えられますし、日本国内ではまだ一部の店舗ですが、世界では実体通貨と同様に製品やサービスを購入する対価として利用できるものとして評価されています。

今回はまだ将来的な利用価値のある仮想通貨の取引の始め方から利用者が多く信頼が出来る仮想通貨取引所をランキング形式でご説明させていただきます。

スポンサードリンク

仮想通貨の始め方

仮想通貨は実体通貨(日本円やアメリカドル等)と異なり、どこかの期間が発行に責任持っている訳ではなく、通貨自体も電子データとして存在しているのみとなります。

その為、仮想通貨の取引を始める為には後述する仮想通貨取扱所に利用者の口座を新設し、その口座に電子データである仮想通貨を実体通貨にて購入するという形で仮想通貨を入手して口座へ入金する事が必要です。

仮想通貨とはいえ通貨同士の売買は一般的な実体通貨(日本円とアメリカドル、日本円とユーロ 等)と同様に行う事が出来ます。

仮想通貨取引所に設置する口座は電子的なものとなり、これをウォレットと呼び仮想通貨の入れ物として入出金に利用する事となります。

ウォレットはホットウォレットとコールドウォレットの2種類に分類されます。仮想通貨の取引に利用するものがホットウォレットとなり安全に保管するものとしてコールドウォレットが利用されます。

仮想通貨の仕組みを知る

仮想通貨というものは、その通貨を発行する国家といった発行責任を持つ中央機関的なものが存在しません。

その仮想通貨に将来的な価値を見出した方々にて現在の市場価値が創造されていますので、通貨の価値が急騰したり暴落したりする可能性は現在流通している実体通貨と比較して大きいと言えますが、この点は発想を転換してみると非常に大きなメリットがある事が分かります。

ビットコイン長者という言葉を聞かれた事が有るかと存じますが、ごく短期間で仮想通貨(ビットコイン)の価値が急騰して少額の初期投資が想像していた以上に急騰してかなりの金額(数百万円~数千万円、一部は億単位)の資産形成が出来たという方も多数いらっしゃいます。

仮想通貨は価値が短時間に上下に大きく変動する(このことをボラティリティが大きいと言います)点をメリットとデメリットをよく考えて資産形成に役立てるという事も可能です。

仮想通貨に関してこのように申し上げるとやはりある程度はリスクがあるのではないかと考えられます。しかし、そういった面は一般的な株式投資や外貨積立などでも想定される損失として考慮しておくべき事として考えられていますし、仮想通貨のリスクという一面だけで手を出さないという事は利益を得る機会を見逃しているのではないかと感じます。

また、仮想通貨は国家間で為替などを必要とせず統一された単位の通貨でやり取りできるという点や異なる通貨間での入出金には必須となっていた為替手数料といった間接的なコストが不要となったりする点を大きなメリットとして考えると将来的にも大きな魅力があるのではないでしょうか。

買う仮想通貨を選ぶ

仮想通貨というものがどんなものかを把握できましたら、現在流通している多くの仮想通貨に対してどれに投資するかを決定します。

これは投資される方によりさまざまな条件がありますので、一概にどの仮想通貨が良いとは言えません。

また、仮想通貨はボラティリティが大きいという特徴がありますので、売買タイミングによっては購入直後に急騰して想定外の価値上昇となる場合やその逆のパターンもあります。

過去の事例では、販売当初は数十円で取引されていたものが数年後には500円近くまで価値が上昇し、その後半年ほどで100円前後まで急落するといったまるでジェットコースターのような値動きをした実例もあります。

投資対象となる仮想通貨を決めるにあたっては、情報を収集して将来的に価値が上昇すると自身が見込めるものを選択して下さい。

使う取引所を決める

購入する仮想通貨を決定後はその仮想通貨を取り扱っている「仮想通貨取扱所」に口座を作る事になります。

仮想通貨は実体通貨と異なり、実際には触れる事のできない電子データとなりますので、そのデータを格納する入れ物としてウォレットというものを作成する事になります。

この仮想通貨取引所ですが、昨今の仮想通貨盗難事件等を鑑みてやはりセキュリティ実装のレベルが高い取扱所を選択する事が重要です。

仮想通貨という電子データを扱う訳ですから、顧客側の資産(データ)と運営側のデータは明確に分かれて管理されている事や顧客の資産に関するデータは第三者からは容易にアクセス出来ない形式にて保管されている事、取扱所へのログイン(=ウォレットへのアクセス)には複数の認証手段が設定されている等、確認すべき点は数多くあります。

また、昨年には金融庁から仮想通貨取扱所に対して登録制度が設けられ、まず金融庁へ登録されていない取扱所は選択から排除するといった事も考慮した上で利用する取引所を選択して下さい。

※仮想通貨盗難事件を起こしたCoinCheck社は金融庁への登録申請内容の問題で未登録の状態で事件を起こしています。

次ページ:時価総額から見た仮想通貨ランキング

時価総額から見た仮想通貨ランキング

多くの仮想通貨の価値をどのように見るかという事はさまざまな評価基準があります。

また、先にご説明差し上げました通り、何等かの要因で仮想通貨自体の価値が短期間に急騰または急落といった値動きをする可能性が高いので、とある時点でのその仮想通貨の価値(価格)が一定期間維持される事は現実的には考えにくいと言えます。

これは実体通貨がその発行主体(国家等)にて通貨の価値(価格)を一定のラインに維持している点と根本的に異なります。

では、どういった基準で仮想通貨を評価できるのかという事ですが、まず時価総額という観点があり、仮想通貨自体の売買が活発に行われている事の証明となる流通量といった基準で判断を行う事が多いと考えらえます。

では、まず時価総額から見た仮想通貨の順位を考えてみます。

1位:ビットコイン

仮想通貨の代名詞と言っても過言ではない程有名ですので、名前はご存じの方も多いのではないでしょうか。

そのビットコインの時価総額は日本円換算で16.7兆円(2018年5月時点)となっています。

2017年の価格急落時から徐々に値を戻してきていますし仮想通貨としての魅力は失ってはいませんが、世界各国での仮想通貨の規制が開始されてからは値動きが以前より少ないと感じます。

日本国内においても金融庁から仮想通貨取引による収益に関する課税方針が明示されましたので、今後も小幅な動きが続くのではないかと考えます。

それでも、ビットコインは仮想通貨への信頼性を担保するブロックチェーン技術を開発・実装し、ハードフォークと呼ばれるチェーン分裂も経ても今も最も時価総額の高い仮想通貨となっている点は高く評価すべきではないでしょうか。

2位:イーサリアム

想通貨の時価総額での第2イ立はイーサリアムとなり、時価総額は日本円換算で7.9兆円(2018年5月時点)となっています。

イーサリアムは決済処理が主なビットコインと異なりアプリケーション作成のプラットフォームという位置付けになります、これはビットコインとの大きな違いです。

では、何故アプリのプラットフォームとなるイーサリアムが仮想通貨になるのかという事ですが、イーサリアムは「ETH」(イーサ)と呼ばれる仮想通貨単位があり、この「ETH」はイーサリアムブロックチェーン上のアプリケーションが稼働する際に利用されます。

同時に「ETH」には仮想(もしくは実体)通貨や通貨に対しての交換レートも持っているので、イーサリアムアプリケーションが多数作られて需要が高くなれば価値は上昇する事になり、他の仮想(もしくは実体)通貨に対しての交換レートが高くなります。

この事を見越して多数の方がイーサリアムに投資を行う事になり、先ほどご紹介させていただいた巨額な時価総額に達しているという事なのです。

3位:リップル

ビットコイン、イーサリアムに次ぐ時価総額第3位はリップルとなり、時価総額は日本円換算で3.2兆円(2018年5月時点)となっています。

このリップルも決済処理が主なビットコインとは異なり、金融機関の間で行われる送信処理に利用されるものとして開発された仮想通貨となりますが、イーサリアムでの「ETH」と同様に他の仮想(実体)通貨との交換レートを持っています。

例えば日本国内のメガバンクにてリップルを利用した銀行間の送金処理を行うといった事が公式発表する事になればリップルの価値は急上昇する可能性もあり、そういった想定の元投資が行われていると考えられます。

2017年末には三菱UFJ銀行が米国の銀行(バンクオブアメリカ、メリルリンチ等)への海外送金処理にリップルを活用するといった情報等も見られましたので、将来性もかなりあると考えられるのではないでしょうか。

次ページ:流通量からみた仮想通貨ランキング

流通量からみた仮想通貨ランキング

次に仮想通貨の流通量という観点から見てみます。仮想通貨の流通量は現時点で発行済みの総量となりますが、この流通量は需給バランスが重要になっています。

あまり流通量が多くなりすぎると価値が下がる事に繋がりますし、逆に少なくなりすぎると価値が急騰・急落する事にもなります。また、仮想通貨の種類により流通量の調整方法が異なる点も特徴と言えます。

ビットコインにおいては総発行数量が設計時に定められていて、マイニングによって徐々に発行されていくタイプや逆にリップルの様に当初にすべて発行されてから少しずつ減っていくようなタイプもありますので、価値を維持している仮想通貨はその流通量も適切に調整されていると考えられます。

1位:バイトコイン

流通量が最も多い仮想通貨はバイトコインで1,832億バイトコインの流通量(2018年5月時点)となります。このバイトコインはアルトコイン(オルトコインとも呼ばれ、仮想通貨の代名詞ともいえるビットコイン以外の仮想通貨の総称)が出現した2012年から存在しているものです。

機能面ではCryptoNightというアルゴリズムを実装しており、ビットコインでのブロックチェーンにより全取引情報が公開される事に対して非常に秘匿性の高い取引が可能となる特徴を備えています。

秘匿性に関しては送金元情報やコインをどのくらい所持しているかという点も秘匿されますので、仮想通貨に関して最近は特に重視されるセキュリティレベルも高く、ハッキングにも堅牢である点も評価を高める要因ではないでしょうか。

2位:ドージコイン

流通量の多い仮想通貨での第2位はドージコインで、1,123億バイトコインの流通量(2018年5月時点)となります。このドージコインですが、当初は2013年に流行した柴犬を素材として可愛い加工画像をモチーフにした仮想通貨となり、その人気に伴い知名度が上昇した珍しい仮想通貨と言えます。

機能的な面ではブロックの生成速度がビットコインに比較して早いという特徴がありますが、その他はビットコインと同様となっています。

アルトコインはその知名度の有無で将来性が左右されると言っても過言ではありませんので、ドージコインは可愛いらしい柴犬のイメージの仮想通貨という印象がより広まれば、今後の価値上昇も充分考えられます。

3位:トロン

流通量の多い仮想通貨での第3位はトロンで、657億トロンの流通量(2018年5月時点)となります。トロンはブロックチェーンベースの分散型ストレージを利用して世界中のゲームクリエイターやエンターテイメント開発者を支援するプラットフォームを提供する事を目的とする仮想通貨です。

2017年11月に一般公開されておりますが、アルトコインにしては比較的知名度が高く、公開当初からの価格上昇率は数か月で約50倍となっていますので、将来的にはかなりの上昇が見込まれるのではないでしょうか。

次ページ:仮想通貨の取引所ランキング

仮想通貨の取引所ランキング

先にご説明差し上げました通り、仮想通貨を購入して取引を始めるには仮想通貨取引所に口座を開設する必要あります。

この仮想通貨取引所ですが、昨今の金融資産の盗難事件や監督官庁から監視強化等で取引内容の管理や顧客資産の管理方法、取り扱う仮想通貨の運用方針といったチェックを行われる事となる、金融庁への登録を指導されています。

したがって現在登録されている仮想塚通貨取引所は一定の信頼がおけると考えて良いのではないでしょうか。

そういった状況を踏まえて、利用登録者が多く信頼がある程度ありかつセキュリティレベルが高い、利用者からみた資産運用面での使いやすさ等を総合的に見たランキングをご紹介させていただきます。

1位:DMM bitcoin

DMM bitcoinは大手のDMMが仮想通貨市場への足掛かりとして設立した取扱所となります。

扱っている仮想通貨はビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラッシック(ETC)、リップル(XRP)、ネム(NEM)、ライトコイン(LTC)の7種となり、現在流通している仮想通貨の主要なものは抑えている様です。

但し、現物取引はビットコインとイーサリアムのみとなっていてアルトコインについてはビットコインもしくはイーサリアムにて取引可能となっています。

大手のDMMが参入したという点で注目を浴びているDMM bitcoin、運用資産と顧客資産との分離管理や顧客資産のコールドストレージ管理、ユーザアクセス時の2段階認証等を実装しておりセキュリティレベルは高いと言えます。

今後はアルトコインの現物取引やよりマイナーなアルトコインの取り扱い開始等が期待されます。

2位:bitFlyer

CMなどでもよく知られている仮想通貨取引所のbitFlyerですが、ビットコインの日本国内取引量が第1位である事、条件付ではあるものの不正な円出金に対しての補償制度を設けている点、高いレベルのセキュリティ実装などのポイントが、利用者が安心して仮想通貨の取引を行える要因に感じられます。

扱っている仮想通貨はビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラッシック(ETC)、モナコイン(MONA)、リスク(LSK)、ライトコイン(LTC)の7種となります。

但し、仮想通貨取扱所の中では取り扱い手数料やスプレッドが高いといった取引上のデメリットもあるので、利用する場合にはどういった点を重要視して仮想通貨の取引を行うかを考えていただきご判断下さい。

3位:GMOコイン

GMOコインはDMM bitcoinと同様にGMOインターネットのグループ会社として設立されている仮想通貨販売所です。

GMOインターネットグループ内企業の証券業務にて培われた金融ビジネスのノウハウを活用した業務運用を特徴としており、仮想通貨FXと呼ばれる取引でのレバレッジは最大25倍まで設定する事が可能となっています。

扱っている仮想通貨はビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ネム(NEM)、ライトコイン(LTC)の5種類となります。

なお、GMOコインは他の取引所と比較して取引手数料が無料という点が魅力ですが、取引時に生じる販売価格と買取価格との差(スプレッド)が大きくなる場合がありますので、仮想通貨の取引時にはそういった点も考慮していただく事が重要です。

まとめ

今回は仮想通貨での取引を始めるにあたり、仮想通貨の購入方法からどういった取扱所を利用すべきかを整理してご説明し、その仮想通貨はどういった基準でランキングされているのかとその上位3つを上げさせていただきました。

報道においても最初の少額投資から価値が急上昇して仮想通貨の売買収益が1億円を越えるいわゆる「億り人」なる言葉も使われ、その後には金融庁からの規制や取扱所からの仮想通貨の盗難事件も発生等良い面と悪い面から注目された仮想通貨ですが、時価総額や流通量といった観点からすると人気が落ちているとは考えにくいですし、将来的にはかなり有望ではないかと考えられます。

また、アルトコインと呼ばれるまだ認知度が低い仮想通貨への投資も場合によっては非常に高い利益を上げられる事も有ります。当記事の内容を参考にしていただき、是非まずは少額の投資を信頼できる取扱所の口座開設から始めてみましょう。


スポンサーリンク