Home / iPhone / iPhoneを紛失した時の探し方と対応手順、事前準備

iPhoneを紛失した時の探し方と対応手順、事前準備

 

iPhoneを落としてしまったなど、紛失してしまった経験がある方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?iPhoneでは紛失時に位置情報サービスを利用して現在地を調べることができるようになっていますが、利用には事前準備が必要になります。

また、「iPhoneを探す」機能を利用してiPhoneの場所を正確に割り出せた後も、不正に利用される可能性がある場合には対策を即座に実施することが大切になります。

そこで本記事ではiPhoneを紛失した時の探し方と対応手順、事前準備についてご紹介していきます。iPhoneを紛失してしまって困っているという方は、ぜひ本記事を参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

iPhoneを紛失してしまった時の探し方と対応手順

iPhoneを紛失してしまった時には、まずは位置を特定して、状況に応じて利用に制限をかけることが必要になります。

早速紛失時の対応手順について詳細を見ていきましょう。

「iPhoneを探す」機能でiPhoneの現在地を探す

パソコン上でiCloudに接続するか、他のiPhone端末で「iPhoneを探す」アプリを開き、このアプリを利用することで紛失中のiPhoneの現在地を探すことができます。

「iPhoneを探す」アプリを開くとAppleIDとパスワードが求められますので、紛失したiPhoneに登録していたアカウント情報を入力してログインしましょう。

ログインに成功すると、iPhoneの現在地が表示されますので、もし同じ空間内にあるのであればそれは見失っているだけですので、入念に再度探してみましょう。これが行ったことのない場所にあれば、盗難の可能性も視野に入れて即座に利用停止の手続きをとることが大切になります。

「紛失モード」に設定を変更する

紛失したiPhoneが自分の近くになく、取りに行くまでに時間がかかってしまう場合には、iPhoneをまず「紛失モード」に切り替えることが大切です。

「iPhoneを探す」画面に表示されている「紛失モード」をタップし、見つけてくれた人に連絡してほしい電話番号と、お願いのメッセージを入力します。これらの登録をすることによって、紛失したiPhoneはパスワードでロックされ、入力した電話番号とメッセージが表示されます。

また、今後はログインの時に使用したAppleアカウントのメールアドレス宛に、iPhoneが移動するたびに通知が来るようになりますので、状況の変化も把握することができるようになります。

「回線を停止する」場合

また、状況によってはキャリア等の回線を止める手続きをすることも大切になります。位置情報が灰色の点に変わってしまっている場合は、何らかの原因によって電源が切れてしまっている状態を指しています。

これが故意のものである場合、不正に利用される可能性がありますので、契約しているキャリアへ連絡をして回線を止めてもらうようにしましょう。紛失したiPhoneのSIMカードを他端末で利用して、想像以上の額が請求されてしまうケースもありますので、疑わしい場合には早期に対処することが大切になります。

盗難が疑われている場合は「iPhoneを消去」

iPhoneの中には重要な個人情報が多く入っており、他人に不正利用されることは非常に望ましくありません。そのため、iPhoneの紛失が盗難による可能性が高いという場合には、iPhone内のデータを消去する手続きも検討することが必要になります。

iPhoneのバックアップを取っておくことで、後で復元することもできますが、必ずしも元どおりに100%戻るという確約をすることはできないでしょう。しかし、重要な個人情報が内部に入っており、それを利用されることと比較検討し、データの取り扱いを検討することが大切になります。

iPhoneを紛失した事態に備えた事前準備

ここまででiPhoneを紛失した時の探し方と対応手順についてご紹介してきましたが、これらの方法を実践するためには、事前準備が必要になります。

最も重要なことは「iPhoneを探す」機能をオンに設定しておくことになります。この設定を忘れていてしまうと、上記の方法で対応することができなくなります。

「設定」アプリ内の「iCloud」を選択し、その中の「iPhoneを探す」という項目から、「iPhoneを探す」「最後の位置情報を送信」の二つをオンに切り替えておくと良いでしょう。

この設定をしておくことで、いざというときにiPhoneの位置を探し、データの消去等も利用することができるようになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?iPhoneには重要な個人情報が入っているため、紛失してしまった場合には非常に焦ってしまいますよね。

しかし、事前準備をしておくことで、万が一紛失してしまった場合でも位置を特定し、利用を制限し、早急に問題に対応することができるようになります。

事前準備事態は非常に簡単なものになりますので、今日のお昼休みにでも設定してみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク

Check Also

アプリで簡単~iPhoneで家計簿をつけて貯金を作ろう

今回は、iPhoneに家計簿の …