Home / 未分類 / これで自由に!iPhoneのSIMロック解除方法と注意点3つ

これで自由に!iPhoneのSIMロック解除方法と注意点3つ

iPhoneをご利用の方におきましてはSIMロックという言葉をお聞きになった事があるかと存じます。このSIMロックは例を上げるとdocomoで契約したiPhoneはdocomo系(MVNO含む)の会社で契約したSIMでないと使う事が出来ないように制限を掛けている事を指します。

すなわち、自社で契約したiPhoneは自社以外では利用出来ないという制限があるという事です。この利用制限を解除して、どの通信サービス提供会社のSIMも利用出来るようにする事がSIMロック解除となります。

但し、このSIMロック解除にはいくつかの条件があってその条件が満たされないと解除できないようにされています。今回はSIMロック解除を行うには具体的にどういった事が必要なのか整理してご説明させていただきます。

スポンサードリンク

SIMロック解除とは

前述と重複しますが、SIMロックは携帯会社にて販売したiPhoneを他の携帯会社では利用出来ないようにする販売戦略上の制限となりますので、例えばdocomoにて契約したiPhoneはそのままではauやdocomo系ではないMNVOの格安SIMでは利用出来ない事になります。

この制限があると、MVNOなどの格安SIMを契約したいと考えても利用できないといった非常に利用者にストレスが掛かる状態となります。

こういった利用者にとって大きな問題となりうる制限を取り払うものがSIMロック解除となり、契約に制限を設けずに別キャリアやMVNOでの格安SIMに乗り換えて利用者が希望するサービスを利用する事が可能となります。

では、SIMロックを解除するとどんなメリットがあるのでしょうか?

携帯会社を自由に選べるようになる

SIMロックはiPhoneを販売した携帯会社がその利用者の自社サービスを継続的に利用してもらう為の設定となります。

docomoであれば利用できる携帯会社は自社もしくはdocomo系MVNOでないと利用する事ができませんでしたが、SIMロック解除を行う事によりiPhoneで利用するSIMはどのサービス提供会社でも使える事となり選択は自由になります。

最近人気のあるMVNOについても問題なくサービスを利用する事が出来ますので、iPhoneでの通信コストを抑えたいというユーザには非常にメリットがありますし、別キャリアでのサービス契約を希望していたユーザにとっても他社のいろいろなサービスを利用する事が出来ます。

海外でも自分の端末が使える

SIMロックを解除したiPhoneであれば、日本国内のMVNOを含めた様々なキャリアのSIMが利用できますので、当然海外で事業を展開している通信会社のSIMも利用できます。

ご利用中のiPhoneに対応するSIMのサイズ等の条件はありますが、基本的には世界中の通信会社のSIMは利用できる筈です。

但し、各国の通信会社が設定している料金設定に準じた利用料金が課金される事となりますので、日本国内では定額で使い放題の契約であってもそのサービスがそのまま利用できる訳ではない点は注意しておく必要があります。

この点を失念してしまうと、数ヶ月後に想定外の高額な通信料金が海外通信会社から請求される事にもなりかねませんので、どの国でどのようなサービスが受けられるのかを事前確認をした上で利用される事をおすすめします。

利用回線を気にせずSIMを選べる

日本国内で新規販売されているiPhoneはApple Storeで販売されているSIMフリーのiPhoneを除いて全てSIMロックが掛けられています。

これは各携帯会社が顧客の囲い込みという販売戦略の為に設定されていると考えられますが、利用者目線ではサービス契約を携帯会社により制限を受けてしまい自由に選択できないという不便な面が強調される結果になっています。

SIMロックを解除すれば、上記のような契約する利用回線とSIMの組み合わせが携帯会社によって制限される事は無くなりますので、選択肢が広がる事となります。

次ページ:SIMロック解除をする方法

SIMロック解除をする方法

ここまでSIMロックを解除するメリットについてご説明してきましたが、具体的にどういった方法でiPhoneのSIMロックを解除するのかについて以下にご説明します。

解除方法を大別すると、キャリア店舗に持ち込んで依頼する場合とネット上で利用者自身にて解除の手続きを行う場合、解除する為のツールを利用するという3つの方法があります。

Apple社の公式アナウンスとしてiPhoneはSIMロックを解除できるモデルとそうでないモデルと別れていますので、お手元にiPhoneがSIMロック解除可能なモデルかどうかを確認する必要があります。

iPhoneにおいては、2015年5月以降に発売されたモデルがSIMロック解除の対象となっており、それ以前のモデルでは対応できない事にご注意下さい。また、後述しますがiPhoneを購入したキャリア等で定められている一定の条件を満たさないとSIMロックを解除する事が出来ない点も把握しておく必要があります。

店頭で手続きする

各携帯会社の窓口にiPhoneを持ち込んで店舗にてSIM解除を依頼する方法となり、利用者としては最も手間がかからない方法と言えます。

但し、作業依頼となる為に手数料として3,000円が請求されますので、費用が掛かってしまう点はデメリットと言えます。

ご自身での解除手続きは面倒と感じていて手数料を払っても問題が無い方や後述する代替SIMが手元にない場合等では店頭持込みするだけでSIMロック解除が可能なので良い選択肢ではないでしょうか。

ネットから自分で手続きする

SIMロック解除で携帯会社へわざわざ手数料を支払ってまでと感じられる方であれば、各携帯会社のネットサイトからご自身で手続きする事も可能です。この方法であれば特に手数料を支払う必要はありませんし、あまり時間もかからずに設定できます。

但し、この場合には契約している携帯会社のSIMとは別に契約しているSIMを予め手元に準備しておく必要があります。これは現在契約中のSIMロックを解除する手順にて別のSIMと差替えてiPhoneをアクティベートする必要がある為、事前に手元に準備しておく必要があるのです。

なお、海外等で利用する事を前提にSIMロックの解除を行う場合は手元に現地で利用するSIMは準備出来ない事が多いと考えられますので、携帯会社の店頭で手続きされる事をおすすめします。

SIMロック解除アダプタを使う

前述させていただいた通りにiPhoneにてSIMロック解除を行う場合には、2015年5月以降に発売されたモデルでしか対応していないと公式にはアナウンスされていますが、いわゆる裏ワザ的な方法を用いる事でSIMロック解除を行える場合があります。

このSIMロック解除アダプタは主にネット販売にて入手可能な製品となり、正式アナウンスではSIMロック解除に対応していないiPhoneのモデルでも対応している点は良いのですが、モデル及びiOSのバージョン等でタイプが異なるといった事や作業手順がきちんと説明されていない等、製品としての信頼性が欠ける点は懸念事項として考えておく必要があります。

これらのアダプタはいくつかのサイトで販売されている様ですが、海外から発送される製品では正常にロック解除が出来ないといった情報もありますので、可能であればやや価格は高くなります。

ですから日本国内での販売サイトから日本語の説明資料が付いている製品を購入いただいた方がアダプタが正常に動作してロック解除が行えると考えた方がよろしいかと考えます。

但し、これらの方法はあくまでも自己責任の範囲となりますので、ご自身にて情報を集めていただいた上で実施いただけます様お願い致します。

次ページ:SIMロック解除の注意点3つ

SIMロック解除の注意点3つ

購入した際に各キャリアにてSIMロックが掛けられているiPhoneに対してロック解除という設定変更を行う事になりますので、いくつか注意する点があります。今回は3つの注意点についてご説明致します。

また、本記事の内容と若干ずれてしまいますが、以下の様な注意点もありますので併せてご認識いただければ幸いです。

SIMロック解除の対象となっていないiPhoneにてSIMロック解除を行いたい場合には、ファクトリーアンロックという方法があります。

これは日本国内では対応するところが無い(正規代理店が存在しない)為、海外の業者と直接コンタクトを取る必要があります。

当然ですが現地の業者とは英語での交渉能力が無いと正しい意思伝達が出来ない為に問題が生じやすい事と費用が高額である事からおすすめできる方法ではありません。

また、ロック解除自体の問題ではありませんが、購入したキャリアと新規契約したMVNOとの相性(特に当初契約したキャリア系のMVNOであれば問題が出にくい)といった点も考慮しておくとロック解除後もスムーズに継続利用が可能となる事もご認識下さい。

購入から半年以降でないと解除できない

まず、iPhoneの新規購入から半年経過していないとSIMロック解除を行う事ができません。

これは2015年5月に施行されました総務省からの通達「SIMロックの解除に関するガイドライン」にて、″2015年5月以降に発売された端末で購入から半年程度経っていれば、対応している端末は各キャリアで正規にSIMロック解除が行える″との様に定められている事が理由です。

但し、当記事の執筆時点(2018年5月)では、各キャリアにてSIMロック解除の方針が変更されており、端末購入代金を一括精算している場合や分割支払いの場合には契約開始から一定の日数を経過した場合等のキャリアにて設定した条件を満たしていれば、半年より短い期間でSIMロック解除は対応している状況となっています。

一度SIMロックを解除すると元に戻す事が出来ない

基本的に利用者側としては、通信費用を安くする事はメリットとなりますので、iPhoneを販売するキャリア側の都合で設定されているSIMロックは他の選択肢(格安SIMを提供するMVNO、海外キャリア等)を利用出来ないといったデメリットしかないと考えられます。

例外的にSIMロック解除後に格安SIMとの相性が悪くiPhoneが正常に利用出来ないといった状況では、当初のロック状態に戻すという事も考えられますが、一度SIMロックを解除すると戻す事が出来ない様ですのでこの点はご注意下さい。

各キャリアの条件を満たしていないと解除出来ない

各キャリアにおいてはそれぞれにルールが設定されてそれらの条件を満たしていないとSIMロック解除は対応出来ないという方針が提示されています。

前項にて少しふれさせていただきましたが、新規にiPhoneを購入後半年経過後にSIMロック解除を対応するといった総務省のガイドラインとは別に以下のようなSIMロック解除についての対応方針がキャリアから提示されています。

まず、製品を購入した際に一括精算を行っている場合には即日でSIMロック解除が行える事になっていて、これはdocomo、au、Softbankの大手3社にて同じ対応となっています。

また、製品を分割支払い購入した場合には、購入から100日間を経過していれば分割支払いの途中でもSIMロック解除は行えますので、これも大手キャリア3社で同じ対応となっています。

分割支払中の場合にはSIMロックの解除は出来ないと考えられている方は比較的多いと感じよすが、特に問題はありません。

また、iPhoneを購入後にそのキャリアとの契約を解除した場合でも契約開始時から100日間経過していないとSIMロック解除を行う事は出来ない事とその対応は各キャリアの窓口で無いと対応不可という条件もありますのでご注意下さい。

まとめ

今回は大手キャリアからiPhoneを新規購入する場合に必ず設定されているSIMロックを解除する方法についてご説明させていただきました。

最近iPhoneのSIMとして非常に人気が出てきているMVNOの格安SIMの利用、もしくは海外にて自身のiPhoneを利用したりする為にはこのSIMロック解除が必要となりますので、具体的にどういったルールや方法にて解除を行うのかといった事をご理解いただけたかと存じます。

iPhoneの設定変更とは言え、設定作業は簡単ではない部分もあるかと感じますので、設定作業に自信が無い方はキャリアの窓口にご相談される事をおすすめ致します。

キャリアからの新規購入であれば一定の条件を満たさないとSIMロック解除は行えない場合がありますので注意が必要ですが、解除を行えばキャリアから購入したiPhoneにおいても格安SIMも海外キャリアのSIM等も自由に使えるようになる点はかなりメリットとなります。

まだロック解除を行われていない方はもっと安くiPhoneを使う事ができるチャンスでもありますので、身近に詳しい方がいらっしゃれば是非ご相談されると良いのではないでしょうか。


スポンサーリンク