Home / iPhone / 文字を打つだけは勿体ない!iPhoneのメモを使いこなす2つの機能

文字を打つだけは勿体ない!iPhoneのメモを使いこなす2つの機能

皆さんは忘れないように何かをメモを書き残ししておいて後から見て思い出すといった事はよくありますでしょうか。

会社やご家庭でもメモ用紙等で連絡したりすることはあるでしょうし、自分自身の備忘録としても使われている方も多いかと存じます。

そのようなメモ書きもメモ自体を紛失したりすると何が書いてあったかが分からなくなってしまいますので、場合によっては通常生活に支障が出てしまう事もあり得るのではないでしょうか。

そこで今回ご紹介する多くの方がご利用になられているiPhoneには電子メモアプリが標準的に搭載されていますので、そちらに記録を残しておけば紛失する事で生活に支障を与える事もありません。

本記事ではiPhoneのメモアプリにはどういった機能があるのかを詳しくご説明させていただきますので、今までお使いになられていなかった方にも是非ご利用いただければと考えます。

スポンサードリンク

メモを編集する際に知っていると便利な機能

iPhoneのメモ機能は単純に電子的なメモだけという訳ではなく、いろいろな機能を持っています。

タイトルを付けて管理する事やメモの編集中にタイトルを表示させておく事が出来ますので、メモの内容が一目でわかるといった事や手書き入力機能により自由なアイデアをメモに書き残すといった対応も可能です。

その他にもいろいろな機能がありますので、以下にご紹介させていただきます。

チェックリストを作成する

メモ機能を立ち上げればそのまま文字入力が可能ですが、文字入力の上部にあるアイコン「チェックマーク」をタップするとその行はチェック項目として利用する事ができます。

やるべき事を箇条書きにしていただいて、各行の左端にて「チェックマークアイコン」をタップすればその行はチェックリストの1項目として利用可能となります。

各行のチェックマークをタップすると何もない丸からチェックされた丸に変化しますので、ToDoリストのように利用する事が可能となります。

メモの書式を指定する

メモ機能には書式設定もありますので、太字や下線といった強調文字や自動的に段落を下げて箇条書きや番号付けした一覧といった文章を作成する事も可能です。

また、この書式設定にはタイトルを設定する事も出来ますので、設定すればメモ編集中に画面上部にタイトルを表示させる事が出来ますから間違った編集を行わないように気付ける事も利点だと言えます。

ファイルを添付する

メモにファイルを添付する事も可能です。

何かのイベントの開催案内をメモで作成した場合にSafariでお店のホームページリンクをファイルとして添付する場合には、Safari起動画面で画面下部中央にある「共有」アイコンをタップし、表示されたメニューからメモに追加を選択してファイルとしてメモに添付する事が出来ます。

写真やビデオを追加する

文字入力上部の「+」アイコンをタップする事でiPhoneのフォトライブラリに格納している写真やカメラを起動して写真等を張り付ける事も可能です。

例えば、気になるウェブサイトのスナップショットを画像だけで格納するだけでなく、そのサイトに関しての補足情報などのコメント等を入れて一緒にメモとして格納する事も可能なので、どこかのショップなどを知り合いに紹介する時等にはより詳しい情報も共有できるようになります。

メモにスケッチする

メモ機能には文字入力だけでなくデザイン的な入力も可能になっています

自由入力が可能ですので、その時に浮かんだイメージをメモ機能だけでそのまま記録しておけるのは非常に便利ではないでしょうか。

入力するものとしては、鉛筆とペンと蛍光ペンの3つから選択して利用する事が出来ますし、24色の配色も使い勝手が良いのではないかと考えます。

機能的に良いなと感じるものに定規機能があります、これはスケッチで利用できるもので最初は45度の角度で表示されますが、2本の指で定規を操作すると自在に角度が調整できます。

ちょっとした図面を引くといった場合には役立つのではないかと考えられます。

メモですから、そのイメージに補足説明も付ける事も問題なく対応できますので、後から見直しても充分にその時のイメージが浮かび上がってくるのではないでしょうか。

次ページ:メモ機能を使いこなすための便利な機能

メモ機能を使いこなすための便利な機能

前項にてご紹介しましたメモ機能(拡張機能といっても良いと考えますが)に加えて、その他の機能との連携動作等も可能となっています。

Siriにメモを作ってもらう

Siriを利用してメモを取ることも可能です。

Siriに「メモ」もしくは「メモを取って」と音声にて命令すると、Siriから「何をメモしますか?」といった応答後に開始音が鳴りますので、そこからメモ内容をしゃべっていただければメモとして記録されます。

なお、正しく聞き取れない場合もありますのでSiriを利用した記録後の確認は必須です。

メモをフォルダごとにわける

メモの作成時にはデフォルトではiPhone 上の全てのメモとして格納されますが、メモが多くなってしまうとリストから探し出す事も大変です。

そこで利用目的毎にフォルダを作成してそれぞれのメモを個別管理する事で簡単にメモを管理する事が出来ます。

メモ作成画面から画面左上をタップしてメモ一覧をリストすると、右下に新規フォルダと表示されますからそこをタップする事で新しいフォルダが作成出来ます。

メモをロックしてパスワードやTouch IDで開く

メモとは言っても記載する内容によっては他人に見られては都合が悪いといったものもあると考えられますので、そういった場合にはメモ自体にロックを掛ける事で他人に見られる事を回避する設定が準備されています。

設定方法はメモを作成もしくは編集後に画面右上にある共有アイコンをタップすると、次画面にメモをロックするというアイコンがありますのでそのアイコンをタップしていただければ設定は完了です。

設定時にパスワード入力(確認を含めて2回)が必要である事とTouch IDにてロック解除を行うかどうかの設定がありますので、ご利用方法に応じた設定を選択して下されば問題ありません。

ロック設定が行われると、メモが編集可能な状態では南京錠のイメージが開いていますが、ロックを選択するとそのイメージが閉まるので分かりやすいのではないでしょうか。

新機能①書類をスキャンする

メモアプリの新機能として以下にご紹介する機能が実装されています。

まず1つ目は書類のスキャン機能ですが、よく多機能プリンタ等に付属するOCRソフトウェアの簡易版と言える機能を持つものです。

OCRソフトウェアの様に1文字毎に認識するような機能ではなく文字列をそのままデータとして取り込む事になる点が異なります。

今まではカメラなどで撮影しても光の加減では上手く撮影できずに一部が歪んでしまったりして読み取れない場合があるといった事を考えると書類のスキャンの方が見やすいというメリットがあるのではないでしょうか。

スキャンするには

iPhoneのメモ機能にてスキャンを行うには、キーボード上部のツールバーにある「+」アイコンをタップして、次画面にて表示されるメニューの「書類をスキャン」を選択するとスキャンモードに遷移します。

スキャンモードでは黄色の枠を対象となる書類(文字列)に合わせると自動取込み、四隅の丸印を指で移動する事で矩形選択も可能です。

取込み範囲を決めたらシャッターボタンにて内容を保存します。

スキャン結果を保管する

スキャン結果は画面の左下にサムネイル画像で表示されますので、右下の保存をタップすればスキャンを行ったメモに取り込んだデータを張り付けする事で保管されます。

必要に応じて画像を長押しすると表示される共有をタップしてメール添付やラインにて取り込んだデータの共有も可能となります。

新機能②メモに表を作成する

メモアプリでの新機能として2つ目にご紹介するのは表の挿入機能です。

メモに表というのはちょっとイメージが付きにくいのですが、iPhoneのメモには表の追記が可能なので何かの一覧表等を表形式にまとめてメモにしておけば、後から見直しする時も非常に分かりやすのではないでしょうか。

メモに表を挿入

iPhoneのメモ機能で表の作成を行うには、キーボード上部のひょう表アイコンのアイコンをタップすると、縦横各2セルのデフォルトの表がメモに挿入されます。

必要な分のセルを追加する

表の枠外に表示されている「…」アイコンをタップする事で行及び列の追加もしくは削除を行う事が出来ます。

行の追加・削除の場合は横軸、列の場合には縦軸の「…」アイコンをそれぞれタップすると挿入か削除を選択出来ますので、必要に応じて変更する事が可能です。

まとめ

iPhone に実装されたいろいろなメモアプリにて利用出来るちょっと便利な機能をご説明させていただきましたが、メモという単純な機能だけにとどまらず多彩な付加機能によりかなり利用価値の高いツールという感覚で利用できるのではないでしょうか。

単機能毎に見れば限定的ですがメモとしての付加機能であれば充分ではないかと感じますので、是非メモ機能をご活用いただければ幸いです。

 


スポンサーリンク