Home / iPhone / iPhoneをバックアップから復元できない時の解決方法

iPhoneをバックアップから復元できない時の解決方法

 
iPhoneのバックアップは大変便利な機能ではありますが、万が一バックアップから復元できない状況に陥ってしまったらとても困りますよね。バックアップからiPhoneのデータを復元できないというケースは実は珍しくはないことで、順を追って対応することによって問題を解決することができます。

本記事ではiPhoneをバックアップから復元できない場合の対象方法についてご紹介していきます。バックアップから復元できずに焦っているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

iTunesを最新版にアップデートする

iPhoneのバックアップはiCloudやiTunesから取られているかと思いますが、iTunesから取られている場合、iTunesのバージョンとiPhoneのバージョンを合わせるため、それぞれ最新版のOSにアップデートすることが大切になります。

もし久しくiTunesやiPhoneのOSを更新していないという場合には、一度最新版へアップデートしてみてから、再度復元に挑戦してみてください。

また、iPhoneやiTunesでのOSアップデートが完了しましたら、設定を間違いなく有効にするためにも再起動の手続きをしましょう。その後、USBケーブルで両端末をつなぎ、復元を試してみてください。

セキュリティソフトの設定を確認する

iPhoneにバックアップデータから復元できない場合には、使用しているパソコン端末のセキュリティソフトの設定にかかってしまっている場合があります。

バックアップからの復元にかかるような設定がされていないかを確認s、場合によっては無効化やアンインストールを実施してみましょう。その後、再起動して復元できないか試してみてください。

エラーが表示されている場合はその内容を対応する

バックアップデータからiPhoneの復元を実行し、復元できない場合に明確な理由がわかっている場合には、iTunes上にエラー内容が表示されます。

バックアップが破損しているか互換性がない場合には、iTunesからiPhoneを復元することは難しいため、Appleのサポートに問い合わせをして対応することが必要になります。

USBケーブルを正規品のものに変更する

iPhoneとパソコン端末をつなぐUSBケーブルに問題が生じていると、接続が途中で途切れてしまい、バックアップデータからの復元ができない場合があります。

そのため、USBケーブルに問題があると考えられる場合には、USBケーブルをAppleの正規品に変更して試してみてください。

インターネットの接続状態を確認してみる

iPhoneとiTunesを正確につなぎ、OSを最新版にアップデートしてみて、再起動をしても復元できない問いう場合は、パソコン端末のインターネット回線に不具合が生じている場合があります。

インターネットへの接続が不安定になっていることで、復元処理中に接続が切れてしまい、バックアップデータから復元できないということになる場合があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?iPhoneをバックアップデータから復元できないという場合には様々な原因がありますが、原因に目星をつけて一つ一つ対応していくことで問題を解決することができます。

また、行き詰ってしまった時は、Appleのサポートセンターに問い合わせをすることで、専門知識を有するスタッフがあなたの問題をサポートして解決に導いてくれます。

iPhoneを復元できずに困っている方は、ぜひご活用ください。


スポンサーリンク

Check Also

アプリで簡単~iPhoneで家計簿をつけて貯金を作ろう

今回は、iPhoneに家計簿の …