Home / iPhone / もう消えない!iPhoneでのデータ移行に失敗しない方法

もう消えない!iPhoneでのデータ移行に失敗しない方法

iPhoneを買い換えた際に行うデータ移行。

近年ではデータ移行サービスが充実しており、お金をかければ確実にデータ移行が可能です。一方、データ移行は個人でも可能であり、難易度は高くはありません。

そこにお金をかけるのは勿体無いと思う方も多いはず。しかし、個人でデータ移行を行うのは失敗のリスクがあり、データが損失してしまう恐れがあります。

そうならないように、今回はiPhoneでのデータ移行で失敗しない方法をお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

iPhoneのデータ移行を確実に行う方法

では早速、素人でもできる確実なデータ移行の方法についてご紹介していきます。

iTunesを利用し、バックアップを作成する

バックアップとはiPhoneのデータを別の保存場所に保存しておくことです。

iTunesのバックアップ機能を利用して、パソコン内にバックアップを作成します。

iTunesはAppleのウェブサイトからダウンロードができます。Windowsでも使用可能です。Macはデフォルトでインストール済みです。

iTunesにはバックアップ作成機能があり、iPhoneとパソコンをUSBケーブル等で接続し、iPhoneと同期させることでバックアップが可能になります。

パソコンにデータを残しておきたいという方におすすめの方法です。

バックアップ方法

  1. パソコンとiPhoneを接続すると、iTunesが起動するので、iTunesの左上のiPhoneマークをクリックする
  2. バックアップ欄が表示されるので、自動的にバックアップのところの「このコンピュータ」にチェックを入れる
  3. 今すぐバックアップをクリック
  4. バックアップが作成されます

バックアップからデータを移行する方法

  1. バックアップが保存されているパソコンでiTunesを開く
  2. 移行先のiPhoneをUSBケーブルで接続する
  3. iTunesに移行先のiPhoneが表示されたら選択する
  4. 「バックアップの復元」を選択する
  5. 「復元」をクリックしてデータ移行が開始
  6. 移行先のiPhoneが再起動した後もUSBケーブルを接続したまま、同期が完了するまで待つ

iCloudを利用し、バックアップを作成する

iCloudは、Apple社のクラウドサービスです。動画や写真などのデータをインターネット上に保存して、他のApple機種と同期させることができます。

iCloudは5GBまで無料で使用することができますが、それ以上の容量をクラウド保存したい場合は有料になってしまいます。

一方で、iCloudを使用してバックアップを行う場合、パソコンが必要ないというメリットがあります。iPhone1つで完結させたいという方や、パソコンにデータを保存しておきたくないという方におすすめの方法です。

バックアップ方法

  1. iPhoneの「設定」から「iCloud」→「iCloudバックアップ」をタップ
  2. 自動でバックアップが作成されます

バックアップからデータを移行する方法

  1. 移行先のiPhoneの電源を入れると「Appとデータ」という欄が表示される
  2. 「iCloudからバックアップ」をタップ
  3. 自分のiCloudアカウントのApple IDとパスワードを入力する
  4. バックアップをタップ、復元が開始

次ページ:データ移行の失敗につながる要因

データ移行の失敗につながる要因

では次に、よくありがちな失敗につながりやすい要因をご紹介していきます。ぜひこちらを読んで、ご注意のうえバックアップを行ってください。

iOSが最新ではない

移行先のiPhoneのiOSが最新バージョンではない場合、データ移行が失敗します。

iOSは最新の状態にアップデートしておきましょう。

「設定」>「一般」>「ソフトウェアアップデート」>「今すぐインストール」からアップデートが行えます。

「iPhoneを探す」がON

iCloudの「iPhoneを探す」という機能を無効化しないとデータ移行が失敗します。

「設定」>「iCloud」>「iPhoneを探す」からON/OFFを切り替えることができます。

iTunseの自動同期がON

iTunesを起動した状態でiPhoneを接続すると初期設定では自動で同期になります。このままだとデータ移行に失敗します。

iTunesの「設定」「デバイス」を順にクリックし、「iPod,iPhone及びiPodを自動的に同期しない」にチェックを入れて「OK」をクリックするとこちらの問題は解消されます。

iTunesが最新でない

iTunesを最新版にアップデートしていない場合、データ移行が失敗します。iTunesを最新の状態にアップデートしておきましょう。

メニューバーから「ヘルプ」「更新プログラムを確認」の順番に選択し、画面の指示に従ってアップデートを行います。

ケーブルの差込、接続不良

まれに物理的な問題でバックアップがうまくいかないこともあります。

データ移行中にUSBケーブルが外れたり、差込があまかったりするともちろん、バックアップはうまくいきません。

ファイル移行がらくらくに!おすすめの移行方法3選

①USBメモリにファイルやデータを移行しておく

USBメモリは手頃な価格で購入でき、持ち運びも楽という利点があります。

また、様々なパソコンにデータを運ぶこともできます。

②外付けHDDにデータを保存する

外付けHDDはUSBメモリよりも高額で大型化してしまいますが、容量が非常に大きく、7000~8000円のものは1TBの容量

を保存しておくことができます。

また、データを保存しておくことに関しては、USBメモリよりもデータ損失の確率が低いというメリットもあります。

大量のファイルやデータを保存・移行したいという方におすすめです。

③動画や写真はクラウドで保存しておくと便利です。

現在iCloud以外にもGoogle Cloudなど、様々な企業からクラウドサービスが提供されています。

様々なクラウドサービスを利用することで、物理的なストレージが必要なくなる利点があります。

また、有料になってしまいますが、一定の金額を払うことでクラウドで保存できる容量が増加します。

正規の移行方法とおすすめの移行方法の違いとは

最近ではデータ移行を行なっている非正規サービスの業者はたくさんいます。格安の料金や作業時間の短さなどのメリットはあります。

しかし、正規のデータ移行方法と違い、正しい手順を踏んでいない場合があり、データの流出や破損の可能性があります。

正規以外の方法でデータ移行を行う場合、その方法が安全かどうか、評判が良いかを確認しておくことをおすすめします。

また、docomoやSoftBank、auなどの大手キャリアも、データ移行のサービスを行っています。この3社でiPhoneを買い換える場合、ついでにデータ移行を行なってもらうのも1つの手です。

まとめ

個人でのiPhoneのデータ移行は主にiTunesとiCloudを使用した2つの方法が主流です。それ以外の方法でもデータ移行が可能な方法はありますが、安全面、確実さを考えるとこの2つの方法でデータ移行は行った方が良いです。

自信がない場合は大手キャリアに依頼し、なるべく非正規のデータ移行は行わないようにしましょう。

また、データ移行はiPhoneを買い換えた際に行ってもらうのが最も効率が良いですが、こまめにバックアップをとることで故障などの不測の事態に備えることができます。


スポンサーリンク