Home / iPhone / iPhoneでSMSを設定する方法と受信できない時の解決策

iPhoneでSMSを設定する方法と受信できない時の解決策

今回の記事は、iphoneでSMSを設定する方法と受信できない時の解決策についてです。対象のユーザーは、iphoneの使用者です。まず、SMSとは何を意味にするのかということを説明したいと思います。SMSの略称は、「short Message Service」の頭文字をとってSMSと言います。

SMSは最初のiphoneが登場する前に存在していたガラパゴス携帯の時代から使用されていました。ガラパゴス携帯の時代では、Cメールやショートメールと呼ばれていたものです。現代のiphoneでは、メッセージというアプリを使用しての操作となっています。

特徴としては、以下のようなものがあります。

1.電話番号での送受信が可能
2.70文字以下でメールの送信が可能
3.宛先に対する件名や添付ファイル(画像や動画)を送信できない。
4.同じ携帯電話会社でメール代が無料
5.ただし、携帯電話が別会社だと料金が発生
(ex1.softbankとdocomoで送受信 ex2.softbankとKDDIで送受信,ex3.docomoとKDDIで送受信)

基本的な機能と説明は、これくらいです。皆さん、理解できましたか?

スポンサードリンク

iphoneのSMS初期設定・使い方

iphone

それでは、SMSの初期設定や使用方法について説明します。SMSの初期設定をしないと、最初の導入部分で紹介した特徴や機能を正常に動作させることができません。

これらの設定ができて初めて、SMSを使用することができるようになります。

MMSメッセージをオンにする

※最初にメッセージアプリを使う場合、「MMS機能を使用するにはMMSメールアドレスが必要です。」という画面が表示されます。

1.メッセージをタップ
2.設定をタップ
3.「MMSメッセージ」をオンにし、MMSメールアドレスに、利用中のアドレスを入力してください。
 入力が完了後、設定ボタンをタップします。
 ホームボタンを押してホーム画面に戻る。
4.「メッセージ」をタップ。
5.画面右上のペンボタンをタップ。
6.「宛先」のテキストボックスに電話番号を入力。
「宛先」右側の「+」ボタンをタップし、「連絡先」から「送信先」を簡単に選択できます。
 テキストボックスに本文を入力します。
7.入力後、送信ボタンをタップし、送信します。

電話番号を入力してメッセージを送信する

電話番号は、「宛先」のテキストボックスに入力します。電話番号を入力するには、キーボード上で、アルファベットの設定を数字に変換することにより、入力することが可能になります。

SMSで送信できる文字数

導入部分で説明した通り、70文字以内なら入力できます。

SMSを送信するときにかかる料金

ユーザーにより、使用している携帯電話会社が異なるので、会社ごとに説明しましょう。

【softbank】

1.ソフトバンク携帯電話、ディズニー・モバイル・オン・ソフトバンク携帯電話の場合

(1)スマ放題、ホワイトプラン、ゴールドプラン→無料
(2)オレンジプラン(i)、シンプルオレンジ(i)、ブループラン(i)、ブループラン・バリュー(i)→1通につき3円

2.他社携帯電話会社との場合
すべて1通につき3円

【au】

無料通話付き料金プランの場合、無料通話内で送信可能。
※無料通話付き料金プランで無い場合、1通につき3円。

【docomo】

すべてのプランで、1通につき3円です。

メッセージの保持期間

a0002_006887

メッセージの保持期間とは、メッセージを受信してから削除されるまでの時間のことです。docomoとauの場合は、最大72時間保持されますが、softbankのiphoneになると、1か月保持します。

SMS受信料は無料

SMS受信料は、メールと同様、受信する側はすべて無料になります。これは、すべての携帯電話会社に共通しております。

SMSの送信限度数

SMSの送信限度数とは、SMSを1日につきいくつ送信できるかを表したものです。すべての会社で以下のように設定されています。

【softbank】1日200件まで。これ以上の送信を行うと、24時間規制がかかる。
【au】1日200件、若しくは1か月6000件以内。
【docomo】1日200件。

smsの受信ができないときの対処法

iphone

それでは、今回の本題であるSMSの受信ができない時の対処法です。方法として以下の順で説明していきます。

・迷惑メールの設定を確認
・自分宛てにSMSを送信・確認
・ネットワーク設定をリセットし、iphoneを再起動
・他社携帯電話番号あてのSMSのみ送信ができない場合
・iphoneから機種変更してSMS受信ができなくなった場合

迷惑メールの設定を確認する

まず、迷惑メールというものを皆さんはご存知ですよね?迷惑メールは、別名スパムメールとも呼ばれ、受信者にとってはそれほど大事ではない内容のメールです。例えば、出会い系サイトの勧誘メールや、誇大広告によって、宣伝を行うようなメールが迷惑メールにあたります。

softbankでは、以下のように3段階の設定を確認することができます。

・初期設定
・ケータイ/PHS設定
・きっずお薦め設定

初期設定は、softbankが最も推奨している迷惑メール設定です。一番セキュリティ上安定している設定です。

ケータイ/PHS設定は、スマホ以外の携帯/PHSからのメールだけを利用しているユーザーだけにお薦めの設定です。きっずお薦め設定は、未成年者対象です。実際の設定方法は以下の手順で行います。

1.My softbankにアクセス(ログインするには、電話番号とパスワードが必要になります。)
2.迷惑メールをブロック若しくは、「迷惑メールブロックの設定」の「変更する」を選択します。
3.「個別設定はこちら」を選択
4.「受信許可・拒否設定」の「【電話番号メール】許可・拒否設定」を選択
5.「利用設定」の4項目いずれかを選び、必要に応じて電話番号を入力し、「設定する」を選択

※4項目は、以下の選択肢となっています。
(1)設定しない。→すべてのメールが受信可能な状態です。
(2)すべて拒否→すべてのメールを拒否し受信できません。
(3)リストの電話番号を拒否する。→メールを拒否したい相手の電話番号を入力
(4)リストの電話番号のみ許可する。→リストに登録されている電話番号の相手のみ受信可能

仮にリストに何も登録されてない場合は、登録したい番号を入力しなければエラーとなり、受信を拒否できません。

もし、受信したい相手の電話番号を拒否している場合は、その番号を許可することで受信が可能になります。

自分宛てにSMSを送信して確認

自分宛てにSMSを送信することが不可能に思っている方がもしかしたらいらっしゃるのではないでしょうか?自分宛てのメールが送付できるのと同様に、SMSも同じく自分宛てに送信できます。

1.メッセージを選択
2.新規メッセージを作成
3.自分の携帯電話番号を入力、受信が可能かを確認。

受信可能な場合

動作に問題はないことが証明されました。
相手側の機器に問題がある可能性があります。

受信不可の場合

iphoneを再起動します。

ネットワーク設定をリセットしiphoneを再起動する

ネットワーク設定をリセットすると、お買い上げ時の設定に戻すことになります。ネットワーク設定は通信の設定です。

操作方法は以下の通りです。

1.ホーム画面で「設定」をクリックします。
2.「一般」を選択します。
3.「リセット」を選択します。
4.「ネットワーク設定をリセット」を選択します。
5.「すべてのネットワーク設定を消去して、工場出荷時のデフォルトに戻します。」
 と表示されるので、再度「ネットワーク設定をリセット」を選択します。
6.iphoneが再起動を完了するまでお待ちください。完了すると、設定が初期化されます。

他社携帯電話番号あてのSMSのみ送信ができない場合

この症状が考えられる場合は、以下の3つに当てはまるかを確認してください。

1.電話番号の入力間違いか電話番号が存在しない
2.SMS以外でのメール送信
3.受信する相手側が迷惑メール拒否設定にしている。

一方で、送信ができるのに相手に届いているか確認したところ、届いていなかった場合は、以下の条件が満たされているか確認してください。

1.メッセージアイコンからの送信
2.電話番号で宛先が一件のみ
3.件名・写真などの添付が無く本文のみ
4.本文の文字数が70字以内

上記条件にすべて当てはまらなければ、MMSやEメールに自動切換えとなり、メール送信が不可です。

iphoneから機種変更してSMS受信ができなくなった場合

今、この記事を読んでいる人の中でiphoneから機種変更を行った人がいるでしょうか?もし、そのような方が居た場合、iMessageの登録解除が完了していないとSMSをいつまでも受信できていない状態が続いてしまいます。

iMessageの登録解除は2つの方法が存在します。
1.iPhoneの登録解除
2.Apple社のサイトから登録解除

iphoneの登録解除は以下のようになります。通信が可能であることを確認し、SIMを挿入します。その後、「設定」→「メッセージメニュー」→「iMessage」をオフにします。

Apple社のサイトから登録解除の方は、すでにiPhoneを解約したユーザーです。AppleのHPより、「iMessage Deregister」にアクセスし、ページの最後に現れる画面で、電話番号を入力し、確認コードを受信します。受信後、「Enter confirmation code」に再度入力して、解除を完了します。

SMSとMMSとiMeSSAGEの違い

iphone app

一口にSMSとMMSとiMessageの違いと言っても、わからないでしょう。SMSの内容は、冒頭の説明部分で行いましたが、それをしっかり頭に入れた上で、違いを確認します。では、次の項より、その説明を行います。

SMSとMMSの違い

MMSは、携帯電話会社のアドレスを使用して、メールを送信するタイプの機能です。SMSでは、件名や添付ファイルにあたる画像ファイル、動画ファイルなどを利用できませんが、MMSはそういうものがすべて送信可能になります。

ただし、docomoのみは、MMSに対応していませんので、注意が必要です。

SMSは電話番号さえわかれば異なるキャリア間でも送受信可能

冒頭部分でも説明を行いましたが、SMSは他社携帯電話会社であっても、電話番号さえ判明してしまえば、送受信が可能です。では、どこの会社がそのサービスを行っているのかと言えば、softbank、KDDI、docomo、沖縄セルラー、イー・アクセスです。

これらの5社が2011年より、サービスを開始しています。

MMSはメールアドレスを使って送受信(NTTドコモを除く)

2つ前のセクションでの説明でも述べた通り、MMSは、ユーザーが使用するメールアドレスによって送信される機能です。auとsoftbankの2社がMMSを機能として使用できますが、docomoだけサービスがないため、適応していません。

SMSとMMSの見分け方は簡単

何度もくどいようで申し訳ないですが、SMSは70文字以内で送信が可能です。ただし、70文字数えてくださいというのもバカみたいな話なので見分け方を説明します。

SMSとMMSのやりとりは、どちらも緑色で行われます。違いは、70文字以内かを内部の機械が計算してくれるようになります。簡単に言えば、〇文字/70文字というように出力されます。〇は、入力している現在の文字数を表示しています。

70文字を超えてしまえば、自動的にMMSに切り替わるので、文字数が表示されている間は、SMSということになります。

iMessageは、アップル独自のインスタントメッセージ機能

iMessageの特徴は、まずiOS5のバージョン以降にリリースされました機能として似ているのは、yahoo!Messengerや、Google talk、skypeのようにリアルタイムで平易な短文で送信ができる機能です。

基本的にWifiがあれば無料で、それ以外の通信回線では通信料がかかります。MMSと同様で、画像、動画、位置情報などの添付ファイルを送信できます。アップル製品である、ipad、ipod touchなどでも機能を利用できます。

また、メッセージの同期も行うことができます。ただし、機能として安全であるが不便な面として、登録されている電話番号やアドレスに使用できます。未登録の電話番号、メールアドレスは使用できません。

iPhoneのSMSを復元する

iphone6s

いよいよ最後のセクションになりました。ここまで読んで来られた方は理解できましたか?iPhoneのSMSの復元方法について説明していきます。

事前にiTunesにバックアップ

iTunesというのをご存知でしょうか?アップルが、音楽や映画をダウンロードして楽しむことができるように開発されたアプリです。好きな音楽や映画を楽しんでおられる方もいらっしゃるでしょう。

そのiTunesにバックアップする方法を説明します。PCとiPhoneを繋げることによって、自動でiphone内のデータをバックアップできますもちろん、メッセージアプリのSMSも同様です。

勝手にバックアップを始めるので、USBなどでiPhoneとPCを接続してください。

バックアップから復元

1.iTunesに接続した後、ファイル→デバイス→バックアップと進む
2.これらを行う前に、あらかじめ設定とデバイスを順に選択して、デバイスのバックアップ欄に
 データの有無があるかを確認してください。
3_1バックアップに成功したら、以下の通りに行ってください。
ファイル→デバイス→バックアップの復元
若しくは、
3_2.iTunes画面の右上の携帯電話アイコンをクリック
概要をクリック
  バックアップから復元を選択し、適用をクリック。

そうすると、復元が開始されます。

その他のiphoneファイル復元ツールを使う

iTunesを使う方法以外にも、復元ツールを使用してバックアップできます。そのソフト名が、Apowersoft iPhoneデータ復元ソフトです。このソフトを使う事によって、手間暇かけずに復元できます。

iCloudのバックアップファイルから復元

最後に、iCloudです。iCloudは、アップルが提供するクラウドサービスのことです。クラウドとは、インターネット上にデータを保存できる機能を言います。iCloudのバックアップファイルの名前は、「iphoneデータ復元」です。

これをまずダウンロードします。

ダウンロード後、起動して「iCloudバックアップファイルからリカバリー」を選択して下さい。但し、ダウンロード後、最初にアカウントとパスワードの登録を行ってください。

アカウント登録が終了し、ログインができたら、バックアップを選択してダウンロードします。ダウンロード完了後、「メッセージ」の項目を選択し、復元したいメッセージを選び、メッセージの中身を確認して復元を実行します。


スポンサーリンク

Check Also

bluetoothの接続方法とイヤホンやマウス、キーボードの選び方

スマートフォンからイヤホンを介 …