Home / iPhone / iPhone対応形式は?iPhoneの動画形式を変換できるアプリ3選

iPhone対応形式は?iPhoneの動画形式を変換できるアプリ3選

iPhoneは非常に高い性能を持つカメラとしても充分機能しますので、動画の撮影にも活用されている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

撮影した動画をiPhoneで再生することは問題ありませんが、そのままのオリジナルのファイル形式のままSNSで共有したりすると、再生が出来ないデバイスがあったりするもの事実です。

そういったデバイスではiPhoneの動画ファイルを汎用の動画形式のファイルに変換する必要が出てきます。

当記事におきましてはiPhoneにて撮影された動画ファイルの形式はどういったものかとその種類と特徴をご説明し、そのオリジナル形式のファイルを一般的に利用される汎用の動画ファイルの形式に変換を簡単に行うアプリのご紹介をさせていただきます。

また、iOS11以降のバージョンにて実装された新しいエンコード方式であるHEIF/HECVについてもご説明致しておりますので、ご参考までにご一読下されば幸いです。

スポンサードリンク

iPhoneで対応している動画形式

iPhoneにて動画撮影を行った場合、特に設定変更を行っていなければiPhoneでサポートしているmp4、m4v、movの3つエンコード方式(各形式については事項にて説明しています)からmov形式が選択されて内部に格納されます。

これらの動画ファイル形式の中でmp4は一般的に広く知られている動画ファイルの形式となりますが、m4vとmovの2つの形式はApple社の開発した独自の拡張形式となりますので、Apple社製品以外のデバイスに関して再生の互換性はあまり良いとは言えません。

但し、メーカーの独自拡張形式の動画ファイルであっても本記事にてご紹介するファイル形式変換アプリをご利用いただく事で汎用的な動画ファイルの形式として利用可能となりますから、あまり問題にはならないとお考えいただければと良いのではないでしょうか。

mp4

mp4という拡張子が付くファイルは、MPEG-4という形式で圧縮された動画データを格納する動画ファイル形式の1つとなります。

静止画や字幕といった画像系データ、MPEGにより定義されているデジタル音声情報と動画情報を1つのファイルにまとめて保存可能なコンテナ形式を採用しています。

Apple社の持つ技術であるQuick Timeのファイル形式をベースに策定されたISO/IEC 14496 Part 12からの派生フォーマットとなる為、従来のQuick Timeの実装と同様な構造を持っています。

動画は勿論ですが、各種マルチメディアファイルを交換や編集を目的とされて開発されたものなので、各種デバイスで特に設定等も不要となり多くの再生アプリにて再生可能な非常に汎用的なファイル形式と言えます。

なお、mp4ファイルにはMPEG-4以外にMPEG-1やMPEG-2といった形式の異なる動画ファイルの格納にも対応しており、デジタル音声ファイルとなるAACやMP3ファイル、静止画データファイル形式のJPEGやPNGァイルも多重化して格納することも可能です。

m4v

m4vという拡張子が付くファイルは、前項でご説明したmp4形式のファイル規格をApple社にて拡張し、Apple TV等のアプリにてサラウンド音声のDolby AC3を利用できるようにしたものです。

具体的にはmp4に実装可能な音声ファイル(mp3やaac等)のオーディオトラックにDolby AC3を追加できるように機能拡張しています。

そのような理由からm4vファイルを再生するには、Apple TV、iPhone、iPad、iTunes等のApple社の製品が適していると言えます。

また、m4vはmp4からの仕様変更したものとなりますが、動画ファイルを格納する形式はそのままで音声データの格納部分のみの変更となりますので、ファイル拡張子をmv4からmp4に変換しても再生する事が可能です。

そのような対応を行った場合にはサラウンド音声を再生する事は出来ませんので、高い音質を求める方であればm4v対応のデバイスをご利用下さる事をおすすめします。

mov

movという拡張子が付くファイルは、Apple社が開発した動画・音声再生アプリのQuick Timeにて再生する事が出来る動画ファイルとなります。

以前はMacで利用されていた形式ですが、iPhoneにて撮影された動画ファイルは標準でこちらの形式が適用されますので、見覚えのある方は多いのではないでしょうか。

このmovファイルを再生するにはApple社の製品にてQuick Timeを利用すれば問題はありませんが、このファイル形式では再生する事が出来ない環境もまだありますので、mp4等の汎用的な形式に変換して共有等を行うといった対応が必要になります。

なお、movファイルを再生する為の適切なコーデックをデバイスにインストールすればmovファイルの再生は可能となりますが、ある程度の知識と手間が掛かりますので可能で、可能であればアプリを利用してmp4等の汎用形式ファイルに変換してから共有等を行っていただく事をおすすめします。

次ページ:新しい形式HEIF/HEVC

新しい形式HEIF/HEVC

iOS11から新たに実装されたエンコード方式のHEIF/HECVですが、広く普及しているエンコード方式のmp4と比較してどのような違いがあるのでしょうか。

HEVCは、ITUと呼ばれる国際機関により策定された新しい動画圧縮に関する国際標準となります。

次世代の動画圧縮規格として高精密画像配信(4K、8K放送等)に利用される事が想定されている新しい技術となり、既に日本の4K放送やUltra HD Blu-rayで採用されている技術としても採用されている事をご存じの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

このHEVCを利用したものがHEIFとなり、その他の新しい技術も組み合わせて従来の動画ファイルのサイズがおおよそ半分になる新しいフォーマットとして利用される事となります。

HEIF/HEVCとは

HECVは正式には「H.265/MPEG-H HEVC」と呼称され、先にご紹介した通り次世代の動画圧縮の国際規格として策定されたものとなります。

技術的な特徴としては、MPEG-2に比較してデータ量が1/4程度に圧縮されるという事やH.264に比べて圧縮率が40%向上するといった機能的な改善が行われています。

身近な例としては、iPhoneのカメラで撮影する静止画や動画の効率が約2倍(言い換えると同一の画質レベルであれば2倍の容量が利用可能)になるといった事であれば分かりやすいのではないでしょうか。

このような高機能化には新しい周辺技術も活用されていますので、一度に多くの処理を行えるスペックが要求される事になります。

先にご説明したHECVの技術を活用しているものがHEIFとなります。

HEIFはHigh Efficiency Image File Format の略称で、こちらも画像ファイルフォーマットとなり国際規格の1つとなります。

HEIFそのものはコンテナでもあるので、その画像圧縮方式は複数のものが利用可能です。

圧縮方式にHEVCを利用した場合にはファイル拡張子は「.heic」となり、H.264が利用された場合には「.avc」、その他の方式を利用した場合には「.heif」となります。

HEIF/HEVCのメリット

この新しい動画・画像圧縮方式の大きな利点は同一の画質であればそのサイズが小さくなる事でデバイス内の利用容量が増加すると点にあります。

データを格納する容量は多ければいろいろな使い道を考える事が出来ますので、この点は多くの利用者にとってメリットとなる筈です。

また、この高効率の圧縮技術にて生成されたファイルを「Twitter」や「Instagram」といったSNSにて写真を共有する際にはiOS11の機能にて自動的に汎用的なデータ圧縮形式となるJPEGに変換されて共有されますので問題はありません。

また、技術的な観点となりますがHEIFはファイルサイズの削減という点に加えて連写画像を1ファイルとして保存する事や画像データと動画データを同じ1ファイルとして保存するといった事も可能なので、一種のフォルダといった利用方法も出来る事となります。

HEIF/HEVCのデメリット

技術的には非常に優れた特徴を持つHEIF/HEVCですが、これらを実現する為には従来に比較してより多くの複雑な演算処理を瞬時に行えるCPUパワーが必須となります。

そのような理由から、比較的新しいiPhone7から画像・動画ファイルのフォーマット形式として採用されているのではないでしょうか。

考慮する点として、iCouldフォトライブラリをご利用されている方ではiOS11以降のデバイスからのアクセスであればHEIF/HEVCをそのまま処理できますが、iOS11以前のデバイスや未対応バージョンのMac等からのアクセスではプレビューしか見る事が出来ないという状況になってしまいます。

また、新しい技術となりますのでWindows環境では最新のアップデートを行った上でHEIF/HEVCに対応する拡張機能「HEVC Video Extention」をインストールする必要がありますので、広く一般的に普及されるまでにはもう少し時間が掛かるのではないかと感じます。

なお、HEIF/HEVCでの処理負荷の高い画像・動画処理を行う必須要件として、第7世代 Intel Coreプロセッサの利用があげられている点もご注意下さい。

次ページ:切り替え方法

切り替え方法

HEIF/HEVCの新しい形式(フォーマット)を選択可能となるのは、iOS11以降を搭載しているiPhone7以降のモデルとなります。

それ以前のモデルにおいては撮影時に保管形式の選択肢にHEIF/HEVCが表示されません。

※これは高い処理負荷が掛かるHEIF/HEVCの処理要件によるものではないかと考えられます。

フォーマットの切り替えは特別な設定を行わなくてもiPhoneでの撮影時にデフォルトの保存形式としてHEIF/HEVCが設定されています。

切り替え手順は、iPhoneのホーム画面から設定をタップし、カメラを選択します。

カメラ設定のメニューが表示されると、その中に「フォーマット」という項目がありますので、それをタップして下さい。

その「フォーマット」が展開されますと「高効率」と「互換性優先」の2つの選択肢が表示されている筈です。

「互換性優先」を選択した場合には静止画は「JPEG」形式で保存され、動画は「H264」形式で保存されるので従来と変わりません。

「高効率」を選択した場合には静止画は「HEIF」形式にて保存され、動画は「HEVC」形式で保存される事となりますので、HEIF/HEVCに対応したデバイスであれば形式変換を行わずに再生等が可能となります。

動画形式を変換できるアプリ3選

iPhoneにて撮影されたHEIF/HEVC形式のファイルは、iPhoneやiPadもしくは一部のグラウトストレージへの転送ではオリジナルの形式が保たれますが、SNS等での共有時には自動的に汎用のファイル形式に変更されます。

その為、グラウトストレージ等に格納されたオリジナル形式の動画ファイルの再生が行おうとしても、再生するデバイスにて対応出来ていなければ折角アップロードされた動画を楽しむ事が出来なくなってしまいます。

そういった場合には未対応デバイスに動画ファイルの形式変換を行うアプリをインストールいただければ、HEIF/HEVC形式の動画ファイルをmp4等の汎用形式の動画ファイルへ変換する事が可能ですので、是非ご活用いただければと考えます。

以下によく利用される動画ファイルの形式変換アプリをご紹介させていただきます。

AnyTrans for iPhone

AnyTransの名前はご存じの方も多いのではないかと感じますが、このアプリにてHEIF/HEVC形式のファイル(拡張子が .heic)をJPEG形式のファイルに変換して保存する事が可能です。

手順としては、iPhoneをPCとケーブルにて接続後、AnyTrans for iPhoneを機動するとポータルが表示されますので、その中のカメラを選択後にカメラロールをクリックして下さい。

画像データがリストされる筈ですので、その中から変換を行う画像データを選択し、写真の出力形式の選択メニューで「はい」を選ぶと次画面にてJPEG形式が表示されます。

ラジオボタンでJPEG形式を選び出力先を指定すれば、変換された画像データが出力される事となります。

ビデオコンバータ – ビデオをオーディオに変換する

こちらのアプリは無料で利用できる動画ファイルの形式変換が可能となっていて、幅広い種類の形式に対応している点が特徴でもあります。

各種のオーディオファイルの形式変換にも対応していますので、動画以外でも利用する事が可能となります。

動画変換 – 動画やビデオをmp4に変換して保存できる

簡単で分かりやすいユーザインターフェイスにて操作性は非常に良い動画変換アプリとなります。

対象となる動画ファイルをタップするだけであまり面倒な設定は不要、アプリ側で自動的にファイル形式を認識してくれますので確認する手間も掛からず非常に楽にファイルの形式変換が可能となります。

まとめ

iPhoneでの新しい画像・動画ファイル形式となるHEIF/HEVCについてのご説明とどのようなメリットとデメリットを持つのかというユーザ側での考慮点、ファイルを共有するといった場合には必要となる形式変換ツールのご紹介致しました。

まだ新しい技術である為、iPhone以外のデバイスでは対応が間に合っていないものもありますし、処理負荷が高くなる事でスペック的な要件も考える必要が出てくるといった事もありますが、今後の技術改善により使い易くなる事を期待したいですね。


スポンサーリンク