Home / iPhone / iphoneでも電子マネーが使える!

iphoneでも電子マネーが使える!

財布を持ち歩かなくてもスマートフォン等で支払いを済ますことができる便利な電子マネー。以前は電子マネーが利用できなかったiPhoneでも、現在はApplePayを利用し様々なシーンで電子マネーを使用することができるのをご存知ですか?

かざすだけで支払い決済を行うことができるおサイフケータイ機能はiPhone6と6Sには対応しておらず、iPhone7から使用できるようになりました。

新しいiPhoneのモデルが発表されたりと常に時代最先端を行くiPhoneですが、電子マネー機能を利用することで、より日常にテクノロジーの良さを取り入れ、快適な毎日をすごすことができます。今回はそんなiPhoneでも電子マネーを利用できるようになった、ApplePayついて、

・ApplePayで何ができるのか
・これまでのiPhoneを利用した電子マネーの使い方
・なぜこれまでは使用できなかったのか

をApplePayの利用対象や利用方法を交えてご紹介します。

スポンサードリンク

ApplePayの仕組みと利用範囲


ApplePayのおかげでiPhoneを利用する方には日々の買い物を便利にする大きな変化が生まれました。それでは、その変化により今まで利用できなかったどんなサービスをiPhoneユーザーは利用できるようになったのでしょうか?

電子マネーで支払いができるSuica、iDやQuicPayなどにおいての具体的な利用方法を用いて解説していきます。

Apple Payって何?

ApplePayはSONYが開発した、Felica(フェリカ)という技術をiPhoneやAppleWatchに搭載したことによって、対象のデバイスをリーダーにかざすだけで支払いを済ますことができる支払い方法のことを言います。

Felica とは、対象機器同士をかざすだけでデータ通信をすることができるNFC(近距離無線通信技術)の一つで、これまではおサイフケータイや交通機関の改札などに利用されてきました。つまりApplePayは従来のおサイフケータイと同様の技術を使用し、おサイフケータイが持つ便利なサービスを使用することを可能にしたのです。

ApplePayを利用するにあたって必要なのは、SuicaやiDに対応しているクレジットカードと、ApplePayに対応しているデバイスを持っていることです。たとえ日本で購入したiPhoneであっても、このApplePayが使用できるのは対象デバイスであるiPhone7、7Plus、Apple Watch Series 2のみなので注意してください。

iPhoneの中にクレジットカードの情報を登録し、そのデータをもとに支払いをすることができるのです。クレジットカードの情報をデバイスに記録される、ということでセキュリティ面に不安を感じる方もいると思います。

しかし、ApplePayはクレジットカード発行会社と提携をしており、そのセキュリティ対策も引き継いでいるため、安心して使用できることができるのです。そのためカードを使用した際に付与されるポイントもクレジットカードと同様のものが付きます。

また万が一iPhoneをなくしたとしても大丈夫。「iPhoneをさがす」というアプリを利用し、紛失モードにすることでApplePayの使用を止めることもできるのです。

従来のおサイフケータイにあったような携帯会社のしばりもなく、格安SIMで有名なMVNOを含めたすべての通信会社と契約のあるデバイスで利用することができます。これに対しApplePayはグローバルモデルには非対応のため海外で購入したSIMフリーのiPhoneでは利用することができません。

結局何が出来るようになったのか

ApplePayとWalletアプリケーションを利用することにより、Suica、iD、QuicPayに対応しているレジであればほぼすべての決済を電子マネーで完了することができます。電子マネーを使用した支払いにより、現金やカードを持ち歩かなくてはいけない煩わしさから解放されます。また、簡単に残高を確認することができるので、お金を管理するのにも役立ちます。

これに加えて、今回は紹介しませんがANAスキップサービスも利用できます。これにより、ANAの航空券をApplePayから支払うことができるのです。そのため、現金を使用する必要性がなくなり、カバンの中にしまい込んである財布をわざわざ取りだすことなく、支払いをすることができます。

電子マネーとしてsuicaが利用可能に

電車やバスを乗る機会が多い方にはうれしいのはSuicaがApplePayで利用できることでしょう。従来のプラスチックカードのように改札のタッチの部分にiPhoneをかざすだけで支払いをすることができます。デバイス内でチャージ金額を管理することで、券売機に並ぶ手間も無くなるでしょう。

もちろん利用できるのはSuica対応のすべてのショップも含まれるのでコンビニなどで買い物をする際も利用できます。プラスチックのカードと同様、他の交通系ICカードにも相互利用しているので全国どこでもエリア内であれば使えるのも魅力の一つです。

また、通常のAndroidやガラケーのおサイフケータイでは1,030円の年会費がかかっていたところ、ApplePayでは無料なのも使用したい理由のひとつです。

後払い式電子マネーのiDが使用可能に

おサイフケータイではドコモと契約をしている携帯のみしか利用できなかったiDもmApplePayで利用することができます。コンビニやスーパー、家電量販店やタクシーなど、日本全国の742,000か所で利用できるので(2017年6月時点)、普段から利用しているお店でも使用できるのも魅力の一つです。

支払い方法は後払いとなるポストペイとチャージ式のプリペイドの2通りあり、自分の好みに合わせて使用することができます。ポストペイは全国のiD加盟店で利用できますが、プリペイドは自動販売機、ガソリンスタンド、ホテルなど一部では使用できないのでプリペイド利用の際は気を付けたいところです。

店舗でiDを利用した支払いをする際は、iDで支払いをすることを店員に告げ、iDの決算音がなるまでiPhoneのTouchIDに指をのせたままかざして待ちます。このとき、使用しているデバイスが圏外でもApplePayは利用できますが、電源がオフになっている際は利用できません。

iPhoneで、後払いの電子マネーQuicPayが利用可能に

QuicPayとはかざすだけで支払いを完了することができる電子マネーを利用したサービスの一つです。ポイントやマイルをためることができるのもその特徴で、デビットカードやプリペイドカードとしてだけでなく、クレジット機能も兼ねています。また、紛失や盗難が発生した際は指定したカードと同じ保証内容がつくので万が一のトラブルのときも安心です。

このQuicPayは従来のおサイフケータイではソフトバンク、au、Yモバイルのみの対応でしたが、ApplePayによってiPhoneからも利用が可能になりました。QuicPayのマークがついている加盟店で利用することができ、一度に利用できる金額は税込みで2万円までです。

QuicPay+の加盟店では2万円以上の購入金額でも使用することができます。QuicPay+の代表的な加盟店は家電量販店のビックカメラやヨドバシカメラ、コジマ。またauやRight-on等です。

店舗での決算方法は、iDを利用するときと同様です。店員にはQuicPayの支払いであることを伝えましょう。

実は今までもiphoneで電子マネーは使えていた?


現在iPhoneの特定のデバイス機器からしか利用することができない電子マネーは、実はこれまでも別売りの商品を購入することによってApplePayが対象のデバイスでなくとも電子マネーを利用した支払いをすることが出来ました。

iPhone自体に電子マネーの仕組みを取り入れることができなかったので、別でデバイスを購入し、iPhoneをデータ通信でつなげることによって電子マネーでの支払いをできるようにしました。今回はこれを可能にした3つの機器を紹介します。

方法① おサイフケータイジャケット

おサイフケータイジャケットとはNTTドコモが販売している、おサイフケータイで採用されているデータ通信による決済機能をiPhoneに加えることができる機器のことです。Bluetoothを利用し、おサイフケータイジャケットとiPhoneなどの対象デバイスにおサイフケータイの機能を与えています。

このおサイフケータイジャケットは使用しているデバイスにて、「おサイフリンク」というアプリをインストールして使用します。そのアプリの中にカード情報などを登録しておくことで残高を確認することや、チャージをすることができるのです。

一つのクレジットカード情報だけでなく、複数の電子マネーやカードを登録しておけるのでカードを数枚持っている方にもおすすめです。

おサイフケータイジャケット自体は長方形のカード型をした機械ですが、専用のケースも販売されており通常のiPhoneカバーのようにiPhoneに取り付けて使用することができます。何もつけていないiPhoneよりは少々分厚くなるのは難点ですが出かける前に忘れることもないので便利です。

方法② パソリRC-S390

SONYが発売したこのパソリもおサイフケータイジャケット同様、iPhoneなどのデバイスをブルートゥース通信でワイヤレス接続をすることで電子マネーを使用することに成功した、非接触ICカードリーダーです。

ICカードと同様のサイズをしており、デバイスに取り付けることはできませんが、市販のカードホルダーとネックストラップとの組み合わせ身に着けることにより、出先でも忘れることなく使用することができます。

5.5ミリとシンプルなサイズなので首からかけて持っていても支障はありません。iOSに対応しているデバイス内に事前に指定のアプリをインストールしておき、各種カードを読み取らせておくことで使用することができます。

これにより、Felica に対応しているSuicaやnanaco、WAONの残高照会や利用履歴も確認することができます。また楽天カード専用の無料アプリをインストールすると、楽天Edyをオンラインでチャージでいたり、残高照会をすることができます。

方法③ wena wrist

wena wrist はSONYが販売しているハイブリッドスマートウォッチです。AppleWatchと違うところは、バンド部分に機能や電池を集約したことによって時計の文字盤となる、ヘッド部分を好きにカスタマイズすることができます。そのため、自分のお気に入りの腕時計にスマートウォッチの機能を取り付けることができるのです。

スマートウォッチはスマートフォンへの着信を知らせてくれる通知機能が一般的な使用方法でありますが、このスマートウォッチの特徴は電子マネー機能も搭載していることです。このスマートウォッチは上記で紹介した、パソリと組み合わされることによっておサイフケータイのような機能を搭載できるのです。

バンドのバックル部分にFelica が搭載されており、そこをリーダーにかざすことによってデータ通信をすることができます。手首に着けていることやなじみ深い時計をヘッドに使用することによってお財布を忘れるといったトラブルも防ぐことができます。

電子マネーの使用方法は様々で、Edyギフト、カードの残高照会、ネットショッピングの支払いなどをすることができます。パソリを利用しているのでiOSを使用した端末のみの対応です。

何で今までiphoneはお財布機能を搭載しなかったのか

ここまで電子マネーでの支払いもすすみ、常に新しいテクノロジーを求めるAppleのiPhoneでなぜこれまで電子マネーの機能を使用することが出来なかったのでしょうか?そこには日本だから使用することが出来ない理由がありました。

近距離通信の課題

電子マネーを利用したApplePayのサービスは実はiPhone7以前でも使用されていました。ただ、日本で利用ができなかったというだけでAppleは既にNFCの技術をiPhoneに取り入れていたのです。

既に述べましたが、日本のおサイフケータイが利用している多くのNFCはFelicaという技術です。このFelica はNTTドコモが主導となって始めたサービスで、SONYが開発をした日本独自の近距離通信技術なのです。このFelica は日本では広く普及していますが、他の国ではあまり利用されていません。

Appleは世界中で使用することができるサービスを生み出すことによって世界基準であることを目指しています。そのため、日本でしか使用されていないNFCであるFelica は採用されなかったというのが、これまで日本でiPhoneの電子マネー化が進んでいなかった理由の一つです。

決済システムの課題

日本が採用しているFelica というNFCがAppleの利用するNFCに対して規格外であることに関連して、決済システムに多くの課題があることが日本でiPhoneをおサイフケータイのように使用することが出来ないもう一つの理由です。

Felicaに対応していないNFCを従来のiPhoneで使用しているということは、データ通信を受信する側であるリーダーもiPhoneが利用しているNFCに対応していません。

iPhoneをおサイフケータイのように電子マネーを使用して利用する際は、決済端末を増やすことから始めなくてはいけないのです。それに加えて、提携しているクレジットカード会社もアメリカの会社や銀行のみでした。

そのため、日本でiPhoneから電子マネーを利用するためにはクレジットカード会社等への提携交渉から進めなくてはいけませんでした。これによりiPhone6以前のデバイスではおサイフケータイ機能を利用することが出来なかったのです。

まとめ

iPhone7や7Sの登場により、日本で販売されるiPhoneでも使用することができるようになったApplePayと電子マネーでの決済。全国の多くのショップで採用されているサービスなので、現在の現金とクレジットカードからの支払い方法を見直したいといった方は上手に利用することをおすすめします。

また、iPhone7以前のiPhoneを利用している人でも別売りのデバイスを購入することで、iPhoneからの電子マネーを利用した支払いが使用できるのであきらめないでくださいね。電子マネーを利用したスマートな支払い方法で、快適な生活を手に入れてみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク

Check Also

iphoneバッテリーの寿命に関するいろいろ

皆さん、iphoneのバッテリ …