Home / iPhone / 自分のiPhoneをいつまでも快適に使用するために、バッテリー長持ちの秘訣とセキュリティーについて

自分のiPhoneをいつまでも快適に使用するために、バッテリー長持ちの秘訣とセキュリティーについて

iphoneのバッテリーがいつまでも長持ちすることは、すべてのiphoneユーザーが抱えている願いです。
また、セキュリティー対策も快適にiphoneを利用するためには必要不可欠です。

そこで今回はこれらの対策についてご説明します。

スポンサードリンク

バッテリー

バッテリーを長持ちさせるために消費を抑える方法と消費を促進させてしまう行動についてご説明いたします。

バッテリー消費を抑える方法①

画面の明るさを調節し、見えにくくならない範囲で明るさを下げていきます。

最初は少し見えにくくなり、違和感を覚えるという方も多いですが、その内慣れてきて違和感を感じなくなります。こちらはバッテリーの消費を抑えられるだけでなく、目の疲れを強くしてしまうブルーライトの照射も少なくなるため、目を疲れさせにくくすることもできるというメリットがあります。

バッテリー消費を抑える方法②

使っていないアプリやソフトなどは削除、または通信をオフにしていきます。これらは使用していなくても稼働しているため、バッテリーの消耗に大きく影響していきます。代表的なものとしては、Wi-FiやBluetoothなどがあり、購入してから設定を変更していないという方の多くはこの二つがオフになっていないはずです。

また、最初から入っている天気やカレンダー、メモ帳などのアプリもバッテリーの消費に影響してくるため、使用していないものは削除してしまうのが無難です。いつか使う可能性があると考えている方も、無料でダウンロードできるアプリはたくさんあるため、削除してしまっても問題はありません。

他にも、メールやLINE、電話のバイブレーションや着信音のどちらかをオフにします。両方をオフにしてしまうと、連絡が来ても気が付きにくいため、片方をオフにしてバッテリーの消費を抑えるようにしてきます。

バッテリー消費を抑える方法③

最近では様々なアプリが存在しますが、バッテリーの消費を抑えてくれる便利なアプリもたくさんあります。節電アプリとも呼ばれていますが、こちらを使用してバッテリーの消費を抑えることが可能です。節電アプリによっても異なりますが、バッテリー残量が少なくなってくると画面の明るさを下げてくれたり、勝手に稼働しているアプリを終了させてくれるアプリが存在します。節電アプリによってはiphoneの動きを軽くしてくれるものもあるため、動きが遅くなってきたという方にも使用するメリットはあります。

バッテリー消費を抑える方法④

この方法は抑えるというより、最終手段です。

バッテリーの消費が激しく、悩みを抱えているという方は、バッテリーのみを購入するという手段もあります。バッテリーは本体を購入するよりも安価で購入できるため、店舗に一度足を運ぶ価値はあるはずです。本体を購入するという方は、バッテリーの容量を確認して購入し、省エネ機能なども確認をしておくと後で後悔することが少なくて済みます。

バッテリー消費を促進する行動①

充電を行いながらiphoneでゲームやインターネットを行うことです。

多くの方がしてしまいがちなミスとなり、充電を行いながら使用することでバッテリーが熱をもってしまいます。バッテリーが熱を持つことによって、バッテリーの劣化が早くなってしまいます。どうしても充電をしながら使用したいという場合は、バッテリーが熱くなってきた時点で使用するのを中止し、一旦バッテリーが冷えるまで使用を控えるようにしていきます。

バッテリー消費を促進する行動②

充電を行いながら使用する以外の他にも、バッテリーが熱くなってしまわないように注意をしていきます。特に夏は太陽光が当たる場所に放置してしまうと、高温になってしまいやすくなります。冬でも暖房器具の近くに置いてしまうとバッテリーが熱くなってしまうため、注意するようにしていきます。他にも、汚れや衝撃を抑えるためのケースがありますが、こちらも素材によっては熱がこもってしまいやすいため、通気性の良いケースに変えて対策をしていきます。

バッテリー消費を促進する行動③

バッテリーを充電をするタイミングとして、寝る前という方が大半かと思いますが、こちらもバッテリーを劣化させてしまう原因となります。充電が完了し終わってからも微量の充電が行われてしまい、放電するということを繰り返されています。この充電と放電が繰り返されることによってバッテリーの劣化を早めてしまうため、充電は寝る前に完了させておくというのがベストとなります。また、電力の時間を決めることができる節電コンセントも販売されているため、そちらを購入するというのも一つの方法となります。

バッテリー消費を促進する行動④

バッテリーの充電を行う際には充電器を使用しますが、こちらは端末を購入した時に付いてくる純正品を使ったほうが良いとされています。ほとんどの充電器では大差がなく、別のものを使用しても影響はありませんが、中には充電中の出力が大きく変わってしまうものも存在するため、バッテリーのトラブルを避けるためには純正品またはきちんとした製品のものを使用したほうが良いでしょう。

セキュリティー

iphoneのセキュリティ対策としては大きく分けると7つあります。

1つ目

電話帳へのアクセス制限をかけることです。本体に登録されている電話帳へのアクセスは、VOIPサービスやSNSアプリを初回に起動した時にアクセス許可を求められることがあります。不必要な場合は拒否することでとりあえず試しに使ってみたい場合などに安全性を高めることができます。

なお、本体の設定からプライバシーの項目内に電話帳へのアクセスの可否を設定する項目があり、いつでも変更することができます。一度拒否設定をするとこの設定を変更しない限り、勝手にアプリが電話帳へのアクセスをすることはありません。交友関係の情報を守りたい場合には、最重要項目となります。

2つ目

位置情報サービスの利用制限をかけることです。特定のクーポンなどを提供してくれるアプリなどを利用しているとiphone右上に位置情報を取得している旨のサインが表示されることがあると思います。GPSや携帯基地局の情報を元に個人の居場所が丸裸になっています。このようなことを防ぐためにも上記と同じようにプライバシーの設定から位置情報の設定変更をすることがオススメです。

普段全く利用しない方は、オフにすることもできますが、こちらの場合もアプリごとに個別変更ができます。なお、位置情報サービスの設定は、アプリを利用している時のみ動かす設定から常に動作させる設定、全くアクセスさせない設定の3つから選択することができます。位置情報を利用しないと起動しないアプリの場合は、アプリを使用している間のみ利用する設定変更にすると、個人情報の提供を最小限度に抑えながらアプリを利用することが可能になります。

さらに写真やカレンダーなどに重要な情報を保存している方は、アプリごとにアクセスできないように設定することも対策として有効です。インターネット上に情報を流したくない方は、クラウドサービスを停止することもできます。ただし、その場合は、パソコンなどに適切にバックアップを取っておかないと端末故障の際にデータを失うことになります。

3つ目

標準ブラウザー以外も上手に使う。安全と分かっているサイトを閲覧する時は、標準ブラウザーでも全く問題がありませんが、少し危険かなと思うサイトの場合は、セキュリティを強化したブラウザーやその他のブラウザーを使うことも対策には有効です。例えば、ウイルス対策ソフトを提供しているところから提供されているブラウザーアプリを使うと本体に悪影響を与えるサイトを事前にブロックしてくれます。
さらに、WiFi接続をしている間は、DNSの変更をすることもできるので、ウイルス対策会社が提供するものに変更するだけでもDNSレベルでiphoneを保護してくれるため安全性が増します。

また、標準ブラウザー以外を使う利点として、本体の画面が悪質な表示に変更された場合やブラウザーに不都合を生じるプログラムが含まれていたとしても標準ブラウザーとは違い、簡単に削除することができるため、本体の初期化などをせずに正常な状態に復元できる可能性が高まることが挙げられます。

4つ目

ロック機能の暗証番号を強化することです。本体の設定からTouch IDとパスコードの設定を選択し、パスワードの変更に移ります。普段4桁の暗証番号を使っている方も任意の桁数の暗証番号に変更できたり、文字と組み合わせたものに変更することができます。

変更する際に、パスワードの安全性の評価が表示されるため、参考にするとより安全性の高いもの変えることができます。なお、安全性があまりにも低いもの以外は、了承すれば登録変更することもできます。

5つ目

ログインする際の方法を2段階認証に変更することです。今までは、IDとパスワードのみで利用していた方もこの設定にするとログインする際に登録したメールアドレスに確認コードが送られてきます。そのコードを入力しないとログインできないため安全性を高くすることができます。

時々iphoneのIDを乗っ取られたということを聞くことがあると思いますが、この設定変更で防ぐことができます。なお、この変更には、公式サイトで1度ログインをしてからパスワードとセキュリティの設定で開始することができます。もちろん、料金などはかかりません。

6つ目

意外と見落としやすいキーボード辞書を適宜リセットすることです。iphoneは普段入力した文書構成を記憶する機能があり、予測変換に利用されています。そのため、他人などに貸した場合などに、普段どういった文章を書き込んでいるのか簡単に分かってしまいます。

そこで、本体の設定から一般を選びリセットの中になるキーボード辞書を初期化することがセキュリティ対策にも有効になります。

7つ目

iphoneの公式ストアからのアプリのみをインストールして使う。あまり知られていませんが実は、公式ストア以外からもアプリを入れることは一応できます。しかし、審査を受けて提供されたものではないため、軽はずみに入れないことがセキュリティ対策としては重要になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

iphoneをいつまでも快適に使えるようメンテナンスは怠ってはいけませんね。


スポンサーリンク

Check Also

アプリで簡単~iPhoneで家計簿をつけて貯金を作ろう

今回は、iPhoneに家計簿の …