Home / iPhone / iPhone未対応形式はもう御免!動画形式を変換するおすすめアプリ3選

iPhone未対応形式はもう御免!動画形式を変換するおすすめアプリ3選

iPhoneで動画の撮影を楽しむ人も増えていますね。撮影に関しては特別なアプリを使用することなく「カメラ」アプリを使って気軽に動画を撮影することができるのです。

しかし実際のところ、iPhoneはパソコンと違ってまだまだ環境が整備されていないのが現状です。というのは、iPhoneで再生できる動画はファイル形式が決まっているので、対応していないファイル形式で再生することはできないのです。

では、どんな動画形式であれば対応可能なのでしょうか?最近話題となっているニコニコ動画などの再生はできるのでしょうか?

ここではiPhoneが対応できる動画形式を調べてみました。

スポンサードリンク

iPhoneで再生できる動画形式

DVD/Blu-rayディスクや、MKV、AVI、DivX、WMV形式のファイルなどの動画ファイルの多くを各ソフトを使って、iPhoneやiPad、iPOdで再生可能な形式に変換することができます。

ここでは、その再生できる動画形式のファイルとは何かをまとめてみましょう。

m4v

これは動画データの形式で、iPhoneで利用可能な動画形式となります。

MP4

こちらは前出のm4vと種類は似ていますが、コーディックと呼ばれる動画の作成方法の違いから、拡張子が分けられているという違いがあります。

このMP4コンバーターを使用すると、ファイルをMP4形式に簡単に変換できます。ビデオファイルをアップロードするかビデオファイルへのリンクを提供し、ビデオをオンラインでMPEG4に変換します。この品質のMP4変換ツールは高品質に最適化されていて、自由に利用することができます。

3gp

これは、mp4と近い動画データ形式です。ガラケーなどでも多く利用されていたので、知っている人もいるのではないでしょうか。

MOV

MOVファイル拡張子は、ビデオ編集ソフトウェアで多く使用されているビデオコンテナ形式の一つです。

このファイル形式は、ビデオ、ビデオエフェクト、オーディオ、テキスト、画像、字幕、他のメディアタイプを一つのファイルに含めことができるという優れものです。この形式や圧縮はAppleによって開発され、MacとWindowsの両方に対応しています。

PT

PTとは、2014年8月に配信されたプレイステーション4占用ゲームです。現在は販売中止となっています。

VLC for Mobile

mobile用のVICは、フリーのVICメディアプレイヤーをiPadやiPhone、iPod touh向けに開発されたものであり、話題となっている人気のiOS動画再生アプリです。字幕ファイルも含め、ほとんどの動画や音楽ファイルに対応しているためあらゆる動画を視聴することができます。

VICを利用すれば、お好みの動画、音楽のフォーマットを変換せずに直接再生することができるため、iPhoneで動画再生をしたいのなら最適なアプリと言えるでしょう。

MX Player

これは高速に動作するコーディック内蔵の高性能なiPhone動画プレイヤーアプリです。FLV、MP4、AVI、WMV、MPG、MKVの幅ひろいファイル形式に対応しているため、SDカードやオンラインストレージに保存されている動画の再生が可能です。

また、画面をスライドするだけで音量や明るさ、再生位置の調節までできるのです。iPhoneユーザーにはお勧めのアプリです。

主要動画サイトの形式

動画を視聴したり撮影するなど、通常から動画を良く利用している人は多いでしょう。しかし、ファイル形式については良くわからないという人も少なくないのではないでしょうか?

動画ファイルには様々な形式があり、それぞれに違いが生じます。動画を扱うのであれば、知識を増やしておきましょう。

VLC for Mobile、MX Player

こちらの2つの形式は、先ほどもご紹介したためここでの説明は割愛させていただきます。上記を参照していただければと思います。

AVI

マイクロソフト社開発のWindoows標準のファイル形式です。様々なコーディックで圧縮された映像や音声に対応していますが、拡張子が同じAVIなのに再生できないと言ったトラブルも報告されています。

その場合は圧縮時に利用したコーディックをインストールすることで再生可能となります。

QuickTime(.mov)

Apple社が開発したMac標準のファイル形式です。AVIと同じく人気が高く、利用している人も多いでしょう。多様なコーディック入り乱れていることで、画質や圧縮率などは使用されたコーディックによって異なります。

Windowsであっても「QuickTime Player」がインストールされていれば、利用可能です。

WMV(.wmv)

これはストリーミング配信を前提に、マイクロソフト社によって開発された一般的なファイル形式となります。

デジタル著作権管理というコピーカード機能がついているので、動画配信サービスでも多く利用されています。MPEG-4が基本となっていて、圧縮的に効果を見せています。

次ページ:iPhoneの動画形式に変換できるアプリ〇選

iPhoneの動画形式に変換できるアプリ3選

動画ファイルを様々な形式に変換できるツールがあります。動画の音声や音楽の抽出、Live PhotosをGIFに変換するなど、画像や映像を共有する時にも役立ちます。またファイル形式を変換することで、メモリー容量を抑えることも可能となります。

ビデオ2ミュージック

このアプリは今まで動画で開いていた音楽、声だけで楽しめる動画も全て音楽に変換できます。操作は、動画を選択したら「動画を音楽に変換」というボタンをクリックするだけで、とても簡単です。

変換した動画は、ライブラリの音楽と組み合わせてプレイリストにもできるので便利です。

GifLab – Turn your Videos into Animated Gifs & Moving Pictures

このアプリは撮影した動画を簡単な操作でGif画像に変換してくれます。画質を落としたり余分な部分をカットしたり画可能なので、容量を減らすにも最適でしょう。

動画変換 for iPhone

このアプリは、デジカメ、ビデオカメラで撮影した動画を変換して、スマホで見られるようになる動画転送ツールです。スマホに入れておくと、いつでも好きな時に映像を楽しむことができます。

パソコン上で動画形式を変換するソフト3選

現在は動画変換フリーソフトは様々なものがあり、迷うことも多いでしょう。なるべく多くの動画形式への対応ができていること、変換スピードが速いこと、高画質であることを条件にお勧めのソフトを選んでみました。

WinX Video Converte

無料のビデオコンバーターとしてはあまり有名ではありませんが、動画形式をMP4に変換する以外、初心者でも、AVI、WMV、M2TS、MOV、H264、FLV、iPhone , iPad , Apple TV, Androidなどのビデオ変換を無料できるソフトです。

ビデオコンバーターシステムによる、超高速な変換スピードも魅力です。優れた映像品質、音声品質も楽しめます。映像やオーディオ設定、パラメーターの調節、動画クロップ、字幕追加、及び動画ファイルにも全て対応している優れものです。

Freemake Video Converter

このソフトは動画ダウンロード、DVD変換、作成を一つにしたオールインワン動画変換ソフトです。無料で利用できることと、操作が簡単なことで人気があります。

Any Video Converterフリー版

このフリー版は使いやすいインターフェイスでありながら、様々な動画形式をAVI、WMV、MP4、MPEG-1、MPEG-2、FLV、SWF、3GP と 3G2 などの動画形式に変換するサポートができるものです。

また、YouTubeやニコニコ動画、Dailymotionなどといった動画共有サイトから動画をダウンロードする機能や、カット、回転、クリップ、エフェクト追加、複数の映像を一つのファイルとして組み合わせるなどの動画編集機能も搭載しています。

まとめ

iPhoneでもパソコンと同じように動画再生を楽しみたい人は増えています。しかし、実際にはiPhoneでの動画再生のやり方について良くわからないという人も多いでしょう。

ここではそんな人たちのために、動画形式やiPhoneで再生可能にする変換アプリを紹介しました。パソコンと同じようにiPhoneでも楽しい動画を楽しめるといいですね。


スポンサーリンク