Home / ビットコイン / ビットコインと違う?銀行の仮想の将来を変える仮想通貨・リップル

ビットコインと違う?銀行の仮想の将来を変える仮想通貨・リップル

最近トレンドのワードとして広く知られている仮想通貨ですが、仮想通貨にもビットコインをはじめ様々な種類があります。

仮想通貨はビットコイン以外にも1000種類以上も存在しているといわれていますが、その中で今もっともビットコインに肉薄している仮想通貨、それがリップルです。

時価総額はビットコインが約3兆円であるのに対してリップルは約1.5兆円です。二つの間には約倍の差がありますが、この二つのコイン以外で1兆円規模の時価総額を誇るコインは未だに存在していません。それだけこの二つのコインが突出しているといえます。

しかしビットコインとリップルでは同じ仮想通貨でも多少違っています。ビットコインは法定通貨の代わりとなり得る存在なのに対し、リップルは通貨というよりも決済機能と送金機能に重きを置いたシステムです。

ビットコインに迫る価値を生み出しつつあるリップルとはなにか、またビットコインとの相違点について解説していきます。

スポンサードリンク

リップルとは


リップルとは2014年に誕生したまだ新しいプロジェクトです。リップルの決済通貨は「XRP」というものですが、リップルは仮想通貨そのものよりもリップルが構築するネットワークシステムが注目を浴びています。

リップルのネットワークシステムは今後、世界中の銀行の仕組みを一変させてしまう可能性があるといわれています。現在の銀行の問題点、そしてリップルの秘めた大きな将来性について解説していきます。

リップルとは金融商品の決済・送金システムのこと

リップルのメインは仮想通貨というより、リップルが展開する決済・送金システムとなります。リップルのコインである「XRP」はそのシステムを使用する際に用いられる通貨であり、ビットコインのような汎用性を現在は持ち得ていません。

現在、通貨を送金する際は基本的に銀行に送金を依頼することになります。これが国内の銀行同士の送金ならまだしも、海外送金となると一苦労です。日本から海外に送金する際、まずは日本の銀行にお金を預けます。

お金を預かった銀行はダイレクトに送金先にお金を送金するのではなく、そのお金をまた別の銀行に預け、その銀行もまた別の銀行に預け、多くの銀行を経由する形で海外送金を行なっています。

こうして多くの中継を経て最終的に目的の受取主に送金されるわけですが、このような状況では多くの時間や、途中で入金したお金が紛失してしまうというリスクを抱えてしまっています。

また、さまざまな銀行を経由していくために手数料も自然と高額になります。このため、海外送金は時間もお金もリスクも高いと認識している人も多いはずです。リップルはこの問題点を解決させるために誕生したネットワークといってもいいでしょう。

リップルは通貨間の送金に用いられる

リップルの仕組みを、通常の国際送金の仕組みと比較しつつ説明していきます。

通常の国際送金は、銀行が他国の主要銀行に代わりに口座を開設することにより、その国での送金や決済を肩代わりしてもらうという仕組みになっています。

この場合、例えば、日本からA国の相手に送金するとします。日本の銀行とA国の銀行が取引済みであれば、A国の銀行に日本の銀行が送金するだけで良いので、手間はかかったとしても、そこで送金は終了です。手数料もその一回分で済みます。

しかし、もしA国に日本の銀行が口座を持っていなかった場合、日本の銀行は一度自身が取引のある別のB国の銀行に確認を行い、A国の銀行に口座を持っている、取引先のB国の銀行にいったんお金を送金します。そして送金を受けたB国の銀行からさらに送金先のA国の銀行に送金が行われるというのが現状の仕組みです。

この場合、送金処理に時間がかかるうえ、手数料も複数の銀行を経由するため高額になります。また、送金もたらい回しにされる格好になりますので送金データ紛失のリスクもあります。インターネットが全盛のこの時代でも、世界の銀行ではこのような回りくどい仕組みが採用されているのです。

この仕組みを簡素化させて国際送金、国際決済の利便性を高めようというのがリップルです。リップルは世界中の銀行をリップルを通して繋ぎます。

リップルを通して繋がった銀行はお互いに取引がなくてもリップルが仲介して送金を行いますので、数日から数週間も時間がかかっていた国際送金がリップルを通じて行えば数秒で終了することになります。

リップルの中で用いられる仮想通貨「XRP」

リップルが国際送金に適したネットワークシステムであることは説明したとおりです。しかしリップルは仮想通貨としても存在しています。リップルの仮想通貨は「XRP」という単位が用いられており、ビットコインの予定発行総数が2100万BTCに対しリップルは1000億XRPが発行される予定になっています。

迅速な決済を手数料不要で行うことが可能

リップルの送金システムではリップルが世界中の銀行をネットワークでつなぐことにより、スムーズな送金が行えると解説しました。しかしリップルのシステムは銀行を介さずに利用することもできます。

簡単に説明するとリップルの仮想通貨XRPは世界中のどんな通貨にも対応しています。つまり円をドルやユーロ、BTCやモナーといった法定通貨や他の仮想通貨にもリップルを通じてXRPに変換して両替を行なってくれるというシステムで、銀行を介さずに余計な手数料を支払うことなく、迅速にあらゆる通貨に両替ができるのです。

また、リップルを利用した決済もスピーディーで、ビットコインでの決済では数分から数十分もかかるところをリップル決済であれば数秒で終了します。これは他の仮想通貨システムとも一線を画しており、リップルが他の仮想通貨とは別物であることを物語っています。

また他の仮想通貨はブロックチェーン技術を用いて中央管理者が存在しないことが前提ですが、リップルには中央管理者が存在します。ブロックチェーン技術の場合ですとブロック保持者全員の合意により決済が確定しますが、リップルには中央管理者が存在しますので中央管理者が決済を認めることで決済が確定します。その分決済スピードが早いということになります。

ビットコインとの違い

ビットコインとリップルですが、同じような仮想通貨でも実は結構な違いがあります。

ビットコインとリップルではそもそも存在の動機自体が違うのです。ビットコインは主にビットコインそのもが決済通貨としての役割を果たす存在ですが、リップルは「ブリッジ通貨」すなわち通貨と通貨の橋渡しを行う通貨として存在しています。

リップル自体が送金システムであることは先に説明した通りです。つまり決済通貨であるビットコインとは違い、リップルの通貨「XRP」はリップル内での通貨同士をスムーズに変換するために存在する通貨です。

ここではビットコインとリップルの違いについてもう少し詳しく解説していきます。

生まれの違い

ビットコイン誕生の経緯は、サトシ・ナカモトという人物がインターネット上に発表した一つの論文がきっかけに誕生しました。現在、世界を賑やかしているビットコインですから相当な量の論文かと思いきや、実はそこまでページ数は多くなく、意味がわかる、わからないは別として10分もあれば読めてしまうほどの論文です。

そして論文の中身は簡単に説明すると、現在主流の中央管理型の決済システムではなく、分散管理型ネットワーク決済システムの構築、運用のメリット、実現方法を記載しています。

この論文をきっかけに多くのプログラマーが触発されて誕生したのがビットコインです。しかし誕生したばかりのビットコインは無価値に等しく、現在のような1BTCが数十万円も価値を持つなど誰も想像していませんでした。

しかし一人の人物が、ビットコインとピザの交換を持ちかけたことからビットコインは現物商品との交換レートを持つようになり、わずか数年で現在のような莫大な価値を持つに至りました。ビットコインだけでなく、全ての仮想通貨はこのきっかけがなければ、世界にここまで影響を与える存在にはなり得なかったでしょう。

ビットコインがこのように偶然も重なって生まれて世に広まったのに対し、リップルは明確な意味を持って誕生しました。

リップルはビットコインの誕生を受けて生まれた存在ですのでルーツは同じですが、誕生の目的は全く違います。リップルはビットコインの問題点を補完するための存在として誕生したともいいます。

そのため、ビットコインがサトシ・ナカモトという謎の人物が提唱、そして有志のプログラマーたちによって発行されたのに対し、リップルはカナダのRyan Fuggerによって開発され、クリス・ラーセンらによりシステムが構築されました。

リップルは先述しているように国際送金、通貨変換の作業性を飛躍的に向上させ、高額だった手数料を大幅に減額させるという目的を持って誕生しています。これから考えると、同じ仮想通貨でもビットコインとリップルでは明確な違いがあるのがよくわかります。

仕組みの違い

ビットコインとリップルでは仕組みに関しても大きな違いがあります。ビットコインはP2Pシステム、いわゆる分散管理型システムを採用しています。つまりネットワークの代表的な管理者が存在せず、ネットワークで繋がっている有志の人間たちによって送金や出金などの管理が行われています。

この有志たちがいわゆる採掘者(マイナー)と呼ばれる存在です。このマイナーたちがネットワークに決済記録を書き込むことで、その報酬としてビットコインがマイナーたちの手に渡ります。

一方のリップルには明確な中央管理者が存在します。「リップルラボ」という管理会社がリップルのネットワークシステムを管理しているため、リップルは中央集権型システムといえるでしょう。

また、リップルの発行も価格決定も、このリップルラボによって行われます。つまりビットコインとリップルでは、性質も仕組みも全てが異なる仮想通貨なのです。

信用の違い

ビットコインを始めとする仮想通貨のほとんどはブロックチェーン技術を用いています。ブロックチェーンは分散型管理システムです。定められた時間内に新たな取引内容を一つのブロックにしてまとめて、そのブロックを世界中の他のブロックとチェーンのようにつないでいきます。

この仕組みであれば、誰かが仮に不正を行っても他の管理者によってその不正がすぐに暴かれてしまいます。また、ハッカーがたとえ一人の管理者を攻撃しても、その他の管理者がその攻撃による被害を察知して対処を行えます。

相互に監視して相互に検証しあうのがブロックチェーンの仕組みであり、安全性を担保する仕組みとなります。また、ビットコインには中央管理者が存在しません。そのためビットコインの発行はマイニングという採掘作業のみが発行手段であり、ビットコインの需要がある限り、その価値は無くなりません。

一方のリップルには明確な管理者が存在します。リップルの通貨XRPの発行も価値も、このリップルの管理者「リップルラボ」が全てを握っています。

特にリップルラボはリップルの通貨発行総数の半分以上の約600億XRPを現在保持しています。つまりリップルラボがどう市場にXRPを放出するかでリップルの価値は大きく変わります。

現在、リップルラボは2017年末までにおいては保有するXRPのうち550億XRPの売却を禁止する声明(ロックアップ)をだしています。しかしこの先どうなるかは、リップルラボ社しだいですので、仮想通貨の信用性としてリップルが多少心配な部分があるのも事実です。

入手方法の違い

ビットコインとリップルですが、入手方法に関しても多少の違いがあります。両通貨とも基本的には仮想通貨取引所で通貨を購入することで通貨を入手することができます。これは基本的な入手方法です。

そして採掘作業。ビットコインではブロックチェーンに取引記録を書き込む権利を得た採掘者に対して報酬としてビットコインが支払われますが、リップルの場合は「World Community Grid」という機関に貢献するとXRPが支給されるという仕組みです。

また、ビットコインは他者間においての譲渡も自由に行えるという違いがありますので、ビットコインのほうがリップルよりも自由度は高いといえます。

リップルの将来性

ai3

2014年に誕生したリップルですが、現在は多くの企業や投資家がその将来性に可能性を感じて巨額の投資を行っています。リップルは本当に今後もその価値を拡大させていくのでしょうか。
今後、リップルの将来性を考えるあたって、リップルの現状分析と今後を予測していきます。

リップルの現状

リップルはリップルの仮想通貨そのものというよりも、リップルという決済ネットワークシステムに注目が集まっています。現状では時間がかかりすぎていた送金作業が瞬時に終了するという、リップルのシステム導入には多くの金融機関が意欲をみせており、日本の金融機関も導入に前向きな姿勢をみせています。

リップルの将来性

リップルシステムが今後、世界中の金融機関で採用されていけば、リップルシステムで使用されるリップルの仮想通貨XRPも必ずその価値を上昇させるでしょう。もちろんリップルがロックアップしているXRPの動きによってその価値は調整されますので、確実ではありませんが、リップル自体の将来性は非常に高いと考えられます。

まとめ

ここまで、リップルとビットコインの違いについて解説をしていきましたが、同じ仮想通貨でもビットコインとリップルでは、目的も利用方法も価値の決まり方も大きく異なります。

しかし、リップルシステムは単純な決済通貨としてではなく、世界中の金融システムを一変させる可能性のあるシステムですので、リップルの今後の展開、動きによってはビットコインを上回る可能性を秘めた仮想通貨であると考えられます。


スポンサーリンク

Check Also

sumaho1

スマホを急速充電することはできる?その方法とは?

私たちの日常生活の中で、欠かす …