Home / iPhone / 簡単に解決!iPhoneが充電できない時に実践すべき対処法7つ

簡単に解決!iPhoneが充電できない時に実践すべき対処法7つ

このところ急激な勢いで普及しているiphoneですが、充電が追い付かないという声も多く聞かれています。

通常であれば、充電するためのケーブルをつないだ途端に音がして、充電が始まるものですが、何らかの理由で充電ができない場合があります。

この場合、iphone自体が故障していることも可能性としてありますが、たまたま充電できないという場合は、接触不良などの原因も考えられます。

また、バッテリーの劣化も可能性としてあります。iphoneが充電できない際の対処方法について検証してみましょう。

スポンサードリンク

なぜ?iPhoneが充電できない7つの原因とは

iphoneが充電できない原因には、様々な可能性が考えられます。iphone自体に問題がある場合、バッテリーが劣化している場合、または充電するコネクターに問題がある場合などです。

いずれにしても、その原因をはっきりさせることでおのずと対処方法も見えて来るでしょう。まずは充電できない原因から考えてみます。

1.iphone自体に問題

まずはiphone自体に問題がある場合です。iphoneを充電する際には、ケーブルをつなぐとすぐに充電が始まりますが、それが何も作動しない場合にはiphoneそのものに問題がある可能性が高くなるので、Appleなどでの修理が必要となります。

2.iphoneの一時的な不具合が原因

iphoneは一時的な不具合が時折発生します。充電できない場合に、一度、再起動するだけで改善されることがあり、試してみることは必要かもしれません。

3.バッテリーの劣化が原因

には、充電できていても表示されないことがあります。また、バッテリーそのものが劣化してしまうと、充電ができない状況になります。

4.PCのUSBポートやOSタップからの充電が原因

 

iphoneの充電を電源タップ、パソコンのUSBポートからしている場合、OSタップやUSBポートに問題があり、充電ができないことがあります。他のUSBポートからの充電を試してみるか、他のコンセントからの充電を試みてみましょう。

5.充電ポートの接触不良

iphoneの底部にある充電ポートに埃や汚れがつき、充電する際に接触が悪くなっている可能性があります。汚れを取り、綺麗にした状態で再度充電してみましょう。

6.Lightningケーブルの断線

Lightningケーブルは、iphoneの充電器に附属しているコードですが、このコードが断線してしまう場合があります。

ケーブルを束ねたり、織れ曲げてしまっている場合に起こります。他のケーブルで充電できる場合は、ケーブルを交換しなければなりません。Apple純正品がお勧めですが、MFi認定の耐久性の高い商品も多く販売されています。

7.電源アダプタ不良

充電器のコンセントがついている部分が電源アダプタですが、何らかの問題が起こり、充電できないことがあります。他のアダプタを使って充電できるか試してみましょう。lightningケーブルをPCにつないだ場合は充電できるのであれば、電源アダプタの不具合が考えられます。

次ページ:今すぐ使いたいのに…。そんな時に試したい充電されない時の対処法

今すぐ使いたいのに…。そんな時に試したい充電されない時の対処法

仕事中や何かの作業中ですぐにでもiphoneを使いたいのに、充電が切れているということがありますね。少しでも早く充電したい時には、どんな対処方法があるでしょうか?ここではそれを探ってみたいと思います。

1.iphoneを再起動

iphone自体に何らかの問題がある場合、再起動することで解決する可能性があります。再起動してみて充電ができるようであれば、iphoneの一時的な不具合と見て良いでしょう。

2.バッテリー状態を確認

iphoneはバッテリー残量が0になると完全放電状態になり、充電器をつないでもすぐに動作しません。コンセントマークが充電中のマークに切り替わらないこともあります。

この場合は、充電器につないで15分から20分ほど様子を見ます。正常な状態に戻れば、一時的な問題なので、心配はいらないでしょう。

3.USBボートを変えてみる

パソコンにiphoneをつないで充電している場合、USBポートが故障している可能性も考えられます。使っているのとは別のUSBポートを使用して再度充電してみましょう。

4.Lightningケーブルを交換する

Lightningケーブルの故障が原因の場合もあります。その場合はケーブルを交換してみましょう。

5.電源アダプタを交換する

同じように電源アダプタに問題がある可能性もあります。他のコンセントを使用して様子を見てみましょう。

6.充電ポートを確認

iphoneの充電ポートが汚れていたり、何かが挟まっていたりすることがあります。充電ポートを確認し、綺麗な布で汚れを取ることで充電が可能になることも多いようです。

7.iphoneを初期化

いろいろと試しても充電できない場合には、最終手段としてiphoneを初期化して復元する必要が出てきます。この場合は必ずバックアップを取っておかなければなりません。あくまでも最終手段ですので、どうしても充電できない場合のみ行いましょう。

「このアクセサリは使用できない可能性があります」と表示された時の原因と対処法を伝授!

iphoneを使充電する時に、「このアクセサリは使用できない可能性があります」というエラーメッセージが表示されることはないでしょうか。

充電しようと思っても、このメッセージが出て、先に進めないので困るという声が多く聞かれます。そこで、ここでは、この場合の原因と対処方法を紹介します。

原因1.ケーブルがApple純正品でない場合

充電するためのケーブルがApple純正品でない場合、このエラーメッセージが表示されることがあります。一度、純正品で試してみると良いかもしれません。

2.Lightningケーブルの接触不良

充電するためのLightningケーブルに何らかの問題があり、接触不良が起きている可能性があります。比較的多い事例なので、深刻な問題ではありません。

対処法1.Apple純正品を使用する

やはりApple推奨の純正品のケーブルを使用することが一番の解決策と言えるでしょう。金額的には高くつきますが、長い目で見れば、長期的に使えるので純正品を購入しておく方が良いのではないでしょうか。

最近では100均ショップでもケーブルは販売されていますが、それが使えないのであれば意味がありません。

2.充電ポートの確認とケーブルの抜き差し

iphoneの充電ポートが汚れていたり、何かが挟まっている場合もあるので、確認してみましょう。一度、布で綺麗にするだけで解決する場合もあります。

また、ケーブルを抜き差しすることで簡単に改善することもあります。iphoneはちょっとしたことでエラーメッセージを表示するので、慌てず対処しましょう。

まとめ

モバイルバッテリー バッテリー battery MobileBattery 充電 充電器 携帯充電器 リチウム charge チャージ 電池 充電池 スマートフォン スマホ smartphone mobilephone モバイル mobile phone 携帯電話 ケータイ Android アンドロイド ネクサク ネクサク5 nexus nexus5

ここまでiphoneの充電の仕方について検証してきました。人気のiphoneですが、毎年次々と新しい機種が発表され、その機能も進化を遂げています。

しかし、その一方で旧バージョンの方が使いやすかったなどという声も上がっています。Apple社も試行錯誤を重ね、iphoneの機能の向上に努めていますが、様々な問題を抱えているのも事実です。

ただし、毎年開発されるiphoneが確実に進化していることは間違いなく、今後の期待を高めていることは確かでしょう。


スポンサーリンク