Home / iPhone / iPhoneの保証の種類と保証内容、加入検討のポイント

iPhoneの保証の種類と保証内容、加入検討のポイント

 

iPhoneの保証サービスにはAppleが提供しているものとキャリアが提供しているオプションサービスがあります。万が一の場合が生じた時に保証に加入しておくことは心強い味方にもなりますが、それぞれの保証内容について理解し、自分に合うプランに加入することが大切になります。

本記事ではiPhoneの保証サービスの種類と内容、比較検討のポイントについてご紹介していきます。これからiPhoneにする方や、新しいiPhoneを購入するという方は、ぜひ本記事を参考にしていただき、iPhoneの保証サービスについて検討いただければと思います。

スポンサードリンク

iPhoneの保証サービスの種類と内容

iPhoneの保証サービスにはAppleが提供しているものとキャリアが提供しているものがあり、保証内容が重複しないためにも、それぞれの保証内容を理解し、適切なプランに加入することが大切になります。

それでは、iPhoneの保証サービスの種類と内容について見ていきましょう。

AppleのiPhoneの保証サービス

Appleが提供しているiPhoneの保証サービスには、製品保証というものと、有料のAppleCare+というものがあります。

製品保証については、購入後1年間、自然故障にのみ、iPhone本体と付属アクセサリーについて保証するものとなります。こちらは期間内であれば何度でも利用することができるものになり、また購入時に自動的に付与される保証となりますので、購入後1年以内に自然故障が発生した場合にはぜひ活用するようにしましょう。

また、Appleが提供している保証サービスにはAppleCare+というものがあります。こちらは有料サービスとなっており、iPhonSEであれば12,800円、iPhone6sであれば14,800円必要になります。

AppleCare+の対象期間は2年め以降であり、自然故障の場合は交換等の対応をしてくれますが、事故や過失による故障については、割引価格での修理となり、また期間も2年目限定となっています。

保証が使用できる回数についても購入後2年間で2回までの保証サービスとなりますので、長期的にサポートしてくれるものではないことに注意しておきましょう。

ドコモのiPhoneの保証サービス

Appleだけでなく、ドコモなどのキャリアでもiPhoneの保証サービスを提供しています。ドコモのiPhoneの保証サービスは「ケータイ保証サービス for iPhone&iPad」と呼ばれるもので、月額600~750円程度の費用を支払うことで加入することができます。加入時のタイミングは購入後14日以内の条件がありますので注意しましょう。

保証対象はiPhone本体のみとなっており、年回2回の制限があります。また、ドコモの保証サービスの内容としては、故障した端末を定額割引での交換という対応になります。

auのiPhoneの保証サービス

auのiPhoneの保証サービスは「修理代金サポート(auスマートパス)」と呼ばれるもので、月額372円から、購入時に申し込むことで加入することができます。

保証対象は本体と付属アクセサリとドコモより広く、また期間は購入後2年間で2回までの制限があります。Auについては、故障内容に応じて規定された金額の見舞金が支払われるという保証サービスになっています。

softbankのiPhoneの保証サービス

softbankのiPhoneの保証サービスは「あんしん保証パック(i)プラス」と呼ばれるもので、購入時に申し込むことで、月額650円で加入することができます。利用制限は6か月に1回と成っており、故障内容に対する規定金額が月額の利用料から割引される形での保証サービスとなっております。

まとめ

いかがでしたでしょうか?iPhoneの保証サービスにはAppleが提供するものとキャリアが提供するもので、加入する場合は保証内容や料金を比較検討することが大切です。

これからiPhoneを購入しようと検討している方は、ぜひ保証サービスについてもどうするかご検討いただいてから、購入しに行ってくださいね。


スポンサーリンク

Check Also

アプリで簡単~iPhoneで家計簿をつけて貯金を作ろう

今回は、iPhoneに家計簿の …