Home / iPhone / iPhoneでzipファイルを解凍して閲覧する方法と代替案

iPhoneでzipファイルを解凍して閲覧する方法と代替案

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-19-14-12-08

zipファイルはパソコンでファイルを送信する際によく使われるファイル形式ですが、iPhoneでは閲覧することが難しく、メールでzipファイルが送られてきたけど見れなくて困った…という方もいるのではないでしょうか。

確かに、そのままではzipファイルをiPhoneで閲覧することはできません。しかし、工夫をすることでiPhoneでzip形式のファイルを見ることもできます。iPhoneはどこでも自由に持ち運びをできるので、iPhoneでzip形式のファイルを閲覧することができるようになれば非常に便利ですね。

今回は、iPhoneでzipファイルを閲覧する方法について詳しく説明します。

スポンサードリンク

1.iPhone独自でのzipファイル閲覧方法はない

残念ながら、基本的にはiPhone独自でzipファイルを閲覧することはできません。iPhoneでzipファイルを閲覧するには何かしらの工夫をする必要があります。

ところで、そもそもzipファイルというものがどういったものかはご存知でしょうか。普段からパソコンを使っている方にとっては、zipファイルはおなじみだと思いますが、スマホがメインの方にとってはあまりなじみがないかもしれません。

まずは、zipファイルとは何なのかについて説明します。

1.zipファイルとは

zipファイルは、いくつかのファイルをまとめて圧縮することができるファイル形式の一つです。圧縮ファイルにはいくつかの種類がありますが、zip形式はその中でもとくによく利用されるファイル形式です。

容量の大きなファイルをメールなどで転送する際、そのまま送るのは大変です。そこで、ファイルをzip形式に圧縮し、容量を小さくしてからメールで転送する、といったことがよく行われます。

2.圧縮ファイルとは

圧縮とは、複数のファイルをまとめて、容量を小さくする技術のことで、圧縮されたファイルを圧縮ファイルといいます。ファイルの容量が小さくなり、しかも複数のファイルを一つにまとめられるので、インターネットを通じて配布を行う際に非常便利なのですが、圧縮されたファイルはそのまま扱うことはできません。

圧縮したファイルを閲覧したり使用したりするには、後述する「解凍」という作業が必要になります。

3.解凍するとは

解凍とは、圧縮されたファイルを元のファイルに戻すことです。圧縮されたファイルは基本的にはそのまま利用することができないため、圧縮されたファイルを手に入れたら自分で解凍をする必要があります。

パソコンの場合、圧縮されたファイルを解凍するのは簡単ですが、iPhoneの場合、基本的には圧縮ファイルの解凍ができません。当然、解凍しなければそのファイルを利用することはできません。

iPhoneで圧縮されたファイルを入手した場合は、クラウドストレージに保存したり転送したりしてパソコンで閲覧するか、圧縮されたファイルを解凍できるアプリや、解凍せずにそのまま閲覧できるビューワーアプリなどを利用してiPhoneで見る、といった方法をとる必要があります。

4.iOS 7の標準メールアプリなら閲覧可能

iPhoneでは基本的には圧縮ファイルは閲覧できない、というお話をしましたが、iPhoneでも圧縮ファイルを閲覧する方法がいくつかあります。そのうちの1つが「標準のメールアプリ」で閲覧する方法です。

iOS 7の場合、iPhoneに標準で搭載されているメールアプリなら、zipファイルをタップするだけでzipファイルの中身を閲覧することができます。他にアプリを準備する必要がないのでとても手軽にzipファイルを閲覧することができます。

ただ、ファイルによっては正しく表示されなかったり、文字化けが起こって上手く閲覧することができないことがあります。

また、iOS 8以降の標準メールアプリではうまく表示されません。現在、iOSの最新バージョンはiOS 10で、ほとんどのアプリの最低動作環境はiOS8以降となっている状況です。なので、iOS 7のiPhoneを使っている方はほとんどいないと思われますので、この方法はあまり良い方法ではありません。

2.クラウドストレージアプリに保存する

iPhoneでzipファイルを見ることの代替案として、iPhoneで入手したzipファイルをPCに転送してあとで閲覧するという方法ああります。そんなときに役に立つのが「クラウドストレージアプリ」です。

端末の容量を気にすることなく保存でき、共有も簡単なことから近年話題となっているクラウドストレージアプリ。クラウドストレージアプリにzipファイルを保存しておけば、あとでパソコンなどで閲覧することができます。

1.Dropboxを使う

クラウドストレージアプリにはたくさんの種類がありますが、その中でも特に人気のクラウドストレージアプリがDropboxです。Dropboxなら、zipファイルの保存や共有を簡単に行うことができます。

クラウドストレージアプリを代表して、Dropboxにzipファイルを保存する方法を説明します。少し勝手は違いますが、他のクラウドストレージアプリでも基本的には同様のやり方でzipファイルを保存できます。

zipファイルをブラウザでダウンロードしたり、メールで受け取ったら、zipファイルを長押しして共有メニューを表示させます。Dropboxをインストールしていると、共有メニューに「Dropboxに保存」が表示されるので、それをタップします。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-19-10-58-03

自動でDropBoxが起動し、保存するフォルダを選択する画面になるので、任意のフォルダを選択します。フォルダを選択したら右上の「保存」をタップします。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-19-10-58-30

これでDropboxへの保存は完了です。あとは、パソコン版のDropboxから取り出せば、パソコンから閲覧することができます。、

3.解凍アプリをインストールする

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-19-12-47-49

クラウドストレージアプリに保存する方法なら、iPhoneで入手したzipファイルを後でパソコンから閲覧することができます。しかし、当然ですがこの方法ではパソコンが必要なのでiPhoneだけで閲覧することができません。

また、クラウドストレージにアクセスするにはインターネットに接続している必要があるので、オフラインの状態では使用できません。

今すぐiPhoneで中身を確認したい、オフラインでもzipファイルを閲覧したい、という場合には向いていません。その場合は解凍アプリをiPhoneにインストールしてiPhone上で直接解凍して閲覧するようにしましょう。

1.iZipアプリを使う

iZipはiPhoneでzipファイルの圧縮・解凍ができるアプリです。zipファイルをタップした時の共有メニューでiZipを選ぶことで、zipファイルがiZipに表示されるようになります。iZipでは解凍したいファイルをタップするだけで簡単に解凍ができます。

iZipは無料ですが、機能が追加された有料版もあります。有料版ではDropboxとの連携など、さらに便利な機能がたくさんあるので、無料版で気に入ったなら有料版を買ってみるのもいいでしょう。

2.WinZipアプリを使う

WinZipはWindowsパソコンでよく使われている解凍・圧縮ソフトのiOS版です。iPhoneの標準メールアプリやGmailなどと連携し、すばやくzipファイルを解凍できます。パスワードつきの暗号化された圧縮ファイルを解凍することができるのが特徴です。

こちらも機能が追加された有料版があります。iZipと比べると無料版はかなり機能が制限されているので、本格的に使いたいなら有料版をおすすめします。

3.iComicアプリを使う

iComicは漫画や小説などの画像データを閲覧できるビューワーです。zip形式で圧縮した画像に対応しています。画像ビューワーなので、画像とPDFしか対応していませんが、本をめくる感覚で素早く表示することができるので、急いで確認したいときに便利です。

通常のzip形式ファイルだけでなく、パスワード付きのzipファイルにも対応しています。

4.Documents 5アプリを使う

Documents 5は高いクオリティを誇るファイル管理アプリです。Mac OSのようなインタフェースで直感的に操作できるのが特徴です。

zip形式での圧縮、およびzip形式ファイルの解凍に対応しており、ワンタップですぐに解答ができます。メール作成時にファイルを圧縮してメールに添付する、といった使い方もできます。

他にもクラウドストレージとの連携や、ウェブページの保存、テキストの新規作成など、とにかく機能が豊富です。zipの解凍・圧縮に使えるのはもちろんですが、ファイル管理用途でも万能なアプリです。

5.FileMasterアプリを使う

FileMasterはWi-Fiを利用してパソコンとファイルのやり取りが可能なファイル管理アプリです。わざわざケーブルをつなぐ手間が省けるので、ファイルのやりとりが非常にスムーズにできます。

そしてこのアプリも、zip形式のファイルに対応しており、解凍することで圧縮されたファイルの中身を閲覧できます。わざわざパソコン側で解凍しなくても、すぐにiPhoneに転送して閲覧することができます。

6.File Managerアプリを使う

File Managerも、iPhone向けのファイルマネージャアプリの中では定番となっているアプリです。ケーブルなしでパソコンとデータのやりとりができるほか、DropboxやGoogle Driveといったクラウドストレージアプリとも連携できます。

zip形式ファイルに対応し、zipファイルを解凍して閲覧したり、既存のファイルを圧縮してzip形式のファイルを作成することができます。

7.iFilesアプリを使う

iFilesは多機能なファイル管理アプリです。本来ならiPhoneでは扱えないウェブ上のファイルをダウンロードすることができるのが特徴です。Word、Excel、PowerPointなどのオフィスファイルやPDF、動画、音楽など、あらゆるファイルに対応しています。

当然zipファイルにも対応していて、複数のファイルの圧縮・解凍を一気に行うことができます。圧縮・解凍したファイルをそのままコピー・移動したり、Wi-FiやBLuetoothを使って他のiPhoneやiPadに送ることができます。

4.解凍しないで閲覧する

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-19-13-10-44

zipファイルを見る場合、普通ならファイルを解凍してから閲覧しますが、一部のアプリを使えば解凍しないで圧縮された状態でファイルを閲覧することができます。

解凍する場合、圧縮ファイルの容量によっては時間がかかることもあるので、とにかく内容の確認だけしたい、という方は解凍しないで閲覧できるアプリを使うのも一つの方法です。

1.SideBooksアプリを使う

SideBooksはPDFビューア&コミックビューアです。本来はPDFやコミックを読むためアプリですが、このアプリはzip形式のファイルに対応しているため、zipファイルを解凍することなくそのまま閲覧することができます。

こちらのアプリもDropboxに対応しており、クラウドストレージに保存してあるzipファイルを閲覧することができます。

あくまでも閲覧するだけなので、編集したりといったことはできませんが、とりあえず中身を見たいだけなら、このアプリはzipファイルを簡単に素早く観ることができるのでおすすめです。

まとめ

ここまで、iPhoneでzip形式のファイルを閲覧するための方法を説明してきました。iPhoneは標準ではzip形式のファイルを閲覧することができないので、iPhoneでzip形式のファイルを閲覧するのは不可能だと思っている方もいたと思います。

しかし、意外にもiPhoneにはzipファイルに対応したアプリが多いので、zip形式のファイルでも簡単に閲覧することができるんですね。

近年はクラウドストレージやWi-Fiによるデータ転送によってiPhoneでも様々なファイルを扱うようになりました。zipファイルは複数のデータをまとめられ、容量も少なくなるので、データのやりとりをするときにとても便利です。

便利なアプリを利用して、iPhoneでも快適にzipファイルを閲覧しちゃいましょう。


スポンサーリンク

Check Also

bluetoothの接続方法とイヤホンやマウス、キーボードの選び方

スマートフォンからイヤホンを介 …