Home / iPhone / 文字化けを解読するには?iPhoneで起こる文字化けの対策7つ

文字化けを解読するには?iPhoneで起こる文字化けの対策7つ

iPhoneを日常的に使用していると、safariでインターネットブラウジングをしているときやメールの送受信を行う際に文字がうまく表示されない、いわゆる文字化けを起こすことがあります。

文字化けを起こした状態だと、どのように書かれているのかの判断が全く出来なくなってしまうため、文字化けはぜひ解決しておきたいところです。そこで、iPhoneで文字化けが起こってしまう主な原因から、iPhoneで発生した文字化けを解決するための対策を解説致します。

スポンサードリンク

iPhoneで文字化けが起こる原因

まずは、iPhoneで文字化けが発生してしまう原因について見ていきましょう。iPhoneで文字化けをしてしまう原因は、iPhoneに原因があるというよりも、接続しているサーバーやサイトに原因があることが多いです。

それでは内容を詳しく見ていきましょう。

元々サーバーが英語対応で日本語非対応のため

サーバーが英語対応のみとなっていて、日本語に対応していない場合は日本語を読み取ってくれないため、ご入力だと判断されて文字化けが発生してしまうことがあります。

サーバーが日本に非対応だと、コンピュータが文字だと認識してくれないということがあります。そうなると、文字化けを起こしてしまう原因となります。

制作側の使用している文字コードを読み込めていない

safariでWebサイトを閲覧する時は、必ずWebサイトの製作者が機会言語を使ってWebサイトを構築しています。その際に文字コードという文字を認識するための番号が必要となります。

日本でよく使用されている文字コードは4種類ほどありますが、この文字コードの読み取りが不可能な文字コードの場合、閲覧側では文字化けをした状態で閲覧することとなります。

つまり、文字コードによって文字を正しく指定できていないという状態です。この文字コードが原因でサイトの文字を読み込めないということは多くあります。

文字コードとは

コンピュータでは、文字を文字として認識していません。基本的に0と1の2進数の世界で表示する文字が構成されていて、文字を構成するための番号の配列によって文字が表示される仕組みとなっています。

文字コードとは、その2進数で構成された文字を表示するための規約という役割を果たします。この文字コードはいくつか種類があるため、Webサイトを構築していて文字が正しく表示されない場合は別の文字コードを使うことをおすすめします。

また、文字コードはWebサイトの製作者が指定して使うもののため、Webサイトを読み込めないからといって閲覧側で文字コードを変更することはできないため注意しましょう。

ガラケーとの互換性によるもの

ガラケーとメールを行うと、文字化けを起こすことがあります。メールに返信を行うと文字化けをしてしまうことがよくありますが、これはガラケーとiPhoneの互換性によるものです。

ガラケーとiOSではOSの構造が大きく異なるため、互換性があまりありません。そのため、メールのやり取りをした際に文字化けが発生してしまうことがあります。ガラケーの機種依存文字を使用している場合などは文字化けがよく発生してしまうため、ガラケーとの互換性はあまりありません。

そのため、ガラケーとメールをする際には機種依存文字を使わないように注意してメールを行いましょう。

ブラウザ(サファリ)が文字化けしてしまう場合の対処法

それでは、iPhoneで文字化けをしてしまう際の対処法について解説致します。iPhoneでの文字化けは、safariを利用している際の文字化けとメールを利用している際の文字化けに分けられます。

まずは、safariを使用している際に発生する文字化けの対処法を見ていきましょう。

「文字コード選択」アプリをダウンロードする

上記でも解説したように、Webサイトでは文字コードを使って文字を表現しています。コンピュータは文字を文字として認識しているわけではなく、2進数の数列で認識しています。

この文字コードが噛み合わないことでWebサイトの文字が正しく表示されないということがありますが、iPhoneの場合は閲覧側で文字コードを選択することができるユーティリティアプリが存在します。

文字コードを閲覧側で変更することによって、制作側の文字コードを正しく認識することができれば、safariの文字化けが解消されるようになります。

次ページ:「Yahoo!翻訳」を活用する

「Yahoo!翻訳」を活用する

safariで文字化けした状態で表示されたサイトのURLをYahoo!翻訳に入力して、英語から日本語に翻訳をすると症状が改善されることがあります。対処法の1つなのでこの方法で解決しないこともありますが、safariで文字化けをしてしまった際には試してみて下さい。

他のブラウザアプリをダウンロードし利用する

インターネットを閲覧するためのブラウザは、safariの他にもたくさん存在します。GoogleChromeやドルフィンなどが有名で、そちらを使うことによって文字化けが改善されることもあります。

ブラウザが原因の場合は、他のブラウザを利用することで文字化けが改善されます。

キャッシュやクッキーを消去する

ブラウザには、キャッシュやクッキーといった一時保存ファイルがたくさん保存されています。よく、一度開いたURLやWebサイトの名前が紫色に表示されることがありますが、あれはキャッシュという一時保存領域にWebサイトのデータを一時的に保存して次回から表示しやすくするという機能が働いているからです。

ブラウザにはこれらのデータが溜まった状態になってしまっているため、そちらを一度削除すると文字化けの症状が改善される見込みがあります。

iPhoneの初期化を行ってみる

どうしてもsafariやインターネットブラウザでの文字化けが改善されないという場合は、一度iPhoneの初期化を行ってみましょう。初期化を行う際は、必ずiTunesやiCloudにバックアップを取り、後で復元が行えるようにしましょう。

メールが文字化けしてしまう場合の対処法

続いて、メールが文字化けしてしまう際の対処法について解説致します。iPhoneのメールを活用していると、受信したメールが文字化けをしていて読めないと言った不具合が発生することがあります。

また、送信したメールが文字化けをしていて相手がメールを読めないといった不具合が発生することもあります。そこで、それらの対処法を3つピックアップして解説致します。

webメールの文字化けならsafariでメールを開く

webメールが送られてきて文字化けをしている場合は、safariでメールを開いてみましょう。例えばGmailを受信して文字化けが発生している場合は、safariやGoogleChromeからGmailを開いて文字化けがあったメールを開くと、文字化けが解消されていることがあります。

送信したメールが文字化けしている場合は文字コードを指定する

送信したメールが文字化けをしてしまっていて相手が文字を読めないという場合は、文字コードを指定するという方法があります。文字コードを「UTF-8」に指定すると、文字化けのリスクを減らすことができます。

方法は、本文中に「◉」(まる)などの「UTF-8」が自動的に選択される文字を含めるようにしましょう。こうした特殊記号を入れることで、送信メールが「UTF-8」となります。

文字化け解読サイト3選

日本人 男性 男 男子 Men スーツ 背広 仕事 Job 働く サラリーマン 就労 労働 勤労 勤務 ビジネス  業務 お仕事 会社 オフィス 事務所 通勤  携帯 ケータイ スマホ Iphone 電話 通話 会話 困る 考える 悩む 屋内 室内 白背景 20代 30代 ビジネスマン mdjm001

最後に、文字化けを解読するためのサイトを3つご紹介致します。Webサイトが文字化けをしている際や、メールが文字化けをしている際はご自分で解読することで文字として認識できるようになります。

もじばらけった

愛らしいイラストが特徴的な「もじばけらった」では、文字化けをしてしまっている文章を入力フォームに貼り付け、「ばけらったー!」というボタンをクリックするだけで文字化けを会得してくれます。

タブから文字コードを指定することが可能となっているため、解読されるまで文字コードを指定しましょう。

エンコードマニアックス

エンコードマニアックスでは、文字化けの解読だけでなくエンコードやデコードを行うことが可能となっています。上記でご紹介した文字化け解読サイトと同じように入力フォーム文字化けした文章を貼り付けるだけで解読してくれます。

文字コードはプルダウンメニューから選択することが可能で、デフォルトでは「UTF-8」となっています。

文字化けテスター

文字化けテスターはかなりシンプルなUIとなっていて、どなたでも使いやすい構造となっています。入力する文字コードと出力する文字コードを選択できるようになっているため、文字化け解読の幅が広くなっています。

まとめ

iPhoneを使っていて文字化けをしてしまうことは稀にありますが、今回こちらでご紹介した方法を試すことで文字化けを解読することができるようになります。文字化けが改善されないという場合でも、文字化けを解読するためのサイトも存在しています。

今回は、safariで文字化けをしてしまう場合、メールで文字化けをしてしまう場合に分けてご紹介致しました。もしiPhoneで文字化けをしてしまって正しく文字を認識できないという場合は、是非参考にして下さい。


スポンサーリンク