Home / iPhone / iPhoneの空き容量の確認方法と空きを効率的に増やす方法

iPhoneの空き容量の確認方法と空きを効率的に増やす方法

iPhoneを使用していると、知らず知らずのうちにデータを多く抱え込んでしまい、空き容量が不足している状態になってしまうことがあります。容量が不足してくると、iPhoneの使い勝手も悪くなってきてしまい、せっかくの素晴らしいiPhoneをもったいない状態で使用することになります。

空き容量を常に余裕を持って確保しておくためには、定期的に空き容量の確認をすることと、容量が圧迫してきた時に、容量を占めている内容を確認し、不要な容量を削除することが必要になります。

本記事ではiPhoneの空き容量の確認方法と効率的に空き容量を増やす方法についてご紹介していきます。iPhoneの空き容量でお困りの方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

スポンサードリンク

iPhoneの空き容量、容量の内容の確認方法

iPhoneの空き容量はiTunesから簡単に確認することができます。iPhoneをPCに接続をして、PC環境上でiTunesを開きましょう。

iTunesを開いた後に左メニューの「概要」を開き、画面下に表示されている容量の割合を確認することで、空き容量がどの程度のものか、容量に占めているものの割合は何かを確認することができます。

また、空き容量を増やすためには、容量を多く占めているものの内容を把握することが大切になります。次に、内容の詳細を確認して不要なデータを削除していくようにしましょう。

「その他」が容量の多くを逼迫している場合の対処方法

iPhoneの容量の中で「その他」が多くを占めている場合は、一度その他のデータを削除してみることが効果的です。

「その他」のデータの中にはアプリを使用した時の一時ファイルなども保存されており、iPhoneを使用することによって蓄積されたファイルになっています。そのため、現在は全く使用してはいないけれど、容量を逼迫する原因になります。

手順については、下記の方法で実行していきましょう。

バックアップを取得する

まずは重要なエラーが生じてしまった場合に備えて、iPhoneのバックアップを作成するようにしましょう。

iTunesの概要から「今すぐバックアップ」ボタンを押して、iTunes上でバックアップを取得するようにしましょう。しかし、バックアップから復元する流れにおいて、復元が失敗してしまう場合もあるので自己責任で注意をしながら実行することが必要です。

iPhoneを初期化する

バックアップを取得できれば、「その他」ファイルを削減するために、iPhoneの初期化を実行しましょう。

設定アプリから一般ファイルを選択し、リセットをタップ、最後に「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップして、iPhoneの初期化を実行します。これにより、iPhone内に蓄積されていたアプリの一時ファイルが削除され、容量を逼迫していた「その他」のカテゴリーの容量を削減することができます。

iPhoneを復元する

iPhoneの初期化が完了しましたら、先ほどバックアップを取ったデータからiPhoneを復元していきます。

復元が完了しましたら、iTunesから「その他」カテゴリーの容量の割合が減少しているか確認をしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?iPhoneの空き容量を確認し、その他カテゴリーが容量を逼迫している場合には、初期化と復元をすることで容量を増やすことができる可能性が高いです。

iPhoneの容量が少なくなってきて困っている方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。


スポンサーリンク

Check Also

アプリで簡単~iPhoneで家計簿をつけて貯金を作ろう

今回は、iPhoneに家計簿の …