Home / iPhone / iTunes以外も紹介!iPhoneでMP3音源を楽しむ3つの方法

iTunes以外も紹介!iPhoneでMP3音源を楽しむ3つの方法

MP3の音源は、今やiPhoneで聴くということが当たり前となっています。iPhoneで音楽を聴くためには、iTunesを使ってパソコンから音楽をiPhoneに転送する必要があります。

ところが現在は、iTunes以外のデータ転送ソフトも多数あり、また音源ファイルをiPhoneに保存しなくても音楽を聴くことができる音楽ストリーミングサービスも充実しています。

今回はiPhoneにMP3音源を転送する方法やおすすめのデータ転送ソフト、おすすめの音楽ストリーミングサービスについてご紹介致します。

スポンサードリンク

iPhoneにMP3音源を取り込む3つのステップ

初めに、iPhoneにMP3音源を取り込む方法についてご紹介致します。まずはパソコンにMP3音源を取り込むための方法を紹介しますので、その後でiPhoneへと転送する方法を見ていきましょう。

1.CDからiTunesに音楽を保存する

CDからiTunesに音楽を保存する方法は至って簡単です。

iTunesを起動した状態で購入した音楽ファイルをパソコンに入れると、自動的にiTunesはCDの音源ファイルを取り込みます。

2.インターネットで購入した音楽をiTunesに保存する

インターネット上で音楽ファイルを購入し既にパソコンに音源ファイルがある状態であれば、iTunesに音楽ファイルをかなり簡単に取り込めます。

取り込む方法は以下のようになっています。

  1. iTunesを開く。
  2. メニューバーから「ファイル」を開く。
  3. 「ファイルをライブラリに追加」もしくは「フォルダをライブラリに追加」をクリックする。
  4. 取り込みたいMP3ファイルを選択してクリックする。

インターネットで購入して既にパソコンの中に音楽ファイルがあるという場合は、上記の手順で音楽ファイルを取り込むことができます。

MP3音源は、フォルダごとiTunesに取り込むことが可能です。そのため必要なMP3ファイルが複数ある場合には、一つのフォルダにまとめてそのフォルダを取り込みましょう。

すると、必要な音源ファイルが全て取り込まれます。ただしiTunesにフォルダを取り込んでからフォルダの場所を移動すると、ルートディレクトリが異なり読み込み不可となってしまうため注意しましょう。

3.iPhoneとiTunesを同期する

次にiPhoneとiTunesを同期するために、LightningケーブルでiPhoneをパソコンに接続します。接続する際は必ずデータ転送に対応しているものである必要があるため、充電用にサードパーティのLightningケーブルを購入した方は純正ケーブルで接続することをおすすめします。

純正ケーブルもすでに断線してしまったり紛失してしまったりして手元にないという状態のときは、データ転送に対応しているケーブルを使用しましょう。

iPhone⇔PCでデータ転送できるアプリ4選

続いて、iPhoneとパソコンを接続してデータ転送が行えるアプリをご紹介致します。iPhoneにデータを転送するためにはiTunesが必要だと考える方も多いですが、サードパーティ製のアプリでもデータ転送やバックアップを行うことが可能となっています。

ここではおすすめのアプリを4つピックアップしてご紹介致します。

1.Any Trans for iOS

初めにご紹介する「Any Trans for iOS」は、Appleのデバイス間のデータをほとんどシームレスにやり取りすることができるオールインワンタイプの管理ツールです。

「Any Trans for iOS」を使うとiPhoneの音楽ファイルや写真ファイルはもちろん、連絡先やメッセージなども全てパソコンにバックアップを取ることができます。そのため、万が一iPhoneが故障してしまってもデータごと紛失する心配はなくなります。

ほとんど全てのデータを管理することが可能となっているため、新しいiPhoneにデータを移行したいときにもかなり活躍します。

2.Send Anywhere (ファイル転送・送信)

「Send Anywhere」は音楽プレイヤーアプリとして機能しつつ、大容量のファイルをパソコンとiPhoneの間で転送することが可能となっています。

ファイルを転送するときには6桁のキーが表示されるため、よりセキュリティ面に配慮したデータ転送を行えるようになっています。

3.DearMob iPhone音楽マネージャー

「DearMob iPhone音楽マネージャー」は、Mac用もWindows用もどちらも無料でダウンロード・インストールすることができるiPhoneの管理ツールです。

音楽の追加や編集を行う際にかなり使いやすいデザインとなっているため、パソコンにあまり自信がないという方でも簡単に使いこなすことができます。

音楽を同期する際もMP3とAACを選べるようになっているため、お好きな方を選択してiPhoneに同期することができます。

4.iTools

最後にご紹介する「iTools」も、グラフィックに手が込んでいて使いやすいデータ転送ソフトとなっています。iPhoneアプリとして使うよりも、基本的にパソコンで動作する仕様となっています。

ワンクリックで簡単に写真をパソコンに転送できるというのが大きな特徴で、体験版は無料でダウンロードすることができます。

次ページ:iPhone上でMP3音楽を楽しめるアプリ4選

iPhone上でMP3音楽を楽しめるアプリ4選

次にiTunesを使ってiPhoneに音楽ファイルを入れなくても楽しめる、おすすめの「音楽ストリーミングサービス」のご紹介を致します。

ストリーミングの場合は、月額料金を支払えばあとはインターネットに接続するだけで提供されている音楽が聴き放題というサービス内容となっています。

都度音楽ファイルをダウンロードしなくても聴きたいときに聴きたい音楽だけを聴くことができるため、音楽ファイルを管理する必要もありません。

1.Spotify -音楽ストリーミングサービス

初めにご紹介する「Spotify」は世界的にユーザー数も多く、提供されている音楽も4,000万曲とかなり豊富となっているためおすすめの音楽ストリーミングサービスです。

月額料金は980円で、音楽ストリーミングサービスでは一般的な金額となっています。

無料期間が30日間となっているため、Spotifyが使いやすいかどうかをじっくりと試すことができます。

2.Amazon PRIME Music

Amazon PRIME Musicは、Amazonプライムの特典として聴くことができる音楽ストリーミングサービスです。Amazonプライムを契約することでお急ぎ便が無料で使えるようになったり、Amazonプライムビデオが見放題になったりします。

そういったサービスの一環として音楽ストリーミングサービスも提供しているため「Spotify」ほど曲数が多いわけではありませんが、Amazonプライムの機能を全て使えるようになるという大きなアドバンテージを持っています。

配信されている曲数は約100万曲となっていて、Amazonプライムの料金は年額3,900円か月額400円かのどちらかを選ぶことができる仕様となっています。

3.LINE MUSIC

「LINE MUSIC」を利用することで、LINEのプロフィールにBGMを設定することも可能となります。配信されている曲数は4,300万曲以上となっているためかなり曲数の幅が広く、どなたでも簡単に楽しめるサービスとなっています。

LINEモバイルではLINE MUSICの利用で発生するデータ通信量がカウントフリーとなる料金プランも提供されているため、LINE MUSICを利用したい方はLINEモバイルの利用がおすすめです。

月額料金は960円となっていて、無料期間は30日間となっています。

4.AWA

最後にご紹介する音楽ストリーミングサービスは、音楽ストリーミングサービスの提供が始まってからすぐに世界的に有名になった「AWA」です。「AWA」の特徴は、なんと言っても無料期間が長いという点にあります。

多くの音楽ストリーミングサービスでは無料期間が30日間で提供されているのに対して、「AWA」ならなんと3ヶ月間も無料で使うことができます。

さらに提供されている曲数も4,500万曲以上とかなり多く提供されているため、音楽ストリーミングで悩んだら「AWA」の利用を試してみるのがおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

iPhoneで音楽を聴くためには、iTunesと同期をしてiPhoneに音源を取り込んで聴くという楽しみ方が一般的でした。購入したCDをiTunesに取り込んで、iPhoneに同期するという方法です。

ところが現在では音楽ストリーミングサービスもかなり充実しているため、iPhoneの内蔵容量を圧迫したくないという方は音楽ストリーミングサービスの利用がおすすめです。

その際はデータ通信を行うことになるため、データ量に注意しながら楽しい音楽ライフを送りましょう。


スポンサーリンク