Home / iPhone / iPhoneでQRコードを読み取る方法

iPhoneでQRコードを読み取る方法

あちこちで配布・掲示されているチラシやポスター、雑誌のページ内などをよく見てみると、正方形の枠内に白黒でごちゃごちゃと点々が書かれている「QRコード」が記載されていることがあります。ガラケーの時代から、ここにカメラをかざすとWebページが開いたり、いろんな情報を入手することができるのはご存知かと思います。

そういえば、iPhoneでQRコード読取はできるのでしょうか?ここでは、iPhoneでQRコードを読み取る方法についてご紹介いたします。

実は、iPhoneではQRコード読取機能は標準搭載されておらず、別途専用アプリをインストールする必要があります。QRコード読み取り用アプリは、シンプルに読み取るだけをするものから多彩な機能を備えたものなど多数存在しますので、まずは幾つかのアプリをご紹介させていただき、続いて読取方法の説明を進めます。

なお、冒頭ではQRコードとはそもそも何ぞや?というところを説明しております。とにかく早く読み取りたい!という方はここを飛ばして、アプリの説明からご覧になってください。

スポンサードリンク

QRコードについて

QRコードとは

QRコードってそもそも何なのでしょうか?簡単にご説明します。
QRコードは1994年、日本の世界最大手自動車メーカーである、デンソーによって開発されました。実は日本発だったんですね。それ以前から、いわゆるバーコードと呼ばれるものは存在していましたが、QRコードはその発展型です。バーコードが一次元(横方向)にしか情報を持たないのに対し、QRコードは2次元的(縦および横方向)に情報が持てるため、収納可能な情報数が多いという特徴を持ちます。バーコードが数字しか取り扱えないのに対し、QRコードは英数字、漢字などいろんな文字を情報として入れることができます。

QRコードの用途

元々は自動車メーカで開発されただけあって、当初は自動車部品の生産現場にて部品管理タグ(荷札)として使用されていましたが、現在では携帯電話、航空券、入場券等々、多種方面において活躍しています。スマホや携帯でよく使われるのは、リンク先のWebアドレス等の情報が入っているQRコードを携帯カメラで読み取って、リンク先ページを開くというものです。

ブラウザ上なら直接リンクを張ることもできますが、紙媒体でアドレスが直接書かれている場合はアドレスバーに手入力するしか方法がなく、面倒だし間違えることもあります。QRコードであれば携帯カメラで読み取ることができ、ラクで間違いがありません。便利ですね。
試しに、QRコードが作成できるWebページ(バーコードどころ)で、Googleのトップページのバーコードを作成してみました。この中に、”https://www.google.co.jp”という文字情報が入っていることになります。

qr_https___www-google-co-jp_

ここに携帯カメラをかざすと、Googleのトップページを読み取ることができます。印刷したものを読み取れるのはもちろん、画面上のものをそのままでも可能です。
これからご紹介するQRコード読み取りアプリを導入して試してみてください。意外と簡単につくれるものですね。

iPhoneでは読取アプリが必要

いわゆるガラケーだとカメラ付き携帯であれば、ほとんどの機種においてQRコード読み取り機能は標準で装備されています。一方スマホではどうかというと、Android端末では全機種とはいきませんが対応しているものもあるようです。ところがiPhoneだけは、標準ではQRコード読み取り機能は付いていないので、別途アプリをインストールする必要があります。

iPhone用 QRコード読取アプリ

iPhone用のQRコード読取アプリをご紹介します。読み取った文字をシンプルに表示するだけのものから多彩な機能が付いたものまで、各種ありますので用途や好みにあったものをインストールしてみてください。ここでご紹介するものはすべて無料です。各々のアプリにおいて、上記のGoogleトップページへのQRコードやその他を読み取った結果を示しますので参考になさってください。

QRコードリーダー for iPhone

qrcodeforiphone_1
result1
badge_appstore-lrg

このアプリはシンプルな部類に入ります。読み取った文字のみが結果として表示され、ここをタップするとWebページへジャンプします。設定で、Safariを使うか、インストール済他のブラウザを使うか選ぶことができます。

QRコードリーダ for iPhone

qrcodereaderforiphone_2
result2
badge_appstore-lrg

無料QRコードリーダー・バーコードリーダー-アイコニット

iconitt
wonda
badge_appstore-lrg

このアプリはなかなか凄いです!QRコードによるWebページアドレスはもちろん、色んな商品の裏に書いてあるバーコードを読み取り、楽天やAmazonで商品情報を表示させることができます(Webページが開きます)。試しに缶コーヒーのバーコードを読み取らせると、楽天の商品ページに行きつくことができました。

図書館で見かけた書籍や、たまたま見かけた商品を購入したい時、これを使えばいちいちメモしなくていいので便利に使えそうです。

QRコードの読み取り方法

前置きが長くなってしまいましたが、いよいよこのページの本題です。とはいっても操作自体はとてもシンプルで簡単です。アプリにより若干異なる部分はありますが、基本的には下記手順となります。

  • 1) QRコード読み取りアプリを起動する
  • 2) アプリに連動してカメラが起動する
  • 「アプリがカメラへのアクセスを求めています」的なメッセージが表示されますので、許可してあげてください。
  • 3) 読み取りたいQRコードを写す
  • アプリによって、いきなりカメラが起動するもの、「読み取り」などのメニューをタップせねばならないものなど、様々です。
  • 4) 読み取り結果が表示される

手順2)で、QRコードにピントを合わせるのですが、アプリにより若干の差があります。

  • ・カメラ映像に赤枠が表示され、QRコードをその中に収めるもの
  • ・赤枠等は特に表示されず、ピントを合わせればよいもの

これらの違いにより操作感が異なりますので、ここはユーザーの好みにより好き嫌いが分かれると思います。いろいろ試してみて気に入ったものを選ばれるとよいかと思います。また、アプリにより一瞬で読み取るものと、若干の時間を要するものがありますので、好みに合ったものを使用するとよいでしょう。読み取りは早ければ早いほどよさそうな感じがしますが、実際に使用してみると、「一呼吸」置いてくれるアプリの方がしっくりとくることもあります。

まとめ

iPhoneでQRコードを読み取る方法についてご紹介しました。読み取り作業自体は決まりきった手順で非常にシンプルですので、導入するアプリをどれにするかで使い方が変わってくると思います。とにかく読み取れればいいや、という方はシンプルなものがいいと思います。個人的には、「無料QRコードリーダー・バーコードリーダー-アイコニット」が便利で使えそうな感じがします。しばらくの間、あちらこちらで読み取って遊んでしまいそうです・・・


スポンサーリンク

Check Also

bluetoothの接続方法とイヤホンやマウス、キーボードの選び方

スマートフォンからイヤホンを介 …