Home / iPhone / iPhoneのガラス修理方法と修理前に知っておくべき心得

iPhoneのガラス修理方法と修理前に知っておくべき心得

iphoneを利用する人はとても多くなりましたね。しかし、その一方でiphoneの画面が割れるというトラブルも多発しています。大切なiphoneの画面が割れてしまったら、どこで修理をしたら良いのでしょうか?

まず、iphoneの画面が割れたと言っても、「ガラス割れ」だけの場合と「ガラスと液晶の両方」「液晶のみ」の3種類があります。「ガラスのみ」が割れた場合であれば、それほど操作に支障はありません。しかし、「液晶パネル」に損傷があった場合には、操作に大きく支障が出てきます。touch操作不能や映像不良などのトラブルが起きます。

また、ガラス画面が割れなかったとしても、落とした際の衝撃で液晶パネルに障害が起きる可能性もあります。

今回はiPhoneの画面修理の方法と、応急処置の方法などについてご紹介していきます。

修理方法とメリット・デメリット

iphoneの画面が割れた場合、修理をするのにまず考えるのはやはり、Apple Storeをはじめとする正規店でしょう。

しかし、正規店は予約が必要な場合が多く、混んでいるお店では予約を取るにも空いてるのは1週間先、なんてこともざらです。さらに修理に時間がかかる場合は預ける時間も考えなければならなりません。それに代わって、最近では即日にでも対応してくれる非正規の修理店が多く見かけられるようになりました。

Apple Storeでは純正品の修理部品を仕入れて使用しますが、非正規店の場合は純正品でないものを扱う場合もあり、どうしてもユーザーとして不安な面もありますね。何よりも安心、安全性を重視するのであれば、時間がかかってもApple Storeを利用することがメリットと言えるかもしれませんが、急いでいる時や、修理代を安くしたいという人にとっては、非正規店の利用もメリットがあると言えます。

Appleの保証サービスを利用

iphoneなどApple製品に関して、AppleCare+に加入している場合は、過失や事故で起きた損傷であっても最大で2回までは保証対象となっています。これは、毎回修理サービス料金が発生し、それを画面の修理料金に充当することができるというものです。AppleCare̟+に加入していない場合は、修理料金はその状況によって変わってきます。

また、修理方法には、「配送修理」と「持ち込み修理」があり、「配送修理」では指定配達業者が集荷に来てくれます。

「持ち込み修理」の場合は最寄りのApple Store直営店かApple正規サービスプロバイダーに予約の上、iphoneを持ち込む形になります。正規店でも即日修理のサービスもありますが、当然人気のため直近で予約することはまずできません。また、預かり修理の場合と配送修理はどちらの場合も修理には1週間ほどかかります。

総務省認定登録修理業者を利用

最近ではiphoneの修理店の中に、「登録修理業者制度の登録業者」という表記が見られるようになりました。この「登録修理業者制度」とはどんな制度なのかご存知でしょうか?

「登録修理者制度」とは、修理の箇所や修理方法が適正かつ修理後の無線設備端末(スマホやiphoneなど)が「技術基準」に適しているかどうかなど、総務大臣の登録が必要となる制度なのです。つまり、総務省認定登録修理業者であれば、利用者も安心して修理を任せられるというメリットがあります。

もし正規店への修理を断念した場合は、この表記を目安にすると安心ですね。

非正規の修理業者を利用

一方で、非正規の修理業者の数も年々増えており、利用者もまた増加傾向にあります。

この背景には、正規のApple Storeなどでの対応に時間がかかることや、金額的にも修理費用が高くつくことなどが挙げられています。非正規店では即時に対応してくれること、また修理費用がかなり安くなることがメリットとなっています。

その反面、純正品の修理部品が使われていないこともあり、Apple Storeでの扱いではメーカー保証から外れてしまいます。その後にAppleStoreで修理や引き換えなどのサービスを受けられなる可能性がありますので、注意が必要です。

次ページ:正規ルートで修理に出す場合の準備

修理にかかる料金目安

iphoneの画面が割れてしまった場合、修理にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか?その状況により、修理費用は様々です。また、修理に出す修理店によってもその費用はいろいろです。正規店のApple Storeに修理を依頼する場合にも保証サービスに加入している場合と、加入していない場合では修理費用が違ってきますので、注意が必要です。

AppleCare+ for iPhoneに「加入していない」場合

iphoneのモデルによっても多少の違いがありますが、保証サービスとしてAppleが行っている「AppleCare+」に加入していない場合は補償対象外となります。この場合は、たとえば「iphone X」の画面損傷料金が31800円となりますが、これはあくまでも画面損傷だけの場合で、それ以外にも損傷があると、追加修理料金がかかります。

AppleCare+ for iPhoneに「加入している」場合

「AppleCare+」に加入している場合では、同じく「iphone X」の画面損傷の場合の修理料金は3400円となります。加入していない場合と比べると、かなりお得な価格ですね。iphoneの画面損傷は決して珍しいことではないので、できればやはり加入しておく方が良いでしょう。

キャリアの補償サービス加入時

「AppleCare+」の保証サービスとは別に、ドコモやau、ソフトバンクなどが行っているキャリア補償サービスがあります。この場合、各社によっても様々な違いがありますが、「AppleCare+」に比べるとかなり良心的な価格になることから、キャリア補償サービスを選ぶ人も多いのです。

ドコモは月額税込み810円ですし、「AppleCare+」にはない紛失や盗難にも対応しています。基本的に代替品と交換してくれるので安心ですね。ただし、代替品との交換のため、画面割れの損傷であっても、料金は一律12744円(税込み)かかってしまいます。

auの場合は、ドコモと違い、「AppleCare+」と同じサービスをAppleストアでも受けることができます。また、「AppleCare+」のサポートが終了した後も、auで2年間の保証サポートを受けることもできます。価格は月額1285円(税込み)とドコモよりも高めの設定となっています。

ソフトバンクも「AppleCare+」と同じサービスが受けられます。また保証を利用した場合にはTポイントが付与されますので、ポイントをためている人にはお得感がありますね。月額料金はauに比べると安く設定されています。ただし、紛失、盗難には対応していません。

非正規の修理店を利用する場合

非正規の修理店を利用する場合、修理料金はかなり安く設定されています。これは修理部品に純正品を使っていないこともありますが、iphone Xの画面損傷の修理でも最安で2000円以下という修理店もあるので、純正品にこだわりがなければ、選択肢の一つとして考えても良いでしょう。

正規ルートで修理に出す場合の準備

iphoneを修理に出す前に、必ずしておかなければならないことがあります。それは、iphoneのバックアップを取ることと、iphoneを探すをオフにすることです。修理や交換する場合には、iphoneは初期化されてしまうので、それまでのデータは全て消滅してしまうのです。バックアップは必ず取っておきましょう。iphoneを探すをオフにしておかないと、修理の際にロックがかかってしまい、作業ができない状態になります。

データのバックアップをとる

データのバックアップを取っておかないと、初期化状態に戻ってしまうので、必ずバックアップは必要です。

Apple ID のパスワードや購入時のレシートを準備する

iphoneを探すをオフにする場合に、Apple IDが必要となります。その時のためにパスワードや購入レシートをよういしておくと良いでしょう。

予約はApple Storeアプリですると便利

Apple Storeでの修理を予約するには、何といってもApple Storeアプリを利用するのが便利です。このアプリを起動するとすぐに最寄りのストアを探すことができます。ストアを選んで「Genius Bar」を選択し、都合に合わせた時間を予約可能です。

iPhoneのガラスを悪化させない応急措置

一度割れてしまったiphoneの画面を悪化させないためにはどんな応急措置があるでしょうか?いろいろと試行錯誤している人が多くいるようです。

サランラップを捲く

画面をサランラップで巻いて固定する人も多いようです。一時しのぎですが、そのままにしておくと、画面のひびがさらに激しくなってしまうので、何とか防ぎましょう。

テープで固定

一番手っ取り早いので、実践している人が多いのがセロテープでの補強でしょう。どちらにしても、やはり修理はした方が良いですね。

液晶保護フィルムを貼る

これはとても良い措置と言われています。できれば画面が割れる前から保護フィルムは貼っておきましょう。

まとめ

まだまだ高価とされているiphoneですから、大切に使いたいものですね。しかし、実際には画面が割れたまま使い続けている人も多いようです。その理由として、正規店のApple Storeでの修理費用がかなり高いということがあります。そのため、最近では非正規店での修理を利用する人も増えているのが現状です。修理店の技術や信頼性などをしっかり吟味して、賢く修理店を選びたいものですね。


スポンサーリンク