Home / iPhone / iphone機内モードについて解説!

iphone機内モードについて解説!

iphoneにはユーザーに使いやすい機能が数多く搭載されておりますが、その中で一般的な使い方ではあまり利用頻度が高くない機能として機内モードという機能があります。

文字通りに航空機に搭乗した際に離着陸時やフライト中に利用する航空通信へのノイズ混入や利用者の意図しない航空関係の無線通信への妨害などの悪影響を与えないように設定されるモードですが、使い方によってはiphone をより効率的に使う方法にもなる事をご存じでしょうか。

今回はiphoneにおける機内モードの具体的なご説明と併せて便利な使い方についてもご紹介させていただきます。

スポンサードリンク

機内モードとは

先ずは機内モードとはiphone をどのような状態を指しているのかですが、この設定はiphoneから発信されている電波を全て停止している状態にする事を意味します。通常電話で利用しているネットワークに接続できなくなる事はもちろんですが、Wifi及びBluetoothとGPS・位置情報サービスも含めて全ての通信が利用不可となります。

iphoneにインストールされているアプリ中で通信を必要としないものについては動作に制限はありませんが、実際の利用状況から考えるとかなりの制約になるのはご承知の通りです。ゲームなどでも通信をしながら複数のメンバー間での会話で楽しんだりする事も多いと考えられますので、通信機能が利用出来ない環境では楽しみも半減以下ですね。

目的

このような設定が用意されている目的ですが、文字通り航空機への搭乗中にフライトに必要な通信以外のものが利用される事による正常なフライトに悪影響を与えるような問題の発生を未然に防ぐ事が第一の目的となります。

特に離発着時には航空機と地上管制施設との通信が頻繁に行われる筈ですので、ご旅行などで航空機に搭乗されましたら速やか機内モードへの設定変更をお願い致します。

おやすみモードとの違い

機内モードと似通った機能として、おやすみモードという設定があります。この設定は夜間の就寝中に利用する事を想定しており、設定をオンにしておく事で着信や通知をしないようにする事が可能です。

指定した時間に自動的に設定オン/オフ出来るので使い勝手は良く、iphone自体の通信機能は利用できる事が機内モードとの大きな違いですね。ちなみにこの機能はiphoneがロック状態でないと機能しない点をご理解の上ご利用下さい。

また、おやすみモードの設定状態についてはiphoneのホーム画面上左側バッテリー残量表示の横に三日月マークが表示されますので機会がありましたらご確認下さい。

ご参考までにおやすみモードでも個々の電話番号で着信を受けるようにしたり、設定された時間給内に同じ電話番号からかけ直しされた場合着信するといった細かい制御が可能となります。

なかなか使える機能ではないかなと考えられますし、具体的な活用シーンとしては会議に参加中に掛かってくる電話は原則受けられませんが緊急時(同じ電話番号から数回かけ直しされた場合など)は着信するといった利用方法が考えられます。

ユーザー側から考えられた使いやすさという観点では高い評価がされているiphoneだなと感じさせる機能ではないでしょうか。

電源オフとの違い

機内モードは先にご説明しました通りiphoneの通信環境設定の一つですが、通信機能に限って言えば電源オフの状態と同じと言えます。

ただし、機内モードは個別の通信機能設定も変更する事が可能(Wifiのみ、Bluetoothのみ)ですし、通信機能を利用しないアプリの動作も問題ありませんので、iphoneを全く操作出来ない電源オフとは異なりますね。

iphoneの電源オフはiosのバージョンアップやアプリの動作不具合の解消等であまり行わない方が多いかと存じますが、スマートフォンも機器ですのであまりに長い期間の連続稼働は故障要因の一つともなり得ますのでたまには実施される事をお勧め致します。

設定方法

では、具体的にはどのようにしてiphoneでの機内モードを設定するのかですが、設定は非常に簡単に行う事ができます。

iphoneのホーム画面を表示させた状態で画面下部から上に向かって指でスワイプするとサブ画面として設定画面が表示されます。そのサブ画面の上左側に航空機のアイコンがありますので、そのアイコンをタップして表示をグレーからブルーに変更するだけです。

設定状態の確認はホーム画面の上左側に航空機のアイコンが常時に表示されており、かつiphoneの通信機能を示すアイコン類(回線のキャリア種別名とその電波強度、wifi環境であれば扇形のアイコン)が全て非表示になっていれば機内モードが設定されている状態となります。

機内モードの活用方法

iphoneでの機内モードはどのような状態になっているかをご説明して参りましたが、文字通りに航空機への搭乗中でしか利用できないという制限がある訳もなく、歩かにユーザーにとって有益は使い方というものも存在していますのでどういった形で機内モードを有効利用できているのかを実例も交えてご紹介させていただきます。

バッテリーを長持ちさせる

iphoneを利用していてついつい充電を忘れてモバイルバッテリーを慌てて接続されている方や電力消費量の多いゲームなどで常時モバイルバッテリーを接続して楽しんでいる方などを見るとアプリの面白さやコンテンツの充実度はさすがapple社の製品だなと感心させられますね。

バッテリーの持ちについての良し悪しはアプリなどの利用状況に依存しますが、やはり大きい影響を与えるのはネットワーク網との通信だと考えられます。オンラインゲームが代表的なものですが、常時通信を利用する為にバッテリーに対する負荷もSNSなどとは比較にならないのではないでしょうか。

また、通常利用の待機状態でもキャリアに対して何等かの通信やインストールされているアプリでのアップデート、バグに対する強制パッチの適用等、ユーザーは意識させない様にバックグラウンドでの通信はかなり行われていますので、スマートフォンのバッテリーはそれなりの負荷が掛かっているのではないかと推測されます。

その点、機内モードであればiphoneの通信機能は全てオフとなりますので、ネットワーク網との通信に関わるバッテリーへの負荷は無くなりますのでかなり軽減されます。長い時間充電ができない環境での利用となる場合などには有効な対応策となります。

また、意外と知られていないのですがiphoneが圏外となっている場合にiphoneは最大出力にて接続できるネットワーク網を探し続けてしまいます。これは通信機器としては宿命的なものなのですが、この探索に利用される電力はかなり大きくバッテリーへの負担はかなり大きいものとなります。

厚い壁が多い建物の中心部やアンテナが準備されていない地下施設などまだ圏外となりうる場所はありますので、iphoneの待機画面にて圏外と表示された場合には機内モードに設定していただく事で消費電力はかなり抑えらえる筈です。

その後、通常待機モードへの復帰した場合にはバックグラウンドでの通信が行われると考えられますので、良い通信環境と充電可能な場所でのご利用をお勧め致します。

充電スピードの増加

iphoneユーザーにとって充電スピードも気になるところですが、機内モードの方が通常の待機状態よりも充電するスピードが速くなる事はご存じでしょうか。

調べてみるといろいろな情報があり正しい情報を見分けるのは非常に難しいのですが、通常の待機状態での充電と機内モードでの充電との速度差がどの程度あるのかを実際に計測したデータがありましたので、参考までにご紹介させていただきます。

分かりやすいように充電率5%あたりにかかる充電時間の比較として、通常の待機状態では実測11分強だったのに対して機内モードでの準電では5分弱で充電が終了したとの事ですね。

通常の待機状態でiphoneにインストールされているアプリやアップデートなどのシステムに関連する通信などがどの程度行われていたかにもよりますが、約半分の時間で同じ量の充電が出来る事はユーザーにとって非常に有益ではないでしょうか。

この充電時間の差について考えてみますと、ユーザーが意識していないところでもiphoneとネットワーク網との通信は程度の差はあっても頻繁に行われている事とiphone自体での通信に関する機能を利用する際にはかなりの電力が使用されている事の証明となるのではないかなと考えます。

海外での利用時

機内モードの意外な利用方法の一つとしてご自身のiphoneを海外でもご利用される事が出来る事が上げられますね。

海外の旅行先に到着して航空機から降りれば機内モードは解除しても問題ありませんが、そのまま利用出来てしまうからと言って日本国内での利用と同じように利用してまうと海外の通信キャリアから想定外の通信費用を請求されてしまう事が発生す懸念があります。

これは日本国内でパケほーだいなどの大容量通信の定額サービスと同じようなサービスが海外の通信キャリアでは存在せず、従量課金などで通信利用料が算出されてしまうとこういった不幸な事が起こり得る訳です。

折角の楽しい海外旅行に何かケチがつくようであまり良い気分にはなりませんよね。

そこでそういった事を避けられるちょっとした機内モードの応用テクニックがありますのでご紹介しましょう。

渡航先に到着して航空機を降りられましたら機内モードの解除は行わずにwifi設定のみをオンにしていただく事で通信費用が割高になりがちな海外の通信キャリアへの接続を行わないでiphoneをご利用いただく事が出来ます。

海外にはwifi環境が日本国内に比較して整備されているところが多いと考えられますのでこういった時には是非ご活用下さい。

また、空港にはレンタルでのモバイルwifiルーターのショップがありますので、そういったところからルーターを借りて利用する方法もあります。

レンタルwifiルーターは海外旅行へ出発前となる成田空港でも取り扱いしている様ですので、こちらで先に借りておいた方が日本語での契約や分からない事についての質問も普段通りに会話出来るので安心です。

海外でのレンタルにて契約する際に何かとご心配な方はこちらもご利用いただけますね。定額プランなども準備されている様ですので、海外旅行にて手持ちのスマートフォンをご利用される場合には検討される事をお勧め致します。

映画館で映画鑑賞する時

機内モードはマナーモードとも異なり着信時にバイブレータなども動作しませんので、映画鑑賞の際にも利用いただく事もできます。

映画館ではよく映画の始まる前にスマートフォンなどの電源を落として下さいとのアナウンスがありますが、機内モードであっても実際には電源オフをあまり変わりませんので代用も可能ではないでしょうか。

LINEでの既読を気付かれない

この機内モードでwifiのみをオンにしている場合は、皆様よくお使いになられているコミュニケーションツールであるLINEのメッセージを既読にせず内容を確認できるようになります。

この機能は状況によってはかなり使えるのではないでしょうか、例えばLINEの相手に対してあまり返信したくない時や面倒な時などにかなり有効に使えるのではないでしょうか。

写真や動画撮影時に利用

最近はスマートフォンのカメラ機能の向上に伴ってスマートフォンでの写真撮影や動画を撮ってSNSなどにアップロードしたりする事も一般的になっていますね。

この写真や動画撮影の際にiphoneが通常の待機状態だったりすると電話が掛かってきたりメールの着信にて折角のシャッターチャンスを逃したり一連の動画にブレが生じたりして良いことがありません。

そこで活用できるのが機内モードなのです、wifi機能のみオンにしておけばLINEなどのメッセージは受けられますし電話の着信も受けずに住みますので、撮影に集中する事が出来ます。

ちなみに機内モード設定中に電話が掛かってきた場合には相手には「電波の届かないところに居るか電源が入っていない為、掛かりません」との応答メッセージが流れる事になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか、iphoneのユーザーでもあまり使われていない機能の一つである機内モードについてのご説明といろいろな使い方、なかにはちょっと自己中心的な使い方となるものもありましたが皆様にご活用いただける情報として整理させていただきご紹介してみました。

特にお勧めしたいのは海外でご利用いただく際の想定していない高額な通信費を負担しない方法や普段の使い方の中でも役に立つiphoneのバッテリー充電の高速化は是非ご活用下さればと考えております。

様々な利用方法や今後新しい使い方やサービスも提供されていくスマートフォンですが、やはりユーザーユースという点では良く考えられ非常に高い評価が多いiphoneの今後のさらなる発展に期待したいですね。


スポンサーリンク

Check Also

アプリで簡単~iPhoneで家計簿をつけて貯金を作ろう

今回は、iPhoneに家計簿の …