Home / iPhone / あのシーンをどこででも!iPhone⇔DVDに取り込む方法2つ

あのシーンをどこででも!iPhone⇔DVDに取り込む方法2つ

iPhoneに好きなDVDの動画を取り込むことができれば、ちょっとした空き時間などいつでも映画や思い出の映像を手元で観ることができます。専用のソフトを利用すれば、簡単にDVDからiPhoneに短時間で取り込むことが可能です。

ここでは、iPhoneにDVDを取り込むメリットや注意点、取り込み方法やおすすめのソフトなどについて紹介しています。iPhoneに取り込みたいDVD動画がある方は、ぜひ参考にして試してみてください!

スポンサードリンク

あの動画、iPhoneで観たいな…と思ったことありませんか?

iPhoneにDVDを取り込めば、お気に入りの動画がいつでも観れるようになります。好きな映画や家族との思い出など、お気に入りの動画をiPhoneに取り込み、外出先でもいつでも観れるようにしましょう。

好きな映画をいつでも観れる

大好きな映画や自分に大きな影響を与えた映画はありませんか。iPhoneにDVDを取り込めば、好きな映画をいつでも手元で観ることができます。

パソコンに映画を取り込んでも外出先で映画を観ることは難しいですが、iPhoneであれば通勤・通学の時間や、待ち時間など、空き時間を利用して映画が鑑賞可能です。

イヤホンを装着すれば周囲に迷惑もかけませんし、好きなシーンを何度も繰り返し観ることもできます。iTunesなどで購入する方法もありますが、既にDVDを持っている場合は余計なコストをかけずiPhoneに作品を取り込むことが可能です。

思い出の映像をいつでも観れる

iPhoneにDVDを取り込むことで観れるのは、映画だけではありません。結婚式の映像や仲間との旅、イベントや家族の様子など、さまざまな映像をiPhoneで観ることができます。

特に外出する機会が多い方は、外出先でも手軽に思い出の映像を観れるためメリットが大きいです。

ストレスなくできる!iPhoneにDVDを取り込んでみよう

ここでは、iPhoneにDVDを取り込む方法について見ていきましょう。スーパーメディア変換とHandBreakを使った取り込み方法を紹介していますので、参考にしてください。

iPhoneの動画形式に変換するソフトを使う(スーパーメディア変換)

iPhoneにDVDを取り込みたい場合は、iPhoneの動画形式に変換するソフトを使用します。動画形式を変換するソフトを利用することで、iPhoneにDVDの映像を取り込むことが可能です。

ここでは、Wondershareの「スーパーメディア変換」ソフトを使用して、DVDを取り込む方法について見ていきましょう。

  1. Wondershareの「スーパーメディア変換」ソフトをインストールします
  2. DVDを挿入し、スーパーメディア変換を起動して「DVD」をクリックしてソフトに読み込みます
  3. 出力形式で使用しているiPhoneの型番を選択します
  4. 画面右下の「変換」をクリックすればiPhoneへの変換が開始されます
  5. パソコンにiTunesをインストールしている場合は、変換した動画が自動的にiTunesライブラリに保存されますので、iTunesライブラリからiPhoneにドラックすればiPhoneに保存することができます

変換する動画のビットレートや解像度などを調整したい場合は、「詳細設定」から調整・設定が可能です。

HandBreakソフトを使った方法

動画変換ソフトのHandBreakを使った場合の方法は下記のとおりです。

  1. HandBrakeをソフトをダウンロードします
  2. HandBrakeを起動し、画面左上の「変換元」からパソコン内に保存したDVDフォルダを指定します(もしくはDVDドライブを選択します)
  3. 画質の選択をして、次に音声・字幕を選択します
  4. 画質・音声・字幕の選択が完了したら、保存先を選択して「変換開始」をクリックすれば変換が始まります
  5. 進行状況が表示されるため100%になったら変換が完了ですので、あとは動画をiTunesなどを利用してiPhoneへ保存します

これにより、好きなDVDの動画をiPhoneでいつでも観れるようになります。

次ページ:iPhoneにDVDを取り込む際に気をつけることとは?

iPhoneにDVDを取り込む際に気をつけることとは?

iPhoneにDVDを取り込む際は、当然、各ソフトを使って間違いのないよう取り込み作業をしなければなりませんが、iPhoneの空き容量にも気をつけましょう。

iPhoneの容量に気をつける

iPhoneにお気に入りのDVD動画を取り込む場合は、iPhoneの容量に気をつけるようにしましょう。せっかくDVDの動画をiPhone向けに変換したとしても、iPhoneの空き容量に余裕がなければ保存することができません。

iPhoneにDVDを取り込む=容量を圧迫する可能性があることを理解し、十分な空き容量を確保したうえで取り込むようにしてください。

誰でも簡単に!iPhone⇔DVDに取り込むおすすめソフト4選

ここでは、iPhoneにDVDを取り込む際に使えるおすすめの変換ソフトを紹介しています。HandBrake・スーパーメディア変換・BD&DVD 変換スタジオ7・WinX DVD Ripperと、いずれも簡単な操作で、iPhone向けに変換できますので、ぜひ試してみましょう。

1.HandBrake

iPhoneにDVDを取り込むおすすめソフトの1つがHandBrakeです。HandBrakeは、さまざまな動画ファイルの形式をMP4やMKV、M4V形式に変換が可能です。マルチプラットフォーム対応でWindows、Mac、Linuxどれでも対応しています。

映像コーデックは、H.265、H.264、VP8、Theora、MPEG-4、MPEG-2に対応しており、更新はストップしていますが日本語にも対応しているソフトです。

2.スーパーメディア変換

スーパーメディア変換は、動画変換ソフトの定番です。スーパーメディア変換ソフトを使えば、さまざまな動画を超高速・高品質でiPhone向けに変換することができます。

変換スピードが非常に速く、タイムシフト再生にも対応していて、20種類以上のDVDテンプレートも用意されていますので自由にカスタマイズが可能です。

3.BD&DVD 変換スタジオ7

BD&DVD 変換スタジオ7を使えば、ブルーレイやDVDの動画を簡単にiPhone向け動画形式に変換することができます。BD&DVD 変換スタジオ7は、Ultra HDにも対応しており、プロファイルは150以上も搭載しています。複数の動画をまとめて変換したり、1つの動画に結合することも可能です。

4.WinX DVD Ripper

WinX DVD Ripperはリッピングソフトで、Windowsで無料で使うことができます。DVDの動画をAVI、MP4、HEVC、MPEG、MOV、FLVなど、さまざまな動画形式へ変換ができ、iPhoneやAndroidで保存・再生が可能です。

ただし、WinX DVD Ripperの無料版に関しては、変換できるのが最大5分までとなっているため、5分超の動画を変換したい場合はWinX DVD Ripperの有料版を使用する必要があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。専用ソフトを使えば、簡単な操作でiPhoneにDVDを取り込むことが可能です。取り込むことができれば、いつでもお気に入りの動画をiPhoneで観れるようになるため非常に便利です。興味がある方は、簡単にできますのでぜひ試してみてください!


スポンサーリンク