Home / iPhone / iPhoneでWi-Fiを使う時の便利な設定方法と繋がらない場所の対処方法

iPhoneでWi-Fiを使う時の便利な設定方法と繋がらない場所の対処方法

iPhoneは通信キャリアネットワークに接続して利用する場合には契約が必要ですが、Wi-Fi環境であれば特に契約を行わなくても利用出来る場合があります。

日本国内でFree Wi-Fiと言えば外国人観光客向けの無料Wi-Fiや特定の施設内のみの利用となる無料Wi-Fiといったサービスがあり、それらも観光客の増加に伴いかなり充実してきているのではないかと感じます。

とはいえ、日本国内のどこでもWi-Fiが利用可能という訳ではなく、利用される場所によってはWi-Fiに繋がりにくい状況が頻繁に発生する事や全く利用出来ないといった事もあり得ます。

本記事ではまずWi-Fiにはどういった使い方が出来るのか、Wi-Fiを利用出来ない場合にはどういった対処方法があるのかといった情報を整理してお伝えさせていただきます。

スポンサードリンク

iPhoneでWi-Fiネットワークに接続する基本的な方法

iPhoneにてWi-Fi利用する際には、設定からWi-Fi項目をタップしてオンにする事で利用可能となります。

Wi-Fiは参加可能なWi-Fiの情報を自動的に収集して、接続するWi-Fiネットワークをリスト化して表示します。

その中に適切なWi-Fiネットワークに参加する事になります。

ネットワーク名(SSID)と暗号化キー(パスワード)とは

Wi-Fiネットワークにはそれぞれに個別識別名があり、これをWi-Fiネットワーク名(SSID)と呼びます。

この識別名を見てどのWi-Fiに接続すべきかを利用者が判断する事になります。

そのSSIDを利用する際に誰でも利用できるようにしてしまうと、悪意の第三者が犯罪行為を行う為に利用されてしまう可能性がありますから、一般的にはパスワードを設定して限られた方にのみ利用出来るようにしています。

iPhoneでセキュリティ保護のあるWi-Fiネットワークに接続する方法

SSIDにて識別後、適切なWi-Fiネットワークをに接続する際に、パスワードが必要な場合があります。

これは誰でも自由に利用できる公衆Wi-Fiネットワークサービス以外では、セキュリティ面等を考慮してほとんどのWi-Fiネットワークに設定されているものとなります。

Wi-Fiネットワークに接続するパスワードを入力する事でWi-Fiが利用可能となります。

iPhoneで非表示Wi-Fiネットワークに接続する方法

Wi-FiネットワークはiPhoneにて自動的に検索・表示されるもの以外でも接続が可能です。

iPhoneの設定からWi-Fiをタップすると検知されたWi-Fiネットワークの名前がリストされますが、そのリストの一番下に「その他」という項目があり、そちらをタップするとネットワーク名と実装しているセキュリティ形式を入力要求されます。

適切な情報を入力後、パスワードを入力すれば非表示のWi-Fiネットワークに接続する事が出来ます。

パスワード不要!iPhoneの端末同士を近づけてWi-Fiを共有する方法

Wi-Fiネットワークで利用するパスワードは個々の接続デバイスで入力する事が原則となりますので、その共有はパスワード情報を見ながら入力するといった面倒な作業を避けて通れません。

しかしながら、iPhoneにはWi-Fiネットワークに接続する為のパスワードをiPhone間で共有する機能が実装されていますので、新たにWi-Fiネットワークに接続するiPhoneと接続済みiPhoneの間で共有する事が可能です。

以下にその具体的なやり方をご説明します。

Wi-Fiネットワーク共有機能を利用するための条件

まず、Wi-Fiネットワークのパスワード共有にはiOSバージョンの指定があります。

iOS11以上のバージョンでなければこの機能を実装していませんので、パスワード共有を行うiPhoneがどちらもiOS11以上である事を確認してから共有するようにして下さい。

それとWi-Fiネットワークに接続しているiPhoneにパスワードを共有させるiPhoneの連絡先が登録されている事が必要なので、パスワードを共有させるiPhoneの連絡先が登録されている事も併せて確認して下さい。

iPhoneのWi-Fi共有機能をしてもらう側の操作手順

パスワードを共有してもらうiPhoneは、接続対象となるネットワーク名のWi-Fiネットワークを選択してパスワードを入力する状態にしておき、そのまま待機させておきます。

その後、もう1台のiPhoneの共有が許可されると接続先のWi-Fiネットワークのパスワードが自動入力(共有)されて、ネットワークが利用出来るようになります。

iPhoneのWi-Fi共有機能をする側の操作手順

パスワードを共有するiPhoneは特に設定変更等は行わず、パスワードを共有させるiPhoneに近づけていってください。

ある程度2台のiPhoneが近づくとWi-Fiネットワークのパスワードを共有するかどうかを確認するメッセージが表示されるので、パスワードの共有をタップして下さい。

次ページ:iPhoneがWi-Fiネットワークと繋がらない場合(インターネット未接続)の対処方法

iPhoneがWi-Fiネットワークと繋がらない場合(インターネット未接続)の対処方法

iPhoneを利用中にWi-Fiに接続出来ないもしくはインターネットへの接続が出来ないときがありますが、これには通信やアプリの設定に起因する問題や制御ソフトウェア(iOS)に関連する問題等があります。

そこで以下によく起きるWi-Fi接続時障害に試していただきたい回復方法をご紹介します。

iPhoneを最新のOSにバージョンアップする

ネットワーク設定自体に問題が無くてもiPhoneの制御ソフトウェアとなるiOSで何等かの問題があると通信に影響を与える可能性も考えられますので、iOSのアップグレードが可能であれば実施して状況変化があるかをご確認下さい。

iPhoneを再起動する

iPhone複数のアプリケーションが並行して稼働している状態が多いと考えられ、その相関関係にて動作不具合を起こしている事も想定されますので、アプリのリセットも含めて再起動を実施いただく事も有効ではないかと考えます。

iPhoneのWi-Fi設定のオンオフを切り替える

Wi-Fi機能自体に何等かの問題が起きている場合には、Wi-Fi機能のみをリセットする事で問題が解消される事もありますので、設定アイコンからWi-Fi機能のオフ・オンを行ってみて状況をご確認下さい。

iPhoneのネットワーク設定を初期化する

何らかの原因でネットワーク設定が変更されてしまい、どういった変更が行われたかが分からずWi-Fiネットワークが利用できなくなってしまった場合には、ネットワーク設定の初期化を行う事が問題解決の早道です。

設定から一般をタップして画面の一番下にあるリセットを選択すると、iPhone でのリセットメニューが表示されますので、その中のネットワーク設定をリセットを行って下さい。

【Tips】iPhoneのWi-Fiネットワークライフをより便利にさせるコツ

Wi-Fiネットワークの利用はキャリア契約の通信回線より広帯域の通信が可能かつ費用的にも大きなメリットがある点から有益に利用すべきものですが、常にWi-Fiネットワークの利用を推奨できるとも言えない場合もあります。

4G回線の通信に比較してWi-Fiネットワークは通信帯域や無償利用環境といったメリットが大きいのですが、逆に利用者が過度に集中する時間帯等には速度が極端に低下するといったデメリットもあります。

上記を踏まえて、Wi-Fiネットワークの便利な活用方法について触れされていただきます。

遅いWi-Fiネットワークを自動接続させない方法

これはWi-Fiネットワークへの利用者集中による速度遅延を避ける為に行うものです。

設定からWi-Fiを選択して接続しているWi-Fiネットワーク名にある「i」のマークをタップすると、詳細設定画面に遷移します。

その画面にある自動接続をオフにすれば、遅延が発生しているWi-Fiネットワークに自動接続しない様にする事が可能です。

iPhoneのWi-Fiネットワークをテザリングにて別端末で使えるようにする方法

iPhoneのネットワーク共有機能をオンに設定する事で、他の端末へWi-Fiネットワークを利用させる事も可能です。

ネットワーク共有設定で表示されるiPhone自体の名前がもつWi-Fiネットワーク名とパスワードを共有すれば、別端末からもWi-Fiネットワークが利用可能となります。

iPhoneのWi-Fiネットワークが勝手にオンになるのを防ぐ方法

この問題はiPhoneの位置情報サービスいがオンに設定されていると生じるものと考えらえます。

Wi-Fiが勝手にオンにならないようにする為には、「設定」>「プライバシー」で、「位置情報サービス」をオフにする事で問題を回避することが可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

iPhoneにてWi-Fi機能の基本的な情報から使いこなす為に参考となる情報をご紹介させていただきました。

Wi-Fiネットワークの環境整備が進んでいますので、賢くWi-Fiネットワークを活用していただく為にちょっとした便利な利用方法も踏まえてご説明していますので、ご利用者の方々にて何かお役に立てていただければ幸いです。


スポンサーリンク