Home / iPhone / iPhoneにDVDを取り込む方法とおすすめソフト/サービス

iPhoneにDVDを取り込む方法とおすすめソフト/サービス

iPhoneの魅力はどこでも持ち運べていつでも使える点です。あらかじめiPhoneに音楽や動画を入れておくことで、好きな時に楽しむことができます。実はiPhoneならDVDの動画も見ることができるということをご存知でしょうか。

iPhoneでDVDの動画を見るには動画ファイルをiPhone用に変換してiPhone本体に取り込むか、iPhoneでDVDを再生できるようになるドライブを購入する必要があります。手間はかかりますが、iPhoneでDVDの動画が見れるようになれば場所を気にせず気軽にDVDを見ることができますね。

今回はiPhoneにDVDを取り込むためのアプリとそのアプリの使い方、さらにDVDを直接iPhoneで再生する方法について解説します。

スポンサードリンク

DVDの動画をiPhoneで再生できる形式へ変換するアプリ

DVDの動画をiPhoneで再生するためには、iPhone用の動画ファイルへ変換し、そのファイルをiPhoneに取り込む必要があります。まずはパソコンでDVDの動画をiPhoneで再生できる形式へ変換するアプリを紹介します。

WinX DVD Ripper

「WinX DVD Ripper」はDVDのデータを取り出し、iPhoneやゲーム機などで再生できるように変換するリッピングソフトです。Windowsパソコン用のソフトで、無料で簡単に使うことができます。

今回はiPhoneで再生できる形式のファイルを作りますが、WinX DVD RipperならiPhone以外にも各種Android端末やPS3等のゲーム機で再生できる形式のファイルに変換することもできます。

なお、WinX DVD Ripperは無料で利用できますが無料版の場合は最大で5分までしか変換できません。すべてを変換したい場合は有料版を購入する必要があります。

HandBrake

HandBrakeはDVDやブルーレイなどの動画ファイルをMP4などのファイルに変換できるソフトです。単に変換するだけでなくサイズを変更したり字幕を合成したりといった編集機能も付いています。フィルターをかけたり変換するチャプターの指定などもできる、非常に高機能なソフトです。

HandBrakeは完全に無料で使えるフリーソフトです。英語版と日本語版がありますが、日本語版は非公式で開発も止まっています。英語に対して苦手意識がある方も多いと思いますが、HandBrakeの操作は決して難しくありませんので、英語版を使うことをお勧めします。

「WinX DVD Ripper」でiPhoneにDVD動画を取り込む方法

PCに「WinX DVD Ripper」をインストール

まずはパソコンにWinX DVD Ripperをインストールします。WinX DVD Ripperの公式サイトからインストーラーをダウンロードしましょう。

ダウンロードしたら、インストーラーをダブルクリックして起動します。言語選択画面になるので、該当する言語を選びましょう。セットアップ開始画面になるので「次へ」をクリックします。

使用許諾への同意画面です。「同意する」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

WinX DVDをインストールするフォルダを指定する画面になります。基本的にはそのままで「次へ」をクリックします。

スタートメニューのショートカットの場所を指定する画面です。こちらもそのままで「次へ」をクリックします。

各アイコンの作成画面になります。作成したアイコンにチェックを入れて「次へ」をクリックします。

確認画面になるので「インストール」をクリックします。これでインストールは完了です。

「WinX DVD Ripper」を利用してiPhone用の動画形式に変換

ここからはインストールしたWinX DVD Ripperを使ってDVDの動画をiPhone用の動画形式に変換していきます。

まずはWinX DVD Ripperを起動します。取り込みたいDVDをパソコンに入れたら、WinX DVD Ripperの左上の「ディスク」をクリックします。

DVDを選択する画面になるのでさきほど入れたDVDを選択しましょう。すると、出力ファイルの選択になるので「Appleデバイス」→「iPhone動画」とクリックし、自分のiPhoneを選択します。また、この画面で品質の調整もできます。

DVDの選択が終わったら、右下の「RUN」をクリックすることで変換が開始されます。なお、変換が完了したファイルは左下の「保存先」のフォルダに保存されます。保存先を変えたい場合は「参照」をクリックして任意の保存先を選びましょう。

この画面が表示されたら変換は完了です。

iPhone用の動画ファイルをiTunesに移動

続いて、さきほど変換した動画ファイルをiTunesに移動させます。まずはiTunesを起動し、左上のメニューから「ムービー」を表示させます。

変換した動画ファイルをiTunesにドラッグ&ドロップします。

これでiTunesへの追加は完了です。なお、最新のiTunesでは自分で追加した動画は「ムービー」ではなく「ホームビデオ」というライブラリに追加されます。ドラッグ&ドロップしたのに追加されない、という方は違うライブラリを見ていないか確認しましょう。

iTunesからiPhoneに取り込む

最後に、動画をiTunesからiPhoneに取り込みます。iPhoneをパソコンに接続します。同期を自動で行う設定にしている場合はこの段階で自動で同期されます。

手動で同期をする場合はiPhoneの「ムービー」をクリックして「ムービーを同期」にチェックを入れ、同期する動画を選択します。そのあと、「同期」をクリックすることでiPhoneに動画が取り込まれます。

「HandBrake」でiPhoneにDVD動画を取り込む方法

続いて、HandBrakeを使ってiPhoneにDVD動画を取り込む方法を解説します。

PCに「HandBrake」をインストール

まずはパソコンにHandBrakeをインストールします。HandBrake公式サイトからHandBrakeのインストーラーをダウンロードします。自分のOSに合ったインストーラーをダウンロードしましょう。

インストーラーをダブルクリックして起動させます。セットアップ開始画面が出るので「Next」をクリックします。

規約に同意する画面になります。内容を確認し、「I Agree」をクリックします。

HandBrakeのインストール先フォルダを選択します。とくにこだわりがなければそのまま「Install」をクリックします。

そのまま少し待てばインストールは完了です。

「HandBrake」を利用してiPhone用の動画形式に変換

それでは、HandBrakeを利用して実際にDVDをiPhone用の動画形式に変換します。

DVDをパソコンのドライブに入れてHandBrakeを起動します。HandBrakeを起動すると変換元動画を選択する画面になるので、一番下のDVDを選択します。

DVDが読み込まれ、HandBrakeのメイン画面が表示されます。HandBrakeは機能がたくさんついているためすべては説明できませんが、必要最低限の項目について説明します。

まず、右側の「Presets」から動画の設定を選択します。今回はiPhoneに変換するため「Apple」と書かれたプリセットを選択しましょう。端末によって動画サイズが異なるので、自分の使っているiPhoneにあったサイズを選択しましょう。

左上の「Source」ではDVDから取り込む部分の選択ができます。「Title」から取り込みたいタイトルを選ぶことできます。

また、タイトルのチャプター単位で取り込む範囲を選ぶことができます。この例では「1 through 14 Duration」となっているので、チャプター1から14までを取り込むようになっています。この範囲を自由に変えることで取り込むチャプターの範囲を選択できます。

「Source」の下にある「Destination」は変換したファイルの保存先です。「Browse」をクリックして保存するフォルダを選び、動画の保存名を入力します。

設定が終わったら、メニュー上部の「Start Encode」をクリックします。動画の変換が始まるので、終わるまで待ちましょう。

iPhone用の動画ファイルをiTunesに移動

動画の変換が終わったら、その動画ファイルをiTunesに移動します。移動の方法はWinX DVD Ripperの時と同じです。

iTunesからiPhoneに取り込む

動画をiTunesに移動したら、iPhoneに取り込みます。取り込む方法はWinX DVD Ripperの時と同じです。

「DVDミレル」でPCを経由せずiPhoneでDVDを再生する

ここまでDVD動画をパソコンでiPhone用に変換し、iTunes経由でiPhoneに取り込む方法を解説しました。これで、DVDの動画をiPhoneで閲覧することができます。しかし、毎回パソコンを使うのは面倒くさいと思う方もいるのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが「DVDミレル」というDVDドライブです。これを使えばパソコンを使わずに簡単にiPhoneでDVDを見ることができます。

「DVDミレル」とは

「DVDミレル」はIO-DATAから発売されているスマホ・タブレット専用のDVDドライブです。スマホやタブレットとDVDミレルをWi-Fiで接続することで、パソコンを使用せずにDVDを再生したり、CD音源を取り込むことができます。モバイルバッテリーを使えば外出先でも使うことができ、ワイヤレスで場所も選ばないので自由にDVDの視聴ができます。

「DVDミレル」の使い方

では、DVDミレルの使い方を説明します。まずはDVDミレル専用のアプリ「DVDミレル」と「CDレコ」をインストールします。アプリはAppStoreから無料でダウンロードできます。

次に、iPhoneのネットワーク設定を行います。CDレコアプリを起動し、「設定」のQRコネクトをタップします。カメラが起動するので、DVDミレルに添付されているシートのQRコードを読み込みます。するあとプロファイルのインストール画面になるので右上の「インストール」をタップします。

インストールが終わったらwi-Fi設定画面から「IODATA」という名前のwi-Fiをタップして接続させます。

ネットワーク設定が終わったら、DVDミレルのアプリを起動します。アプリを起動するとシリアル番号入力画面になるので、DVDミレルに付属している「シリアル番号案内」のシリアル番号を入力します。

アプリが起動し、DVDドライブを選択する画面になるので、さきほど接続したDVDドライブを選択します。あとはDVDミレルの中に視聴したDVDを入れるだけで再生されます。

まとめ

今回はiPhoneでDVDを閲覧するための方法を解説しました。

iPhoneでDVDを見るための1つの方法はパソコンでDVD動画をiPhone用に変換し、iTunesを経由してiPhoneに取り込むことでした。iPhone本体内にDVDを取り込めるのでDVDを持ち運ばなくてもDVDを閲覧することができます。

しかし、わざわざパソコンで動画ファイルを変換するのは面倒くさい、という方もいると思います。そういう方はiPhoneでDVDをそのまま再生できるようになるDVDミレルを購入すると良いでしょう。パソコンなしでDVDの再生ができ、モバイルバッテリーがあれば外出先でもDVDを閲覧することができます。

どちらの方法にせよ、iPhoneでDVDを閲覧できるようになるととても便利です。ぜひ、今回紹介した方法でiPhoneでDVDを閲覧して見てはいかがでしょうか。


スポンサーリンク

Check Also

bluetoothの接続方法とイヤホンやマウス、キーボードの選び方

スマートフォンからイヤホンを介 …