Home / iPhone / iPhoneで使えるカーナビアプリとカーナビアプリへの接続方法

iPhoneで使えるカーナビアプリとカーナビアプリへの接続方法

top

旅行など車で遠出をする際に必需品とも言える「カーナビ」。しかしカーナビ本体の値段は高く、最新のものでは数十万円するものもあります。更に工事された道、新しく作られた道などの情報を更新する手間や費用もかかってしまいます。

しかし、iPhoneのカーナビアプリを利用すれば、常に最新情報に基づいたカーナビを利用することができます。iPhoneでのカーナビを利用することで、車で遠出する際にもとても便利になります。

本記事ではiPhoneのカーナビアプリと設定方法についてご紹介していきます。iPhoneでカーナビを使いたいという方は、本記事と一緒に使い方を覚えていきましょう。

スポンサードリンク

iPhoneで使えるカーナビアプリの長所

navi_1

徒歩や電車で初めてのお店へ行く場合などにiPhoneの地図を利用した経験はあっても車でカーナビアプリを利用した経験のある方は少ないかもしれません。iPhoneのカーナビアプリは従来の車に取り付けるカーナビとは違った、いくつもの長所があります。iPhoneのカーナビがどのように優れているかをまずはご紹介いたします。

費用が圧倒的に安い

従来のカーナビを購入する場合、本体の代金から工賃、情報更新費用まで数万円から数十万円の費用がかかります。しかし、iPhoneのカーナビアプリを利用すれば高くても年間数千円程度しかかかりません。iPhoneのカーナビアプリには無料のものから有料のものまでさまざまですが、仮に有料のものを利用してもカーナビを購入するより費用が圧倒的に安く済むのです。

常に新しい地図データ

ほとんどのカーナビでは情報の更新をDVDなどオフラインで行うため、新しい道路や閉鎖されてしまった道路などの反映が即時行われません。しかし、iPhoneのカーナビアプリは基本的にオンラインで行っているため、新しく作られた道路や施設などが即時反映され、道が分からなくて遠回りしてしまう、目的の建物が見つからないなどといったことが無くなります。

リアルタイムの渋滞情報

カーナビはVICSと呼ばれる機能を使い、ビーコンや車両感知器により収集したデータを受け取ることで渋滞情報を表示しています。しかし、このデータを受信できる位置でない場合には渋滞情報の更新をすることができず、情報を受け取った段階では既に渋滞の中へ…という場合があります。

iPhoneのカーナビアプリであればこれらの渋滞情報もリアルタイムで受信できるのでルートの再選択なども手早く行うことができます。

オービスなどの情報も

アプリによっては取り締まりが行われている場所を教えてくれるものやオービスの位置を把握しているものがあります。近づいたときに地図に表示したり通知を出して教えてくれたりするので、旅行でテンションがあがってうっかりスピードを出しすぎ捕まってしまう、などといったことを防いでくれます。

目的地設定がしやすい

iPhoneのカーナビアプリにはユーザインタフェースを重視しているものも多く、目的地の設定などの操作がしやすくなっています。アプリによっては音声入力に対応しているなど、従来のカーナビよりも簡単に設定ができます。

マルチデバイス

アプリによってはユーザIDを登録しておくことで異なるスマホやiPadなどのタブレットでも同様にアプリを利用することができます。目的地登録などの設定をそのまま他端末で利用することができるので、自分のiPhoneが使えない場合でも他者のスマホやiPadにアプリをインストールすることで同じように使うことができます。

地図が見やすい

使用している端末によりますが、車載のカーナビよりもiPhoneやiPadなどの方が高解像度である場合が多いです。iPadなどのタブレットであれば単純に画面も大きいので見やすく、iPhoneなどのスマホの場合でもカーナビより鮮明に地図を表示することができます。

iPhoneで使えるカーナビアプリの短所

iPhoneのカーナビアプリの特徴としてまず長所をご紹介いたしましたが、実はアプリならではの短所も存在しています。カーナビアプリを利用していて予想外のアクシデントに見舞われるということが無いように、カーナビアプリの短所をしっかりと把握しておきましょう。

通信環境の確保(通信パケットも消費)

地図情報や渋滞情報は基本的にオンラインでリアルタイムに取得しているため、通信環境を確保することが大事になります。車での移動であるためWi-Fiスポットなどの利用ができないのでテザリングなどを利用することになります。また、通信を行っているので当然通信パケットを消費します。パケットし放題などのプランに加入していない場合は注意が必要です。

GPSによる位置情報取得でバッテリー消耗が早い

自分の現在地はGPSによる位置情報取得で常時更新を行っているため、バッテリーの消耗がとても早くなります。目的地に到達する前に充電が切れて迷ってしまった、などということがないように長時間の運転をする場合は車内に充電ケーブルを用意するなど、電源の確保をしておきましょう。

トンネル内などでGPS・電波をキャッチできない場合

従来のカーナビと違い、iPhone内部に地図データを保存しているわけではないのでトンネル内や電波の悪い場所では現在地が分からなくなってしまったり、ナビができなくなってしまうことがあります。山奥を走る場合などはあらかじめ少し先のルートを確認しておくなどの注意が必要になります。

端末スペックやアプリとの相性で動作が端末に左右される

古い型のiPhoneやiPadなどでアプリを利用する場合、スペックが不足していて動作が緩慢になることがあります。また、iOSのバージョンとアプリの相性が悪い場合などにも動作不良を起こすことがあります。カーナビアプリを利用して遠出をする前にしっかりと動作をするか確認をしておくと良いでしょう。

端末や車に合った固定ホルダーが必要

運転中にiPhoneを手に持って運転するわけにはいきませんのでiPhoneを固定するホルダーが必要になります。車製品を扱うお店であればiPhoneやタブレットの固定ホルダーは売っていますが、端末や車によって合わないものがあるので購入する際は確認を怠らないようにしましょう。

iPhoneの人気カーナビアプリランキング

現在、数多くのiPhoneで利用できるカーナビアプリがリリースされています。無料のものから有料のものまでさまざまですが、それぞれが便利な機能を備えていたりユーザインタフェースに拘り使いやすさを追求したりと各々に違った特徴があります。従来のカーナビと違い、比較的気軽に使い比べができるので、自分に合ったカーナビアプリを探してみましょう。

1.Google マップ:無料

app_1

地図アプリとして最も有名ではないかと思われるのがこの「Googleマップアプリ」ですが、カーナビアプリとしても使用することができます。Googleアカウントを連動させることによりPCのGoogleMapで検索した結果をiPhoneでも検索履歴として利用することができるので、あらかじめPCで調べておいたルートをiPhoneで選択するなどの操作が可能です。

住所検索以外にも施設名称での検索を行ったり、複数のルート候補から好みのルートを選択できるなどカーナビとしての使い勝手とても良いものになっています。

2.Yahoo!カーナビ:無料

app_2

ナビ中に交差点の名前を読み上げる、右折専用レーンがあることをお知らせするなど初めて走る道路では心強い機能が備わっています。また、駐車場の空き状況やガソリンスタンドの価格情報などを教えてくれる、運転診断機能が搭載されているなどの独特な機能も備わっています。施設名称での検索やジャンルからの検索など、カーナビとしての基本機能も充分です。

3.カーナビタイム オフラインで使えるカーナビアプリ:月額600円(1ヶ月のお試し期間有り)

app_3

最大の特徴は名前にもあるとおり、地図データをローカルに保存するためオフライン状態でも使用できるという点です。容量が大きいため、ダウンロードにはWi-Fi環境が必要になりますが、通信圏外でオフライン状態になっても使用できるカーナビアプリのひとつです。

渋滞情報の表示やルートの学習、駐車場情報などのカーナビとしての機能はもちろん、燃費計算やオービス通知、目的地や経路の天候情報をお知らせしてくれるなどのユニークな機能も兼ね備えています。

4.NAVIelite カーナビ 渋滞情報プラス:4600円

app_4

カーナビとしての機能をとことん追及した、カーナビらしいカーナビアプリといえるのがこの「NAVIelite カーナビ 渋滞情報プラス」です。

有料であること・容量が大きいためWi-Fi環境が必要なことなどが少し難点ですが、頻繁な地図データの更新やリアルタイムな渋滞情報の取得による最速ルートの表示、豊富なタウンページ検索データによる目的地の速やかな検索などカーナビとしての機能に特化したアプリです。

5.CARWINGS ドライブサポーター by NAVITIM:無料

app_5

日産車に搭載されているカーウイングスナビゲーションと連携ができるカーナビアプリです。アプリで検索した地点をカーナビへ転送したりドライブ前の渋滞情報の確認などを行ったりすることができるので、出発前のルート設定などにとても便利です。

駐車場やガソリンスタンドの検索、EV充電スポットの検索などの機能も兼ね備えており、営業時間や営業形態などの条件も設定して検索できるので深夜や早朝の給油・充電でも安心です。また、有料登録をすることにより音声案内や3Dガイドの表示、車種登録による燃費計算などの機能を利用することもできます。

6.auカーナビ:無料

app_6

こちらも地図をローカルに保存することでオフラインでも利用できるカーナビアプリのひとつです。オフライン状態では地図の確認と「推奨」「高速「無料」の3種類から選択できるルート選択を行うことができ、オンライン状態では「ECO」「景観」「距離」「超回避」「第2推奨」の5種類のルート選択が更に加わります。

リアルタイムでの渋滞情報取得によるルート選択はもちろん、車高・車幅を入力することによりそれらを考慮し通れない道を避けたルートの提案も行ってくれます。基本無料のアプリですが、有料登録をしなければ一部の機能が制限されてしまうことが難点です。

7.NaviCon おでかけサポート:無料

app_7

「NaviCon おでかけサポート」はアプリで検索した情報を対応カーナビに送信できるカーナビ連携アプリです。ジャンルやキーワード検索などで目的地を検索したり、渋滞情報や目的地周辺の天候情報などを調べたりし、それらをカーナビに送信することでルート検索や目的地設定が格段に楽になります。

対応カーナビは500モデル以上、BluetoothやUSB、マップコードなど接続方法も多彩なので職場やレンタカーなどのカーナビを使用する際にとても重宝します。

8.カーナビ&渋滞情報 NAVITIMEドライブサポーター:無料

app_8

1分間隔で更新される交通情報により、渋滞や規制などを考慮したスムーズなルート選択をしてくれるカーナビアプリです。iOSの地図アプリに対応しており、建物名や信号名なども表示してくれるので始めての地域でも詳細な情報を確認することができます。

当日の取り締まり状況や選択した日付の取り締まり予定などを確認することもでき、PUSH通知にてお知らせしてくれます。基本無料のアプリですが、有料登録をすることで音声案内や音声操作、燃費の表示や大型車のルート検索などさまざまな機能の追加をすることができます。

9.ゼンリンいつもNAVI[マルチ] -乗換・地図・ナビ・時刻表・渋滞-:無料

app_9

国内最大手の地図情報会社「ゼンリン」がリリースしている地図アプリで、ゼンリンならではの詳細な地図を利用することができます。

住所・ジャンルでの目的地検索が利用できるのはもちろんのこと、TVロケ地やおススメ観光などの情報も記載されています。カーナビとしてだけではなく電車や徒歩でのルート検索にも対応しており、旅行先での観光のお供などには最適なアプリです。

10.簡易カーナビ なびすけ:無料

app_10

とにかく目的地までのルートを表示することだけを目的としたナビアプリ、それがこの「なびすけ」です。不要な機能を付属しないことでアプリサイズを軽量化し、快適な動作で目的地まで案内をしてくれます。

簡易な造りでありながら音声案内やキーワード検索、立体地図などナビとして必要な機能は備えているので「余計な機能は要らないから目的地までの道順が分かればいい」という方にはおすすめのアプリです。

iPhoneとカーナビ接続方法の種類と特徴

navi_2

iPhoneのカーナビアプリはそれ単体でも充分にカーナビとして機能しますが、従来の車に搭載されているカーナビと接続することで更にパフォーマンスを発揮するものもあります。また、iPhoneを接続することでカーナビに動画や音楽を流すこともできます。カーナビの種類にもよりますが、iPhoneとカーナビを接続するためにはいくつかの方法があります。

1.HDMIでの接続

カーナビがHDMI外部入力に対応している場合は変換プラグを中継することによりiPhoneとカーナビを接続することができます。HDMI外部入力用のコードにiPhoneを接続をすることでiPhoneの画面をそのままカーナビに映すことができるので音楽や動画の再生はもちろん、iPhoneでプレイ中のゲーム画面などもカーナビに表示させることができます。

2.Bluetoothでの接続

iPhoneとカーナビを接続させる方法の中で一番お手軽なのがこのBluetoothを使用した接続方法です。変換プラグなどを購入する必要も無く、一度設定してしまえばその後は自動で接続されるようになるので手間もそれほどかかりません。画像や動画の表示はできませんが、音楽の再生などをメインに使用する場合にはおすすめの方法です。

3.USBでの接続

カーナビにUSB端子が付いている場合、USBでiPhoneとカーナビの接続を行うことができます。接続した段階でiPhoneに入っている音楽を読み込み再生してくれるものが多くカーナビ側でプレイリストの操作を行えるものがほとんどです。Bluetoothと同じく動画の再生などはできませんが、アルバムアートなどの一部画像の表示などは行えます。

iPhoneとカーナビをBluetoothで接続し音楽を楽しむ手順

bluetooth

長距離のドライブのお供に音楽を流して運転をする方は多いと思いますが、CDを用意したりカーナビのHDDに録音したりと聴きたい音楽を用意するのにもなかなか手間がかかってしまうものです。ですがiPhoneをカーナビに接続することでそういった手間も無くなり、更にはレンタカーなどでもお気に入りの音楽をすぐに聴くことができます。

まずは最も簡単な、BluetoothでiPhoneとカーナビを接続し、音楽を楽しむ手順を学んでみましょう。

iPhoneのミュージックを再生する

iPhoneに入っている音楽を再生するために、まずはBluetoothでiPhoneとカーナビを接続します。機種によって詳細は異なりますが、カーナビ側のBluetooth設定から機種登録を行います。このときiPhone側のBluetoothもオンにしておく必要があります。

カーナビ側からのペアリング要請をiPhoneで許可すれば接続が完了します。あとはiPhoneでお好みの音楽を再生すればカーナビから音楽が流れるようになります。

YouTubeを音楽として再生する

iPhoneに入っている音楽を再生する場合と同様に、YouTubeの動画を音楽として再生することもできます。カーナビと接続済みのiPhoneでYouTubeの動画を再生するとカーナビからその動画の音楽・音声が流れてきます。映像を再生することやタイトルを表示させることは残念ながらできませんが、iPhoneに入っていない音楽などもワイヤレスで楽しむことができます。

MyTubeでダウンロードした音楽を再生する

YouTubeの動画をダウンロードすることのできる「MyTube」というアプリがありますが、このMyTubeでダウンロードした動画も音楽として楽しむことができます。高画質でダウンロードし保存しておくことができるので、通常通りiPhoneで楽しむのはもちろんのことiTunesなどでは通常販売されていないカバー曲などもカーナビで楽しむことができます。

まとめ

従来のカーナビを購入するよりも安価に、手軽に扱えるiPhoneのカーナビアプリですが、さまざまな種類があるためどれを利用していいか迷ってしまうかもしれません。無料のアプリも多いのでぜひ色々と試してみて自分に合ったカーナビアプリを見つけ出しドライブのお供に利用していただければと思います。


スポンサーリンク

Check Also

bluetoothの接続方法とイヤホンやマウス、キーボードの選び方

スマートフォンからイヤホンを介 …