Home / iPhone / iPhoneの録音機能「ボイスメモ」の便利な使い方

iPhoneの録音機能「ボイスメモ」の便利な使い方

iPhoneのボイスメモはiPhoneに標準搭載している録音機能のことで、誰でも簡単に録音機能を利用することができます。

本記事ではiPhoneの録音機能であるボイスメモとはどのようなものなのか、具体的な使用方法はどういうものか、についてご紹介していきます。iPhoneで録音を利用したいという方は、本記事と一緒にiPhoneのボイスメモの使い方について学習していきましょう。

スポンサードリンク

iPhoneで録音できる「ボイスメモ」とは?

iPhoneのボイスメモはiPhoneで利用することのできる標準の録音機能のことです。簡単に音声を録音できるだけでなく、メール等で送信することもでき、音声を使って連絡交換をしたいという時にも大変便利な機能になっております。

また、録音する際にはiPhoneに内蔵されているマイクだけでなく、Bluetooth接続のマイクも使用することができるので、朝の身支度中にボイスメモで仕事の指示を録音し、iPhonを操作せずに、部下に音声情報で指示を出すなどの使い方をすることができます。

iPhoneの「ボイスメモ」の使い方

iPhoneのボイスメモの使い方には「録音する」「編集する」「共有する」の3つの項目があります。いかに純を追ってみていきましょう。

iPhoneのボイスメモを利用して録音する

まずはiPhoneのボイスメモを利用した録音方法についてみていきましょう。

【ボイスメモのアプリを起動する】
「ボイスメモ」アプリをタップ

【録音を開始する】
「ボイスメモ」アプリの真ん中にある赤ボタンを押し、録音を開始します。録音を一時停止する場合には、もう一度真ん中の赤丸ボタンをタップします。

【録音を終了する】
録音を終了する場合には、赤丸ボタンの右隣に表示されている「完了」ボタンをクリックします。また、録音中にボイスメモアプリが終了した場合には、録音した音声は自動保存されます。

【録音内容の確認をする】
録音内容の確認をするためには、一時停止中に赤丸ボタンの左側に表示されている再生ボタンをタップしますう。

【名前をつけて音声を保存する】
ボイスメモでの録音を完了すると、「ボイスメモを保存」というポップアップが表示されますので、音声ファイルのタイトルを入力して「保存」をタップしましょう。

【録音をしながら別の操作をする】
録音をする場合には、何かしらのメモをiPhone上で確認したり、アプリやウェブサイトを開いた状態で録音を実行したい場合があります。その場合はボイスメモを開いてからバックグラウンドで起動させつつ、他の閲覧したい箇所に移動しましょう。

ボイスメモアプリを開いてから、iPhone本体のホームボタンをクリックすることで、ボイスメモをバックグラウンドで起動させ、ホーム画面に戻ることができます。

【ボイスメモの開始/終了音をサイレントにする】
大学の授業や仕事の会議に使用する場合には、開始/終了の音が鳴るのはさけたいところです。その場合はiPhone本体をサイレントモードに変更しておくことで、音がなるのを防ぐことができます。

サイレントモードの変更はiPhone本体の横のスイッチで実行することができます。

【iPhoneのボイスメモを再生する】
録音したボイスメモを再生する場合には、ボイスメモアプリの中で保存した音源タイトル名をクリックし、再生マークをタップします。右上のスピーカーのマークをタップすることで、スピーカー再生を実行することもできるので、ハンズフリーで再生をしたい場合には利用するようにしましょう。

【録音した音声情報を削除する】
ボイスメモで録音した音声情報を削除する際には、音声ファイルのタイトル名をタップしてファイルを選択した後、ゴミ箱ボタンをタップし、「削除」をタップします。

もしくは、タイトル一覧が表示されている画面でタイトルを左に向かってスワイプすると「削除」のマークが出てきますので、これをタップすることで録音した音声ファイルを削除することもできます。

ボイスメモで録音した音声ファイルを録音する

【名前を変更する】
ボイスメモで録音した音声ファイルを共有する際には、音声ファイルのタイトルをタップしてファイルを選択した後、現在のファイル名が表示されている箇所をタップします。

タップするとすぐにキーボードが出てきますので、変更したいファイル名を入力して「完了」をタップすればファイルの名前を変更することができます。

【音源の一部を削除する】
録音した音源の一部を削除したい場合には、削除したい音源ファイルを選択した後、「編集」をタップして操作していきます。

まずは編集画面の右側に表示されている四角形のようなトリミングボタンをタップしましょう。トリミングボタンをタップすると、画面に赤い縦線が二本表示されますので、削除したい範囲か、残したい範囲いずれかの範囲を囲うようにします。

選択範囲を囲えたら、範囲を削除する場合は「削除」ボタン、範囲だけを残す場合には「トリミング」ボタンをタップします。

最後に保存方法を「オリジナルをトリミングor削除」、もしくは「新規録音として保存」のいずれかから選び、「完了」ボタンを押せば編集が完了です。保存方法で「オリジナルを~」の方を選んだ場合には、音源ファイルそのものを編集することになりますので、変更前の状態に戻すことはできなくなります。この点については十分に注意するようにしましゅう。

ボイスメモを共有する

ボイスメモで録音した音声ファイルを人と共有するためには、ファイルを選択した後の画面で、左側にある共有ボタンをタップします。音声ファイルを送信可能な選択肢が表示されますので、メッセージやメールで音声ファイルを共有したい人に送るようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?iPhoneのボイスメモを利用することで、非常に簡単に録音機能を利用することができます。基本的な編集をすることもできますので、高度な処理を必要としない限りは、非常に便利な録音機能となっております。

是非本記事を参考にiPhoneの録音機能の使い方をマスターしていってくださいね。


スポンサーリンク

Check Also

bluetoothの接続方法とイヤホンやマウス、キーボードの選び方

スマートフォンからイヤホンを介 …