Home / iPhone / 車でiPhoneの曲を聴く!おすすめFMトランスミッター3選

車でiPhoneの曲を聴く!おすすめFMトランスミッター3選

お気に入りの音楽を聞きながら車でドライブしたり、親しい仲間とのドライブをテンポの良い音楽で盛り上げたり、恋人同士の雰囲気を作ったり、一人の運転で眠気予防にと快適なドライブには音楽は必須ですよね。

iPhoneを持っている方なら、あらかじめいろんなシーンに合わせたプレイリストを作成しておき、ドライブ中にお気に入りの音楽を楽しんでいる方もいることでしょう。

iPhoneのスピーカーで直接音楽を流すのもいいですが、せっかくのドライブなので車のスピーカーで音楽を流すとドライブをより快適にすることができます。FMトランスミッターを利用すれば、iPhoneのプレイリストをほとんどの車のスピーカーを利用して聞くことができます。

この記事では、ドライブ中の音楽をより快適に過ごすために、FMトランスミッターを利用してiPhoneの音楽を車のスピーカーで楽しむ方法をご紹介します。

スポンサードリンク

FMトランスミッターとは

FMトランスミッターは、iPhoneや音楽プレーヤーの音楽を車のカーオーディオで聞くことができるようになるオーディオ用アクセサリーのことを言います。

どんな仕組みでiPhoneなどの音楽をカーオーディオで流せるようになるのか?FMトランスミッターを使うメリットやデメリットはどんなものがあるのか解説していきます。

FMトランスミッターの仕組み

FMトランスミッターのFMとは、FMラジオ放送などで使用される信号のFM、トランスミッターとは送信機を意味する言葉で、言葉上の意味ではFM送信機となります。

iPhoneのアクセサリーとして発売されているFMトランスミッターの場合、iPhoneとFMトランスミッターを接続してFM信号を発信できるようにします。

iPhone+FMトランスミッター -(FM信号で送信)→ カーオーディオで受信 →スピーカーで再生

上記のように、発信されたFM信号を車のカーオーディオで受信することで車のスピーカーからiPhoneの音楽を流すことができる仕組みになっているのです。

FMトランスミッターを使用するメリット

FMトランスミッターを使用するメリットの一つは、ほとんどの車で利用可能なことがあげられます。FMトランスミッターを利用するには、車にFMラジオとシガーソケットが必要で、この二つはレンタカーなどのほとんどの車に付いています。

最新のカーオーディオのようにUSB接続やブルートゥース接続がなくても、FMトランスミッターを用意すれば車を選ばずにお気に入りのプレイリストを楽しむことができます。

使い方もシンプルです。FMトランスミッターの送信する周波数に車のFMラジオを合わせ、iPhoneで音楽を再生するだけです。また、非常に安価で購入できるのもおすすめできるポイントです。

2000円程度で十分な機能を備えた製品を購入することができるので、お手軽にドライブ中に音楽を楽しみたいと思う方には必需品といえるでしょう。

  1. ほとんどの車で利用可能
  2. FMラジオと同じ感覚で使うことができる
  3. 安価

次ページ:FMトランスミッターを使用するデメリット

FMトランスミッターを使用するデメリット

若い 人物 日本人 20代 案内 白バック 悩む 女性 OL 失敗 ポートレート 選ぶ カジュアル 主婦 立つ かわいい 母親 母 持つ サイン 30代 問題 中年 困る コピースペース 回答 1人 セミロング 考える さわやか 禁止 バツ NG 答え 拒否 ダメ ジャッジ 間違い 不正解 クイズ 美人 NO 選択 40代 × ミディアム ミドル 判断 判定 どちら

FMトランスミッターを使用するデメリットは、音質についてはお世辞には良いものとは言えない点があります。FM信号を利用しているので音質もFMラジオ放送程度となってしまうため、音質にこだわりのある方はおすすめできません。

また、FM信号は電波の強さが弱いため、カーオーディオの受信性能が悪いと音楽を流すことができません。近くを走行中の車もFMトランスミッターを使用していて、設定している周波数が近いとお互いに干渉してノイズが発生してしまうことがあります。

  1. 音質が悪い
  2. カーオーディオの受信性能が悪いと利用できない
  3. 近くに同じ周波数を設定している人がいると干渉してノイズが発生する

アクセサリーソケットとは

アクセサリーソケットはシガーソケットと同じように、車のダッシュボードについている電気供給用のソケットのことです。

近年の嫌煙・分煙運動の影響で、シガーソケットからシガーライターが取り外されるようになり、電源供給用としてソケット部分がアクセサリーソケットとして使われるようになりました。

アクセサリーソケットは、シガーソケット違い、シガーライターの使用を前提としていません。耐熱加工が施されていない場合がありますので、シガーライターをアクセサリーソケットとして使用するのはおすすめしません。

FMトランスミッターとiPhoneを接続する方法

ビジネス 人物 白バック 白背景 スマホ スマートフォン iPhone 電話 メール 手 情報 ゲーム 携帯 携帯電話 通信 指 アプリ ネット SNS Twitter モバイル LINE Wi-Fi メールチェック SIM mvno facebook Wifi 女性らしさ

メリット・デメリットで紹介したとおり、FMトランスミッターの利用には一長一短がありますが、レンタカーで借りた車や、会社の営業車などオーディオ機器が充実していない車であれば、手軽さやコストを考えるとFMトランスミッターが最良な選択となるでしょう。

そこで、FMトランスミッターを使ってみたいと思う方のためにiPhoneと接続する方法を解説します。最近では接続方法が有線とBluetoothのものがあるのでそれぞれご説明します。

有線FMトランスミッターの接続の仕方

一般的なFMトランスミッターは、車のシガーソケットにつなげて、FMトランスミッターに表示される周波数にFMラジオの周波数を合わせるという操作のみで接続が完了します。有線FMトランスミッターとiPhoneの接続の仕方は以下の通りです。

  1. シガーソケットにFMトランスミッターを差し込む
  2. iPhoneとFMトランスミッターを接続する
  3. FMトランスミッターの周波数を確認する
  4. 車のFMラジオでFMトランスミッターの周波数に合わせる
  5. iPhoneで音楽を再生する

有線FMトランスミッターで接続するときに注意しなければいけないことは、FMトランスミッターの接続端子がイヤホンジャックの場合です。iPhone7/iPhone8/iPhoneXにはイヤホンジャックがないので、イヤホンジャック変換アダプタを事前に用意しておきましょう。

Bluetooth対応FMトランスミッターの接続の仕方

Bluetooth対応のFMトランスミッターは、iPhoneとFMトランスミッターを無線で接続できます。するとiPhoneをハンズフリーで操作できるほか変換アダプタが不要になり、有線よりも便利で人気が高くなっています。Bluetooth対応のFMトランスミッターの接続の仕方は以下の通りです。

  1. iPhoneの設定でBluetoothの設定をONにする
  2. シガーソケットにFMトランスミッターを差し込む
  3. iPhoneとFMトランスミッターをBluetoothでペアリングするする
  4. 車のFMラジオでFMトランスミッターの周波数に合わせる
  5. iPhoneで音楽を再生する

次ページ:接続できない場合の解消法

接続できない場合の解消法

FMトランスミッターはFM信号を使用するので、使用している地域で近い周波数のFM信号が使われていたり、近くに同じ周波数を使用している人がいるとうまく接続できず、音楽が音飛びしたりノイズが入ったりする可能性があります。

もしFMトランスミッターを使用していて接続できなくなった場合は、以下の方法を試してみましょう。

ケーブルとFMトランスミッターを抜き差ししてみる

有線でiPhoneとFMトランスミッターを接続している場合、接触不良で不具合が発生している場合はあります。その場合は、iPhoneとケーブルの抜き差しを試してみましょう。Bluetoothで接続している場合は、FMトランスミッターをシガーソケットから抜き差しを行いましよう。

周波数を変更してみる

使用している地域でFMトランスミッターと同じ周波数のFM信号が使用されていたり、近くに同じ周波数を使用している人がいる場合、電波が干渉してノイズが混じってしまいます。

FMトランスミッターの設定で周波数を変更を試してみましょう。FMトランスミッターの周波数を変更したら車のFMラジオ側の周波数の変更も忘れずに行いましょう。

トランスミッター向きや場所を変更してみる

FMトランスミッターの向きや角度が合っていないことが原因で、カーラジオのアンテナまで電波が正常に届いていない場合もあります。角度や場所を調整して、うまく接続できないか試してみましょう。

おすすめFMトランスミッター3選

FMトランスミッターは高機能なものやコストパフォーマンスに優れるものなど、様々なタイプがあります。音質や使い勝手、コストパフォーマンスで自分にあったものを選びましょう。オススメのFMトランスミッターを紹介するので、これから購入を考えている方はぜひ参考にしてください。

ジャパンアベニュー(JAPAN AVE) FMトランスミッター JA996

このFMトランスミッターは一番の特徴は、独自の「高性能ATSチップ」を採用することで高音質を表現できるという点です。もちろんCDなどの音源には及びませんが、FMトランスミッターとしては十分な音質を表現できます。

さらにノイズリダクション機能やBluetoothの採用、ハンフリー通話機能も搭載しており、高機能、高音質を望むなら一番おすすめのモデルです。

Ewin FMトランスミッター EW-020-01

このFMトランスミッターは、音質は先程のジャパンアベニューのモデルには及びませんがiPhone対応のUSB充電ケーブルが付属しており、約2倍のスピードで充電できる急速充電機能を搭載しているため、長時間のドライブに適したモデルです。

コストパフォーマンスもジャパンアベニューのモデルより優れているので、FMトランスミッターを試してみたいという方にもおすすめです。

エレコム FMトランスミッター EC-FM01BK

このモデルの最大の特徴は、重低音ブースト機能です。再生中の音楽の重低音を操作一つで向上させることができるので、重低音な音楽が好きな方におすすめです。

ただし、このモデルはFM送信の周波数を自由に設定できず、4つの選択からしか選ぶことができないのでほかのFM信号に干渉されやすく、ノイズが混入しやすいので注意が必要です。

まとめ

いかがでしたか?

FMトランスミッターを使って、iPhoneを車のオーディオで再生できれば今までのドライブをもっと素敵な空間にすることができます。今のiPhoneに搭載されているSiriも利用すれば、Siriに呼びかけてハンズフリーで快適にドライブ中の音楽を楽しむことができます。

この記事を読んで興味が出た方は、ぜひドライブ中の音楽を楽しむための参考にしてください。


スポンサーリンク