Home / ビットコイン / いま話題の仮想通貨とは?取引方法と将来性を解説

いま話題の仮想通貨とは?取引方法と将来性を解説

ネット上では今や仮想通貨の話題が出てくるほどの人気の投資方法の1つになっています。

昔では、株などが投資という言われるものでした。それが、最近出てきた仮想通貨に乗り移る投資家も増えているのが現状です。では、仮想通貨とはどんな仕組みで流れができているのかを紹介していきます。株と何が違うのか、明らかになりますよ。

スポンサードリンク

 

仮想通貨とは?


仮想通貨といわれるものはネット上にある通貨として取引されるものです。例えばビットコインが有名ですが、そのほかにもいくつもあります。リップルやイーサリアムなど知られていない仮想通貨はたくさんなります。
また、仮想通貨は暗号通貨でもあるため安全性が高いとされています。

仮想通貨の発祥と歴史

仮想通貨は2008年ごろに中本哲史という人物がインターネットで発表した論文が提唱されたことから始まります。元々、仮想通貨技術は固まりつつあった時期でもありますが、なかなか実用化できなかったというのがあったのです。

それを中本氏によって仮想通貨というのが現実に誕生したということになります。そして、仮想通貨の仕組みとしては従来では管理者が発行をしていく仕組みが一般的でした。例えば、日本円は日本銀行が通貨の発行源です。

でも、仮想通貨はシステムが発行して調節しているだけでなく、暗号化の技術を組み合わせることで問題なく通貨を扱えるようにしたのがこの仮想通貨の仕組みといえます。

2009年ごろになると実際に仮想通貨の取引が行われ始めたのです。それがビットコインです。ビットコインは今では人気の通貨へと変わりましたが、当時では価値がないほどのデータでしかなかったのです。そして、一番最初にビットコインを所有していたのが中本氏であったのです。

2010年2月には取引所が誕生しました。現実社会にビットコインというのが出回り、決済までできている状態にまで成長したのです。

ここで有名なのが、ピザをビットコインで購入したという話です。そこではビットコインを1万ビットコインとピザを交換するということでした。今考えてしまえば、相当な金額になるでしょうが、当時では1万ビットコインでピザが買えるほどだったということです。これがビットコインが初めて取引された記録です。

2010年7月になると日本での取引所であるMt.Goxが開設されました。ここからビットコインの価値はだんだんと高くなってくるのです。

2011年になるとビットコインは成長は早まってきます。市場価格は1ドルを上回り、ビットコインのビジネスは2012年ごろになると多数出てきました。

そして、多数の企業がビットコイン決済を導入し始めました。それが2013年10月にはバイドゥ、2014年7月にはDELL、2014年9月にはPaypal、2014年12月にはMicrosoftまでもが対応し始めました。

このように2011年から2014年までにビットコインは成長し続けてきました。2015年以降はビットコインが一気に跳ね上がりまして、今ではビットコインを購入しようとすると1ビットコインで45万円ほど必要になります。

ビットコインの歴史を見ていくとまだまだ伸びそうなところも多く、今後もビットコインを中心にほかの仮想通貨も価値がだんだんと上がってくることがわかります。

 

日本の新資金決済法

2016年より資金決済法というものが仮想通貨などの取引サービスの規制するものとして誕生しました。この法律ができた理由としては利用者の保護と同時に資金がどこに回っているのかをしっかりと把握するためのものです。

元々、資金決済法というものは存在をしていましたが、仮想通貨の取引を盛り込んだ状態で改正という形で誕生したものです。そして、仮想通貨の売買を行う仮想通貨交換業者を取り締まるために、登録制を導入し、監視できるような法律となっています。法律が執行されたのは平成29年4月です。ちょうど、仮想通貨が波に乗り始めた時期でもあります。

法律の中身としては、「仮想通貨交換業」は、内閣総理大臣の登録を受けた者(仮想通貨交換業者)でなければ、行うことは許されません。(改正資金決済法63条の2)で定められているため、無登録では罰せられることもなりました。

このように国自体も仮想通貨の広まり始めたため、対策を始めたようです。といっても、まだまだ整っていない点も多いため、グレーゾーンも多く存在する可能性があります。今後、法律が改正されることは多くなるでしょう。

 

最新の仮想通貨ランキング

今だからこそ注目すべき仮想通貨は世界中で取引されています。日本でも多くの投資家によって取引されていることが多く、今後の発展も気になるところです。

  1. 1位 ビットコイン(Bitcoin)
  2. 2位 イーサリアム(Ethereum)
  3. 3位 ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)
  4. 4位 リップル(Ripple)
  5. 5位 ライトコイン(Litecoin)

1位はやはり、ビットコインというのが強いです。仮想通貨=ビットコインで広まったことが人気にさせている理由でしょう。そして、2位は日本で取り扱いが多いイーサリアムです。3位はビットコインの分裂系であるビットコインキャッシュです。ビットコインという名前を売っているだけあって、人気はあります。

4位は最近人気になってきているリップルです。8月ごろにリップルのサイトでイベントがあると騒がせた影響もあり、名前が売れました。5位はライトコインです。ビットコインと同じ仕組みです。

このように名前が売れていると通貨の取引率が上がったり、日本の取引所で取り扱っているかで金額も左右されるでしょう。現在でもビットコインは上位に居座っているという形になっています。

 

仮想通貨の使い方


日本円とは異なり、貨幣などの現物と取引するわけではなく、仮想で取引するため取引所にデータとして管理されているということになります。

現在では決済ができる仕組みが浸透しつつあるため、カードや専用の財布に入れることで仮想通貨で支払いが可能です。だが、株と似たところもあり、価格が下がってしまうことがあります。これは為替なども同様です。

このように仮想通貨の使い方は売買するだけでなく、決済を行うことも可能になってきたということです。

 

仮想通貨と電子マネーの違い

仮想通貨は通貨として認識されているため、為替レートみたいに価格が変動し、価値がその時によって変わることがありますが、電子マネーはお金をチャージしてしまえば価格の変動が起こるわけもなく、普通に使うことできます。以上のような違いがあってもデータという意味では似ているところもあります。だとしても、全く違うものだということです。

仮想通貨では現金に変換することが可能だったりと手段はたくさんありますが、電子マネーは一度チャージしてしまうとそれを換金することができないため、電子マネーとして使うという手段しかないという大きな違いがあります。

 

仮想通貨売買の流れ

仮想通貨の売買は株に似ているといえます。株でいえば証券取引所が通貨の取引所になっているだけです。あとは仕組みとしてはほぼ変わらないです。投資家である人からすれば買う銘柄が違うだけで特に変わりはないと感じるでしょう。

 

仮想通貨売買のやり方

実際に取引所の口座内に日本円を入れます。そして、買いたいコインを選択をすると手数料が引かれた状態で購入されます。そこから、コインの売り時を考えたり、追加で買うかをリアルタイムで見るような仕組みになっています。

例えば、ビットコインが買った時よりも2万ほど高く、下がりそうならばここで売ります。そして、手数料を引かれた状態で口座内に換金されます。

このように仮想通貨は株と同じような流れで取引をすることが可能です。

 

取引のルールは?

取引ルールとして生活が困らないような資金で行うということです。また、1つの取引所だけでなく、3つほど取引所を口座開設をして資産の分散を行うなどの対策をすることで、もし、取引所がつぶれてしまっても大丈夫なように準備をしておきましょう。また、2段階認証を必ず行うことです。

そして、今では税金もかかってくるので知識をしっかりと蓄えておくことです。税金がかかることを知らないでは済まないので、しっかりとどのくらいかかるのかを把握した状態で取引をすることです。

仮想通貨は「ハイリスク・ハイリターン」なところを持っているので、しっかりと生活できるような状態で行うことが最低限するべきことではないでしょうか。

 

知っておくべき専門用語

仮想通貨を始める前にある程度知っておいた方がいいものがあります。もし、知らない状態でやると言葉の意味で躓くこともあります。そのためにも最低限知っておいてほしいものを紹介します。

1.ビットコイン
仮想通貨の始まりといえる有名な通貨のことです。中本哲史によって作られたといえる暗号通貨です。通貨単位がBTCとなっています。

2.BTC
ビットコインの通貨単位のことで、1ビットコインを「1BTC」と表します。

3.ウォレット
仮想通貨を入れるための財布で、パソコン上ではデスクトップウォレットと呼ばれ、スマホではモバイルウォレットとされており、紙ではペーパーウォレットです。現在ではビットコインを入れるための専用端末が存在しており、それをハードウェアウォレットと呼んでいます。

4.取引所
仮想通貨を売買するときに使用する場所のことです。個人間の取引ができるようにあるといえます。そして、取引所で仮想痛あkと日本円が交換されるのです。

5.チャート
株式などの相場をグラフ化にしたものをいいます。仮想通貨は株同様に上がったり下がったりします。そのため、チャートを見ながらどれを買うのかの情報となるわけです。

6.ブロックチェーン
仮想通貨のネットワーク上に公開したり、保存したりしているすべてのデータのことを言います。そして、世界中に存在するネットワークのデータを分散することで破損しないような技術になっています。

7.P2P(ピアツーピア)
ネットワーク上で対等である端末と直接接続をすることで、データを送受信できるようにした技術のことを言います。仮想通貨のシステム自体がこのP2P方式になっています。

8フィンテック(Fintech)
金融(ファイナンス)と技術(テクノロジー)を組み合わせることでできたものです。金融とITが一緒になることで新しい技術が登場していきます。そして、ファンテックを実現させるためにはブロックチェーンの技術がないとうまく機能しないなどの問題が出てしまいます。このように密接にかかわっているのがブロックチェーンです。

9.マイニング
採掘することを言いビットコインなどの仮想通貨の入手手段として使う言葉となっております。発掘をするには高性能なコンピュータが必要となります。

10.トランザクション
取引のことをさします。英語なので、外国の取引所を利用する場合には絶対に覚えておいた方がいいものになります。

 

仮想通貨はこれからどうなる?

今後、仮想通貨は身近になるのでないでしょうか。

ビットコインが登場してから約8年しかなっておらず、若い通貨です。でも、それが注目されているということは今後、ペーパーウォレットが減ってくる可能性もあります。仮想通貨で買い物が普通にできる日も遠くはないでしょう。

それに、ビットコインを決済できるシステムが登場しているので、ますます仮想通貨の需要は上がっていくでしょう。そして、世界中が仮想通貨で取引されることになれば、世界共通の通貨として利用される日もそれほど遠くはないでしょう。

 

仮想通貨に投資する価値

仮想通貨に投資することを善と思うのか悪と思うのかで価値というものは変わってくるでしょうけど、現在の価値でいうと投資をしてみることで買った仮想通貨の価値が上がり、得をすることもあるでしょう。実際に1円にもならなかったビットコインが45万円代にまで上がっているというのが現実です。株式だと思って投資してみるのも手ではないでしょうか。

 

仮想通貨で資産運用しよう


実際に資産を運用していくことになると最初に取引所で口座開設を行う必要があります。そして、仮想通貨が上がる楽しみも増えるでしょう。預金として貯めるよりも今注目されている仮想通貨に投資するだけで将来への不安も消えてくることが見えています。ぜひ、資産を運用していきましょう。株よりも仮想通貨にかければ低資金でかけることも可能です。

 

まとめ

今注目の仮想通貨について触れてきましたが、まだまだ伸びしろがあるものではないでしょうか。

金融関係が落ち着いているときに登場したこともあり、第2の通貨として注目され続けるでしょう。そして、企業側も仮想通貨に対応し始めておりますので、今後の発展が気になるところです。以上のように仮想通貨は実際に通貨として使えるような仕組みになっているのです。


スポンサーリンク