Home / iPhone / iPhoneでYouTube動画をダウンロードする方法とできない場合の対処方法

iPhoneでYouTube動画をダウンロードする方法とできない場合の対処方法

youtube-344106_640

iPhoneでYouTubeの動画を見ている方はたくさんいると思いますが、オンラインで再生していると電波によっては快適に見れないときがありますし、圏外になれば再生すらできません。また、最近はやりの格安SIMなどではデータ通信料が少ないことが多く、外出先ではあまり動画を見ることができない方もいるでしょう。

そんな時は、YouTubeの動画をダウンロードして、オフラインでも再生できるようにしておけば、いつでも再生できて便利です。iPhoneにはそのためのアプリがたくさんあり、簡単にYouTubeの動画をダウンロードすることができるようになっています。ただし、動画をダウンロードする際は、気を付ける点もいくつかあります。

今回は、iPhoneにYouTubeの動画をダウンロードする方法と、もしできないときの対処法について詳しく説明します。

スポンサードリンク

1.iPhone用YouTube動画ダウンロードアプリ

iPhoneにはYoutubeの動画をダウンロードして端末に保存することができるアプリがあります。これらのアプリを使って動画をダウンロードしておけば、圏外の時や通信料を節約したい時でも動画を閲覧することができます。

1.簡単操作でダウンロード Clipbox

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-23-8-26-03

Clipboxは簡単な操作でYouTubeの動画をダウンロードできるアプリです。アプリ内のブラウザでダウンロードしたい動画のページへ行って「+」ボタンをタップするか、ダウンロードしたい動画のURLを入力するだけで、動画をダウンロードできます。

ダウンロードした動画はフォルダ形式でわかりやすく管理できます。また、ダウンロードした動画を音楽形式に変換してバックグラウンドで再生もできます。好きなアーティストの音楽を聴きたい場合に便利ですね。

2.動画が無料で取り放題 Zvideo

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-23-14-36-54

Zvideoはインターネット上の動画をiPhoneにダウンロードすることができるアプリです。アプリ内のブラウザで動画のページに行き、動画をタップするだけでダウンロードできます。

ダウンロードした動画でプレイリストがつくれたり、並び替えができたりするので、たくさん動画をダウンロードしても、見たい動画をすぐに再生することができます。

広告表示がなく、パスワードロック機能やカメラロールへの移動、バックエンド保存の機能がつく有料版もありますが、無料版でも文句のない機能なので、とりあえず無料版をダウンロードしておくとよいでしょう。 

3.その他の方法:PCでダウンロードしてiphoneに送る

iPhone用のアプリを使う方法以外として、パソコンで動画をダウンロードしておき、あとでiPhoneに動画を送るという方法もあります。

近年は著作権などの問題で、違法動画のアップロードおよびダウンロードに関する罰則が厳しくなっています。そのため、App Storeも規約が厳しくなり、YouTubeの動画をダウンロードするようなアプリは削除されることがあるからです。今回ここで紹介したアプリも、もしかするといつかは使えなくなるかもしれません。

また、パソコンのほうがダウンロードするソフトウェアやサービスが豊富にあり、選択肢が多くなります。動画の管理も、容量の大きいパソコンのほうが普段見ない動画も保管できて便利です。

2.iphone用YouTube音楽をmp3に変換保存する方法

iPhoneでYouTubeを閲覧している方の中には、音楽を聴くことをメインにしている方も多いと思います。そういった方の場合は、YouTubeの動画をそのままダウンロードするよりも、音楽としてダウンロードしたほうが都合が良いと思います。

動画の場合、バックグラウンドで再生ができないためです。携帯で音楽を聴いている方の多くは音楽を聴きながらスリープモードにしていると思いますが、動画だとそれができません。かといって音楽を聴くだけなのにずっと動画を流して画面をつけっぱなのはバッテリーがもったいないです。

そこで、ここではYouTubeの音楽動画を「音楽」として保存する方法を説明します。

1.プレイリスト作成 Xochi

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-23-14-35-28

XochiはYouTubeはもちろん、Dailymotionやニコニコ動画などの動画もダウンロードできるアプリです。アプリ内から動画を検索したり、オススメのプレイリストなどから動画を探し、「マイプレイリスト」に登録します。すると、動画のダウンロードが開始されます。

ダウンロードした動画はプレイリストを作成して自由に管理することができます。もちろん、オフラインで再生できますし、バックグランド再生にも対応しているので、ほかのアプリを使っているときはスリープ中でも再生することができます。

プレイリストを他の人とシェアして楽しむことができるのも魅力の一つです。新しい曲を発見するきっかけになるかもしれませんね。

2.パソコンでmp3保存を行ってiTunesで管理する

もしパソコンを所持しているなら、パソコンでYouTubeの動画をmp3として保存して、iTunesからiPhoneに送信することもできます。

パソコンのほうがYouTubeの動画をダウンロードする方法もたくさんありますし、mp3動画をiPhoneに送信する方法は音楽CDをiTunesにインポートしてからiPhoneに送信する方法と同じなので、特別難しいことをする必要はありません。

音楽の管理もパソコンのほうが簡単にできるので、パソコンが使える場合はパソコンを使ってYouTube動画をmp3に変換してからiTunes経由でiPhoneに送るとよいでしょう。

3.MXONEで動画をダウンロードしてmp3へ変換

パソコンからYouTubeの動画をダウンロードするなら、MXONEがおすすめです。有料のソフトですが、非常に高機能なので、頻繁にYouTubeの動画をダウンロードする方なら、購入して使ってみる価値はおおいにあると思います。

MXONEは動画のダウンロードだけでなく、ダウンロードした動画をiPhoneやAndroidスマホ、ゲーム機など特定の端末に適したファイル形式に変換することができます。この機能を使えば、ダウンロードした動画をmp3に変換して、iPhoneに送信することができます。

動画をダウンロードした後にMXONEを起動し、「iPhoneなどの端末用に変換」をクリックします。メニューからファイル追加をクリックし、変換したい動画を追加します。

その後、ターゲットから「MP3オーディオ」を選択します。なお、ターゲットには各種iPhoneがありますが、それを選ぶとiPhoneに適したサイズの「動画」に変換されます。音楽として保存するならMP3オーディオを選択しましょう。

ターゲットを選択したら、あとは「開始」をクリックすればMP3オーディオに変換されます。MP3に変換で来たら、iTunesに取り込みましょう。

iTunesへの取り込みは、音声ファイルをiTunesへドラッグ&ドロップするか、mp3ファイルを右クリックしてコピーしたあとに、iTunesに張り付けてコピーするようにしましょう。

ただし、mp3ファイルをコピー&ペーストで追加した場合は、元のファイルを移動させたり削除すると、iTunesで再生したり、iPhoneに移動させたりすることができなくなります。この対策として、設定からmp3ファイルを「iTunes Media」フォルダにコピーされるようにしておきましょう。

iTunesの「編集」->「設定」をクリックして設定画面を表示させます。詳細タブを開き、「ライブラリへの追加時にファイルを[iTunes Media]フォルダーにコピーする」にチェックを入れましょう。これで、iTunesに再生ファイルをコピーした時に、「iTunes Media」フォルダにもmp3ファイルが保存されます。

3.YouTube動画がダウンロードできない理由と対処法

Youtubeの動画をダウンロードする方法やmp3に変換する方法がわかったので、これからどんどんダウンロードしよう、と思っている方もいると思います。しかし、ときにはこれらの方法を使ってもYouTubeの動画がダウンロードできないことがあります。

ここでは、YouTubeの動画がダウンロードできない理由と対策について説明します。

1.接続環境が理由の場合

YouTubeの動画がダウンロードできない理由の1つとして、接続環境が理由の場合があります。普段iPhoneを使っていると、アプリや写真など、いろいろなものをダウンロードすることがあると思います。その中でも、動画はデータのサイズが大きいものが多く、インターネットへの接続環境がしっかりしていないとダウンロードに失敗してしまいます。

3GやLTEなどの携帯電話回線の場合は、電波の状態に気を配る必要があります。建物の中や地下などにいると電波の入りが悪くなり、ダウンロードにかかる時間が長くなりますし、ダウンロード自体がうまくいかない場合があります。

動画をダウンロードする場合はなるべくインターネット接続環境はなるべく良いものにするようにしましょう。

2.機器や保存ツールなどに問題がある

インターネットの接続環境が悪くないのに動画がダウンロードできない場合、使っているパソコンやiPhoneなどの機器や、そもそもそのアプリやソフトウェアといったツールに問題がある可能性があります。

アプリやソフトウェアを長時間使っていると調子が悪くなることがあるので、まずはそのアプリやソフトウェアを再起動してみるとよいでしょう。また、動画をダウンロードするタイプのアプリの場合は動画のキャッシュがどんどん溜まっていってうまく動かなくなることがあります。キャッシュの削除を行ってみるとよいでしょう。

キャッシュの削除をしても変わらない場合は、アプリやツールではなくそれを使っている端末に問題があるのかもしれませんので、パソコンやiPhoneを再起動してみましょう。

それでも解決しない場合は、そのアプリやソフトウェアのアップデートがあるかもしれません。新しいアップデートがあると、それを適用しないとうまく動かないことがあるので、確認してみましょう。

3.YouTubeの仕様変更があった

接続環境や、使っている機器・ツールに問題がないのにダウンロードできない場合は、YouTubeの仕様変更によってダウンロードできなくなってしまった可能性があります。

近年は動画の違法アップロードが問題になっており、それに伴ってダウンロードする行為の規制・罰則も厳しくなっています。YouTubeも、公式ではダウンロードを禁止しているので、使用を変更することでダウンロードするアプリやソフトウェアを使用できなくしてしまうことがあります。

この場合はどうしようもないので、使っているアプリがYouTubeの仕様変更に対応するのを待つか、他のアプリやソフトウェアを使うようにしましょう。

4.iphoneの通信量制限

iPhoneの場合、データ通信量の制限が掛かってしまってダウンロードがうまくいかない、ということがあります。動画のデータサイズは非常に大きいので、携帯電話回線を使ってダウンロードしていると、あっという間にパケットを使い果たして通信量の制限が掛かってしまいます。

動画をダウンロードするときは極力Wi-Fiを使うようにしましょう。通信料が節約できますし、速度も携帯電話回線より速くて安定している場合が多いので、Wi-Fiを使ったほうがダウンロードが安定してできます。

まとめ

n866_iphoneijirudansei_tp_v

ここまで、YouTubeの動画をダウンロードしてiPhoneに保存する方法と、ダウンロードできない場合の対処方法について解説しました。

YouTubeの動画はアプリやソフトウェアを使えば簡単にダウンロードすることができ、オフライン環境でも楽しめます。一方で、最近は違法アップロードや動画ダウンロードの規制が厳しくなっており、動画をダウンロードする際はその変も考慮しておく必要があります。

著作権の侵害にならないように気を配りながら、YouTubeの動画をダウンロードして、iPhoneでいつでもどこでも楽しみましょう。


スポンサーリンク

Check Also

アプリで簡単~iPhoneで家計簿をつけて貯金を作ろう

今回は、iPhoneに家計簿の …