Home / iPhone / iPhoneの白ロムとは何ぞや?白ロムの基礎知識と使い方

iPhoneの白ロムとは何ぞや?白ロムの基礎知識と使い方

中古のiPhoneの購入を検討している時によく耳にするのが「白ロム」です。白ロムという名称だけ聞くと何だか怪しそうな気もしますが、白ロムとはどのようなものを指すのでしょうか?

本記事ではiPhoneの白ロムの基礎知識と使い方についてご紹介していきます。中古のiPhoneを検討していて、白ロムという単語が気になっている方は、ぜひ本記事と一緒に学習していきましょう。

スポンサードリンク

白ロムとは

白ロムとはSIMカードが入っていない、また端末料金や通話料の未払いなどがないiPhoneのことを指して呼びます。通常、iPhoneにはSIMカードが入っており、ここに電話番号やキャリアなどとの契約情報が記憶されています。

SIMカードはSucscriber Identification Moduleの頭文字を取って名称付けられているもので、それぞれに固有IDを所持しているため、それぞれのiPhone端末がどのようなものなのかを示すための役割を担っています。

白ロムのiPhoneを利用したい理由

通常ですと白ロムのiPhoneを利用することはありませんが、いくつかの用途によって白ロムのiPhoneを利用した方がお得になる場合があります。どのようなケースに白ロムのiPhoneの利用を検討するのか見ていきましょう。

月額費用を抑えてiPhoneを利用したい

新しくiPhoneを購入すると、端末代がかかるばかりか、キャリアとの高い契約が年単位で契約され、毎月のランニングコストがとても高くなってしまいます。

白ロムのiPhoneでは格安SIMを挿入すればそのまま毎月かかる費用を抑えて利用することができるため、大変お得です。端末の分割払いはないことが多いので、初期費用はかかりますが、毎月のランニング費用が非常に抑えられるためおすすめです。

契約期間中にiPhoneが故障してしまった

契約期間中にiPhoneが故障してしまった場合は、故障後も月額費用が発生するにもかかわらず、iPhoneが使えないという悲惨な状況に陥ります。この時、Appleや修理業者に依頼をして、iPhoneの修理をしてもらったり、または新しい端末を購入することでも対応できますが、費用が大きくかかってしまう場合があります。

そこで中古の白ロムのiPhoneを購入して、使用していたSIMカードを差し替えることで、比較的安くiPhoneを使用できる状態に戻すことができます。

今よりも新しい機種にしたい

iPhoneは様々な新しい機種を毎年のように発表していますが、通常キャリアなどでiPhoneを購入すると2年単位程度で契約を縛られてしまうことが多いため、なかなか新しい機種にすぐに変更することが難しいというのが現状ではないでしょうか?

しかし、最新機種の白ロムのiPhone端末を手に入れることができれば、あとはずっとSIMカードを使い回すことで、常に新しい機種でiPhoneを利用するということも不可能ではありません。こう言った要望に応えてくれるのも白ロムのiPhoneの良いところです。

白ロムiPhoneを利用する時の注意点

白ロムのiPhoneは上記で紹介してきた通り、非常に使い勝手が良いのが特徴ではありますが、実際の利用にあたっては注意することがあります。キャリアによって使用しているSIMカードの種類が異なるため、例えばsoftbankで契約したiPhoneのSIMカードを白ロムのiPhone端末に移動させたい場合には、iPhoneのSIMカードを受け付けできる白ロムの端末を購入することが必要になります。

キャリアとSIMカードの種類は下記のとおりです。
・softbank:USIMカード
・au:ICカード
・docomo:FOMAカード

使用するSIMカードと白ロムのiPhone端末の種類があっているか、購入する前に必ず確認するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?白ロムとなんだか怪しい気がする名称ではありますが、実際は中古でのiPhoneの購入を検討する場合などに非常に便利なiPhone端末です。

格安SIMカードと組み合わせることで、とても手頃にiPhoneを利用することもできますので、ぜひ一度利用の検討をしてみてくださいね。


スポンサーリンク

Check Also

bluetoothの接続方法とイヤホンやマウス、キーボードの選び方

スマートフォンからイヤホンを介 …