Home / iPhone / iPhoneをバックアップデータから復元する手順

iPhoneをバックアップデータから復元する手順

 
iPhoneにはバックアップ機能があり、取得したバックアップデータからiPhoneを復元することができます。iPhoneの買い替えを行ったり、また急な破損で新しいiPhoneを購入した場合などは、バックアップデータを取得しておけば、後から元の状態に復元することができるのです。

本記事ではiPhoneをバックアップデータから復元する方法についてご紹介していきます。バックアップデータを取得してはいるけれどの様に活用して良いか分からないという方や、iPhoneが破損してしまい急ぎバックアップから復元したいという方は、本記事をご参考にしていただければ幸いです。

スポンサードリンク

iPhoneの復元に入る前の準備

iCloudのバックアップデータからiPhoneをバックアップデータから復元するためには、復元の手続きをする前に主に二つの処理をしておくことが大切になります。

まずは、既存のiPhone端末のデータを全て初期化し、工場出荷時の状態に戻すように設定しましょう。少佐も非常に簡単です。
・iPhoneの「設定」アプリを開き、「一般」をタップ、「リセット」を選択する
・その後、「全てのコンテンツと設定を消去」を選択する

実際にデータを全て初期化する場合には、消去完了まで数分程度の時間がかかる場合があります。また処理のために登録してあるAppleアカウントの情報を求められる場合がありますので、あらかじめ準備しておきましょう。

初期化が完了しましたら、iPhoneのOSを最新版に更新しておきます。これでiPhoneを復元するために設定が完了しました。

iCloudのバックアップデータからiPhoneを復元する

iPhoneのバックアップにはiTunesを使用したものとiCloudを使用したものがあります。まずはiCloudで取得したバックアップデータからiPhoneを復元する方法についてご紹介していきます。

初期化したiPhoneの電源を入れると、初期設定の画面が表示されますので、その中の「iCloudバックアップから復元」を選択します。次の画面でAppleアカウントを求められますので、バックアップを取得したiCloudのAppleアカウントでログインをし、復元したいバックアップデータを選択します。

その後、復元したいアプリや購入データを選択し、復元を実行します。実際に復元が完了するまでには数分かかりますので、Wi-fi等の高速インターネット環境で、ある程度の時間を確保できるタイミングで実行するのが良いでしょう。

iTunesのバックアップからiPhoneを復元する方法

上記ではiCloudのバックアップからiPhoneを復元する方法についてご紹介してきましたが、やはりバックアップの王道は今でもiTunesを使用したものではないでしょうか?

iTunesからのiPhoneの復元は非常に簡単で、iPhoneとバックアップを取得したiTunesが入っているパソコン端末をUSBケーブルでつなぎます。その後、iTunes上のiPhoneの画面で「バックアップを復元」を選択し、復元したいバックアップデータを選択して実行します。

この時、iTunesとiPhoneを最新版にしておかないとエラーが生じる場合がありますので、事前にアップデートしておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?iPhoneのバックアップはiCloud、iTunesと二種類の方法がありますが、どちらの方法でも簡単にデータを復元することができます。

幾つかの注意点に留意しながら、バックアップデータからiPhoneを復元できる方法を学習し、より安全にiPhoneを利用できるようになっていきましょう。


スポンサーリンク

Check Also

アプリで簡単~iPhoneで家計簿をつけて貯金を作ろう

今回は、iPhoneに家計簿の …