Home / iPhone / iPhoneの液晶保護フィルムと強化ガラスの違い

iPhoneの液晶保護フィルムと強化ガラスの違い

 

iPhoneの液晶を守るフィルムには、代表的に液晶保護フィルムと強化ガラスの二種類があります。それぞれの特徴とメリットデメリットを把握しておくことで、自分の用途に合わせて適切な液晶保護フィルムを選ぶことができるようになります。

本記事ではiPhoneの液晶を衝撃等から守るための液晶保護フィルムと強化ガラスの違いについてご紹介していきます。これからiPhoneの液晶を守るために何か貼ろうか検討しているという方は、ぜひ本記事を参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

iPhoneの液晶保護フィルムと強化ガラスの素材の違い

iPhoneの液晶を守るためには、液晶に貼る素材が大切になります。液晶保護フィルムと強化ガラスでは素材がどのようなものが使用されており、それぞれどのような特徴があるのか理解しておくことが大切です。

液晶保護フィルムの素材

iPhoneの液晶保護フィルムに使用されている素材は「PET」と呼ばれるものです。柔軟性がありつつも、耐久性が高く、液晶を保護するのに定番の素材です。PETはペットボトルなどの素材にも使用されており、すっと滑るような手触りなので、液晶保護フィルムを貼っても操作感が著しく落ちるということはありません。

強化ガラスの素材

強化ガラスはその名の通り「ガラス」が使用されております。ガラスであるため、液晶保護フィルムと比較して耐久性が高く、衝撃が来ても強化ガラスが液晶割れなどからiPhoneを守ってくれます。

しかし一方、素材がガラスなので指が止まってしまい、操作性等は落ちてしまうことは注意する必要があります。

iPhoneの液晶保護フィルムと強化ガラスの規格の違い

液晶保護フィルムと強化ガラスでは、フィルムの厚みや硬さにも違いが出てきます。特にデザイン等にもこだわられる方は、あまり厚みの出るフィルムは避けたいですよね。

それぞれ厚みや硬さにどのような特徴があるのか見ていきましょう。

液晶保護フィルムの規格

iPhoneの液晶保護フィルムは基本的に薄いものが多く、操作感も高いため、違和感なく利用することができるものが多いです。厚みが太くないため、iPhoneの画面上で不自然な段差もできないので、ストレスなく利用することができます。

また、素材としては非常に柔らかいので、実際にiPhoneに貼るときには空気が入らないように注意する必要があります。一度に面で貼ってしまうのではなく、端から空気を追い出すように貼るようにすると良いでしょう。

強化ガラスの規格

強化ガラスの場合は液晶保護フィルムと比較して、太さが厚いものが多いです。そのため液晶保護フィルムよりも衝撃や傷などに強く、iPhone本体の液晶を守りたいという方にはこちらがおすすめです。

一方厚みがあるため段差ができてしまうので、見栄えが悪くなってしまうことは許容する他ありません。また、iPhoneケースなどを装着する場合には、厚みに引っかからないように注意しながら装着することが大切です。

硬さ自体もガラスであるため非常に硬く、そのため貼るときにはほとんど空気が入ることはありません。ガラスが曲がらないように貼り付けることで、気泡などに悩ませられずに利用することができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?iPhoneの保護フィルムには代表的に液晶保護フィルムと強化ガラスのものがあり、それぞれ特徴が異なります。

自分がiPhoneを保護する理由を見つめながら、どちらのタイプの保護フィルムが良いかご検討してみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク

Check Also

アプリで簡単~iPhoneで家計簿をつけて貯金を作ろう

今回は、iPhoneに家計簿の …