Home / iPhone / iPhoneの留守番電話メッセージをボイスメッセージとして保存する方法

iPhoneの留守番電話メッセージをボイスメッセージとして保存する方法

iPhoneの留守番電話サービスは忙しい毎日の中でも、連絡内容を時間のあるときに確認できるという点で、非常に利便性の高い人気のサービスです。

利用するにあたっては各キャリアの留守番電話のオプションサービスにお申し込みいただく必要はあるものの、ほとんどの方が利用されているのが現状ではないでしょうか?

また、留守番電話サービスで保存した音声データをiPhoneの録音機能としても利用できる「ボイスメモ」を使用して、他の人や、自分の別端末と共有することができます。残しておきたい留守番電話メッセージや、そのまま他人と共有したいメッセージがあった場合は、本記事でご紹介する方法で、iPhoneの留守番電話メッセージをボイスメモとして保存・共有・送信をできるようにしましょう。

スポンサードリンク

iPhoneの留守番電話メッセージをボイスメモとして保存する方法

iPhoneの留守番電話メッセージは音声データであるため、iPhoneの録音機能である「ボイスメモ」として保存することもできます。

ボイスメモとしてiPhoneの留守番電話メッセージを保存するためには、まず「iOS9以降」にOSをアップデートする必要があります。OSのバージョンが足りていない場合は、まずアップデートの手続きをするようにしましょう。

お使いのiPhoneのバージョンを「iOS9以降」にバージョンアップできましたら、下記の方法にて留守番電話メッセージをボイスメモとして保存しましょう。
・「電話」アプリをタップ→右下の「留守番電話」をタップ
・ボイスメモとして保存したい音声データをタップ
・画面右上の上矢印が重なっている四角ボタン(保存ボタン)をタップ
・「ボイスメモ」をタップして保存を完了

上記の設定方法でiPhoneの留守番電話メッセージをボイスメモとして保存することができました。

ボイスメモとして保存した留守番電話メッセージを共有・送信する方法

次に、ボイスメモとして保存したiPhoneの留守番電話メッセージを、他の人や自分のPCなどの別端末と共有する方法について御紹介します。

iPhone端末内のデータは、iPhone自体に不具合が生じた場合は喪失してしまうので、こまめにPCなどにバックアップを取っておくと良いでしょう。また、文字データより音声データの方が情報が伝わりやすい場面もありますので、留守番電話メッセージを他人と共有したい場合にも、ボイスメモの送信機能を活用するようにしましょう。

共有方法は非常に簡単で、下記の手順通りに進めていきます。
・「ボイスメモ」アプリを開き、共有・送信したいファイルを選択
・右上にある保存・共有ボタンをタップ
・メッセージやメール、AirDropなどの方法で共有・送信を行う

ボイスメモの音声データの共有・送信は非常に簡単で、上記の手順で実行することができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?iPhoneの留守番電話メッセージはボイスメモとして保存をすることができ、また保存した留守番電話メッセージは、他の人やPCなどの別端末と簡単に共有することが可能になっています。

留守番電話のメッセージを保存しておきたい場合や、共有・送信したい場合は、本記事で紹介した方法をぜひ実践してみてください。


スポンサーリンク

Check Also

アプリで簡単~iPhoneで家計簿をつけて貯金を作ろう

今回は、iPhoneに家計簿の …