Home / iPhone / 自分好みにiPhoneをカスタムする方法【設定・パーツ】

自分好みにiPhoneをカスタムする方法【設定・パーツ】

iPhoneはあらゆるケースやカバー、バンパーなどが販売されていますが、やはり自分色にカスタムをして楽しみたいという方も多くいます。iPhoneはエクステリアだけでなく、操作方法までカスタムできるようになっています。

操作方法に関してはエクステリアを変更することなくご自分の好みに合わせて様々なカスタムを行えるようになっています。さらにiPhoneの外装は、iPhoneのカスタムパーツを使うことで自分だけのオリジナルiPhoneを生み出すことも出来るようになっています。

そこで今回は、自分好みにiPhoneをカスタムする方法をソフトウェアとエクステリアともにご紹介致します。

スポンサードリンク

iPhoneを俺色にカスタムできる「Assistive Touch」の使い方

iPhoneの操作方法に関しては、「Assistive Touch」から使い勝手を変更することが可能です。Assistive TouchはiOS11で追加されたカスタムアクションで、これによって使いにくいと感じていた操作感を解決できるようになりました。

「Assistive Touch」を使って一体どんなことが出来るようになるのか、内容を詳しく見ていきましょう。

iPhoneを自分好みにカスタムできる「Assistive Touch」のカスタムアクションとは?

「Assistive Touch」のカスタムアクションとは、iOS11から追加された機能で、iPhoneの操作感を自分好みに使いやすく変更できる機能のことを言います。ホーム画面上に「Assistive Touch」ボタンが追加されて、「ダブルタップ」や「長押し」や「3D Touch」によって呼び出せる機能を割り当てられます。

例えばホームボタンや音量ボタンなどの物理キーが壊れてしまった際にも活躍する便利な機能です。

「Assistive Touch」のカスタムアクションで設定できる機能一覧

「Assistive Touch」のカスタムアクションで設定できる機能はかなり数があるいます。以下にそれらの主な機能ををまとめます。

  • ホーム
  • 通知
  • Siri
  • コントロールセンター
  • 画面ロック
  • ボリュームを上げる
  • ボリュームを下げる
  • ミュート
  • アクセシビリティ
  • マルチタスク
  • スクリーンショット
  • ピンチ
  • 3D Touch
  • ダブルタップ
  • 解析
  • 再起動
  • Apple Pay
  • 画面読み上げ

他にも行える機能はありますが、主な機能を挙げると上記の通りとなります。

「Assistive Touch」のカスタムアクションを設定する方法

日本人 女性 女 女子 10代 20代 大学生 学生 清楚 上品 美少女 キレイ 綺麗 可愛い Cute ロングヘア カフェ 喫茶店 屋外 テラス 電話 メール スマホ ケータイ スマートフォン 笑顔 スマイ 日本人女性 屋外 おすすめ 携帯 mdjf007

「Assistive Touch」のカスタムアクションを設定する方法は、以下の通りです。

  1. ホーム画面から「設定」を開く
  2. 「一般」を開き「アクセシビリティ」にアクセスする
  3. 「Assistive Touch」を選択してオンにする

上記の手順で、「Assistive Touch」をオンにすることが出来ます。「Assistive Touch」の画面から「カスタムアクション」に進むと、「シングルタップ」「ダブルタップ」「長押し」「3D Touch」からアクションを選べるようになっています。

それぞれの項目から割り当てたい機能を選択して、「Assistive Touch」ボタンをホーム画面に表示します。

「Assistive Touch」をアクセシビリティ機能「ショートカット」に登録すると呼び出しが便利

アクセシビリティ機能として「Assistive Touch」ボタンをホーム画面に配置して、あらゆる動作のショートカットを置いておくとiPhoneの操作がかなりスムーズになるため、機能の呼び出しがかなり便利になります。

次の項からは、iPhoneカスタムアクションのおすすめ設定をご紹介致します。

iPhoneカスタムアクションのおすすめ設定 1:Apple pay

まずは、Apple Payです。Apple Payを利用する際に都度Apple Payにアクセスしなくても、シングルタップやダブルタップでアクセスできるようにしておけばすぐに決済を行えるため、かなり便利になります。

iPhoneカスタムアクションのおすすめ設定 2:スクリーンショット

スクリーンショットも、iPhoneでは中々撮影が難しいという方も多いです。そんなときには、長押しにスクリーンショットを配置しておくとスクリーンショットが簡単に撮影できます。

次ページ:iPhoneカスタムアクションのおすすめ設定 3:消音

iPhoneカスタムアクションのおすすめ設定 3:消音

iPhoneをミュートにしたいといったシーンでは、ダブルタップでの消音が便利です。割り当てるアクションはシングルタップでも長押しでも構いませんが、ダブルタップに割り当てておくと誤動作も防げるため便利です。

iPhoneカスタムアクションのおすすめ設定 4:マルチタスク

ホームボタンがあるiPhoneであればマルチタスクにアクセスすることは簡単でしたが、iPhone Xからは画面を下から上にスワイプして止めておくという動作が必要となるため、コツが要りました。

ですがこれもシングルタップなどに設定しておくことで、簡単にマルチタスクを起動して画面を切り替えられます。

iPhoneカスタムアクションのおすすめ設定 5:Siri

Siriの起動も、シングルタップに割り当てておくと便利です。音声認識でのSiri呼び出しも可能ですが、音に気を遣う場面も多く存在します。そういった際には、カスタムアクションにSiriを割り当てておくと良いです。

iPhoneカスタムアクションのおすすめ設定 6:ホーム

iPhone Xからは、ホームボタンが廃止されました。新型iPhoneとなるiPhone Xsシリーズからはホームボタンが一切排除されたため、ホームボタンという存在に慣れ親しんでいる方は使いにくさを感じる点でもあります。

ですが、シングルタップでホームに設定しておくとそれだけで「Assistive Touch」がホームボタンの代わりとなるため、使い勝手がかなり向上します。

iPhoneカスタムアクションのおすすめ設定 7:メニューを開く

メニューを開くを配置しておくと、コントロールセンターや通知やSiriなどあらゆる機能にアクセスすることが出来るようになります。こちらも、カスタムアクションとして配置しておくとカスタムアクションから開ける機能が拡張されるためおすすめです。

誰にも止められない!iPhoneの各パーツを俺色にカスタムする方法

iPhoneは、iPhoneパーツをオリジナルのものにすることでエクステリアもカスタムすることが可能となります。これによって、誰も持っていない自分だけのiPhoneを持てるようになります。

こちらでは、カスタムできるパーツやカスタムパーツを取り扱っているおすすめのショップなどをご紹介致します。

俺色にカスタムできるiPhoneのパーツ 1:フロントパネル+カスタムカラー

カスタムできるパーツとして、フロントパネルが挙げられれます。例えばiPhoneのゴールドやシルバーやローズゴールドを選択しているとフロントパネルは白色となりますが、こちらを黒色のものにカスタムすることでより映像が見やすくなります。

俺色にカスタムできるiPhoneのパーツ 2:バックカバー+カラーカスタム

バックカバーも、カスタムパーツに変更できるようになっています。オリジナルカラーのバックカバーに変更したり、既にあるバックカバーのお好きな色に変更したりすることで、オリジナルの組み合わせを実現できます。

俺色にカスタムできるiPhoneのパーツ 3:ホームボタン

ホームボタンは、iPhoneの物理キーの中でもかなり壊れやすいポイントです。カスタムの目的もありますが、劣化したものを新しいものに交換するという目的もあります。

Touch IDを利用していない方はホームボタンに貼り付けるシールもあるため、ホームボタンのカスタムの幅はかなり広いです。

次ページ:iPhoneパーツをカスタムしたい時のおすすめショップ 1:アイキングモバイル

iPhoneパーツをカスタムしたい時のおすすめショップ 1:アイキングモバイル

人物 女性 日本人 若い 20代 セーター ニット カジュアル モデル かわいい キュート ポーズ おすすめ 屋内 白バック 白背景 上半身 仕草 表情 笑顔 携帯 スマホ スマートフォン 電話 メール OK 了解 大丈夫 サイン 合図 ジェスチャー 笑顔 mdjf005

それでは、iPhoneパーツをカスタムしたい時のおすすめショップをいくつかご紹介致します。初めにご紹介するのは、カスタムパーツを多く取り扱っている「アイキングモバイル」です。

こちらはインターネット上での販売や受付がメインとなっていて、カスタムパーツの種類がかなり豊富にあります。iPhoneのパーツをカスタムしようと思ったら、まず「アイキングモバイル」にアクセスすることをおすすめします。

iPhoneパーツをカスタムしたい時のおすすめショップ 2:モバイルハウス

続いておすすめするのは、実店舗も構えているモバイルハウスです。実店舗は渋谷と新宿にかまえていて、iPhoneの水没修理や脱獄までサポートしています。カスタムパーツももちろん豊富に取り扱っていて、郵送での取引にも対応しています。

iPhoneの修理だけでなく買い取りも行っているため、iPhoneがもし不要になった際はモバイルハウスに電話をかけてみましょう。

iPhoneパーツをカスタムしたい時のおすすめショップ 3:MOBAMOBA

最後にご紹介するのは、池袋に実店舗を構えているMOBAMOBAです。カスタムを請け負っているだけでなく、iPhoneの持ち込み修理や郵送での修理も請け負っているため、iPhoneで困っている際は相談をしたいショップです。

iPhoneパーツをカスタムする時の料金相場

iPhoneパーツをカスタムする際の料金相場は、パーツやiPhoneの種類によってまちまちといったところです。ですが、画面割れでiPhoneを修理する際は液晶パネルの購入代金も含めておおよそ15,000円程度あれば修理が可能です。

SIMトレイなどは100円程度で販売しているケースもありますが、液晶パネルやLightningコネクタとなるとパーツの金額が高額になります。

iPhoneパーツをカスタムする時の注意点

iPhoneパーツをカスタムする際は、基本的に全て自己責任となります。iPhoneのパーツカスタムによってiPhoneが故障してしまったという場合は、iPhoneのサポート対象外となってしまいます。

そのため、iPhoneに保存しているデータのバックアップなどを確実に行っておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は自分好みにiPhoneをカスタムする方法についてご紹介致しました。

iPhoneは、どなたでも直感的で使いやすいスマホとしてかなり人気がありますが、やはりご自分の好みに合わせてカスタムが出来るという楽しみもあります。

Androidスマホのエクステリアとは異なり、iPhoneの場合は市場に流行しているパーツの数がかなり豊富にあるため、カスタムパーツショップでお好きなパーツを組み合わせるだけでも楽しめます。

またiOS11から「Assistive Touch」という操作感をカスタムできる要素も追加されたため、iPhoneがこれまで以上に使いやすくなります。是非「Assistive Touch」を活用して、iPhoneの使い勝手を向上させましょう。


スポンサーリンク