Home / iPhone / iPhoneで使えるエクセル・表計算アプリランキング

iPhoneで使えるエクセル・表計算アプリランキング

accountant-1794122_640

iPhoneはどこでも使えて非常に便利です。そんなiPhoneでExcelや表計算ソフトで資料を作成したり、作成した資料を閲覧・編集できるとさらに便利ですね。

App Storeには表計算資料を作成・編集・閲覧するためのアプリが豊富にあり、それらを使うことでiPhone上で表計算資料を扱うことができます。

今回は、iOS向けのエクセル・表計算資料作成・閲覧アプリのなかでも特に人気のアプリ18をランキング形式で紹介します。無料で使えるものから機能が豊富で高価な有料アプリまで、さまざまなものがあります。ぜひ、お気に入りの表計算アプリを見つけてください。

スポンサードリンク

エクセル・表計算資料作成/閲覧アプリランキング

1.Google スプレッドシート:無料

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-08-16-43-45

検索サイトで有名なGoogleが開発している表計算ソフト「Google スプレッドシート」のiOSアプリ版です。Googleスプレッドシートはもちろん、Microsoft officeのExcelファイルも閲覧・編集することが可能です。

動作が軽く、使い勝手はPCなどで使えるGoogle スプレッドシートとほぼ同じで使いやすいです。Googleドライブと連携できるのでクラウド上への保存なども簡単にできますし、もちろんオフラインで使うこともできます。

Googleドライブだけでなく、Gmailやgoogleカレンダーなどその他のGoogle製アプリとの連携をすることもできます。そのため、普段からGoogle製のアプリを良く使う方には特にオススメです。

2.Polaris Office + PDF:無料

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-08-16-44-05

Microsoft Officeと互換性があるOfficeスイート「Polaris Office」のiOSアプリ版です。WordやExcelなどを閲覧・確認できるほか、クラウド上に保存することでPCやAndroidアプリと同期することもできます。

OfficeだけでなくPDFやZipファイルにも対応しています。PDFをオフィスの文章に変換して編集したり、zipファイルを解凍せずに閲覧することができます。

3.Microsoft Excel:無料

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-08-16-46-34

Micsrosoft社の表計算ソフト「Excel」のiOSアプリ版です。無料版なので通常のExcelと比べると機能が制限されていたり、Microsoftアカウントでログインする必要があったりしますが、やはりMicrosoft公式のアプリというのが嬉しいですね。

互換性があるアプリだと、どうしても表示がズレてしまうことなどがありますが、公式アプリならそういった心配はありません。また、同社のクラウドサービス「OneDrive」に加えてDropBoxを使用することもできるので、ファイルの同期もしやすいです。

無料版なので出来ることは限られていますが、Excelファイルの閲覧がメインであったり、簡単な資料作成にしか使わない場合はやはり公式のアプリが一番ですね。

4.Polaris Office 2016 for PDF + Microsoft Office Word, Excel, Powerpoint:2400円

非常に高性能なOfficeソフトです。2400円とお値段は少し高めですが、ExcelをはじめとするMicrosoft Officeファイルをほとんどオリジナルの状態を再現して表示することができます。

Polaris Officeには無料版もあるので、まずはそちらで使い勝手などを調べてからこちらを購入するとよいでしょう。

5.シンプル表計算CelLion-セルリオン for エクセル(Excelと連携可能):無料

シンプルな表計算ソフトです。動作が軽く、簡単な関数を使って合計などを計算できます。Officeソフトは高機能ですが動作が重いこともあるので、簡単な計算や一時的にメモを取りたいときなどにサッと使えます。

機能は少なめですが、オートセーブや画像保存など、便利な機能も付いています。また、追加機能を有料で購入することができ、CSVファイルのインポートやメール送信、フォルダ管理などを行うこともできるようになります。

6.文書無料 Documents Free (Mobile Office Suite):無料

無料で使えるOfficeソフトです。動作が軽く、テキストや表計算資料をサクッと作成することができます。DropBoxやGoogle Driveなどのクラウドアプリへ直接データをアップロードできるので、保存も簡単です。

Wi-Fi経由でプリンターと接続し、データをスキャンしたり印刷したりすることもできます。

7.POLARIS Office for Citrix:無料

Officeスイートソフト「POLARIS OFFICE」のiOSアプリ版です。こちらはPOLARIS OFFICEの中でも無料版にあたりますが、Microsoft Officeとの互換性が高く、ズレなどを気にすることなく編集できます。

各種クラウドサービスと連携し、データの保存が簡単に行えるのも魅力です。

8.Numbers:1200円

Apple社が開発している表計算ソフトです。iPhoneやiPadといったiOSデバイス専用に設計されており、高機能で非常に使い勝手が良いものになっています。

家計簿やチェックリスト、請求書といったテンプレートが30以上用意されており、一から全部自分で作る手間が省けます。関数も250種類以上のものがあり、難しい計算も簡単に行えます。

同社のクラウドサービス「iCloud」の対応しており、データをiCloud上に保存することができます。他のiOS端末をはじめ、MacやiWork for iCloudを使っているPCなどともスプレッドシートを同期し、他の人と共有して作業することもできます。

9.セルロイドLITE:無料

多機能な表計算アプリです。CSVファイルに対応しており、PCなどの表計算アプリで作成したデータを読み込んだり、逆に本アプリで作成したCSVファイルを他の表計算アプリで閲覧・編集することができます。

EVERNOTEやGoodReaderへCSV出力できるほか、Wi-Fiを使ったファイル共有でPCとデータのやり取りをすることもできます。

LITE版は無料で使える代わりにファイルは5個までという制限があります。それ以上のファイルを扱う場合は有料版のセルロイドアプリを購入しましょう。

10.タテヨコ計算電卓 シートカルク:240円

特許も取得している、新しい表計算型電卓アプリです。パッと見は普通の表計算アプリですが、電卓のような使い方で簡単に計算ができるようになっています。

通常の表計算ではセルの中に計算式を入力しますが、初心者の方にとっては計算式や関数を覚えるのは大変です。しかし、このアプリなら数字を入力したセルとセルの間に+や=といった演算記号を置くことで、電卓のように計算することができます。

表計算ソフトは苦手だ、という方でも簡単に使うことができます。買い物中のメモや、飲み会の割り勘計算などにサッと使えます。

11.ドキュメント:360円

「文書無料 Documents Free (Mobile Office Suite)」の有料版アプリです。基本的な機能は無料版と変わりませんが、Googleドキュメントと同期が可能になるなど、いくつかの機能が追加されています。無料版を購入して気に入った方は購入してみても良いでしょう。

12.SA 連絡先:360円

iPhoneの連絡帳をExcelで管理することができるようになるアプリです。連絡帳のデータをExcel形式にして保存して管理したり、Excel形式で保存した連絡先をインポートすることができます。

データの転送方法はメールやWi-Fi、USB接続などさまざまなものがあります。もちろんクラウド上に保存することもできますが、クラウド上はデータの流出が心配という方もいるので、複数の転送方法があるのはうれしいですね。

13.GoChart:360円

iPhoneで簡単にグラフがかけるアプリです。グラフは棒グラフや線グラフなど7種類から選択でき、表にデータを入力するだけで簡単にグラフを作成できます。

グラフはExcelなどの表計算ソフトでも作ることができますが、アプリによってはグラフ機能がなかったり、初心者には操作が複雑でグラフ作成が難しいことがあります。そんな時はデータの管理は表計算アプリでおこない、グラフ作成をこちらのアプリでするようにしましょう。

14.Docs To Go Premium:2000円

高機能なオフィスソフトです。Microsoft OfficeのWord、Excel、PowerPointの3つに対応しており、新規ファイルの作成はもちろん、既存のファイルの編集も可能です。パソコン用のアプリもあり、本アプリで作成したファイルをパソコンのオフィスソフトで閲覧・編集することも可能です。

また、Microsoft ExchangeおよびGmailとの連携が可能で、Gmailの中から本アプリで読み込めるファイルが添付されているメールのみを自動で受信してくれます。ExchangeやGmailでデータの転送をする方にはとても便利ですね。

本アプリは価格が2000円と少し高めです。機能を抑えた無料版もあるので、まずはそちらを試してみるとよいでしょう。

15.Office Reader ドキュメント:360円

Microsoft OfficeのWord、Excel、PowerPointファイルに加え、PDFや画像も扱うことができるファイルマネージャーです。各種ドキュメントの作成・編集・閲覧やPDFへの変換など、オフィスソフトとして必要な機能が一通り入っています。

さらにファイルマネージャーとしての機能も付いているので、作成したファイルの管理も楽にでき、クラウド上へのアップロードなども直接することができます。

16.Microsoft Office Mobile:無料

Microsoft OfficeのiOSアプリ版です。Microsoftの公式アプリを無料で使うことができるんですね。無料版なので、通常のOfficeよりも機能が制限されていますが、公式アプリなのでPCで作成した資料が文字化けしたりズレたりといったことがないので安心して使えますね。

同社のサービス「One Drive」と連携しており、簡単に資料のアップロードや共有ができるので、効率よく作業ができます。公式のアプリで互換性を気にせず使いたい、One Driveを普段から利用している、という方におすすめです。

17.エクセルの技:無料

「エクセルの技」はExcelを便利に使うことができる技が収録されたアプリです。Excelは高機能で便利ですが、その分複雑で覚えることがたくさんあります。本アプリはそんなExcelを使う上で有効な「技」を厳選し、紹介してくれます。

本アプリの技をマスターすることで、Excelがより便利で優れたツールになるでしょう。Excelを使ってはいるけど使いこなせない、もっと便利に使いたい….という方は一読してみる価値があるアプリです。

18.iSpreadsheet (スプレッドシート) Free:無料

iPhoneでスプレッドシートが使えるアプリです。Microsoft OfficeやGoogleドキュメントといった表計算ソフトと互換性があるほか、Googleドキュメントとは同期することもできます。シンプルで動作も軽いです。

もちろん、Dropboxなど、それ以外のクラウドアプリとも連携することができ、作成した資料を簡単にクラウド上に保存することができます。

以前は有料版と無料版がありましたが、現在はこの無料版のみとなっています。

まとめ

office-1356793_640

ここまで、iPhoneでExcelや表計算ソフトで作成した資料を作成・編集・閲覧できるアプリを紹介してきました。

シンプルなものから高機能なものまで、いろいろな表計算アプリがあるんですね。今までは重たいノートパソコンを持ち歩く必要がありましたが、iPhoneで表計算アプリを使えばもうそんな必要はありません。

どこでも気軽に、表計算の資料を作成したり閲覧したりすることができますね。


スポンサーリンク

Check Also

アプリで簡単~iPhoneで家計簿をつけて貯金を作ろう

今回は、iPhoneに家計簿の …