Home / iPhone / iPhoneの電源が入らない!そんなとき試してほしい3つの対処法

iPhoneの電源が入らない!そんなとき試してほしい3つの対処法

インターネットからの各種の情報収集やコミュニケーションツールとしては勿論、通勤や通学で利用する定期券の機能や各種決済の手段としても利用され、普段の生活に無くてはならない存在となっているiPhoneを代表とするスマートフォンですが、携帯機器としての宿命である障害についてはどうしても避ける事が出来ません。

特に今まで使えていたのに突然電源が入らなくなったりする状況を経験された方もいらっしゃるのではないでしょうか。

普段の生活で使えていたものが急に利用出来なくなる事はかなり不便でありますし、コミュニケーション手段がいきなり断たれる事で大きな問題になる事も想定されます。

そこで今回はiPhoneの電源が突然入らなくなった場合の対処法とその為に普段から注意しておくべき事をご紹介させていただきます。

万が一の時に役立つ情報となりますので、是非ご一読下さい。

スポンサードリンク

iPhoneの電源が入らない状態とは

iPhoneをご利用の方はほとんどの場合、電源は常に入っていると考えられますので使おうとした際に電源が落ちている事は何等かの問題が発生している事になります。

その為、電源ボタンを押し続けてiPhone が起動すればクリアされる問題もありますが起動しない場合には以下のような問題が起きている可能性があります。

1. iOS等のソフトウェアによるもの

iPhoneは内部に制御用ソフトウェアとしてiOSというプログラムを利用しているのですが、そのソフトウェアは任意のタイミングでアップグレードが行われています。

そのアップグレードが正常に行われていないもしくは既存のソフトウェアとの不整合等の理由でiPhoneが正常稼働出来ない状況になってしまい、電源が入らないという事が考えられます。

また、新たにアプリケーションをインストールされたものがiOSの動作に干渉する事で何等かの問題を引き起こし、電源が入らないといった可能性も考えられます。

2. 基盤の故障等によるもの

iPhoneに搭載されている電子基板は精密機器となりますので、当然物理的な衝撃等による問題が発生する可能性があり、それが原因でiPhoneの電源が入らないという事は想定されます。

但し、スマートフォンとして設計されている基盤などは多少の落下による衝撃等は想定されていますので、その想定範囲を超える衝撃や温度差の激しい環境、粉塵等が多い環境等での使用といった場合で発生するのではないかと考えらえます。

3. 水没等によるもの

iPhoneが水没した場合にも電源が落ちている場合がありますが、この場合には水中から引き上げた後に電源は絶対に入れないで下さい。

これは水没した事により内部へ浸水している可能性があり、その水分が内部の電子基盤上で短絡(ショート)を発生させ、最悪の場合には基盤が復旧不可能な状態まで損傷する可能性があるからです。

iPhoneが水没した場合の対応方法については別記事にてご紹介させていただいておりますので、下記URLをご参照下されば幸いです。

参照URL : http://dejilog.jp/水没させても平気!iPhoneを復活させる意外な方法と/

4. 画面のみ表示されないもの

音楽や操作音は聞こえる状態でも画面には何も表示されていないという状態であれば、液晶画面そのものが故障しているもしくは内部の電子基盤から画面への接続経路に何か問題があるかという切り分けが可能です。

こういった場合にはご自身での修理という方法はちょっと難しいかと思いますので、保証期間内であればApple Storeへ持ち込んでの修理となるか一般的にはiPhone修理店に持ち込むかといった選択肢があります。

次ページ:電源が入らないと時にしてほしい対処法3つ

電源が入らないと時にしてほしい対処法3つ

普段利用しているiPhoneの電源が入らないといろいろと困る事が多く急いで復旧させる事を考えがちですが、一般家電機器とは違い精密機器でもあるiPhoneは振ったり衝撃を与えたりする事は厳禁です。

電源が入らないという問題にもその原因が必ず存在する筈ですが、利用者自身にて試行できるいくつかの確認作業にてiPhoneを復旧させる事ができる場合があります。

では、その対応手順について具体的にご説明していきます。

1. 強制再起動

iPhoneの通常操作では電源ボタンの長押しにて電源のオンオフを行っていますが、何等かの不具合によりiPhoneが起動しなくなってしまった場合には、強制再起動という操作を行ってみてください。

この強制再起動はiPhoneの持つ機能の1つで、通常の電源投入が行えない状況になった場合に強制的にリセット操作と電源投入を行う機能として実装されているものです。

操作方法としては、ホームボタンと電源ボタンを同時に長押し(10~15秒間程度)する事で強制的なリセットと電源投入が行われます。

不具合がこのリセットで解消される場合は、Appleのロゴマークが表示されてiPhoneが復旧します。

2. 充電を行ってみる

強制再起動を試行しても起動しない場合には、充電を行ってみてください。

利用者自身としては電池の残量は充分にあったと記憶していても、実際にはあまり電池の残量が無く知らないうちに電池残量がゼロになっていた可能性もあります。

そういった場合であれば、1時間程度の充電で通常利用が可能かどうかの確認は出来るようになる筈ですが、念の為にLightningケーブルは新品もしくは充電実績のあるものに交換されてから充電する事をおすすめします。

3. DFUモードによる再起動

強制再起動と充電でも効果が見られない場合には、DFUモードでの起動を試して下さい。

このDFUとはDevice Firmware Upgradeの略となり、パソコン上のiTunesから操作するモードとなります。

電源が入っていないiPhoneはiTunesからは認識できませんので、強制的に認識させる為にDFUを用いる事になります。

その手順ですが、iTunesのあるパソコンとiPhoneをLightningケーブルで接続し、iPhoneのホームボタンと電源ボタンを同時に10秒間以上押し下げてからホームボタンを押し下げたまま電源ボタンを離してそのまま10秒間ほど維持すると強制的にiPhoneが認識されます。

iTunes上にiPhoneが認識された状態で画面上の指示があればその指示に従って対応して下さい。

更新プログラムの適用等の対応が正常終了すれば、iPhoneは復旧している筈です。

電源が入らない緊急時に備えて日頃から準備しておきたい3つのポイント

iPhoneの電源が入らなくなるといった状況は予兆が無い場合が多くので事前準備といった対応を取る事は難しいのですが、逆に考えれば普段から万が一の状態に備えておけば、そういった状況に陥っても慌てずに対応できるとも言えます。

本記事をご覧いただいた方の中でそういった準備をしていない方がおられましたら、良い機会ですので是非以下にご説明する3つのポイントを留意していただき、突然のiPhoneの不具合にも対応できる様にしておく事が良いのではないかと考えます。

充電はこまめに

基本的にはiPhoneは常時利用可能な待機状態であり電池は常に消費されているので。出来る限りタイミングがあれば都度都度で充電しておく事が大切です。

先に触れさせていただきましたが、電源が入らない原因が単に電池の残量が無くなっていたという事もあります。

電池の残量が少なくなってから充電しないと電池自体の蓄電量が減るといった情報も有る様ですが、電池の機能も進化しており継ぎ足し充電でも機能の劣化は起こりにくくなっていますから、面倒とは考えずにこまめに充電される事を推奨します。

バックアップの取得を行う

これは電源が入らない問題だけではなく、水没やその他の故障にてご利用中のiPhoneが二度と利用出来なくなったりする事も考えると必ず対応しておくべき事です。

先にご説明したDFUモードでの起動では、状況によってiPhoneを初期化する可能性もあります。

そのためバックアップを取得されていないと写真や動画といった情報が全て無くなってしまうため、iOSのアップグレードやアプリを新規インストール等のタイミングでiTunesを利用したバックアップを取得される事をおすすめします。

アプリの同時起動を控える

iPhoneは高機能と言っても物理的に同時に処理できるアプリの数というものには上限があります。

あまり多くのアプリを同時に起動して並行稼働させる事はiPhoneに高い負荷を掛け続ける事になり、何かのタイミングで処理限界を越えたりすると突然停止するといった不具合が発生する事もあり得ます。

そういった場合にはリセット(再起動)にて問題は解消するとは考えますが、あまり多くのアプリの同時起動はiPhoneの処理負荷が高くなり別の問題が発生する事も有り得ますので避けられた方が良いのではないでしょうか。

まとめ

iPhoneの電源が入らなくなった場合にどういった対処方法があるかをご説明させていただきましたが、正しく対処すればそれほど大きな問題にはならない事も多いので落ち着いてご説明させていただいた対応を行っていただければと考えます。

また、普段の生活にて対応できるちょっとした事で電源問題の発生をある程度は回避出来る筈ですので、前項にてご説明しました日頃からの準備をしていただければ、末永くiPhoneをご利用いただく事が可能となる筈です。


スポンサーリンク