Home / iPhone / どれも同じとは限らない!iPhoneのおすすめコンビニ充電器3選

どれも同じとは限らない!iPhoneのおすすめコンビニ充電器3選

iPhoneを充電をし忘れてしまい、外出先で電池が無くなってしまうと心配されたご経験をされた方も多いのではないでしょうか。

そういった時に役立つのがコンビニで販売されているiPhone向けの充電器です。

アプリやSNSで、仲の良い友人との会話途中で電池が無くなってしまい、コミュニケーションが途絶えてしまうのは避けたいですよね。

そのような状況にならない為に、少し足りないかもと感じた際にコンビニ等で調達可能な充電器の販売方法を把握していれば慌てずに済みますし、前もって準備しておくといった対応も可能です。

そういった事を踏まえて今回はコンビニにて販売しているiPhone向け充電器の情報をまとめてご紹介させていただきます。

コンビニ販売の充電器にはいくつかのタイプがありますので、どういったものが使いやすいのかを知っていればいざという時にお役に立つのではないでしょうか。

スポンサードリンク

iPhoneのコンビニ充電器のタイプはいくつある?

コンビニではいくつかのタイプのiPhone向け充電器を扱っていますので、ご利用になる方のニーズに沿ったものを選択いただく必要があります。

コンビニにて充電器を購入される場合には、ある程度緊急性のある場合や電池が無くなる状態を予期して予防策として準備する場合等いくつか想定されますが、ここでは一般的に取り扱われる事の多い充電器の種類について整理してみます。

使い捨てタイプ

コンビニで販売されている充電器の中では最も価格的に安いカテゴリーとなり、手軽に利用する事が可能です。

こちらのタイプは装備されている電池が取り外せないタイプとなっていますので、1回の充電(もしくは複数回)にて電池を使い切った後そのまま廃棄される事となり、再利用は不可となります。

非常にコンパクトな作りとなっているものが多く携帯性に優れているのが特徴です。

普段はAC電源で充電を行っていて稀に外出先で電池の残量が少なくなっているという方であれば、こういった使い捨てタイプの充電器をご利用いただければ、手荷物が増えるといった事も気にせず利用できるのではないかと考えます。

電池交換タイプ

このタイプは電池が交換可能となっている点が特徴となります。

使い捨てではなく電池さえ交換すれば長期間利用可能なので、携帯型の充電器を持ち歩く事に支障がない方であれば緊急時にも対応可能なこちらのタイプがおススメです。

使用する乾電池も単三電池を利用する設計が多く、わざわざ交換用の乾電池を持ち歩かなくてもコンビニで調達出来ますので利便性は高いと言えます。

充電池タイプ

購入後に再充電する事で長期間の利用が可能となる充電池タイプの充電器です。

AC電源に接続する再充電作業を面倒に感じない方であれば、最もコストパフォーマンスが高いものではないかと考えます。

充電池に関しても少し前のニッケル水素電池からさらに高容量・高出力のリチウムイオン電池を利用するモデルも多くなっている様ですので、選択される場合にはリチウムイオン電池を搭載している充電器をおすすめします。

なお、充電池を利用している充電器は制御回路を充電器に内蔵していますので、サイズがやや大きくなりがちです。

持ち歩く事を前提と考えた場合、この点は他の充電器と比較してデメリットとなりますのでご購入の際にはご注意下さい。

おすすめのコンビニ充電器メーカー

コンビニで取り扱っている充電器を製作しているメーカーについてですが、これも販売されてから長く扱われている製品のメーカーであれば一定の信頼性があると考えられます。

スマートフォンの技術進歩に比較してあまり目立たない充電関連の機器ですが、逆に言えば性能と安定した動作実績、かつ適切な価格という点でバランスが取れた製品しか生き残れません。

その中で推奨できる製品を出しているメーカーをご紹介させていただきます。

多摩電子工業

コンビニにて販売されているiPhone向け充電池ではかなりのシェアがあるメーカーです。

こちらのメーカーは充電器だけでなくスマートフォン向けの周辺機器も製品として販売されており、かなりの長期間の販売実績がありますので信頼できるメーカーと言えるのではないでしょうか。

TOPLAND

こちらの充電器はセブンイレブンでの取り扱いが多いのですが、大手コンビニにて長期で取り扱いされている点はそれだけでも信頼性がある様に感じます。

充電器の種類も充実していますのでお勧めできるメーカーではないかと考えます。

次ページ:コンビニでiPhoneの充電器を購入する際の注意点

コンビニでiPhoneの充電器を購入する際の注意点

充電機器ですから使い方を誤るとケガ等をする可能性もあります。

そのため取扱説明書に従った正しい使用方法をしていただく事はもちろんですが、コンビニでiPhone向けの充電池を購入される際にはいくつか注意点がありますので、こちらにて触れさせていただきます。

MFI認証製品である事

MFI認証という言葉はご存知の方もいらっしゃるかと存じますが、これは Made for iPhone/iPad/iPod の略称を意味しており、この充電機器がApple社製品に対して製造されたものであると認証を受けている事を示しています。

従いまして、このMFI認証のある充電機器であれば特に問題なくiPhoneにて利用することが出来る事になります。

利用目的に合致している事

基本的ですが、お手元のiPhoneで利用できるものなのかを確認する事は最初に行って下さい。

対応していない充電器で充電を行うと、最悪の場合iPhoneが壊れてしまう可能性もありますので注意して下さい。

どういった方法で充電器を利用するのかは利用者によってまちまちですから、利用目的に合致した適切な機能を持っている充電器でなければ意味がありません。

例えば、ケーブルの長さは適切であるかという点やインターフェイスは適切なものなのか、充電電圧は適切なのかといった事を説明書き等で確認した上で購入する事が必要です。

おすすめしたいiPhoneのコンビニ充電器3選

コンビニで販売している充電器にはいろいろな種類がありますが、その中で名前が通っているコンビニにて取り扱いのあるおすすめ充電器をご紹介させていただきます。

アルカリ電池(2本)交換式充電器

こちらの充電器はファミリーマートにて取り扱っている電池交換式の充電器となりますが、価格が1000円以下で購入できる点が最大のメリットです。

バッテリーが少なくなった際の緊急対応用の充電器として、1000円以下で購入できるのであれば止む得ない出費としても許容範囲内ではないでしょうか。

かつ、電池交換にて長期間の利用も可能ですので経済性も優れているではないかと考えます。

リチウム電池交換式充電器

こちらの充電器はファミリーマートにて取り扱っている電池交換式の充電器となり、価格が1500円以下でリチウム電池が利用できる充電池となります。

リチウム電池はアルカリより高性能なものですから、高い電圧による充電時間の短縮が可能である点と高容量である点がメリットです。

アルカリ電池(4本)交換式充電器

こちらの充電器はセブンイレブンにて取り扱っている電池交換式の充電器となり、価格は2000円強となりますがMFI認証を受けている製品となります。

MFI認証は先のご説明の通りにApple社での認証を受けている充電池となりますので安心してご利用いただく事が出来ますし、4本の電池にて短時間での充電と電池交換での長期利用も可能となります。

まとめ

コンビニにて取り扱っている充電器をご紹介させていただきましたが、いざという時にお役に立つものはありましたでしょうか。

基本的に携帯出来るタイプを主にご紹介しましたが、インターフェイス変換タイプ等は車のシガーソケットから充電できるものもあり種類もかなり充実していますから、お時間がある時にでもどのような製品があるかを見ていただくのも良いのではないかと考えます。

 


スポンサーリンク