Home / iPhone / iPhoneがwi-fiネットワークに繋がらない時の対処方法

iPhoneがwi-fiネットワークに繋がらない時の対処方法

c3b21d8413789e27758628be038c8c39_s

皆さんは普段iPhoneを使用していて、突然Wi-Fiネットワークが繋がらなくなったといった経験はないでしょうか。

Wi-Fiは無線でインターネットに接続することが可能で、電波の届く範囲ならどこにいてもインターネットを楽しむことが出来るとても便利なものです。なので、Wi-Fiと繋がっていれば、スマートフォンを使用する上でネックとなる速度制限の心配もありません。

最近では自宅や会社、公共施設など、様々な場所でWi-Fiが普及し、Wi-Fiを利用する機会も増え、私たちにとって身近な存在となりました。しかし、何も特別なことをしていないのに急に接続が切れてしまうことがあり、どうすればいいのか分からなければ困ってしまいます。

今回はそんなiPhoneがWi-Fiに繋がらなくなったときの対処法をご紹介します。

[adl]

iphone本体を調べる

気が付かない間に手違いで設定のボタンを押してしまっていたり、iPhoneそのものに異常が起きてしまっている場合があるので、まずはiPhone本体を調べてみましょう。

また、これから紹介する方法以外に、スマートフォンのメモリの空き容量やスマホケースによってWi-Fiの電波の受信が不安定になっている場合もあるので確認してみて下さい。

メモリの空き容量は、ホーム画面から「設定」をタップし、「一般」を選択して「ストレージとiCloudの使用状況」で確認することが出来ます。

iPhoneを再起動する

%e5%86%8d%e8%b5%b7%e5%8b%95

iPhone本体にトラブルがあった場合に有効的なのがiPhoneを再起動する方法です。

iPhoneを再起動する場合には通常の再起動と強制再起動と二つの方法があり、強制再起動はiPhoneのリセットを行うものであり、作業途中のデータを失う場合があるので、通常の再起動で繋がらなかった場合に使用する方法の一つとして捉えて下さい。

通常の再起動は本体上部にある電源ボタンを長押しして、「スライドして電源をオフ」をスライドすると電源がオフになり、再び電源ボタンを長押しして電源をオンにすることで通常の再起動が出来ます。

強制再起動の場合は電源ボタンとホームボタンを10秒間同時に長押しするとappleのロゴが表示され、再起動されます。再起動と強制再起動のどちらを行うにしても、作業途中のアプリがある場合はアプリをきちんと終了させて行うようにして下さい。

iPhoneの機内モードを確認する

%e6%a9%9f%e5%86%85

機内モードは”無線電波の送受信を行わない状態にすること”(デジタル大辞泉より引用)なので、機内モードをタップしているとWi-Fiの接続が切れてしまっていることがあります。

iPhoneの画面下を上にスワイプするとコントロールセンターが表示されるので、機内モードがオンになっていた場合、機内モードをオフにします。また、ホーム画面の「設定」からでも機内モードのオンオフの確認ができ、機内モードがオンになっている場合は画面の左上に小さな飛行機のアイコンが表示されます。

基本的なことですが、意外と見落としがちなので確認してみて下さい。

SIMを取り出し、もう一度SIMを入れてみる

%e3%83%94%e3%83%b3

SIMに汚れや不純物が挟まっていたり、長年使用したことによりSIMがずれてしまっていて、iPhoneとの接続状態が悪くなっていることも考えられるので、色々試しても直らなかった場合、一度SIMを確認してみて下さい。

SIMは基本的にiPhoneの側面に埋め込まれているものが多く、iPhone購入時の本体が入っていたケースにSIMを取り出す専用のピンが付属で入っています。

SIMの入っている側面の小さな穴に専用のピンを差し込むとSIMが取り出せるので、SIMに汚れやホコリが付着していないか、トレイにちゃんと収まっているかを確認し、SIMをもう一度差し込んでください。SIMの取り出しは電源が入ったままでも行えますが、一応電源を切ってから取り出すことをおすすめします。

wi-fiルーターを調べる

iPhoneに異常がなかった場合、Wi-Fiのルーターに異常があって接続が出来ない可能性が考えられます。自宅や会社などでルーターを調べられる場合はルーターに異常がないか確認してみましょう。

Wi-Fiルーターの通信の範囲内にいるか確認する

単純にWi-Fiルーターの通信範囲外にいる可能性があるので、Wi-Fiの近くによって確認してみましょう。

Wi-Fiルーターの通信範囲は、広いもので数百メートル離れていても受信できますが、通信範囲は壁や扉といった障害物によって左右されてしまいます。特に家庭用のWi-Fiルーターは電場が弱いので通信範囲が狭く、家庭には障害物も多いため注意が必要です。

ちゃんとルーターの通信を受信できているか確認するには、ホーム画面の「設定」からWi-Fiの欄に繋げたいルーラー名が表示されていればルーターの通信が受信できている状態です。

iPhoneのWi-Fiをいったんオフにしオンに切り替える

%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%aa%e3%83%95

Wi-Fiの接続状態が不安定になっていて、iPhoneのWi-Fiを接続しなおすことで、直る可能性があります。また、一度接続しなおすのではなく、何度かオンオフを繰り返す、もしくは少し待って接続しなおすことで問題が解消される場合もあります。

iPhoneのWi-Fiをオンオフする方法は、機内モードの時と同様にiPhone画面下を上にスワイプし、Wi-Fiのアイコンをタップすればオンオフの切り替えが出来ます。または、ホーム画面の「設定」からWi-Fiを選択して接続を切り替える方法もあります。

Wi-Fiルーターを再起動する

Wi-Fiルーターを再起動する前に、プラグがちゃんと接続できているか、電源が入っているかなどを確認してから、ルーターの再起動を行ってください。

Wi-Fiルーターを再起動することでルーター本体に不具合が合った場合、それをリセット出来る可能性があります。また、一度電源を落とすことでルーターの熱を冷やす効果も得られます。

メーカーによって再起動の方法が異なってくるので、きちんと説明書に乗っ取ってWi-Fiルーターの電源を切ったあと、再度電源を入れなおしてください。

iphoneの各種設定を確認する

wi%ef%bc%8dfi

上記を試しても繋がらない場合は、iPhoneの様々な各種設定を確認する必要があります。ネットワークの再設定や、リセットなど、何が原因で不具合が起きているのか分からないので、試せるものは試してみましょう。

また、モバイル接続を切り替える方法や、Wi-Fiアシストを切り替えるという方法もあります。これはインターネットの接続を改善したり、Wi-Fiの速度の上げたりする方法ですが、この方法でWi-Fiに接続出来るようになったという事例もあるので、是非試してみて下さい。

モバイル接続を切り替える方法は、「設定」から「モバイルデータ通信」をタップ、「モバイルデータ通信のオプション」を選択し、「4Gをオンにする」をオフにしiPhoneを再起動させ、起動したら再び同じ方法で4Gをオンにします。

Wi-Fiアシストを切り替える方法は、同じく「設定」から「モバイルデータ通信」をタップし、一番下までスクロールし「Wi-Fiアシスト」をオフにし、再びオンにすると言った動作を何回か繰り返してみて下さい。

iPhoneのネットワーク設定を再設定する

%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%81%ae%e5%89%8a%e9%99%a4

現在つないでいるWi-Fiネットワークを再設定し直すことで、接続の回復が期待できます。再度接続するにはIPアドレスやパスワードが必要になってくるので、よく確認したうえでネットワークを削除してください。

やり方は、「設定」から「Wi-Fi」をタップし、Wi-Fiのしたの現在つないでいるネットワークを選択し、「このネットワーク設定を削除」を押すと、「Wi-Fiネットワーク設定を削除しますか?」という表示が出るので、削除をタップするとWi-Fiネットワークが削除されます。あとは、もう一度同じネットワークを繋ぎ直したら完了です。

iPhoneのDNS設定を変更する

ip

DNSとはドメインネームシステムの略称であり、ドメイン名(ネットワーク上のグループ化されたコンピューターの名称)やIPアドレス(インターネット上のコンピューターの識別番号)を管理・運用する為仕組みのことです。DNSの設定を変えるとWi-Fiの通信速度の高速化をはかれるため、Wi-Fiとの接続を安定させる効果が見込めます。

設定から「Wi-Fi」をタップし、Wi-Fiの接続先を選択、詳細の書かれたDNSの欄をタップし、GoogleのDNSサーバー「8.8.8.8,8.8.4.4」を入力してください。また、GoogleのDNS以外にも無料で公開されているDNSがあり、GoogleのDNSが合わない場合に他のDNSを試してみて下さい。

iPhoneのネットワーク設定をリセットする

%e3%83%aa%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88

iPhoneのネットワークをリセットする方法は接続トラブルがある場合に有効ですが、ネットワーク設定をリセットすると「WiFiのパスワード」「Bluetoothの登録記録(デザリング)」「VPNの設定」「モバイルデータ通信の設定」がリセットされます。Wi-Fiやデザリングの再設定を行う必要があるので注意が必要です。

「設定」から「一般」を押し、一番下の「リセット」をタップし、画面中部にある「ネットワーク設定をリセット」を押します。パスコードを設定している人はパスコード入力画面が表示されるので、パスコードを入力し、赤字の「ネットワーク設定をリセット」を押すと自動的に再起動が行われ、ネットワーク設定がリセットされます。

いろいろやってもつながらない場合

Wi-Fiの切り替えや、iPhoneやルーターの再起動、色々なことを試して繋がらなかった場合iPhone本体か、ルーターの故障を視野に入れて考えなければなりません。以下の方法を試しても繋がらない時はお店で故障していないか確認してもらうことをおすすめします。

ios10を使用している場合は、改めてios10をクリーンインストールもしくは、ios9.3.5にダウングレードすることで解消されるケースもあるようです。ios10を使用されている方はこちらも試してみて下さい。

ルーターとモデムのコンセントを抜いて1日放置

ルーターやモデムはずっと稼動しているので常に熱を発しており、熱暴走を引き起こしている可能性があります。

熱暴走している場合はネットが切れたり、Wi-Fiに繋がらない状態になることがあるので、時間は掛かってしまいますが、ルーターとモデムのコンセントを抜いて1日放置して様子をみましょう。一日電源を切っておくことで、完全にルーターとモデムの熱を逃がすことが出来ます。

この方法で解消された場合はルーターやモデムが熱暴走を起こさないように風通しの良い場所に置いたり、埃をため込まないようこまめに掃除するなど、対策を講じましょう。

IPアドレスを直接入力

%e9%9d%99%e7%9a%84

IPアドレスはデフォルトではDHCPに設定されていますが、それを直接入力することでIPアドレスを固定し、接続の安定化をはかることが出来ます。

設定から「Wi-Fi」をタップし、自分の接続しているルーターを選択し、DHCPの「IPアドレス」「サブネットマスク」「ルーター」「DNS」「検索ドメイン」に書かれた番号や文字を「静的」に入力します。「DNS」と「検索ドメイン」はコピー&ペーストが出来るのでコピペして入力し、「DHCP リースを更新」をタップして完了です。

DHPCはサーバーからネットワークを利用する為に必要な情報(接続設定やIPアドレスなど)を自動で割り当てるプロトコルのことで、IPアドレスを静的に固定して使用することでDHPCの影響を受けずにWi-Fiを利用するので、接続を安定させられる可能性が上がります。

サポートセンターへ連絡

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-1773

それでも駄目だった場合はサポートセンターへ連絡して改善するためのアドバイスを得ましょう。また、問い合わせをスムーズに進める為に「Apple ID」や「iPhoneのシリアル番号」、問い合わせたい内容(具体的なトラブル内容、どういった場合に起こるのかなど)を事前にメモなどにまとめておくことをおすすめします。

Apple IDは登録しているメールアドレスで、設定から「iTunes & App Store」または「iCloud」で確認することができ、iPhoneのシリアル番号は同じく設定から「一般」をタップし、「情報」を選択するとシリアル番号が確認できます。

Apple サポート 公式サイト

まとめ

自身が使っているiPhoneだけがWi-Fiに繋がらにないのか、PCや他のスマホなど全ての端末がWi-Fiに繋がらないのかによっても考えられる原因は変わってきます。

前述の場合は自身のiPhoneに原因がある可能性が高く、後述の場合はルーターに原因がある可能性が高いです。iPhoneがWi-Fiに接続できなくなった時、他の端末で繋がるかなど試してみると良いでしょう。

また、iPhoneがWi-Fiに繋がらない原因は様々あり、一つの要因だけが原因とは限りません。ですので、今回紹介した方法をとりあえず色々試してみて、その上でショップにもっていくか、問い合わせるのかを判断してください。


スポンサーリンク

Check Also

アプリで簡単~iPhoneで家計簿をつけて貯金を作ろう

今回は、iPhoneに家計簿の …