Home / Google / iPhoneのカレンダーをGoogleやOutlookと同期する方法

iPhoneのカレンダーをGoogleやOutlookと同期する方法

iPhoneにはカレンダー機能がプリインストールされていますが、iPhoneのカレンダーだけを使っているとiPhoneをご自宅に忘れてきてしまった際などに予定がわからないということが発生します。

ですが、iPhoneのカレンダーをGoogle CalendarやOutlookと同期することで、あらゆるデバイスからスケジュールを確認することができるようになります。また、iPhone以外のデバイスからスケジュールを入れてもiPhoneで確認ができるようになります。

そこで今回は、iPhoneのカレンダーをGoogleカレンダーやOutlookと同期する方法について詳しく解説致します。

スポンサードリンク

iPhoneのカレンダーを同期するためのiCloudの設定方法

まずは、iPhoneのカレンダーをiCloudで同期してiOS対応端末でスケジュールを確認する方法について見ていきましょう。iCloudで同期を行うことによって、iOS対応端末だけでなくMacやWindowsからも確認することが可能となります。

iPhoneの「設定」アプリでiCloudの「カレンダー」をオンにする

iPhoneのカレンダーを同期するためのiPhone側の設定は、かなりシンプルで簡単となっています。手順は、以下のとおりです。

  1. ホーム画面から「設定」を開く
  2. 「iCloud」をタップする
  3. 「カレンダー」のトグルスイッチをタップしてオンにする

上記の方法で、iPhone側の設定は完了します。

iPhoneの「カレンダー」アプリでiCloudと同期できているか確認する

続いて、iPhoneで設定したiCloudでのカレンダー同期が、上手く同期されているかを確認する方法について解説致します。手順は以下のとおりとなっています。

  1. 「カレンダー」アプリを開く
  2. 画面下の「カレンダー」をタップ
  3. 同期したい項目にチェックが入っているのを確認

上記の手順で、iPhoneのカレンダーをiCloudで同期することができます。iCloudに同期するだけでもパソコンやiPadからカレンダーを確認してデータを同じものにすることができるようになります。

iPhoneのカレンダーをGoogleカレンダーと同期する方法

次に、iPhoneのカレンダーをGoogleカレンダーと同期する方法について解説致します。Googleカレンダーと同期をするためには、Googleアカウントが事前に必要となるため、同期したいGoogleアカウントを作成しておきましょう。

iPhoneの「設定」アプリ「メール/連絡先/カレンダー」からGoogleアカウントを追加する

まずはiPhoneのホーム画面から「設定」を開き、「メール/連絡先/カレンダー」へと操作を進め、「アカウントの追加」からGoogleアカウントの追加を行います。

アカウント追加画面から「Google」を選び必要情報を入力する

「アカウントの追加」をタップすると、追加するアカウントの種類を選ぶことができるようになります。選べる項目は「iCloud」「Exchange」「Google」「Yahoo!」「Aol.」「Outlook.com」のラインナップとなっています。

こちらからGoogleを選び、必要な情報を入力するだけとなっています。必要な情報は「名前」「メールアドレス」「パスワード」と、アカウントを見分けるための「説明」となっています。

これらを入力したら、画面右上の「次へ」をタップして操作を進めます。

同期したい内容で「カレンダー」をオンにして「保存」を選択

iPhoneでの設定が完了したら、「カレンダー」をオンにします。カレンダー以外にも同期したい項目があれば、それらもオンにする必要があります。カレンダー以外に同期できる項目としては「メール」「連絡先」「メモ」があります。

この時点でメールもオンにしておくと、Gmailで受信したメールもiPhoneのメールアプリで確認して返信を行えるようになります。オンにした状態で画面右上の「保存」をタップすると、iPhone側の設定が完了します。

iPhone「カレンダー」でGoogleカレンダーと同期したい内容を選択して保存する

iPhone側での設定が完了したら、iPhoneの「カレンダー」アプリを開いて同期したい内容を選択します。例えば、Gmailの全てを同期するのか、それとも連絡先や誕生日の予定のみを外すか、日本の祝日を除外するかを選ぶことができます。

これらの必要な情報にチェックを入れたら、画面右上の「完了」をタップしてカレンダーの同期を完了させます。

iPhoneのカレンダーとGoogleカレンダーが同期できているか確認する

iPhoneのカレンダーとGoogleカレンダーが同期できているかを確認するためには、iPhoneのカレンダーにスケジュールを実作に作成してみて、Google側でそのスケジュールを確認できるかを見てみましょう。

iPhoneのカレンダーに入れたスケジュールがGoogleカレンダーでも確認することができれば、同期できていることになります。また、その逆も行ってみると、iPhoneのカレンダーとGoogleカレンダーが同期できているかの確認ができます。

OutlookやYahooのカレンダーも上記と同じ手順でiPhoneのカレンダーと同期が可能

Googleカレンダーと同期を行う際には、アカウントの追加のステップでGoogleアカウントを追加しました。

outlookやYahoo!でのカレンダーを同期したいという場合は、それぞれのアカウントを追加して、Googleカレンダーを同期した方法と同じ方法で同期できます。

そのため、Googleカレンダーだけでなく他のカレンダーとも同期したいという場合は、まずアカウントの追加を行いましょう。

次ページ:家族や仕事の同僚とiPhoneのカレンダーを同期して共有する方法

家族や仕事の同僚とiPhoneのカレンダーを同期して共有する方法

家族間でのスケジュールや、仕事での同僚とのスケジュールをiPhoneのカレンダーで確認する方法も存在します。方法は、iOS間で行うのか、それとも異なるOS同士でスケジュールの共有を行うのかで方法が若干異なります。

それぞれに分けて、方法を解説致します。

iOS間のカレンダー共有の場合は「共有カレンダー」を作成する

まずは、iOS間でのカレンダー共有の方法を解説致します。iOS間の場合は、iCloudカレンダーで共有カレンダーを作成します。手順は、以下のとおりとなります。

  1. 「カレンダー」アプリを開く
  2. 画面下の「カレンダー」をタップする
  3. 画面左上の「編集」をタップして「カレンダーの追加」をタップする
  4. カレンダーの名前を入力してカラーを選択する
  5. 追加された、共有したカレンダーの「情報マーク」をタップする
  6. 青文字で表記された「個人を追加」をタップする
  7. 宛先に、共有したい人の名前を入力する
  8. 出てきた名前が正しければ、画面右上お「追加」をタップする
  9. 「追加」をタップすると共有したい人へ招待メールが通知され、承認されるまでは保留中となる
  10. 共有したい人が承認をすると、カレンダー右下に「出席依頼」通知がくるため、タップする
  11. 参加を確認したら「OK」をタップする

上記の方法で、iPhoneのカレンダーをiOS間で共有できるようになります。参加を承諾すると、共有をしたい人へもメールが届くようになっているため、共有の確認を双方で行えます。

異なるOS間でカレンダーを共有する場合はGoogleカレンダー経由で共有する

異なるOS間でカレンダーを共有する場合は、基本的にGoogleカレンダー経由で共有します。この方法であれば、iPhoneユーザーだけでなくAndroidユーザーともカレンダーを共有できるようになります。

この設定を行うにはGoogleカレンダーアプリが必要となるため、事前にインストールしておきましょう。それでは、手順を以下にまとめます。

  1. Googleカレンダーにログインして「新しいカレンダーを作成」を」選択する
  2. 「カレンダーの名前」を入力する
  3. 共有したい人のメールアドレスを入力する
  4. 必要事項を入力し、「カレンダーを追加」を選択する

上記の方法でGoogleカレンダーの設定が完了します。必ず、共有したい相手もGoogleカレンダーの共有をオンにしているかを確認しましょう。

iPhoneのカレンダーの同期ができない/遅い場合の対処方法

カレンダー 暦 年月 日時 スケジュール ビジネス メモ 備忘録 平日 休日 出勤 出勤日 週休 週休二日制 出社 記念日 仕事 バースデー休暇 日付 休み 日進月歩 日程 シフト オフ 週末 週明け 予定 計画 一週間 calender

最後に、iPhoneのカレンダー同期できない場合や遅いといった場合の対処方法についてご紹介致します。トラブルシューティングはあらゆる方法がありますが、こちらでは3つにピックアップしてご紹介致します。

iCloudの「カレンダー」のスイッチをオン/オフする

まずは、iCloudのカレンダースイッチがオンになっているかをよく確認しましょう。

もしオンになっていてもiPhoneのカレンダーが共有されない場合は、iCloudの「カレンダー」がオンになっている設定が反映されていないということが考えられます。

そのため、まずはiCloudの「カレンダー」のスイッチのオン/オフ切り替えを行ってみましょう。

iCloudにログインし直す

iCloudでカレンダーを共有している場合は、iCloudと情報が同期されている必要があります。

基本的にはWi-Fi環境下にあったりモバイル通信に接続されていたりする場合は即座にiCloudに同期されますが、場合によっては同期されないことがあります。

この場合は、iCloudにログインし直すことで解決することがあります。iCloudの「カレンダー」設定でオン/ オフ切り替えを行っても解決しない場合は、iCloudにログインし直してみましょう。

カレンダーの同期期間を1ヶ月等短い期間に変更する

同期したいカレンダーの同期期間が長いと、中々上手く同期できない場合があったり同期が完了するまでに時間がかかったりすることがあります。そのため、カレンダーの同期期間を短く設定してみましょう。

そうすることで、iCloudでのカレンダー同期もGoogleカレンダーの同期も解決することがあります。

まとめ

手帳 ペン ボールペン 万年筆 スケジュール帳 スケジュール 管理 アイビー 緑 葉 植物 自然 デスク オフィス 自宅 テーブル 予定 予定表 カレンダー 仕事 7月

iPhoneのカレンダーは、iCloudやGoogleと同期することによって他のデバイスからもカレンダーにアクセスできるようになるため、急な予定が入った際やiPhoneを確認できない場合でもスケジュールを入れて管理しやすくなります。

同期したカレンダーは他の人と共有することもできるため、スケジュール管理の幅がこれまでよりもかなり広がります。まだiPhoneカレンダーの同期が完了していない方は、是非iCloudやGoogleカレンダーと同期してみましょう。


スポンサーリンク