Home / iPhone / 格安simをiPhoneで使うなら!おすすめポイントまとめ

格安simをiPhoneで使うなら!おすすめポイントまとめ

格安simが登場してからというもの大手キャリアからMVNO(格安SIM会社)に乗り換える人々が増え、格安スマホの需要が高まりました。ただ格安スマホはAndroidの端末が主流となっていました。

そんな中、iPhoneにこだわりを持っていて「格安simでもやっぱりiPhoneを使いたい」という方も意外と多いのではないでしょうか?そんな方のためにiPhoneを格安simで使用する方法や料金プランなどを事細かく書きました。

また、格安simを使用するにあたり、知っておくべき用語などを初心者の方にも分かりやすく書きましたので、是非参考にしてみて下さいね。

スポンサードリンク

格安simがお得


simカードとは

Simカードとは、スマートフォンやタブレットに内蔵されたICチップカードのことを言います。このsimカードを端末(スマートフォンなどの本体)に挿入することで、電話やデータ通信の機能を使用することが可能になります。またsimカードには、電話番号や端末を識別する情報が書き込まれています。

通常のsimカードと格安simの違い

通常のsimカードと格安simの違いは、大手キャリアのsimが発行したものかMVNO(格安SIM会社)が発行したものかの違いになりますね。

大手キャリアとはドコモ、au、ソフトバンクの三社になります。それに対してMVNOと言うのは、ケイ・オプティコムの「mineo」や流通大手のイオングループの「イオンモバイル」などの格安SIM会社を指します。MVNOは、その他にも数多く存在しますよ。

格安simのメリット

①月額料金がかなりお得になる

格安simの一番のメリットは、月額料金の安さですね。大手キャリアの通常simと比べる3分の1程度安くなります。値段でいうと通常simは毎月の料金が6000円〜7000円に対して格安sim だと2000円程度になります。

また、通常simだと大手キャリアとの契約になりますので、使い始めの2年間は月額割引などで安くなりますが、2年経つと月額料金が通常の料金に戻ってしまい、かなり割高になっています。利用料金の詳細などをこまめにチェックしておかないと「私の携帯料金こんなに高かったの?」と気付いた時には手遅れになっているかもしれませんね。

その点、格安simなら何年たっても月額料金は変わりませんし、分割で格安スマホを一緒に購入しても少し毎月の料金が上がるくらいでそれ以上はかからないので安心ですね。

②契約縛りが少ない

通常のsimカードだと大手キャリアとの契約になりますので契約の「2年縛り」があります
2年縛りとは、スマホなどを購入する際、2年間使用することを前提に基本料金や各種サービス利用料金などの割引を行う制度のことを指します。2年以内に解約してしまうと違約金が発生してしまい、1万円近く取られますよ。

2年縛りで注意してほしいのが、2年後の契約更新月を過ぎると自動的に契約が更新されることになっていて、契約更新月と翌月の2ヶ月以内に解約手続きすれば違約金なしで解約できるのですが、それ以降の3ヶ月目からは、また違約金が発生し解約するのに1万円近く取られます。

ですので「2年以上過ぎたので違約金なしで他社に乗り換えよう」と思っても、更新月から3ヶ月目に入っていると違約金が掛かってくるので気をつけてくださいね。

また同時に「月月割」の縛りがありまして、こちらは約2年1ヶ月間で割引がなくなりますので、それ以降の2年2ヶ月目からは割高になってしまいます。つまり、違約金を払わず月月割を最後まで受けたいのであれば、スマホなどを購入してから2年1ヶ月後に解約もしくは他社へ乗り換える必要があります。

とはいえ「忙しくて契約更新月過ぎていた」なんてこともよくありますよね。月月割に関しては存在自体を忘れていたなんて方も多いのではないでしょうか。

格安simだとその辺の細々したことを考えなくてすみますよ。格安sim はMVNOとの契約になりますので長期間で契約を縛るようなことは少なく、手軽に他社への乗り換えも可能で便利です。月額割引の終了や機種変更のタイミングを意識しなくて良くなるので細かいことを考えるのが面倒という方にはいいのではないでしょうか。

③料金プランの選択肢が多い

料金プランは、データ通信専用、SMS付き、音声通話付きの3つのタイプに分かれます。
データ通信専用とは、モバイルデータ通信のみに特化したプランのことを言います。通話が不要で出来るだけ安く抑えたいという方におすすめです。

SMS付きとは、データ通信専用にSMSの機能が付いたプランのことを言います。LINEなどは、本人確認のために「SMS認証」を必要としますので、通話は不要だがLINEは使いたいという方にはこのプランがおすすめです。

音声通話付きとは、データ通信専用にSMSと音声通話の機能を付けたプランを言います。大手キャリアの通常のスマホと同じだと思ってもらえればいいと思います。

またデータ容量ごとに月額料金が異なり、MVNOによって違いがあるが1GBから20GBの間で5段階ほどに区切られていることが多いです。

オプションでは「かけ放題プラン」もあり、月額料金800~1000円くらいで5~10分以内ならいくらでも通話できたりします。ワイモバイルだと月額料金1000円で長時間かけ放題になり、追加料金も掛かりません。ビジネスシーンで使う方にはかなりおすすめですね。

こんな人には格安simがおすすめ

  1. 電話をあまり掛けない方
  2. 2年以上同じ機種を使っている方
  3. 初めてスマホを持つ方

1. 電話をあまり掛けない方は、格安simに変えることをおすすめしますね。通話料金だけで比べると大手キャリアの通常simは、5分以内のかけ放題でも月額料金1800円ほどになり、掛け放題ですと月額料金2700円にもなるのに対して、MVNOの格安simは、電話を掛けなければ一切料金は発生しません。月に数回しか掛けない方は、格安simに変えたほうが断然お得になりますよ。

2. 2年以上同じ機種を使っている方は、2年1ヶ月の月月割の縛りが終わっているので、追加料金を払っている訳ではありませんが、割引料2000~3000円分ほど受けていないことで実質損していますよ。

この際、格安simに乗り換えるか、もしくは機種変更や他の大手キャリアに乗り換えることをお勧めします。ただ、違約金が掛かってくる可能性が高いですので、その点を確認した後、解約するかを決めた方が無難ですね。

3. 初めてスマホを持つ方にも格安simをおすすめしています。現在スマホを持っていない方はかなり少ないと思いますが、ガラケーをお持ちの方なども僅かながらいるのではないでしょうか。そういう方は格安スマホに変えることをおすすめします。

とはいえ「スマホに変えるとかなり料金高くなるのでは?」という方のために、ガラケーと通常のスマホ、格安スマホの3つの平均月額利用料金を比較してみました。ガラケーは2700円、通常のスマホは6300円、格安スマホは3300円でした。

ガラケーは確かに安いですが、格安スマホはガラケーと平均月額利用料金600円しか変わらず、その上ガラケーに比べるとかなりの機能が使えるようになる訳ですからおすすめしますよ。また格安スマホはプランやオプションも豊富で、使用状況に応じて料金を下げられますから平均月額利用料金より安くすることが可能です。是非検討してみて下さいね。

格安simが使えるiPhoneとは


格安simが使えるiPhoneには、au、ドコモ、ソフトバンクなどの大手キャリアが販売しているiPhoneの他に、アップルストアで販売しているsimフリーのiPhoneや一部のMVNOが販売している中古のiPhoneなどがあります。

docomoのiPhoneを持っている場合

docomoのiPhoneを持っている場合は、「ドコモ系格安sim」を使用出来ます。ドコモ系格安simとは、ドコモの通常simを使っている人と同じように、ドコモ回線を使用することが出来る格安simのことを言います。

MVNOの格安simの多くがドコモ系格安simであり、ドコモの回線を借りています。楽天モバイルやマイネオ、イオンモバイルなどのMVNOが提供しています。ドコモ系格安simが使用できるドコモのiPhoneは、iPhone 5c / 5s / 6 / 6 Plus / 6s / 6s Plus / SE / 7 / 7 Plusになります。

ドコモの通常simからMVNOのドコモ系格安simに移行する際は、「simロック解除」の必要がありません。au系、ソフトバンク系の格安simに移行の際は、simロック解除は必要になりますが前述した通り、多くのMVNOがドコモ系格安simを提供しているため、あえてau系、ソフトバンク系の格安simを選ぶ必要はないと思います。

Simロック解除とは、他社の通信回線用のsimカードを読み込まないために、スマートフォン端末に施されている機能「simロック」を解除することを言います。simロック解除を行うことで、通信事業者の壁を超えてsimの使用が可能になっています。simロック解除が可能なドコモのiPhone は、iPhone 6s / 6s Plus / SE / 7 / 7 Plusになります。

またsimロック解除を行えるのは、iPhone を購入後から180日過ぎた後になり、simロック解除の手続きには、手数料3000円がかかります。ただし、ドコモユーザーの場合は、simロック解除を「My docomo」から行うことで手数料は発生しません。ドコモショップや電話での手続きをしてしまうと3000円の手数料がかかります。

auのiPhoneを持っている場合

auのiPhoneを持っている場合は、「au系格安sim」を使用出来ます。au系格安simとは、auの通常simを使っている人と同じように、au回線を使用することが出来る格安simのことをいいます。

UQ mobile、マイネオ、IIJmioの三社のMVNOが au系格安simを提供しています。au系の格安simには、「VoLTE」に対応しているものと、対応していないものがあり、使用できる端末が異なります。VoLTEとは、LTE回線を利用した音声通話システムのことを言います。

Au系格安simが使用できるauのiPhone は、iPhone 5c / 5s / 6 / 6 Plus / 6s / 6s Plus / SE / 7 / 7 Plusになります。

auの通常simからMVNOのau系格安simに移行する際に、simロック解除の必要がないのはUQ mobileとマイネオで、IIJmioはsimロック解除が必要になります。ドコモ系、ソフトバンク系の格安simに移行の際も、simロック解除は必要になります。simロック解除が可能なauのiPhone は、iPhone 6s / 6s Plus / SE / 7 / 7 Plusになります。

またsimロック解除を行えるのは、iPhone を購入後から180日過ぎた後になり、simロック解除の手続きには、手数料3000円がかかります。ただし、auユーザーの場合は、simロック解除を「My au」から行うことで手数料は発生しません。auショップや電話での手続きをしてしまうと3000円の手数料がかかります。

softbankのiPhoneを持っている場合

softbankのiPhoneを持っている場合は、「ソフトバンク系格安sim」を使用出来ます。ソフトバンク系格安simとは、ソフトバンクの通常simを使っている人と同じように、ソフトバンク回線を使用することが出来る格安simのことをいいます。b-mobile(開幕SIM)とワイモバイルの二社のMVNOが提供しています。

ソフトバンク系格安simが使用できるソフトバンクのiPhone はiPhone 6s / 6s Plus / SE / 7 / 7 Plusになります。

iPhone 6sより前のiPhone 5 / 5c / 5s / 6 / 6 plusでは他社への乗り換えは難しくなっています。「simロック解除」ソフトバンクの通常simからMVNOのソフトバンク系格安simに移行する際、simロック解除が不要で移行できるのはb-mobileのみになります。ただb-mobileはデータ通信SIMのみの仕様となっています。

simロック解除が可能なソフトバンクのiPhone は、iPhone 6s / 6s Plus / SE / 7 / 7 Plusになります。またsimロック解除を行えるのは、iPhone を購入後から180日過ぎた後になり、simロック解除の手続きには、手数料3000円がかかります。

ただし、ソフトバンクユーザーの場合は、simロック解除を「My SoftBank」から行うことで手数料は発生しません。ソフトバンクショップや電話での手続きをしてしまうと3000円の手数料がかかります。

新規購入の場合

新規購入の場合は、Apple Storeもしくはインターネットで「simフリー」のiPhoneを購入してください。Simフリーとは、発行した通信事業者の区別なくsimカードを利用できる端末(iPhoneの本体など)のことを言います。

Apple StoreでsimフリーのiPhoneを購入する場合は、実店舗とオンラインのどちらかで購入が可能です。インターネットでsimフリーのiPhoneを購入する場合は、Amazonやヤフーオークションなどで購入できます。

simフリーのiPhoneは、大手キャリアのiPhoneよりも割高になっています。理由は、大手キャリアにとってiPhoneは主力の製品あり、大手キャリアのiPhoneには割引や特典などが加えられているからです。

まとめ

いかがだったでしょうか?iPhoneの料金プランやMVNOへの乗り換えなどは、ある程度の流れを掴んで頂けたのではないかと思います。あとは、好みのiPhoneを選び、自分にあったMVNOと契約して格安simのiPhoneを手に入れましょう。

お気に入りのiPhoneを、しかも安い値段で持つことで、皆さんの日々の生活が充実したものになればいいなと思っています。


スポンサーリンク

Check Also

アプリで簡単~iPhoneで家計簿をつけて貯金を作ろう

今回は、iPhoneに家計簿の …