Home / iPhone / iPhoneのストレージとは~容量の空け方・購入方法

iPhoneのストレージとは~容量の空け方・購入方法

iPhoneはandroidと異なり、microSDカードを入れることができません。そのため、最初に購入したときのギガ数しか利用することができません。

でも、それだけだと残量が足りなくなってしまうことはありませんか。もう少しギガ数があれば、写真や動画をもっと保存することができるのにと思ったことはありませんか。そんなあなたに、必見な情報があります。今回は、iPhoneのストレージの空け方や購入方法についてご紹介していきます。これで今後ストレージに悩む必要はありません。

スポンサードリンク

iphoneのストレージの空きを増やす方法

iphoneのストレージを増やすにはどのようなことをすればいいのかわからない方が大半ではないでしょうか。

androidはmicroSDカードの使用でストレージを増やすことが可能です。しかし、iPhoneには差し込むことができないためにストレージを増やすことを諦めてしまいがちです。でも、実は知らないだけ増やす方法があるのです。今回はストレージの空きを増やす方法を紹介します。

そもそもストレージとは

最初にストレージといわれてもその意味ははっきりとは理解し難いかと思います。実際に専門用語のため、しっかりと理解できていない方が大半です。ここでストレージについて覚えてしまうことが今後の知識として生きてくるでしょう。

ストレージとはスマホやコンピュータ関係の機器などのデータを保存していく場所と考えてもらえるとわかりやすいでしょう。パソコンでいえばHDDと同じような役割です。

スマホでは、アプリや音楽、写真を保存していくためのもので記録装置といわれます。そのほかにもメモリーというものもあり、それは一時的に記録をしておく装置です。したがって、ストレージは自力で消さない限り残り続けるデータのことで、初期化や不要時に自ら消す事によってのみ消えます。

このようにストレージというのはデータを管理するうえで重要な場所になっています。そのため、ストレージが埋まってしまうとアプリや音楽などが保存できないようになってしまうので注意が必要です。

現在の使用容量を確認して、いらないアプリを整理

使用頻度は非常に低いアプリをたくさんスマートフォンに入れてしまっていませんか。実生活で使わないアプリであれば、アンインストールすることも必要になってきます。

現在の使用容量を確認してみると意外にもストレージが少ないというのがあります。そこでどのアプリが割合を占めているのかを確認してみるとアプリが多く使っていることが多いです。やはり、ゲーム系だと特に容量を要することが多いです。そこで、そこまで使っていないのにストレージが少ないという現象が起きてしまうのです。

そんな時にできることはあまり使用しなかったり、いらないけど一応ダウンロードしたアプリを整理することです。そこでどこまでがいらないアプリなのかと判断する必要がありますよね。では、どこからどこまで必要なのかを少し分けていきましょう。

いらないアプリの枠組みを考えると、約1ヶ月ほど使っていないアプリがあれば今後使うことはほとんどないと考えて構いません。そのため、約1ヶ月ほど使っていないアプリだと思ったら、思い切ってアンインストールをしてしまうのが良いでしょう。

では、どのようにiphoneでアプリを消すのかというところを説明する必要がありますので、アプリの消し方について紹介してきます。

まず、いらないアプリを長い時間押したままにします。すると、アプリがブルブルと揺れます。右上に×ボタンが出てくるのでそこをタップします。そして、「アプリをインストールしますか」という表示で、「はい」をタップするとiphone上からアプリはアンインストールされます。以上で、アプリを消すことができます。

ここで注意が必要なのが、パソコン版iTuneにデータが残っていると接続した瞬間にアプリが登場してしまうこともあります。接続したときにバックアップ機能を解除しておきましょう。

キャッシュを削除

よく言われるのがキャッシュというアプリのデータを所有している状態になるとその分、容量が多く減ってしまいます。よく使うアプリならキャッシュの量がとても多くなってしまいます。そのためにもキャッシュクリアをした方がよくなります。

例えば、蓄えておいた食べ物が一気に消費されれば、冷蔵庫がすっきりして様々なものが入るようになりますよね。それと同じで蓄えたものを処理してあげれば、その分保存できる画像や音楽が増えるということなので、定期的に消去することをお勧めします。

とくに簡単にできるキャッシュクリアはアプリで消す方法とsafariのwebデータを消す方法があります。今回はsafariのwebデータを消す方法を紹介します。

まず初めに、設定を開きます。設定内にあるsafariをタップします。そして、下の方にある詳細をタップすると、webサイトデータをタップします。その後、下のwebサイトデータのすべてを消去するものが出てくるので、タップします。すると、すべてのwebサイトのデータが消去されます。これにより、若干ではありますが容量を空けることができます。

写真や動画、音楽データの容量を節約

iphoneを使っていると動画を入れたくなったり、写真を撮ったりすることが多くなるかと思います。容量が不足していると、そんな時に写真が撮れないといったの問題が出てきてしまいます。便利である反面画像や動画は容量を使うため、容量がなくなりやすいデメリットもあります。しっかりとした写真に残したいのであれば、カメラを使うなどで対策をする必要も出てきます。

また、音楽なども別の機器で聞くなどの対策により、ストレージを確保することができます。このようにすぐに音楽を入れるのではなく、絞ったものを入れたりとストレージが足りなくならないような努力も必要になってきます。

もしも非常に多くのデータを入れたいのであれば、androidをお勧め致します。

iphoneのストレージを購入する

iphoneでどうしてもストレージ残量を減らすことができない。お金がかかっても構わないのでストレージを確保したいなどの要望もあるのではないでしょうか。そんな方のために、今回は使用するものを減らすというよりも、使えるものを増やすためにはどうすればいいのかを紹介していきます。

iCloud のストレージプランと料金

icouldをご存知でしょうか。appleが運営しており、Microsoftでいえばone driveで、GoogleならGoogleドライブと変わらないクラウドというサービスです。簡単に言うとネット上に保存できる場所と考えてもらえるとわかりやすいです。普通なら、パソコンやスマホに保存しておくのが一般的ですが、ネットワークが発達したときに誕生したのがクラウドサービスです。

そんなクラウドサービスのicouldですが、プランがいくつかあります。5GB 、50GB、200GB、2TBの4種類がプランになっていますここから必要なものを選びます。最初の5GBは無料で利用できますが、50GBになっていくと月々でお金がかかってくる仕組みになっています。

50GBは月々130円、200GBは月々400円、2TBになると月々1,300円になっていきます。そこで必要だと思うストレージはどのくらいなのかを考えます。といっても、容量だけ言われてもよくわからない点はあるのではないでしょうか。それについては次のところで紹介していきます。

 

どのくらいのストレージが必要?

では、どのくらいのストレージを購入すればよいのでしょうか。

とりあえず、最初から考えていくことにしましょう。5GBはとても少なく、すぐに使い切ってしまうほどの容量しかないです。無料ということだけあり、icloudに移したところであまり変化はなさそうです。次に、50GBだとスマホのサイズでも存在するほどですので容量としては少なくはないかと思います。そのため、そこまで写真を取らないならこのくらいでも十分といえます。

3つめに200GBですが、パソコンの容量でもあるくらいの容量で、写真が数千枚くらいは入る程の容量です。パソコン並みに保存するものがなければ、必要がないでしょう。

appleのmac用にあるようなものではないでしょうか。最後に2TBですが、外付けHDDほどの大きさになっています。番組を録画するなどの容量が大きなものを多く扱っている場合以外はそこまで必要はないでしょう。

以上のことを踏まえると、無料の5GBもしくは50GBで十分の方が多いのではないでしょうか。もし、足りなくなったときに購入するという形でも構いません。ただし、毎月請求が来るので忘れないようにすることが重要です。そのため、本当にストレージが足りなくて仕方がない、ストレージを借りることをお金を惜しまないがない方にはクラウドを使うのをお勧めします。

ストレージ追加購入の手順

さて、ストレージの追加購入について紹介していきます。今回はiphoneで購入方法を紹介していきます。

まず初めに設定を開きます。そこから、icouldをタップします。すると今使える残量というのが表示されます。それか、今契約中のストレージが表示されます。

そこからストレージの管理をタップします。次に購入したストレージを選択します。すると購入する画面が出るので、appleIDを認証することによって、購入することが可能です。支払情報がすでに登録されていればすぐに購入が完了になります。これにより、ストレージを追加購入することが可能になります。難しいことではないので、手順通りにやればすぐに追加できるようになっています。

iphoneのストレージの空き・容量がどうしても減らない時の対処法

iphoneやスマホを使っていると消したはずなのになぜか消えていないという現象が稀におきます。

そんな時にはあるものを対処できれば難しくはありません。

ストレージの空き容量を再度確認

iphoneではストレージが大切だといわれますが、今どれくらい残っているのかを把握しておくことが必要です。もし、新しいアプリを入れたいのに入らないということがないようにストレージの空き容量を確認しておくことから始めましょう。そこで、何が一番容量を使っているのかを確認してから以下のことを試してください。

「最近削除された項目」を全削除

iphoneのフォトアプリには「最近削除した項目」が存在します。そこには依然消したはずの写真が大量に残されている場合があります。

わかりやすく考えると、windowsにゴミ箱というのが存在します。そこにはファイルから削除したものが入っています。そこでゴミ箱をからにしないとゴミ箱から消したはずのものはコンピュータ上からは消えることがありません。そのため、消したとしてもゴミ箱に入っているので空き容量が増えることはありません。

iphoneでも同じことが言えます。「最近削除した項目」内に写真が大量に残っていれば、それがストレージを圧迫するということはあり得ることです。そのため、一度消したはずの写真がそこに残っている確率が高く、それらが残っているのをしっかりと確認しましょう。

もし、そこに残っていることがあったらすぐに削除しましょう。間違えて消してしまったりしたときには復元を押すことでファイルに戻ります。

フォトストリームをオフにする

フォトストリームというインターネットを通じてパソコンなどに共有される機能のことです。iphoneで撮影したものが共有されます。そのため、ネットワークに接続される限り表示されてしまいます。この機能は自動転送が行われているのでオフにしないとずっと共有されたままになってしまいます。これは以下の手順で対応可能です。

まず、設定から写真をタップします。そこからマイフォトストリームをオフにするとこの機能は使えなくなるので、ストレージの空き容量が増えてます。

まとめ

ストレージ不足で困っていても、iphoneには意外と多くの対策方法があります。その中でも実践しやすいのが、不要なアプリを消すといったものです。金銭的にに余裕があったり、消せるものがない場合はicouldなどのクラウドサービスにデータを預けるというのも視野に入れることはできます。

やはりiphoneでやはり不便な点はmicroSDカードを挿入できないことですが、いくらでもストレージを空にすることは可能ですので、ストレージがどれくらいあいているのかを適宜確認し、必要に応じて削除していきましょう。

また、iphoneを購入する際には以前よりも大きな容量のiphoneが発売されていることがありますので、長く使う場合は少しギガ数が大きめのものを購入することを検討してみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク

Check Also

アプリで簡単~iPhoneで家計簿をつけて貯金を作ろう

今回は、iPhoneに家計簿の …