Home / iPhone / iPhoneとプロジェクターを接続するには?モバイル型からスマホケース型までご紹介!

iPhoneとプロジェクターを接続するには?モバイル型からスマホケース型までご紹介!

新型iPhoneも続々と発表され、そして続々とリリースがされているこの頃、これまでのAndroidユーザーもiPhoneに乗り換えることを検討している方も多いのではないでしょうか。

iPhoneはその親和性により、ビジネスパーソンでも例えば会議やプレゼンの際、プロジェクターに接続してよりスマートなビジネスを行っている方も多いです。

ここではiPhoneとプロジェクターを接続する方法や、小型化が進んでいる便利なプロジェクターをご案内していきます。モバイル型のプロジェクターからスマホケース型のプロジェクターまで網羅的に紹介しますので是非ご覧ください。

スポンサードリンク

iPhoneをプロジェクターに接続することで得られるメリット

iPhoneをプロジェクターに接続することで得られるメリットは上記で上げたものだけでなく、もちろんプライベートな時間でも便利に活用することが出来ます。

例えばNetflixやAmazonプライムビデオ等の月額料金制の動画視聴サービスを利用して、たくさんの映画やドラマ、アニメ、あらゆる映像作品を低額で視聴することが可能になりました。これを利用するには、やはりパソコンがあれば一番良いのですが、パソコンとなると場所が限られてきます。

そこで、iPhoneでそれらの動画視聴サービスを契約し、iPhoneをプロジェクターに接続し、iPhoneで再生することで、まるで映画館にいるかのような大画面で楽しむことが出来ます。

そしてプロジェクターの利点は、映し出す対象が白い壁や布であれば、場所を選ばず場所も取らないという点です。

そしてプロジェクターも、次々に小型化が進んでいます。そのため、とてもコンパクトで身軽にビジネスシーンでもプライベートシーンでもiPhoneとプロジェクターを活用することが出来ます。

iPhoneとプロジェクターをつないで操作する方法


まずは基本的な、iPhoneとプロジェクターを接続する方法と、それを操作する方法について解説していきます。ここでご案内することを覚えておけば、現在存在している大抵のプロジェクターに、iPhoneを接続することが可能です。

ビジネスシーンでもプライベートシーンでも有効に、そしてスマートに活用するためにも、是非覚えておきましょう。

接続に必要な器具

まずは、iPhoneをプロジェクターに接続するために必要な器具についてです。これはとってもシンプルで、「iPhone」「プロジェクター」「接続ケーブル」「接続アダプター」だけです。これさえ用意できれば、iPhoneをプロジェクターに接続して活用することが出来ます。

接続方法を確認する

次に、接続方法について見ていきましょう。iPhoneをプロジェクターに接続するためには、接続規格を見る必要があります。例えばプレゼンで映像だけを映し出したい場合は、「VGA」と呼ばれる規格が必要となります。

ですが動画等で音も必要とする場合には、「HDMI」という規格が必要となります。

これらの端子を備えているプロジェクターか、接続アダプターを選ぶようにしましょう。そして接続するケーブルも、それぞれのシーンに合わせてVGAケーブルもしくはHDMIケーブルを用意しましょう。

まずiPhoneの端子を確認

iPhoneには、2種類の端子があります。以前までのiPhone4sまでのモデルでは、30ピンタイプと呼ばれる端子を備えていましたが、iPhone5以降はLightning端子が採用されるようになりました。

新型iPhoneでも、引き続きLightning端子を採用しています。この端子によって、それぞれ必要となる接続ケーブルが変わってくるので、必ずご自身がお使いのiPhoneの端子を確認しましょう。

接続ケーブルの種類

iPhoneとプロジェクターを接続するケーブルには、上記でもご案内しているように、映像だけを出力する「VGAケーブル」というタイプのものと、映像と音のどちらも出力できる「HDMIケーブル」というものの2種類があります。

VGAケーブルに関しては、主にデスクトップパソコンとモニターを繋ぐために利用されることが多いですが、HDMIケーブルはBlu-rayレコーダーやゲーム機等、テレビを必要とする場面で使われることが多いです。

iPhone上での操作方法

ではいよいよiPhoneでの操作です。といっても、プロジェクターと無事接続が完了していれば、プロジェクターで映し出している画面とiPhone上の画面は完全にリンクしているので、いつも通りのiPhone操作を行うだけです。

プレゼンを行いたいのであれば、マイクロソフト社の「PowerPoint」を出力したり、Apple社の「Keynote」を起動して、いつも通りの操作を行いましょう。

動画を視聴したいのであれば、上記でご案内した動画視聴サービス以外にも、YouTubeを再生することも可能です。

もしここできちんと、iPhone上の画面とプロジェクターに映し出されている画面がリンクしていない場合は、正しくケーブルを接続できていない可能性があるため、一つ一つ確認をしましょう。

注意点

最後に、iPhoneとプロジェクターを接続して活用する際に注意しておきたい点は、アプリによってはプロジェクターに出力することが出来ないアプリが存在するということです。

ですので、何か目的を持って「このアプリを映し出したい!」という場合には、そのアプリがプロジェクターに出力することが可能であるかをよく確認しましょう。

また、iOSのバージョンによっても、例えば接続アダプターやプロジェクターがそのバージョンに対応していなければ、映像を出力することが出来ないため、現在使用しているiOSバージョンと、購入するプロジェクターや接続アダプターが対応しているiOSバージョンが一致しているかを、よく確認しましょう。

iPhoneに接続できるモバイル型のプロジェクター5選

続いて、スマートで身軽に映像を映し出すことが出来る、オススメのモバイル型のプロジェクターを、5つご紹介します。何が起こるかわからない昨今、より身軽に動けることが重要です。まだプロジェクターをお持ちでない方は、是非モバイル型のプロジェクターを検討してみて下さい。

そしてその参考に、これからご紹介する5つのプロジェクターを、検討してみて下さい。

ASUS(エイスース)モバイルプロジェクター S1

こちらのモバイルプロジェクターは、全体がシンプルなアルミケースデザインなため、iPhoneと組み合わせて使うとスマート感がより増します。デザインの面において、様々な賞を受賞しているとても美しいモバイルプロジェクターです。オススメポイントはデザインだけではありません。

内蔵するバッテリーが6000mAhも搭載しており、バッテリー切れの心配がほとんどなく、モバイルバッテリーとしても使うことが出来る万能なモバイルプロジェクターなのです。

INNOIO SMART BEAM IC200

こちらは、iPhoneはもちろんAndroidでも接続して使うことが可能です。立方体であるため安定性もあり、使う場所を選びません。つまり、天井に映像を映し出して仰向けの状態で映像を楽しむことが可能になるのです。これは主に、プライベートシーンで大活躍する一台となるでしょう。

キヤノン ミニプロジェクター C-10WSL

こちらはなんと、Wi-Fi機能を搭載しているモバイルプロジェクターです。そのため、少しややこしいケーブルの接続や、ケーブルを持ち運ぶ手間を省き、カバンのスペースを確保することが出来ます。

Wi-Fiで使える電波が飛んでいない場合でも、もちろんケーブルを接続して使うことも可能です。そのため、場所を選ばずにつかうことが出来ます。

VIVITEK(ヴィヴィテック)LEDモバイルプロジェクター QUMI Q6

これまでに紹介してきたモバイルプロジェクターは、どれも100ルーメン程度のものでした。ルーメンとは、明るさを表す単位であり、数字が大きければ大きいほどより明るく、色鮮やかな映像を映し出すことが出来るようになります。

そしてこちらのモバイルプロジェクターが誇るルーメン数は、800ルーメンです。現在存在するモバイルプロジェクターの中でも、かなり明るく表現できるものです。一点だけ、コンセントに繋ぐ必要があるという点を除けば、かなり美しい映像を楽しむことが出来ます。

Excelvan DLP-100WM

最後にご紹介するモバイルプロジェクターは、おおよそiPhoneと同じサイズの非常にコンパクトで薄くて軽く、持ち運びに特化したモバイルプロジェクターです。それでも2000mAhの内蔵バッテリーを搭載しており、重さも210gと軽いため、普段から持ち運びたい方にはとてもオススメです。

接続方法もWi-Fiを採用しているため、余計なケーブルを必要としません。

iPhone自体がプロジェクターになるケースもある!


これまでに、オススメのモバイルプロジェクターをご紹介してきましたが、なんとiPhoneケースとしてリリースされているモバイルプロジェクターも存在するのです。まさに究極のモバイルです。それでは一体どんなケースなのか、その操作方法や注意点も含めて、見ていきましょう。

いったいどんなケースなのか

iPhoneケースとしても機能するモバイルプロジェクターの名は、AIPTEK社がリリースする「MobilleCinema i60」です。主にiPhone7、iPhone6、iPhone6sに対応しているケースで、モバイルプロジェクター本体に直接iPhoneをセットするようなイメージです。

さらに内蔵バッテリーが搭載されているため、iPhoneの充電をするこも可能です。iPhoneケースとしても、モバイルプロジェクターとしても、モバイルバッテリーとしても機能する、プロジェクターを利用する方にとっては夢のようなアイテムです。

操作の方法は?

操作方法も特に難しいことはなく、接続をするだけで簡単に映像を映し出すことが出来ます。角度を調節するためのレバーも、デザインの一つとして組み込まれているため、好きな角度に調節して使うことが出来ます。

注意点

一つだけ注意点があるとすれば、それは専用のアダプターが必要であるという点です。必要な接続アダプターは、「Apple Degital AVアダプタ」という接続アダプターで、価格帯はおおよそ3,500円〜6,000円程です。

ですが専用アダプターということもあり、その親和性は抜群です。ケース型のモバイルプロジェクターを活用する際には、この点に注意しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。iPhoneとプロジェクターを接続する方法や、小型化が進んでいる便利なプロジェクターをモバイル型のプロジェクターからスマホケース型のプロジェクターまで網羅的にご紹介してきました。

このように、いまやプロジェクターは大きくて重たい機械ではなく、コンパクトで手軽にiPhoneと接続し、ビジネスシーンでもプライベートシーンでも大活躍してくれるアイテムへと変化を遂げました。中にはiPhoneに特化したアイテムまで登場してきています。

これから私たちは、テクノロジーの進化とともに持ち物はよりコンパクトになり、より身軽に大きく移動することが可能となります。プロジェクターも、その一つです。

持ち物やカバンを占めるスペースはよりコンパクトとなり、映し出せる映像は大きくなり、私たちの生活はより豊かなものとなります。

iPhoneでプレゼンをしたいと考えている方、画面サイズに中々満足していない方は、是非モバイルプロジェクターの導入を検討してみては、いかがでしょうか。


スポンサーリンク

Check Also

スターバックスのWi-Fi設定方法と繋がらない時に確認したい4つのコト

ノマドワーカーが自分のパソコン …