Home / iPhone / iPhoneでYoutubeを簡単同時再生/動画投稿の5ステップ

iPhoneでYoutubeを簡単同時再生/動画投稿の5ステップ

Youtubeでは、あらゆる動画を楽しむことが出来ます。最近ではYoutubeに音楽のMVやPVをアップロードしているアーティストも多く、Youtubeで音楽を楽しむという使い方もメジャーとなってきています。

Youtubeは、通常はアプリを閉じてしまうと再生が途切れてしまうため、Youtubeで音楽を聞きながらiPhoneで作業を行うといった使い方ができませんでした。ですが、工夫をすることによってiPhoneでもYoutubeのバックグラウンド再生を行ったり動画のアップロードを行ったり出来るようになります。

そこで今回は、Youtubeの動画をバックグラウンドで再生/アップロードする方法を詳しく解説していきます。

スポンサードリンク

iPhoneでYoutubeをバックグラウンド再生する方法

それでは、早速iPhoneでYoutubeの動画をバックグラウンド再生する方法について見ていきましょう。Youtubeの動画をバックグラウンド再生する方法は、大きく分けて3つあります。

それぞれに分けて、操作手順を解説致します。

1.「Google Chrome」を使ってiPhoneでYoutubeをバックグラウンド再生する方法

まずは「Google Chrome」を使ってYoutubeをバックグラウンドで再生する方法を解説致します。

「Google Chrome」を使ってYoutubeを検索するとそのままアプリが起動してしまうため、長押しして新しいタブとして検索結果を開きましょう。

そしてYoutubeを開き、画面右上の「︙」をタップしてメニューを開き、「PC版サイトをリクエスト」を選択します。あとはいつも通りYoutubeを観るだけです。コントロールパネルを開くとYotuubeの再生や一時停止が行えるようになっています。

2.「Anzu Tube」を使ってiPhoneでYoutubeをバックグラウンド再生する方法

続いて「Anzu Tube」というYoutubeを再生するためのアプリを使って、バックグラウンドでYoutubeを再生する方法を解説致します。こちらの操作方法はかなり簡単です。まずはApp Storeから「Anzu Tube」をインストールします。

インストール後は「Anzu Tube」を起動してお好きな動画を開きます。動画を開く際はポップアップで動画が表示され、そのまま動画が再生されます。

この状態になったらアプリをバックグラウンドにしてもYoutubeの音楽や音をそのまま聴くことが出来ます。

オリジナルのプレイリストを作成することも出来るため、Youtubeで音楽を聴いている方にはかなりおすすめのアプリです。

3.「LINE 動画ポップアップ」でYoutubeを再生しながらLINEを使う方法

最後に解説する方法は、「LINE 動画ポップアップ」を使ってYoutubeをバックグラウンドで再生しながらLINEを使用する方法です。バックグラウンドとは言っても、通常のバックグランドとは異なり、Youtubeの動画をポップアップで見ながらLINEを操作するという方法です。

こちらも方法は簡単で、通常のYoutubeアプリから見たい動画を表示して、LINEに共有します。この時、自分だけのグループトークやLINEの公式のトークに共有をしましょう。

共有された動画をタップすると全画面でYoutubeの動画が再生されますが、画面右上に「□」マークがあります。そのマークをタップすると、共有したYoutubeの動画がポップアップで表示されます。

ポップアップで表示された状態であれば、LINEをお好きに操作してもずっとポップアップで表示されているままとなるため、LINEを利用することが出来ます。非表示にしたり再生を止めたりしたい場合は、ポップアップの右下にある「☓」マークをタップするとYoutube動画をストップさせることが出来ます。

次ページ:「Clipbox」を使ってお気に入りのYoutubeの動画をiPhoneにダウンロード・保存する方法

「Clipbox」を使ってお気に入りのYoutubeの動画をiPhoneにダウンロード・保存する方法

何度も見たいと思えるお気に入りの動画は、何らかの理由で削除されしまう前にご自分のiPhoneにダウンロードしておきたいものです。そんな時に役に立つのが、「Clipbox」というアプリです。

こちらのアプリであれば、Youtube動画のダウンロードが行えます。

「Clipbiox」をインストールする

「Clipbox」はApp Storeにあるため、そちらからアプリを無料でダウンロードします。App Storeで「Clipbox」と検索すると検索結果の上位に表示されるため、まずはアプリをインストールしましょう。

iPhoneにダウンロード・保存したい動画を指定してダウンロードする

「Clipbox」を使ってiPhoneにダウンロードしたい動画をダウンロードするまでの手順は、以下の通りです。

  1. 「Clipbox」を開く
  2. 「クリップ」をタップして「ブラウザ」をタップ
  3. 「Youtube」を検索してお好きな動画を選択
  4. 画面下部のホームボタンの右にある「+」をタップ
  5. 表示される青文字の「Are you OK?」をタップ
  6. 続けて評される青文字の「Reall?」をタップ
  7. ダイアログの「OK」をタップ

上記の手順で、「Clipbox」を使ってiPhoneにYoutubeの動画をダウンロードすることが出来ます。

ファイルの拡張子をmp3に変更する

「Clipbox」でダウンロードした動画ファイルは、実は拡張子を変更することが可能となっています。成功する例と成功しない例がありますが、基本的には「.flv」という拡張子を「.mp3」と名前を変更するだけです。

リネームを選択すると、動画の名前の後ろに「.fvl」という拡張子名がついているため、こちらを「.mp3」に変更します。基本的にはこの方法でmp3に変更できますが、上手くいかない場合は拡張子を変更するアプリを使って試してみましょう。

動画をダウンロードする場合には著作権に注意

ダウンロードした動画を私用以外の目的で販売を行ったり配布を行ってしまったりすると、著作権の侵害にあたってしまいます。動画のダウンロードそのものもグレーゾーンではありますが、個人的に楽しむ目的であれば現状はOKです。

iPhoneの動画をYoutubeにアップロード/投稿する5つの手順

最後に、iPhoneの動画をYoutubeにアップロードするための手順を5つに分けて解説致します。Youtubeの動画は、そのまま視聴することやダウンロードを行うことも出来ますが、iPhoneの動画をアップロードすることも可能となっています。

それでは、詳しい内容を見ていきましょう。

1.Youtube投稿に使うGoogleアカウントにログイン

まずは、Youtubeのアップロードに使うためのGoogleアカウントにログインをします。アップロード専用のアカウントを使う場合は、新しくGoogleアカウントを取得しなければなりません。。

2.「写真」アプリから動画をYoutubeと連携

iPhoneに保存されている動画は、「写真」アプリに保存されています。「アルバム」を開くと「ビデオ」に分けられるため、アップロードする動画を探しやすくなります。アップロードを行うためには、指定の動画の共有ボタンをタップして、共有先をYoutubeにします。

3.動画のタイトルと説明文を記入

Youtubeへのログインが完了したら、動画のタイトルと説明文を記載します。この部分はお好きな文面を記載できるため、動画に合った内容のものを記載しましょう。説明文は動画の概要欄に表示されます。

4.公開範囲を指定する

Youtubeの動画は、どの範囲まで公開するかを指定することが出来ます。誰でも見られるようにするためには公開範囲を「公開」にし、家族や友人たちの間だけで動画を楽しみたい場合は「限定公開」や「非公開」を設定します。

5.動画をYoutubeにアップロード

これらの項目が決定したら、あとはYoutubeに動画をアップロードするだけです。検索にかかりやすいようにタグを付けることも出来るようになっているため、より広く動画を視聴してほしいという場合は検索しやすいようなタグを付けておくと良いです。

次ページ:iPhoneの動画をYoutubeにアップロード/投稿する際の2つの注意点

iPhoneの動画をYoutubeにアップロード/投稿する際の2つの注意点

上記のように5つのステップでiPhoneの動画をYoutubeにアップロードまたは投稿が可能ですが、2つだけ抑えるべき注意点があります。

注意点1:ファイルサイズ、動画の長さに注意

ファイルサイズが大きくなったり、動画が長くなったりすると、動画のアップロードにかなり時間がかかるようになります。そのため、アップロードを行う際は編集を行って無駄な部分を切り取るなどして、動画の長さに注意しましょう。

また、画質を標準画質からHD画質でアップロードするとファイルサイズが大きくなるため、アップロードに時間がかかります。そのため、まずはファイルサイズや動画の長さに注意しましょう。

注意点2:通信環境に注意

続いて、通信環境に関する注意点です。モバイル通信でYoutubeに動画をアップロードすると、速度制限にかかりやすくなってしまいます。というのも、消費するデータ量はアップロードする動画のファイルサイズに依存するからです。

そのため、安定したWi-Fiがあると確認したうえでYoutubeの動画をアップロードしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

Youtubeは、今では1動画あたりの時間制限もなくなり、かなり長尺の動画も再生できるようになっています。BGMを流したいという方は、バックグランドで動画を再生して音楽を楽しむということも可能となっています、

また動画はダウンロードをしたりアップロードしたりして楽しむことも出来るため、iPhoneさえあればYoutuberになることだって出来ます。ダウンロードを行う際には注意が必要で、私的に利用する目的以外でのダウンロードは著作権の問題が発生するため注意しましょう。


スポンサーリンク