Home / iPhone / iPhoneのMMS/SMS/iMessageの設定方法と使い方

iPhoneのMMS/SMS/iMessageの設定方法と使い方

iPhoneでは、「メール」の他にも気軽にコミュニケーションを取れるアプリとして「メッセージ」がインストールされています。「メッセージ」では複数の方法でメッセージを送受信することが出来て、それぞれに若干異なった役割を果たします。

「メッセージ」では、「MMS」「SMS」「iMessage」という3つの方法でメッセージのやり取りを行うことが出来ますが、例えば文字数制限があったり、絵文字を使えるか使えないかという違いがあったりと、細かな違いが多くあります。

そこでこちらでは、iPhoneで使える「MMS」「SMS」「iMessage」にはどういった違いがあるのか、またそれぞれの設定方法や使い方などについて解説致します。

スポンサードリンク

iPhoneのMMS/SMS/iMessageの基礎知識

まずは、iPhoneの「MMS」「SMS」「iMessage」のそれぞれの違いについて解説致します。それぞれの違いを把握することでシーンに合わせたメッセージの利用が行えるようになるため、まずは違いや特徴といった「MMS」「SMS」「iMessage」の基礎知識について見ていきましょう。

iPhoneのMMSとは

まず、iPhoneのMMSではほとんどメールの様に使うことが出来ます。送信するためには相手の電話番号やメールアドレスのどちらかが必要となるため、電話番号だけを知っている場合でも送信可能です。

iPhoneのMMSではテキストだけではなく写真などのファイルも添付することが出来るため、メッセージを利用してファイルの送信も行いたいという方におすすめの方法です。

iPhoneのSMSとは

続いてご紹介するiPhoneのSMSとは、相手の電話番号宛にテキストを送信する方法です。文字数制限もあるため、相手先の電話番号だけを知っている状態で簡単なメッセージのやり取りを行いたいという方におすすめの方法です。

iPhoneのiMessageとは

最後にご紹介するiMessageは、iOSを搭載した端末間のみでチャットのようにメッセージのやり取りが行える方法です。Wi-Fi接続や3G/4Gに接続していればiOS端末間でメッセージのやり取りを簡単に行なえます。

LINEのように簡単にチャットを行うことが出来るため、これまでのメッセージのログが見やすくて速いレスポンスも期待できます。

iPhoneのMMSとSMSの違い

50代 中年 中高年 シニア ポーズ 白背景 白バック 白髪 しらが グレー グレーヘア 短髪 父 お父さん おじさん おじいさん おじいちゃん 目上 セーター 白いセーター 私服 プライベート 顎 手 当てる 考える はてな クエスチョン 日本人 男性 男 mdjms013

次に、iPhoneのMMSとSMSの細かな違いについて解説致します。違いについて知ることで、目的に合わせてどちらを利用するか選択することが出来るようになります。

それでは内容を見ていきましょう。

SMSは文字数制限がかかる

iPhoneのSMSには、一度に送れるテキストの文字数制限があります。文字数は最大70文字となっているため、一度に送る文章は短文である必要があります。MMSは文字数ではなく一回あたりの通信量(auの場合最大3MB、ソフトバンクの場合最大2MB)の制限があります。

SMSはMMSとは異なりテキストのみのやり取りとなるため、通信量の制限ではなく文字数の制限があります。ちなみにiMessageは通信量や文字数の制限がありません。

そのため、iPhoneのSMSを利用する際は最大70文字という文字数制限に気を付けましょう。

SMSは送信毎に料金がかかる

iPhoneのSMSを利用するためには、1通あたり3円という料金が発生します。こちらは通話料とは別で発生する料金であるため、キャリアで通話し放題の料金プランを契約していたとしてもiPhoneのSMSでは1通あたり3円の料金が発生します。

ただし、同じキャリア間であれば無料で送受信を行うことが出来ます。iPhoneのMMSの場合は、1通あたりの料金は発生しませんが、パケット代金などの通信費が発生します。

絵文字や写真はMMSでしか送れない

iPhoneのSMSはテキストのみ、iPhoneのMMSは絵文字や写真も送れる、という大きな違いがあります。絵文字を使ったり写真を添付したりといった、メールと同じような使い方をするのであれば、iPhoneのMMSがおすすめです。

SMSは電話番号、MMSはメールアドレスで送信する

iPhoneのSMSは、相手先の電話番号宛にメッセージの送信を行います。ところがiPhoneのMMSの場合、メールアドレス宛にもメッセージを送信することが出来ます。

MMSはもちろん電話番号宛にも対応しているため、絵文字や写真といったメディアの添付であったり、送信先の情報であったりといったメッセージの自由度で比較すると、MMSの方に軍配が上がります。

iPhoneのMMSとiMessageの違い

おすすめ オススメ お勧め 女性 ポーズ 日本人 人物 20代 白背景 爽やか さわやか 上半身 黒髪 白バック 屋内 室内 一人 カジュアル 白 ホワイト かわいい 両手 戸惑い 困惑 腕組 疑問 疑惑 考え中 口 手を当てる mdjf009

続いて、iPhoneのMMSとiMessageの違いについて解説致します。SMSはテキストのみで文字数制限があり、さらに異なったキャリア間でSMSの送信を行うためには1通あたり3円といった料金が発生するという特徴がありました。

MMSとiMessageは似ていますが、どのように役割が異なるのでしょうか。それぞれの違いと特徴を見ていきましょう。

iMessageは既読確認ができる

iPhoneのiMessageでは、既読の確認を行うことが出来ます。MMSは既読が付かない仕様となっているため、メッセージを送信した相手がメッセージの確認を出来ているのかということが分かりません。

ですがiMessageではLINEのように既読確認を行うことが出来るため、メッセージのやり取りが円滑になります。

iMessageはAndroidでは使えない

iMessageは、iOSを搭載した端末同士でメッセージのやり取りを行うことが出来ます。そのため、Androidを搭載したスマホにはメッセージを送信することが出来ません。

SMSやMMSはAndroid端末にもメッセージを送信することが可能ですが、iMessageの場合はiPhone同士やiPhoneとiPadなどのiOS搭載端末同士のみのやり取りとなります。

iMessageはAppleID、電話番号、メールアドレスで送信できる

iMessageは、相手先のメールアドレスや電話番号を知らなくてもAppleIDを知っているだけでメッセージのやり取りを行うことが出来ます。メールアドレスや電話番号といった直接的な連絡先を知らなくてもメッセージのやり取りを行えるため、より気軽にiOS端末間でチャットを楽しめます。

iMessageはキャリア回線がなくても送信できる

MMSはキャリアを契約している必要がありましたが、iMessageの場合はキャリアのSIMカードを使っていないiPhoneやiPod touchやiPadでもメッセージを送信できます。

Appleが手がけるiOS端末同士のメッセージ方法であるため、例えば格安SIMでメールアドレスを取得できない場合にもメッセージのやり取りを行えます。

次ページ:iPhoneでMMSを利用するための初期設定方法

iPhoneでMMSを利用するための初期設定方法

iPhoneのMMSは、auとソフトバンクといった2つのキャリアでのみ利用可能となっています。そこで、auとソフトバンクでの設定方法についてご紹介致します。

auのiPhoneでMMSを利用するための設定方法

auのiPhoneでMMSを利用するためには、auのインターネット接続サービスに加入する必要があります。ですが、モバイル通信を行うためには必ず加入サービスであるため、MMSを利用するための特別な設定は特に必要ありません。

ですが初めの設定として、MMSを利用する際に必要となるメールアドレスを登録する必要があります。方法は以下の通りです。

  • 「メッセージ」アプリをタップ
  • ダイアログが表示されるため青文字の「設定」をタップ
  • 画面下までスクロールし、「MMSメールアドレス」に使用するメールアドレスを入力

以上で利用可能となります。

SoftbankのiPhoneでMMSを利用するための設定方法

ソフトバンクも、auと同様に「ウェブ使用料」への加入が必要となります。こちらモバイル通信を行うためには必須となるサービスであるため、auと同様に特別な設定は特に必要ありません。

メッセージアプリを起動して表示されるダイアログから設定に進み、使用するメールアドレスを入力するだけでMMSの初期設定が完了します。

どちらの場合も、メールアドレスを取得することで利用できるようになります。

iPhoneのMMSの基本的な使い方

最後に、iPhoneのMMSの基本的な使い方を解説致します。MMSは使用しているOSに関係なく利用することが出来て、文字数制限もないためメッセージアプリとしての自由度が高いです。

そのため、「メッセージ」を利用する際にはMMSを活用することが多いと想定できます。それでは基本的な使い方を見ていきましょう。

メッセージを送る

メッセージを送るためには、メッセージアプリを起動して相手先をメールアドレスに設定する必要があります。あとはテキストを入力して送信ボタンをタップするだけなので、かなり簡単にメッセージを送ることが出来ます。

画像・動画を送る

MMSで画像や動画を添付する際には、テキストを入力するバーの左にあるカメラアイコンをタップします。すると、フォトライブラリから写真を選ぶかこれから写真を撮影するかを選ぶことが出来るため、お好きな方を選択します。

添付したい画像をタップすると、画像や動画を送信することが出来ます。

ハートなどのアイコンを送る

カメラアイコンの隣にあるハートマークをタップすると、ハートビートというハートなどのアイコンを相手に送信することが出来ます。こちらでは手書きのメッセージを送ることも可能となっているため、遊びのあるユニークなメッセージを送る際には最適です。

ステッカーを貼る

さらにハートマークの隣りにあるAppマークをタップすると、ステッカーを貼ることも出来ます。ステッカーの種類はおおくあり、LINEのスタンプのような感覚で使うことが出来ます。

テキストや画像だけでなくこうしたステッカーも貼ることでメッセージに温度感が出るため、MMSを利用する際は積極的に利用していきましょう。

まとめ

「MMS」「SMS」「iMessage」、似ているようですが、それぞれに異なった特徴があり制限などもありました。それぞれの違いをこちらで知っておくことで、シーンに合わせた最適な方法を選ぶことが出来ます。

MMSはメッセージの自由度も高いため、iPhoneを利用している方は是非使ってみましょう!


スポンサーリンク