Home / iPhone / iPhoneの壁紙の上手な設定方法

iPhoneの壁紙の上手な設定方法

 

iPhoneのホーム画面などに表示される壁紙は自分で自由に好きな画像を設定することもできます。また、サイズが合わない場合なども対応することが可能です。

本記事ではiPhoneの壁紙を上手に設定する方法についてご紹介していきます。iPhoneのホーム画面などの壁紙を自分好みにカスタマイズしたいと考えている方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

スポンサードリンク

iPhoneの壁紙の基本的な設定方法

iPhoneの壁紙の基本的な設定は、標準アプリの「設定」アプリから行うことができます。「設定」アプリを開いたら、「壁紙」を選択しましょう。

現在の壁紙の状況と「壁紙を選択」という項目が表示されますので、「壁紙を選択」をタップします。Appleで標準で用意されているものと、自分の写真データから壁紙を選ぶことが可能です。

Appleの標準で用意されているものについては「ダイナミック」と「静止画」の二種類があり、ダイナミックを選択した場合は、ホーム画面の壁紙が動く仕様になります。

壁紙を選択した後は、画像の移動と拡大縮小をして設定を完了する手続きをしていきます。画像の移動は非常に簡単でシングルタップをしながら移動させたい位置に画像を移動させることができます。

また、拡大縮小についても通常の操作通りにピンチイン/アウトをすることで画像の拡大縮小をすることができます。移動と拡大縮小が終わりましたら、右下の「設定」ボタンを押して手続きを完了してください。

この時に「ロック中の画面に設定」「ホーム画面に設定」「両方に設定」の三つの選択肢が出てきます。「ロック中の画面に設定」については、スリープモードからiPhoneを起こした時に表示される画面の壁紙に設定するという意味になります。「ホーム画面に設定」を選択すると、iPhoneのアイコンが並ぶホーム画面の壁紙として設定することができます。「両方に設定」を選択すると、ロック画面、ホーム画面の壁紙どちらにも設定することが可能です。

この手順を実行することにより、自分の好きな画像を壁紙としてiPhoneに設定することができるようになります。

iPhoneの壁紙サイズがうまく調整できない場合

iPhoneの壁紙はiOS7以降、視差効果という設定が追加されました。視差効果はiPhone端末の傾きと連動して、背景の壁紙画像が移動するというものです。そのため、iPhoneのホーム画面の壁紙などに設定した画像は通常より余裕を持たせるため大きくなってしまう影響があります。

この影響をなくし、自分の思うようなサイズで壁紙を設定したいという場合には視差効果をオフにするということが必要になります。標準アプリである「設定」アプリを開いたら、「一般」をタップし、「アクセシビリティ」をタップします。表示された「視差効果を減らす」という選択をオンに切り替えます。

視差効果を減らすことによって、自分の思うサイズでiPhoneのホーム画面などの壁紙を設定することができるようになりますので、気になるという方は上記の設定をしてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?iPhoneのホーム画面やロック画面の壁紙は自分に自由に設定することができます。また、iOS7以降は視差効果と呼ばれるiPhone端末の傾きによって壁紙画像が移動するという機能が追加されておりますが、この効果を減らすことによって、自分の思うようなサイズに壁紙画像を設定することができます。

ほぼ毎日使用するiPhoneですが、壁紙画像を変えるだけで気分も変わるものです。しばらく壁紙画像を変えていなかったな、という人は本記事を参考に壁紙を変更してみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク

Check Also

アプリで簡単~iPhoneで家計簿をつけて貯金を作ろう

今回は、iPhoneに家計簿の …