Home / iPhone / iTunesがiPhoneを認識しない時の主な原因と対処方法

iTunesがiPhoneを認識しない時の主な原因と対処方法

みなさんはiTunesがiPhoneを認識しなくて困った、ということはありませんか?iTunesは音楽や写真、動画をiPhoneに取り込む、iPhoneのバックアップをとるなど、さまざまなことに使われます。しかし、もしiTunesがiPhoneを認識してくれないと、それらは一切行えなくなってしまいます。

iTunesがiPhoneを認識しなくなると焦ってしまいますね。しかし、その原因を調べて正しい対処を行うことでiTunesがiPhoneを認識しなくなる問題は解決することができます。今回はiTunesがiPhoneを認識しない時の主な原因と、その時の対処方法について開設します。

スポンサードリンク

iTunesがiPhoneを認識しない原因

iTunesがiPhoneを認識しない原因は複数あります。原因によって対処方法も異なるため、問題を解決するためには原因をしっかり把握しないといけません。ここでは、どういった原因でiTunesがiPhoneを認識しなくなるのかを紹介します。

iTunesとパソコンのバージョンが合っていない

iTunesがiPhoneを認識しない原因の1つにiTunesとパソコンのOSのバージョンがおかしいということがあります。iTunesで正しくiPhoneを認識するためにはiTunesとパソコンのOSの両方が最新のバージョンである必要があります。

iTunesやパソコンのOSが最新でない場合はiTunesがiPhoneを認識できないことがあるので、新しいバージョンが出たらすぐに最新のものにアップデートする必要があります。

システム的な不具合が起きている

iTunesのシステムに不具合が起きていることも原因の1つです。iTunesのバージョンをアップデートすると、iTunesに不具合が起きてしまうことがあります。その不具合のせいでiphoneを認識しなくなることがあります。

接続ケーブル、差し込み口に問題がある

ソフトウェアではなく、接続ケーブルや差込口などハードウェアが原因のこともあります。接続ケーブルが断線していたり、iPhoneの差込口が潰れていてうまく差し込めていなかったりすると、iTunesがiPhoneを認識しないことがあります。

また、Appleの純正品でないケーブルでなおかつAppleの認証を受けていないケーブルはiTunesと同期が出来なくなっています。そのためそういったケーブルでiPhoneとパソコンを接続してもiTunesがiPhoneを認識してくれないことがあります。

Driverのバージョンが合っていない

iPhoneをパソコンと接続するためには「Driver」というソフトウェアを使いますが、そのDriverのバージョンが合っていないことが原因で認識されないこともあります。iTunesやパソコンのOSが最新バージョンでないといけないように、Driverのバージョンも常に最新のものにする必要があります。

iTunesがiPhoneを認識しない場合の対処方法

ここまでiTunesがiPhoneを認識しない原因について紹介してきました。ここからは、実際にiTunesがiPhoneを認識しない場合の対処方法について解説します。

iTunesを最新版にアップデートする

iTunesのバージョンが最新でない場合はiPhoneを認識しないことがあります。まずはiTunesのバージョンを確認し、アップデートしましょう。

iTunesのバージョンはメニューの「ヘルプ」->「更新プログラムを確認する」をクリックすることで確認できます。また、アップデートがある場合はそのまま指示に従うだけでiTunesのバージョンアップができます。

MacやOSのシステムのアップデートをする

使っているパソコンのOSにもバージョンがあります。OSが最新のバージョンでないとiPhoneを認識しない可能性があるので、パソコンのOSもアップデートがないか確認し、常に最新のバージョンにするようにしましょう。

Windowsのアップデート

windowsのアップデートはバージョンによって多少勝手が違いますが、ここでは最新であるWindows10の場合について説明します。

まずスタートメニューの設定アイコン(歯車のようなアイコン)をクリックして設定画面を開きます。

設定の右下にある「更新とセキュリティ」をクリックし、Windows Updateのページへ行きます。すると、「更新プログラムのチェック」という項目があるのでクリックします。これでWindows Updateの確認が行われ、もしアップデートがある場合はそのままバージョンアップが行われます。

iPhoneとPCを再起動する

iTunesやパソコンのバージョンが最新なのに認識しない場合は一度パソコンを再起動してみましょう。パソコンを再起動することで認識されることもあります。

また、iTunesやパソコンに不具合がない場合はiPhoneに原因があることがあります。iPhoneに不具合が生じていたり、不安定な場合はiTunesから認識されないことがあるので、一度iPhoneを再起動してみましょう。

iPhoneを再起動するにはスリープボタンを長押ししましょう。長押しすると「スライドで電源オフ」というメッセージが出てくるので、そのメッセージを右側にスライドすることで電源がオフになるので、もう一度スリープボタンを長押しすることで電源がオンになります。

接続するケーブルをAppleの純正ケーブルに変更する

iTunesでiPhoneが認識されないのは接続に使っているケーブルに問題があることがあります。ケーブルを抜き差ししたりすることで認識されることがあります。

抜き差ししても認識されない場合は断線していないか、ケーブルの先端や差込口が潰れていないかなどを確認しましょう。ケーブルが断線していると当然iTunesから認識されませんし、ケーブルの先端やiPhoneの差し込み口が潰れているとうまく接続ができません。

また、ケーブルがApple純正のものかどうかを確認しましょう。純正品でないケーブルの場合はiTunesがiPhoneを認識しないことがあります。他社製のケーブルは純正品と比べると値段が安いですが、その分純正品より品質が劣ることが多いですし、Appleから認証を受けていないケーブルの場合はiTunesがiPhoneを認識しません。

他社製品の中にはAppleから認証を受けているケーブルもあります。認証を受けているケーブルは他社製でも純正品と同様に使うことができます。

iPhoneをiTunesに接続する場合はなるべく純正品を使うようにしましょう。もし他社製のケーブルを使う場合は、Appleから認証を受けたメーカーの製品を使うようにし、100円ショップやインターネットショッピングサイトなどで売られている非認証のケーブルは使わないようにしましょう。

「Apple Mobile Device Support」をインストールする

Apple Mobile Device SupportはWindoesパソコンでiPhoneやiPodといったApple製品をコントロールするためのソフトウェアです。WindowsのiTunesでiPhoneを認識するためにはこのソフトウェアが必要になります。

Apple Mobile Device Supportをインストールすると自動的にダウンロードされます。そのため万が一削除してしまった場合はiTunesをアンインストールし、もう一度iTunesをインストールしましょう。

「Apple Mobile Device Service」を再起動する

Apple Mobile Device ServiceもiTunesでiPhoneを認識するために必要な物なので、このソフトウェアに不具合が起きるとiPhoneが認識されないことがあります。その場合は一度再起動してみましょう。

Apple Mobile Device Serviceを再起動するには、まずiTunesを終了します。また、iPhoneなどの機器がパソコンと接続されている場合は接続を外してください。

続いて、キーボードのWindowsキー(Windowsのロゴがついているキー)とRキーを同時押しし、「ファイル名を指定して実行」を起動します。起動したら、名前のところに「services.msc」と入力し、OKをクリックします。

Windowsパソコンのサービス一覧が表示されます。その中から「Apple Mobile Device Service」を探して右クリック->「プロパティ」をクリックします。

サービスの状態が「実行中」になっているので、「停止」を押してサービスを一度停止させます。サービスが停止したら、その横の「開始」をクリックしてもう一度開始させます。これが終わったらパソコンを再起動しましょう。これでApple Mobile Device Serviceの再起動が完了です。

「Apple Mobile Device USB Driver」をインストールする

Apple Mobile Device USB DriverはiPhoneなどをUSB接続する際に使われるドライバーです。このドライバーもiTunesでiPhoneを認識するために不可欠なものです。

Apple Mobile Device USB DriverもiTunesをインストールした際に自動でインストールされますが、万が一削除してしまった場合は再インストールしましょう。

まず、iPhoneをパソコンと接続します。先ほどの「Apple Mobile Device Serviceを再起動する」時と同様にWindowsキーとRキーを同時押しして「ファイル名を指定して実行」を起動させます。

今回は名前のところに「devmgmt.msc」と入力し、デバイスマネージャーを起動させます。なお、デバイスマネージャーはWindows10ならスタートメニューを右クリックしても起動します。

デバイスマネージャーが起動したら、ポータブルデバイス->Apple iPhoneを右クリックし、「ドライバーソフトウェアの更新」をクリックします。

ドライバーソフトウェアの検索方法を選択する画面になるので、「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します」をクリックします。

ドライバーソフトウェアを検索するフォルダを入力する画面になるので、「C:\Program Files\Common Files\Apple\Mobile Device Support\Drivers」と入力し、次へをクリックします。

ドライバーソフトウェアの検索とインストールが行われるので待ちます。「ドライバーソフトウェアが正常に更新されました」と表示されたらApple Mobile Device USB Driverのインストールが完了です。

iTunesを再インストールしても良い

もし上記の方法でもApple Mobile Device Driverがインストールされなかったり、手順が分からないという方はiTunesを再インストールしましょう。

Apple Mobile Device SupportやQuickTimeなど、iTunesに必要なソフトをすべてアンインストールします。そのあとにiTunesをアンインストールします。iTunesのアンインストールが終わったらAppleの公式サイトに行き、iTunesをダウンロード&インストールします。これでiTunesの再インストールが完了です。

まとめ

今回はiTunesでiPhoneが認識されない原因とその対処方法について解説しました。iTunesでiPhoneが認識されない原因はパソコンやiTunesに問題がある場合やiPhoneに問題がある場合、ケーブルが純正品でないなどさまざまです。

その原因によって対処方法も異なります。iPhoenが認識されない場合はあわてず冷静にその原因を確認し、対処するようにしましょう。


スポンサーリンク

Check Also

bluetoothの接続方法とイヤホンやマウス、キーボードの選び方

スマートフォンからイヤホンを介 …