Home / iPhone / iPhoneのトラブル時に連絡したい問い合わせ先

iPhoneのトラブル時に連絡したい問い合わせ先

iPhoneを利用していると、紛失や破損などのトラブルから、使い方がわからないといった問題まで、頻繁ではありませんが遭遇することがあります。自分の力だけで解決できることもありますが、基本的にはAppleやキャリアの力を借りて問題解決に当たった方が良い場合が多いです。

そこで本記事では、iPhoneのトラブル別お問い合わせ先一覧についてご紹介していきます。こういったトラブルの場合はどこに電話すれば良い、ということがわかりますので、ぜひ困ったことがあった時には連絡してみてくださいね。

スポンサードリンク

iPhone本体が破損や故障した場合のお問合せ先

iPhoneの本体が破損などの故障に見舞われた場合、お問い合わせ先は「Apple」のiPhoneサポートです。本体の故障については、キャリアでは解決することができないため、本体を製造販売しているAppleに問い合わせをすることによって、解決までサポートしてくれます。

iPhoneの破損や故障については、主に下記のようなものが挙げられます。

  1. タッチスクリーンが割れた
  2. 水没
  3. 電源が入らない
  4. 充電できない
  5. 画面の一部が正しく表示されない
  6. ホームボタンが作動しない

上記のようなiPhone本体に関わる問題に遭遇した時は、iPhoneサポートに電話をして助けてもらうようにすると良いでしょう。

iPhoneサポートへ問い合わせ前にすること

AppleのiPhoneサポートへお問い合わせをする前に、「自分で解決できないか調べること」「情報を整理しておくこと」が大切です。

Appleのサイトには、こういった問題のトラブルシューティングが掲載されており、案内に従って対応することによって、サポートを受けずに問題を解決できる可能性もあります。自分で解決することができれば、時間とお金の節約になりますので、一度ぜひ試してみてください。

また、サポートへお問い合わせをする前に、問題が生じた状況について整理しておくことが大切です。どの程度使用しているiPhoneなのか、バージョンは幾つか、問題発生の前後にどのようなことをしていたのかなど、問い合わせをした時に聞かれる内容について整理しておくことで、お問い合わせ後にスムーズに手続きを受けられるでしょう。

iPhoneサポートへお問い合わせ後

AppleのIPhoneサポートへのお問い合わせは、電話やチャットで受けることができます。上記で整理した内容などをお伝えし、今後の修理のスケジュールを決めてくれるようになります。端末を郵送するか、直接Appleストアへ持ち込むかなども問い合わせ先で決定しますので、指示に従って対応するようにしましょう。

AppleCare+

iPhoneの故障対応のサポートについては、購入後3か月期間は無料でサポートを受けることができるようになっています。また、購入後1年間については保証が付いており、サポートを受けることができます。

AppleCare+はこの二つの期間を2年間に期間延長してくれるオプションプランです。このプランに加入しておくことによって、期間限定ではありますが、使用中の不意の事故についてもサポートを低額で受けることができ、問題の早期解決を図ることができます。

iPhoneは特にスクリーンの故障が多く、ユーザー側の過失である故障は無料でのサポートを受けることができませんので、AppleCare+に加入しておくことで比較的低価格で修理を受けることができます。また、スクリーンの改善などを専門的に実施している民間企業もありますので、修理を依頼する場合には比較をしてみるのも良いでしょう。

iPhoneの紛失、使い方がわからない場合のお問合せ先

iPhoneの紛失や使い方についてのトラブルに遭遇した場合には、docomoなどのキャリアと呼ばれる会社にお問い合わせをして対応するようにしましょう。

特に盗難や紛失については、iPhone内に入っている貴重な情報を悪用される可能性がありますので、発覚した段階で早急に対応することが必要になります。

利用しているキャリアのお問い合わせ先をすぐ見れる場所に保管しておき、問題が生じた場合にはすぐに連絡するようにしましょう。また、近くのストアに行くのも一つの手です。

「iPhoneを探す」設定は紛失時の強い味方

「iPhoneを探す」設定をしておくと、紛失時にiPhoneが現在どこにあるのか、位置情報をたどって把握することができるようになります。

キャリアに連絡をして対応してもらった場合は、SIMの利用ができなくなるため、インターネットや電話などは遮断することができますが、iPhone内部に保存されている画像や連絡先の情報などは、パスワードがかかっていないと誰でも閲覧することができます。

そのため、万が一の紛失に備えて、iPhoneユーザーの方は「iPhoneを探す」設定をしておくと良いでしょう。この設定をしておくと、遠隔操作でiPhone自体にロックをかけることもできますので、大変便利です。

まとめ

iPhoneを利用している様々な種類の問題に遭遇することがありますが、適切な場所にお問い合わせをすることで、ほとんどの問題は解決することができます。

ただし、お問い合わせをする場所やお問い合わせ前の情報整理も非常に重要であるため、自分なりに整理しておくことが大切です。また、サポートを受けることのできる範囲と、自分で対策をしておかないといけない範囲を見極め、問題が生じた時に早期解決できるように体制を整えておきましょう。


スポンサーリンク

Check Also

アプリで簡単~iPhoneで家計簿をつけて貯金を作ろう

今回は、iPhoneに家計簿の …