Home / iPhone / iPhoneのカメラロールの使い方とフォトストリームとの違い

iPhoneのカメラロールの使い方とフォトストリームとの違い

iPhoneはカメラの性能が非常に良いスマホです。その場でSNSへの投稿もできるため、デジカメなどの代わりにiPhoneで写真を撮っているという方は非常に多いと思います。

iPhoneのカメラを使っていると「カメラロール」や「フォトストリーム」という単語を目にしますが、意外とこの2つの違いを理解している人は少ないです。しかし、ちゃんと違いを理解し、設定やカスタマイズが出来るようになればiPhoneで写真を撮るのがもっと楽しく、便利になります。

今回はiPhoneのカメラロールの使い方と、フォトストリームとの違いについて解説します。

スポンサードリンク

iPhoneのカメラロールとは

まずはiPhoneのカメラロールとは何か、フォトストリームとの違いは何かについて解説します。

カメラロールの役割

カメラロールはiPhoneで撮影した画像が保存される場所のことです。iPhoneのカメラで写真を撮影すると、その写真はすべてカメラロールに保存されます。

また、カメラで撮影したもの以外にもスクリーンショットやインターネットからダウンロードした写真も、カメラロールに保存されます。つまり、カメラロールはiPhoneで写真を扱う上では欠かせない物と言えます。

フォトストリームとの違い

フォトストリームとは

カメラロールと間違って使われることが多いのが「フォトストリーム」です。カメラロールがiPhone内に保存されている画像が表示されるのに対して、フォトストリームはiCloudサーバーに保存されている写真が表示されます。

iCloudはAppleのクラウドサービスで、iPhoneやiPadといった端末に保存されているデータをインターネット上のサーバーに保存できます。フォトストリームは、iPhoneやiPadの写真をiCloud上に保存し、パソコンや他のApple端末と共有できる機能です。

つまり、カメラロールにはそのiPhoneで撮影したりダウンロードした写真だけが保存されるのに対し、フォトストリームはiCloudで共有設定をしている他の端末の画像も表示されます。もし所持している端末がそのiPhoneだけの場合はカメラロールもフォトストリームも内容は同じになります。そのため、カメラロールとフォトストリームがごっちゃになる人も多いのです。

最大保存枚数

カメラロールとフォトストリームは保存できる枚数にも違いがあります。カメラロールの場合は、理論的には保存枚数の上限はありません。iPhone本体のストレージ容量がなくならない限りはいくらでも保存ができます。また、自分で削除しない限りは勝手に削除されることはありません。

対して、フォトストリームの場合は最大で1,000枚と決まっています。1,000枚を超えると古いものから削除されていきます。ただし、削除されるのはあくまでもiCloudのサーバーからであり、カメラロールに保存した写真自体が消えるわけではないので安心してください。

また、カメラロールの写真を削除してもフォトストリームの写真は削除されません。つまり、フォトストリームはカメラロールのバックアップとしても使うことができます。自動でフォトストリームにアップロードする設定にしておけば、誤ってカメラロールの写真を削除してもフォトストリームからダウンロードすればよいので安心ですね。

iPhoneのカメラロールの設定方法

カメラロールとフォトストリームの違いが分かったでしょうか。次はカメラロールの設定方法です。カメラロールは特に何もしなくても使えますが、設定をすることでより便利になります。

iCloudのフォトライブラリとカメラロールを同期する設定

iCloudのフォトライブラリとカメラロールを同期する設定をしておくと、カメラロールに保存された写真が自動でiCloudのフォトライブラリにも保存されます。パソコンやiPadなど他の端末から写真にアクセスできるようになるだけでなく、写真のバックアップにもなります。

iCloudのフォトライブラリとカメラロールを同期するには、iCloudにサインインした状態で「設定」->「写真とカメラ」を開きます。その中の一番上にある「iCloudフォトライブラリ」をオンにします。

これでフォトライブラリとカメラロールが同期され、iPhoneがWi-Fiに接続されるとカメラロールの写真が自動でiCloudにアップロードされるようになります。

フォトライブラリと同期する際の注意点

フォトライブラリを同期するとカメラロールの写真が自動でiCloudにアップロードされるので非常に便利ですが、個人情報の流出には注意する必要があります。

フォトライブラリの画像は基本的にはアップロードした本人か、共有で指定した相手しかアクセスできません。しかし、インターネット上に写真が置かれることになるため、不正アクセスなどで流出してしまう可能性が0ではありません。

フォトライブラリへの自動アップロードはカメラロール全体がアップロードされてしまいます。そのため、本来ならiCloudに置きたくないプライベートな写真や個人情報が含まれている画像もiCloudに勝手にアップロードされてしまいます。

それらが原因で思わぬトラブルに巻き込まれることもあるので、フォトライブラリを利用する際は要注意です。もし個別にアップロードしたり共有したりする場合はDropBoxなど別のクラウドサービスアプリを使うのも良いでしょう。

写真や動画のファイルサイズを縮小する設定

iPhoneのカメラは高性能なので、非常に高画質の写真や、高解像度の動画を撮影することができます。しかしその分だけファイルサイズが大きくなってしまうので、ストレージ容量を圧迫してしまいます。そんなときは、写真や動画の容量を抑える設定をしましょう。

iCloudフォトライブラリとカメラロールを同期する設定にしていると、さきほどの「写真とカメラ」の画面に「iPhoneのストレージを最適化」と「オリジナルをダウンロード」の項目が表示されるので、「iPhoneのストレージを最適化」のほうがをタップしてオンにしてください。

この設定をオンにすると、iPhoneの空き容量が少なくなるとカメラロールの写真が自動的に容量に合わせた解像度の写真に入れ替わります。元の写真はiCloudに保存されるので、iPhoneのストレージ容量を節約しながら解像度の高い元の写真もちゃんと閲覧することができます。

設定を「オリジナルのダウンロード」にするとオリジナルの写真がそのまま保存されるようになります。ご自身のiPhoneのストレージ容量に合わせて設定を変えるとよいでしょう。

アプリを利用してファイルのサイズを小さくする

写真や動画のファイルサイズを縮小するには上記の方法以外にもアプリを利用する方法があります。iPhoneの写真編集アプリは多種多様なものがありますが、中には画像ファイルのサイズ変更に特化したアプリがあります。

こうしたアプリを使えば特定の写真のファイルサイズだけを変更したり、カメラロール内の写真のサイズを一括で変更する、といったことが簡単に行えます。

メール転送でファイルサイズを小さくする

ファイルサイズの縮小はメール転送を利用しても行えます。iPhoneの標準メールアプリで写真を転送しようとすると、写真のサイズを大、中、小から選ぶことができます。そこで中、もしくは小を選んで自分宛てに送信することで、サイズが小さい写真を受け取ることができます。

この方法なら別途アプリなどが必要ないですが、毎回メールを送信/受信し、保存するという作業をしないといけないので少し面倒です。出来るならiCloudを利用するか、専用のアプリを使うようにしましょう。

iCloud経由で友人と写真を共有する設定方法

iCloudに写真を保存すると自分の他の端末で見られるだけでなく、家族や友達と共有することもできます。いちいちメールやLINEで送信しなくても、手軽に見ることができます。しかも最大で100人まで同時に共有できるため、たくさんの人と共有したい際に便利です。

共有の設定も非常に簡単です。先ほどの「写真とカメラ」の画面から「iCloud写真共有」をタップしてオンにします。

すると、「写真」アプリの中の写真とアルバムという項目の間に「共有」という項目があります。ここをタップすると、iCloudで写真の共有を開始できます。

「共有を開始」をタップすると、アルバムの名前を設定します。

その後、連絡先から共有する相手を選びます。

これで、共有用のアルバムが作成されます。このアルバムに保存した写真は、指定した相手とだけ共有され、閲覧できるようになります。

マイフォトストリームに自動でダウンロードする

マイフォトストリーム機能を使うと、カメラロールの写真をiCloudにアップロードするだけでなく、その端末へのダウンロードも自動で行われます。パソコンなどに自動で保存したりすることができるようになります。

マイフォトストリームを使うには、設定の「写真とカメラ」の「マイフォトストリームにアップロード」をタップしてオンにします。

iPhoneのカメラロールの写真を整理する方法

iPhone内の写真はすべてカメラロールに保存されます。そのためiPhoneを使い続けるとどんどんカメラロールに写真が溜まっていき、昔撮った写真がどこにあるのか分からなくなってしまうことがあります。

そんな時は「アルバム」を作成して、写真を整理しましょう。アルバムを作ることでカテゴリ毎に分けたり、日別で分けたりすることができるので写真が整理され、目的の写真を探しやすくなります。

アルバムを作成する

アルバムを作成するには写真アプリを起動し、下の項目から「アルバム」をタップします。アルバム一覧が表示される画面になるので、左上の「+」マークをタップします。

アルバムの名前を入力する画面になります。「旅行」や「料理」など、任意の名前を入力したら、「保存」をタップします。

すると、アルバムに追加する写真を選択する画面になるので、追加したい写真をタップしていきます。複数の写真をタップすることで、一括でアルバムに追加できます。写真を選択したら「完了」をタップします。これで、新しいアルバムが作成されます。

アルバムを削除する

作成したアルバムは、削除も簡単に出来ます。アルバム一覧画面で右上の「編集」をタップします。するとアルバムの左側に赤い「-」マークが表示されるので、それをタップすることで削除できます。

アルバムを削除すると写真も消えてしまうのでは、と思う方もいるかもしれません。しかし、アルバムはカメラロールに保存されている写真を表示しているだけなので、アルバムを削除しても写真は削除されないので安心してください。

なお、アルバムに追加された写真をカメラロールから削除した場合、アルバムの写真も削除されます。

アルバムの写真を加工する際は注意が必要

アルバムを作成するとカメラロールとアルバムの両方に同じ写真が表示され、コピーされたように見えてしまいます。しかし、実際にはカメラロールの写真をアルバムに表示しているだけです。

つまり、アルバムの写真を加工したり編集したりすると、カメラロール側の写真も変わってしまいますのでご注意ください。

まとめ

今回はカメラロールとフォトストリームの違いと、カメラロールの設定方法について解説しました。カメラロールとフォトストリームはパッと見では似ています。しかし、カメラロールはiPhoneに保存されている画像が表示される、フォトストリームにはiCloudに保存されている画像が表示される、という違いがありました。

カメラロールとフォトストリームは同期することができ、写真のバックアップや友達との共有が簡単に出来ます。また、カメラロールを設定することで写真のファイルサイズを抑えてストレージ容量を節約するといったことも可能です。

カメラロールとフォトストリームの違いを理解し、その設定方法をしっかりと理解することで、iPhoneでの写真撮影がより楽しく、便利になります。ぜひ、この記事でカメラロールとフォトストリームのことを覚えてしまいましょう。


スポンサーリンク

Check Also

アプリで簡単~iPhoneで家計簿をつけて貯金を作ろう

今回は、iPhoneに家計簿の …